中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「バスの日」イベント、大盛況

[小江戸板橋] 2014年9月29日 17:19

観光バスに乗車すること。

それは、子供にとってあこがれの出来事でした。

高い車窓から街の様子を眺めるだけでも、興奮することであり、

見上げている人々の視線が、誇らしく感じられたものです。

いろいろなバスが集合するイベントが、9月23日中央区で開催されました。

「バスまつり2014 in 晴海」

会場は、晴海客船ターミナルのロビー及び大型車専用駐車場。

手軽な移動の手段としてのバスが、より身近になりました。

都バス(東京都交通局)をはじめ、小田急、京王、京急、東急、関東バスの

車両展示が一番テンションが高くなります。

制帽をかぶり、運転席に座ると、子供たちは運転手になりきってしまいます。

舞台装置が実物の車ならではの魔法です。

このイベントは、9月20日のバスの日にちなんで開催されました。

えっ、バスの日ってあるんだ。

365日記念日が連なる日本にあって、バスの日は昭和62年10月、

バス事業者大会で定められました。

日本最初のバスの営業が、明治36年9月20日に京都市で始まったことによるものです。

明治5年に営業を開始した鉄道輸送に比べると、意外に遅いのです。

バスの運行が営業として成立するには、壁を乗り越えるために多くの年月を必要としたのでしょう。

メイン会場に設えられたトミーテックの動くバスのジオラマは、必見でした。

縁にひっついて、じっと見つめる子供の、(いや、大人までも)心をわしづかみにしていました。

ハンドルを握って、目をキラキラさせる子供が、そのまま大きくなったような熱いバスマニアもいました。

部品のオークション会場。

スマホで同好の士と連絡を取りながら動いているのです。

都バスのキャラクター「みんくる」をはじめ、ゆるキャラ系の着ぐるみは、バス好きママに人気でした。

ここ晴海周辺は、足を運ぶたびに、周りの様相が変わっています。

この広い駐車場も、2020年を見据えて更なる変化を進めていくのでしょう。

 

 
1