中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


昨年、ゴジラと戦った場所でございます。

[小江戸板橋] 2017年11月16日 09:00

「進行左手に見えてきましたのは、東京駅東口でございます。

2016年、鎌倉の由比ヶ浜から上陸したゴジラが、凍結作戦により動きを止めたのが、この周辺でした。

本日は雨のため、グランルーフの上空が見えにくいのですが、その体長118.5m。

第4形態に進化したゴジラの、なんと恐ろしい姿でしょうか。」

 

10月29日、「中央区まるごとミュージアム2017」の巡回バスのガイドを担当させていただきました。

バスは銀座六丁目バス停から外堀通りを北上、呉服橋交差点を右折して日本橋バス停へ向かいます。

今走っている外堀通りが、千代田区との区境界です。

東京駅西側には赤レンガ造りの丸の内駅舎があり、100年前の辰野金吾博士による設計当時の姿が復元されています。

東側八重洲口には、帆船の帆をイメージした大屋根、グランルーフがあるのですが、雨のためにくもるバスの窓越しには、全体像がはっきりと見えにくくなっています。

見えないならば、見えない話をしましょう。

(シン・ゴジラは、すでに地上波でも放送されましたが、ネタバレ注意です。)

 

東京湾から現れ、各地に甚大な被害を与えてきたゴジラ。

口から吐き出す熱線で、銀座四丁目の和光ビルを、一瞬で斜めに切り裂いてしまった。

首都圏に壊滅的な被害を与え、巨大化、狂暴化する、破壊神ゴジラ。

自衛隊、警察、消防、技術者、様々な部署で人々の決死の行動が続く。

ゴジラ凍結作戦。ヤシオリ作戦だ。総力戦となる。

「宇宙大戦争マーチ」に乗り、品川で待機していた東海道新幹線N700系2編成が、ゴジラの足元に突入する。無人新幹線爆弾だ。

八重洲通りから、または鍛冶橋通りから接近を試みたのが、特殊建築重機群第1部隊。

コンクリートポンプ車、タンクローリー群が、ゴジラの口中に血液凝固剤を投入する。

そして、荒れるゴジラを押さえるために、一気に全速力で突入する、山手線、京浜東北線、東海道本線、中央線快速の各列車。E231系及びE233系からなる無人在来線爆弾である。

すげーッ。

チェーンのように巻き付き、ゴジラの動きを制御する。

きっときっと、次の作戦に備え、地下を走る総武線や横須賀線、東京メトロの各車両も攻撃態勢を整えていたに違いない。

ゴジラは、東京駅八重洲側寄りの線路上で、その活動を停止させた。

 

「今では、東京駅でゴジラを見ることはできません。

もし、その姿をご覧になりたいのなら、そうですね。新宿歌舞伎町に行ってみてください。

新宿東宝ビルの上から、先代のゴジラが顔をのぞかせていますよ。

ちなみに、新宿区からは特別住民票が交付され、新宿観光特使に任じられているとか。

すごいですね。」

こんなこと言って、はしゃいでいました。

 

 
1