中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


春爛漫の中央区さくら便り

[ダンディ松] 2011年4月 7日 09:00

さあ!いよいよ東京の桜も満開に近づいている。今日(4月6日)は朝から快晴。それじゃ、ひとぱっしりと中央区の桜めぐりへ心もはずむ。

まずは隅田河岸、新大橋袂の浜町公園。隅田川の堤防から見下ろすように園内を俯瞰すると、一面の桜の海。春の柔らかい陽射しをうけて、霞か雲か今盛りなり。

DSC02347.JPG

DSC02348.JPGこのあと浜町緑道の桜並木へ。緑道を覆うように満開の桜が咲き誇っている。 

DSC02350.JPG

そして人形町通りの桜もほぼ満開。通りにたつお洒落な時計台脇の桜も満開です。いつもなら人形町の桜まつりで賑わう通りも今年は静かな桜の季節を迎えています。

DSC02352.JPGさて、次ぎはどこへ行こうかな。そうだもう一度、佃へ行ってみよう!
先日4日にはまだ見ごろを迎えていなかった佃リバーシティ21の桜並木はなんと絢爛たる様相。対岸の明石、八丁堀側の河岸の桜はまだ見ごろではないようです。

DSC02372.JPG

DSC02375.JPGこの陽気がつづけば、週末の4月9日(土)、10日(日)は中央区の桜は最高の見ごたえとなることでしょう。

 

 

佃・住吉の社を飾る満開のしだれ桜

[ダンディ松] 2011年4月 5日 13:30

DSC02331.JPG

うららかな春の陽射しをうけて、隅田川の水面がキラキラと輝き、河岸の桜並木が薄っすらとした彩りを見せています。ここ石川島・佃公園の河岸の桜並木はまだ三分咲きといった桜の開花ですが、数日中には花の雲を想わせる春爛漫の世界が私たちを愉しませてくれることでしょう。


ここで佃の島で見つけた春景色の一コマを紹介しましょう。かつての佃の島の中にはにはこれと言った桜の名所はありませんが、佃の鎮守様である住吉神社の境内には見事な「しだれ桜」が、今まさに春を謳歌するように満開の姿を見せています。
訪れる人もまばらな境内は都会の喧騒から隔絶されたような静かな佇まいの中で、しだれ桜の美しい姿だけがそよと吹く隅田川の川風に揺れている風情は格別なものがあります。

毎年訪れる桜の季節、自然の営みが創り出す春の一大ページェントを私たちは季節の移ろいの証として何のためらいもなく受け入れてきました。しかし自然は時として私たちに想像もつかないほどの過酷な試練を与えてきます。今年の桜は東日本大震災を起こした「自然」がその罪滅ぼしにと私たち日本人へ贈り物をしてくれたような気がしてなりません。


DSC02330.JPG

 

 

 
1