中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


路地裏の小さな住人達 <月島>

[サム] 2010年7月23日 16:30

RIMG0959RRRS.JPG RIMG1100S.JPG "路地"に郷愁を感じるようになって久しい。  

 現在の月島1丁目~4丁目は近代以降の最初の埋立地として明治24年(1882年)に造成された人工の島。

 名前の由来は観月の名所に因んでつけられたとか、「築島」が転じて月島になったとか諸説ある。

 幅員10.91m(6間)及び5.45m(3間)の道路が碁盤目状に走り、歴史的街割である60間(約109m)四方を2分割したものが標準的な街区サイズとなっている。

 当該地区に続々立地する工場・倉庫等で働くワーカー向け長屋を建設するに当たり裏敷地有効活用の観点から街区の中に所謂"路地"を細かく通したとされる。

 明治37年に水道・電気が敷設されるが、当時は水道は共同、台所は玄関脇で火は七輪を"路地"に出しておこしていたと記録にある。

 関東大震災後に町家や長屋が再建される頃には各家に水道・ガスが敷かれ、台所が奥に移動したと云われるが、街割は大きく改編されることなく、"路地"には植木鉢・盆栽が並べられ、洗濯物が干され、窓や軒先には簾が下がる光景はそのままに、時を刻んできた。

 そして植栽空間に住みついた陶製の小さな住人たち。

 戦災の被害並びに東京オリンピックを前にした再開発の波も殆ど免れ、典型的な歴史的街割がまとまって見られる月島の"路地"空間は、近年周辺を超高層マンション群に囲まれつつあるものの、都内でも震災後復旧した昭和初期の風景を色濃く残す稀少な地域となっている。

 ゆったりと流れる時間。"路地"には猫がよく似合う。

    RIMG0966RS.JPG   RIMG0958RRS.JPG   RIMG0984RS.JPG 

           RIMG0964SRS.JPG   RIMG0965SRS.JPG   RIMG0969SRS.JPG   RIMG0970SRS.JPG

           RIMG1061SRS.JPG   RIMG1054SRS.JPG   RIMG1051SRS.JPG   RIMG0983SRS.JPG          

                       RIMG0963RS.JPG   RIMG0961RS.JPG   RIMG0957RS.JPG

       

     

 

続「せせらぎ」のある小景

[サム] 2010年7月21日 09:00

RIMG0476S.JPG漸う梅雨明け。早速猛暑到来、いよいよ夏本番です。

水と緑の癒し・・・水辺がもつ冷涼効果、街なかの樹木・草花・路地植物の蒸散作用・緑陰効果による体感的な冷涼環境が有難味を増します。
前回に引き続き、今回ご紹介するのは、街なかで見かけた″水のせせらぎ″第2弾。

       

水辺アメニティ。安らぎの空間です。  (左は浜町小便小僧)


   RIMG0018RS.JPG  RIMG0400RS.JPG    RIMG0116RS.JPG    

   <日本橋 滝の広場>      <晴海トリトン>           <マンダリン オリエンタル ホテル>

   RIMG0040RS.JPG    RIMG0118RS.JPG    RIMG0057RS.JPG

   <箱崎公園>            <坂本町公園>          <あかつき公園>  

 

   RIMG0035RS.JPG    RIMG0426RS.JPG    RIMG0224RS.JPG

   <箱崎日本IBM>          <築地新興ビルディング>     <聖路加国際病院>

   RIMG0053RS.JPG    RIMG0046RS.JPG    RIMG0113RS.JPG    

  <佃公園①>            <佃公園②>            <佃リバーシティ> 

   RIMG0090RS.JPG    RIMG0538RS.JPG    RIMG0515RS.JPG     

   <築地川公園>          <勝鬨橋袂①>         <勝鬨橋袂②>      

   

 

佃島の盆唄

[サム] 2010年7月15日 08:30

RIMG0779RS.JPG毎年7月13日から3日間行われる佃島の盆踊りは「念仏踊り」とも云われる。江戸期浜町にあった本願寺別院が明暦の大火後築地に移築されたが、これに関わった佃島の門徒が延宝8年(1680年)その完成を期して先祖の霊を慰めたのが始まりとされる。

江戸市中を巡り、お布施を受けてそれを築地本願寺に奉納していたが、天保2年に禁じられて以降、島内でのみ行われてきたという。

現代の一般的な盆踊りと比べ、単調な太鼓の音と哀調を帯びた盆歌。

戦後佃島盆踊保存会が出来、伝統が継承され、昭和51年に東京都無形文化財に指定された。

南無阿弥陀仏の掛軸をかけた祭壇にお参りした後、「秋の七草」を詠み込んだ唄や、最後は南無阿弥陀仏で終わる数え唄などに合わせ、「渡場通り」に設営された櫓を囲み踊りが続く。

最終日は、仮装をして踊る人も見られる。

        RIMG0695NS.JPG   RIMG0703NS.JPG   RIMG0710NS.JPG

              RIMG0722NS.JPG   RIMG0796NS.JPG   RIMG0713NS.JPG

 

 

 

七夕の願い

[サム] 2010年7月 6日 08:31

  RIMG0266S.JPG    RIMG0267S.JPG

  <大手門口>                 <中の御門口>

浜離宮恩賜庭園では7月7日まで、来園者が"願いごと"を書いた短冊を飾り付ける、「七夕まつり」を実施している。

園内の大手門口・中の御門口・中島のお茶屋の3カ所に「七夕飾り」を設置。

傍のテーブルに、「七夕の節句」の由来と共に短冊・筆記具が用意されている。

さらさらとそよぐ笹の枝葉に、思い思いの"願いごと"をしたためた色とりどりの短冊が・・・。

近年の外国人の来園者の増加傾向を反映してか、外国語で書かれた短冊も目立つ。

  RIMG0262S.JPG    RIMG0263S.JPG

尚7月16日(金)から8月14日(土)の金・土の10日間、園は通常より1時間早い午前8時に開園。

盛夏を迎える折、早朝の凌ぎ易い時間帯に、海からの涼風を頬に受け、爽やかな園内散策を楽しまれてはいかがですか。

 

 

季節の野花

[サム] 2010年7月 6日 08:30

RIMG0323SS.JPG銀座・ミキモト本店前「ミキモトガーデンプラザ」に七夕を前に、季節の野花が登場、道行く人の目を止めている。

「星と星の逢瀬であることから星あい(星合い、星合)とも呼ばれる七夕。この日、美しい出会いがたくさんありますように・・・。」とのメッセージと共に、西洋小判草・紫君子蘭・風知草・藪甘草・撫子・桔梗・姫石榴の七草が飾られている。


RIMG0329RS.JPG
 RIMG0326RS.JPG

左から<キキョウ><ナデシコ><ムラサキクンシラン>

 

 

屋上公園

[サム] 2010年7月 2日 08:45

中央区の緑の総量を示す「緑被率」9.1%のうち、屋上緑地は0.4%と全体の4.3%ながら、都心部で緑化余地に制約があるなか、屋上緑化の推奨や助成が充実したこともあり、近年大幅に増加しているという。

1000㎡以上の屋上緑化施設は7箇所あるが、このうち3箇所は区立公園。

今回はその屋上公園のご紹介。屋上でもこれだけの草木が育っている。驚きの景観!。

 

  CIMG2941RS.JPG    CIMG2942RS.JPG

 <桜川屋上公園>

 平成5年竣工。中央区初の屋上公園。公園下は都下水道局桜橋第2ポンプ場。

 隣接の女性センター(ブーケ21)と3Fで繋がっている。

 草木の植栽、水を循環させた"せせらぎ"と池、"あずまや"のある和風庭園の造り。

 子供用遊具コーナーもある。公園の一部はゲートボール場として開放。

 近隣住民、勤め人の憩いの場となっている。

 

  CIMG2909RS.JPG    CIMG2673RS.JPG

 <晴海第1公園>

 公園下は中央区営晴海1丁目駐車場。

 樹木の植栽の間を縫って幾筋かの遊歩道。

 子供用遊具コーナーもある。デッキで晴海トリトン・晴海第2公園と繋がっている。

 

   CIMG2948RS.JPG    CIMG2907RS.JPG

    <晴海第2公園>

 公園下は都水道局晴海給水所。

 広々とした芝生と樹木の植栽。

 子供用遊具コーナーもある。デッキで晴海第1公園と繋がっている。

 晴海第1・2公園共、午後には子供たちの元気な声が響き渡る。

 

    

    

  

 

 

 
1