中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「中央区の森」体験ツアー

[サム] 2012年5月21日 18:23

R0018823RS.JPG R0018861RS.JPG 5月20日(日) 中央区 環境土木部 水とみどりの課 環境活動係 主催による「中央区の森体験ツアー」が開催された。

西多摩郡檜原村数馬地区にある「中央区の森」に到着後、森林保全団体「里山再生塾」の皆さんの指導のもと、まずは「炭焼き体験」から。

「金エブリ」という道具を使い窯から白熱している炭の掻きだし作業(写真上段左)、「大エブリ」で炭の引き寄せ作業(写真上段中)、灰をまんべんなくかけての冷まし作業(写真上段右)。

ついで場所を移動してのヤマザクラの「植樹体験」(写真中段中)。

昼食休憩は兜造り(合掌造りを採光・通風を良くし上階を養蚕などに利用した建築様式で、外観が兜に似ている)民家「かんづくり荘」にて(写真中段右)。

午後は「森林保全作業体験」<檜・杉の間伐作業>。

始めに間伐対象木の選定。そして木の特徴や周囲の様子から倒す方向の決定。ついで倒したい方向に幹の中ほど迄水平並びに45度の角度の「受け口」を鋸で切り込んだ後(写真下段左)、反対側に「追い口」を切り込み、ロープの張力で定めた方向に倒す(写真下段中)。後は枝を切り落とし、4mの長さに切り揃える(写真下段右)。

一連の体験作業終了後は、檜原村観光協会直営地元特産物直売所「やまぶき屋」に立ち寄り山里の幸を土産に、一路帰途に。

檜原村の豊かな自然に触れ、森林保全活動の一端を学ぶと共に、自然環境への思いを新たにした充実した一日。

関係者の皆さんありがとうございました。

 

pencil中央区では、平成18年から「中央区の森」事業を開始。森林保全活動団体が実施する間伐・枝打ち・下草刈り・植樹等の費用助成、環境について考える場としての春秋2回の「体験ツアー」、同事業に参加する区内事業者・団体へのサポート等を実施の由。また事業の円滑運営の為「中央区森とみどりの基金」も設置されている。尚「間伐材」はベンチやフラワーポットなどストリートファニチャーや公共土木材等への活用も図られていると云う。

 

    R0018829RS.JPG   R0018858RS.JPG    R0018859RS.JPG

    R0018827RS.JPG   R0018834RS.JPG    R0018839RS.JPG

    R0018843RS.JPG   R0018849RS.JPG    R0018847RS.JPG

 

 

 

 

『茶遊会』新茶<茶の実倶楽部>

[サム] 2012年5月15日 15:00

R0018815LS.JPG R0018810RS.JPG 店頭に「謹賀新茶」と染め抜かれた若草色のバナーが飾られた うおがし銘茶 築地新店・茶の実倶楽部では、5月14日(月)~19日(土)の期間(10:00~17:00)、『茶遊会』新茶 '新茶は三里行っても飲め' イベントが開催されています。(500円/人)

1月「新春」、3月「春」、7月「夏」、10月「秋」と並び年5回開かれる恒例の『茶遊会』のひとつ。

普段1階は物販、2・3・4階は各々趣向をかえた喫茶スペース、5階はイベントスペースですが、会期中は5階から1階まで順に降りながら、爽やかな香り・旨みと甘みが特徴の新茶づくしのひとときを楽しめます。

尚今年は15周年記念として、6月14日~16日に 「茶の実まつり」初夏の宴 が予定されています。

 

pencil『茶遊会』新茶メニュー

5F摘茶楼: 茶摘み体験、新芽天ぷら、金の焙じ茶、清酒「開運」 (写真上段左)

4F実茶楼: 築地新店限定「茶の実倶楽部」+茶請け (写真上段右)

3F美新楼: 「しゃん」vs.「にゅう」 (写真下段中)

2F向後階: 築地新店限定「これから」+新茶だんご (写真下段右)

1F風流階: 自然栽培茶」

 

    R0018800RS.JPG   R0018803RS.JPG   R0018804RS.JPG

    R0018805RS.JPG   R0018807RS.JPG   R0018808RS.JPG

 

 

 

 

新茶フェスタ2012<茶・銀座>

[サム] 2012年5月 4日 08:30

R0018683LS.JPG R0018684RSG.JPG 5月1日は八十八夜。銀座西5番街の日本茶専門店「茶・銀座」では、1日より6日まで今年の新茶をいち早く紹介する「新茶フェスタ2012」が開催されている。

1Fでは限定新茶を販売し、2F・3Fの喫茶スペースではスパークリングワインに始まり、「葉」「茎」「芽」の部位だけで入れたお茶や茶請け等、新茶を味わい尽くすもてなし「新茶フルコース2012」が用意されている。(700円)

「春包み」は今年の新商品。ほうじ茶と煎茶の新茶2種を球型のケースに詰め、風呂敷で包んだもの。

その他同店の定番商品「しゃん」の新茶の「とてしゃん」、芽茶/葉茶/茎茶を自分でブレンドできるMyブレンドセット・新茶ペアカップ・限定新茶を詰め合わせた「新茶福袋」等も販売している。

 

       R0018685RSC.JPG   SN3E0026RSC.JPG   SN3E0031RS.JPG

 

pencil「新茶フルコース2012」のメニュー

    2F スパークリングワイン(スペイン カヴァ)

       新茶の葉茶・茎茶&筍と新茶の芽茶のみそ和え 旬の長芋豆腐と共に(写真左)

       新茶「茶・銀座」ゴールドブレンド(芽:葉:茎=1:3:2)&トマトアイス(写真中)

    3F 新茶一番 エスプレッソ風&新茶のメレンゲ(写真右)

       新茶生クリーム大福

       新茶うぬぼれ

       R0018686CRS.JPG   SN3E0024RS.JPG   SN3E0030RS.JPG

 

 

 

 

ツツジ科の花々<晴海トリトン>

[サム] 2012年5月 2日 08:30

  R0018450LS.JPG ヒノデキリシマRSG.jpg                                                            草木の表情が日々変化するのを眺めるのは毎々心が癒されます。

今年は天候の影響もあって、本来なら順番に咲く花が桜の開花の前後に一斉に咲き揃った感がありました。

若葉の緑が目に沁みるこの季節の主役のひとつがツツジ科の花々。

ここ晴海トリトンでは、サウストリトンパークを中心にノーストリトンパーク、花のテラス、緑のテラスの散策路で色とりどりのツツジ科の花を満喫出来ます。

カルミア(アメリカシャクナゲ)、カイナンサラサドウダン等はこれから開花です。

「詩情豊かな景観」をお楽しみください。

 

       ミツバツツジ          ヒカゲツツジ          ヨシノツツジ

    ミツバツツジRS.JPG   ヒカゲツツジ(ツツジ科)RS.JPG   ヨシノツツジRS.JPG

     キリシマツツジ          ヒラドツツジ           アザレア

    ホンキリシマRS.JPG   ツツジ(ヒラドツツジ)(大紫)RS.JPG   アザレア(セイヨウツツジ,ツツジ科)RS.JPG

       シャクナゲ           アケボノアセビ           アセビ

    シャクナゲ(2)(ツツジ科)RS.JPG   アセビ アケボノアセビ(ツツジ科)RS.JPG   アセビRS.JPG

    セイヨウイワナンテン       ブルーベリー          ジャノメエリカ

    セイヨウイワナンテンRS.JPG   ブルーベリー(2)RS.JPG   ジャノメエリカ(ツツジ科)RS.JPG

    

 

 

銀座みゆき通り花祭り2012

[サム] 2012年5月 1日 08:30

R0018662LS.JPG R0018639RSG.JPG

 4月20日(金)~5月6日(日)の期間、「銀座みゆき通り花祭り2012」が開催されている。

例年4月29日には西銀座通り(外堀通り)から銀座通り(中央通り)までの全長300mをキャンパスに見立てたチューリップの花びらのアートパーフォーマンス「フラワーカーペット」が開催され、好評を博してきた。

今年は趣向をかえ、期間中、歩道に2,500株のシバザクラとペチュニアを織り交ぜた花壇が演出され、29日には銀座通りを挟んで車道の2面が6,000株のシバザクラとペチュニアで埋め尽くされた。

花園の中心には通りの街灯の頂に取り付けられた「鳳凰」が飾られている。

通りに植栽されている「ヒトツバタゴ」(別名ナンジャモンジャノキ)も丁度見頃を迎えている。

尚29日は16:00から、松坂屋銀座店横とニューメルサ横にて「シバザクラまたはみゆき通りのヒトツバタゴの苗木(庭植え用)のプレゼント」が実施された。

 

    R0018629RS.JPG   R0018611RS.JPG   R0018669RS.JPG

    R0018663RS.JPG   R0018630RS.JPG   R0018628RS.JPG


 

 
1