中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ラグビーワールドカップ2019開幕1000日前ライトアップ

[サム] 2016年12月29日 12:00

DSC_0327LS'.jpg 東京タワーの「特別ライトアップ」が連日、目を楽しませてくれています。

日本各地計12都市で開催が予定されている、2019年の「ラグビーワールドカップ」。

その開幕1000日前となる12月24日、大会への気運を盛り上げていくため、開催都市のひとつである東京都によるカウントダウンイベント

DSC_0333RS (3)'.jpgが、東京タワーにて開催されました。

併せてクリスマスイブのこの日、東京タワーが「ラグビーワールドカップ2019」の開催都市マークをイメージした、青・白・緑の3色の「特別ライトアップ」で彩られました。

点灯時間 日没~19:30 / 20:00~23:00

因みに、19:30~20:00 は「クリスマス・ライトダウンストーリー」、23:00~翌明け方迄は「ランドマークライト(冬バージョン)」が点灯。

この日も、勝どきの隅田川テラスから築地市場越しに、遠目にもくっきりと「ダイヤモンドヴェール:青・白・緑」が望めました。

 

 

東京タワー ダイヤモンドヴェール レインボー

[サム] 2016年12月27日 14:00

DSC_0302'LS (2).jpg 東京タワーはイベントやプロモーション等により、「特別ライトアップ」と称して、7色の点灯色を持つ「ダイヤモンドヴェール」を使用したカラフルな光を演出したり、あるいはサーチライト照射により、鮮やかでインパクトのある色を浮かび上がらせたりと様々な演出が見られます。

特別ライトアップは週

DSC_0303RS'G.jpg末や記念日に応じて不定期の点灯。

今月は、3・10・17日の土曜日と18日~22日はダイヤモンドヴェール <クリスマスツリー> が、本日23日と25日はダイヤモンドヴェール <レインボー> が見られます。

(20:00~22:00)

躯体から外に向かって輝く総ライト数は276。

17段ある光の階層それぞれが、7色に変化する機能を有し、色ごとに、愛・自然・命・夢・平和などのメッセージが込められていると聞きます。

白い灯りがひとつひとつ独立して見える、ダイヤモンドを散りばめたようなライトアップ。

勝どきの隅田川テラスから築地市場越しに、遠目にもくっきりと、ダイヤモンドヴェール <レインボー> が夜空に輝いています。

因みにこの日は、日没~19:30 / 22:00~翌明け方迄は「ランドマークライト(冬バージョン)」、19:30~20:00は「クリスマス・ライトダウンストーリー」が点灯。

 

 

亀島川緑道

[サム] 2016年12月26日 12:00

DSC_0289'LS.jpg 亀島川右岸の湊1丁目から八丁堀4丁目にかけ、此の程整備された、バリアフリーで水辺まで近づける "亀島川緑道" 。

鉄砲洲通り脇から階段やスロープで水辺近くまで降りることができ、ベンチが設置され、草木も植栽されています。

特に草木は、江戸・明治期の亀島川の風景DSC03441RSG.jpg

をイメージして、在来種を多く取り入れ、一年を通じて季節を感じられるよう工夫されていると聞きます。

また、夜間は温かみのあるLED照明が採用され、デッキから、区民有形文化財および公益社団法人土木学会の「選奨土木遺産」に選出された「南高橋」のライトアップや、大川端リバーシティ21の高層マンション群の夜景を楽しむことができます。

植栽されたバラ科シモツケの残り紅葉。

夜間は明るく照らし出されます。

区内の貴重な水辺空間資源。

一足先に整備された対岸のボート係留場に次いで、此の度は新たな憩いの場としての護岸活用事例です。

 

 

「天女像」七変化

[サム] 2016年12月17日 09:00

DSC_0221LS''.jpg 日本橋三越本店(日本橋室町1)1階中央ホールで、12月13日~29日の期間、同店のシンボル「天女(まごごろ)像」を七色に彩る、プロジェクションマッピングによる音と光のインスタレーション展示が開催中。

上映時間 (3分)

16:00 /17:00 / 18:00

尚12月29日は、年末恒例「三越の第九」演奏

DSC_0232''RS (2)G.jpg(12:30 / 14:30)前にも上映予定

同像は高さ11m。創立50周年の記念事業の一環として、彫刻家佐藤玄々氏により、京都の貴船神社の山中にあった樹齢500年の檜を使い、約10年の歳月をかけて制作された彩色木彫作品。

同店のお客様に対する基本理念「まごころ」を象徴する作品で、天女が瑞雲に包まれて、花芯に降臨する瞬間の姿を表現したものと聞きます。

会場では、音楽に合わせて、背後の瑞雲がたなびき、雷雲や炎の中で、天女像が色鮮やかに浮かび上がる姿が映し出されます。

 

DSC_0218SQRS'.jpg DSC_0219SQRS'.jpg DSC_0220SQRS'.jpg DSC_0233SQRS'.jpg

 

 

 

YAMANO MUSIC CHRISTMAS TREE 2016

[サム] 2016年12月16日 09:00

DSC_0202'LS (2)'.jpg 昭和51年以来長年親しまれた「ミキモトジャンボクリスマスツリー」が,本店ビル建て替えの為、一昨年幕を閉じましたが、これに代わり昨年新たに登場したのが山野楽器本店前のクリスマスツリー。

今年も11月12日~12月25日の期間、銀座の街を華やかに彩っています。

群馬県嬬恋村から取り

DSC03383SQRS'G.jpg寄せたと云う、高さ7.2m、径3.8mのモミの木。

ツリーを飾るのは、昨年の3,500個から4,500個に増やしたと聞くLED電球と、音符や楽器のオーナメント。

11:00から22:00までの間の毎正時、音と光の時報として、クリスマスソング(山下達郎「クリスマス・イブ」「ホワイト・クリスマス」)と連動したイルミネーションが楽しめます。

 「クリスマス・イブ」

   11:00~/13:00~/15:00~/17:00~/19:00~/21:00~

 「ホワイト・クリスマス」

   12:00~/14:00~/16:00~/18:00~/20:00~/22:00~

尚、監督・脚本を宮藤官九郎が務める、超絶地獄コメディ「TOO YOUNG TO DIE ! 若くして死ぬ」のBlu-ray & DVDが12月14日に発売されるのを記念して、山野楽器本店が12月13日・14日の2日間限定で、劇中に登場する "鬼野楽器" に店舗名を変更し、店内では本作で使用した衣裳&小道具が展示されています。

 

DSC03368SQRS'.jpg DSC03369SQRS'.jpg DSC03375SQRS'.jpg DSC03371SQRS'.jpg

 

 

2016 クリスマス・イルミネーションガーデン

[サム] 2016年12月14日 14:00

DSC_0200LS' (2).jpg ファンケル銀座スクエア(銀座5)では、12月12日~18日の7日間、10Fテラス付サロンスペース「ロイヤルルーム」を一般開放し、「クリスマス・イルミネーションガーデン」が開催中です。

(16:00~18:30)

現在年7回開かれている「季節のガーデンイベント」のひとつで、今年度を締めくくる催事。

DSC03362RS' (2)G.jpgイルミネーション煌めくガーデンテラスを眺めながら、寛ぎのひとときを過ごせます。

期間中、日替わりで毎日2回、30分ずつの音楽ライブが組まれています。

1回目 16:20~ / 2回目 17:20~

12日 ハープ / 13日 バイオリン / 14日 クラリネット /

15日 フルート / 16日 ギター / 17日 テナー / 18日 サックス

初日の12日は、ハープ奏者の平尾祐紀子氏の演奏。

スパークリングワインに、9Fぎんざ泥武士特製プチおつまみセット "トワイライトセット" も、ミニライブと共に楽しめます。

尚10Fは、期間中19:30~21:30の間、ぎんざ泥武士のディナーが味わえるクリスマス限定レストランとしてオープンします。