中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


フェルメール 光の王国展

[メニイブックス・オサ] 2012年4月15日 08:30

ck0901_1204121.JPG
4月11日の雨と風で桜の花も散ってしまったのかな・・・と思いながら出かけましたが、自宅近くの公園の桜がまだ満開の状態で残っていました。

でも道は桜の花びらでいっぱい。


天気もよくちょっと汗ばむ陽気の4月12日、

銀座5丁目松坂屋の裏にある「銀座ソトコトロハス館」5階で1月20日から7月22日まで開催されている『フェルメール光の王国展』を見てきました。
ck0901_1204123.JPG ck0901_1204122.JPG 

主 催:フェルメールセンター銀座、木楽舎、廣済堂、読売新聞社、電通

監 修:福岡伸一(分子生物学者)

入場料:1000円

開 館:10時から18時

休 み:第1、第3月曜日


盗まれたまままだ見つかっていない作品を含めて、フェルメール作と認識されている37品が当時の色彩で原寸大で再現されています。キャンバスの布地の形まで写しだされ、まったく本物の絵を見るような気がしました。


特にフェルメールが好んで使った高価な「ラピスラズリ」の青色が鮮やかでした。

この再生(recreate)は最新のデジタルマスタリング技術で行われているとのことでした。recreateについては会場に説明パネルがありました。


本物は時々日本で見られますが、1点から3点ぐらいの展示なのでこのように複製とはいえ彼の絵が全作品が見られるのはすばらしい。
制作年代ごとに展示されていてこれも彼の制作の変遷がわかってよかった。
平日にもかかわらずかなり人が見に来ていました。
ck0901_1204125.JPG ck0901_1204126.JPG


また原寸大の「フェルメールのアトリエ」も再現されていてここで記念写真を撮っている方もいました。

ck0901_1204127.JPG 

フェルメールに興味がある方、ない方も是非ご覧になることをお勧めします。


すばらしい再生技術です。7月22日以降の展示は今のところ決まっていないとのことでした。


 

 

院展とお花見

[メニイブックス・オサ] 2012年4月 7日 17:03

4月9日まで日本橋三越本店で開催されている「第67回春の院展」を見て、その後日本橋近辺の桜のお花見をしてきました。

IMG_1786.JPG「春の院展」:1945年11月に「日本美術院小品展」が日本橋三越本店で開催され、1970年に「春の院展」と改称され現在に至っている。(日本橋三越本店HP「春の院展」より抜粋しました)

今回の応募点数は870点、その内入選は314点。展示出品点数は同人の方の作品を含めて346点。見ごたえがありました。

日本画に興味があり、ちょうど桜の時期でもあり日本橋界隈のお花見とあわせて毎年見させてもらっています。(入場無料なのもありがたい)


IMG_1789.JPG IMG_1788.JPG

お花見はまず三越近くの「おかめざくら」。でも葉っぱだけになっており時期を逸してしまいました。


IMG_1791.JPG
日本橋の桜は交番の前の「しだれ桜(いとざくら)」はおまわりさんによると10日前位がよかったと。今日は葉桜になっていました。でも隣の「ソメイヨシノ」は満開。多くの人が写真を撮っていました。


IMG_1795.JPG IMG_1799.JPG丸善の横の「さくら通り」の桜も満開。プラザビルの前の広場には屋台も出ていました。いい場所にはブルーシートが敷かれ場所取りもされていました。


ちょっと肌寒かったですが気持ちのよい、いい花見でした。来週はもう散ってしまうのかな。。。

 

 
1