中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中秋の名月

[ジミニー☆クリケット] 2011年9月13日 09:15

旧暦8月15日の月を鑑賞する風習は昔からありましたが、今年は、9月12日が、旧暦の8月15日でしたhappy01



名月や池をめぐりて夜もすがら 芭蕉



中央区側から見れば、隅田川の向こう岸にある深川芭蕉庵(江東区)から、芭蕉先生もお月見をしていたんでしょうねえ。ちなみに、この池は、かわず(カエル)が飛び込んだ古池のようです。


一方、この名句が生まれてから三百数十年たった昨夜、昼間の暑さがまだ残る銀座のブランドビルの間で、中秋の名月は皓皓と照っていました。


meigetu1.JPG

 

 

 

銀座一丁目の歴史的建造物とコーヒー専門店「らんぷ」

[ジミニー☆クリケット] 2011年9月 6日 11:00

ときどき前を通りながら、気になっていた「鈴木ビル」(中央区銀座1-28-15)は東京都指定の歴史的建造物でした。やっぱりなあと一人納得delicious

suzuki1.JPG


正面の壁面に説明版があり、それによると、建築年は昭和4年とありますから、築82年ですsign01


もともとこのビルは、「甲子屋(きのえねや)倶楽部」という名前だったとのこと。


かつて新富町にあった「新富座」と関わりのある建物だそうで、公演やお稽古事に部屋が貸し出されていたそうです。


 

ファサードのデザインや装飾が非常に凝っていて、1階円柱のレリーフや銅版葺きの屋根に付けられた馬蹄形の窓もおしゃれです。

  suzuki2.JPG

suzuki3.JPG

suzuki4.JPG



その1階には、これまた由緒ありげなコーヒー専門店「らんぷ」があり、入ってみると、小じんまりしたお店ながら、優しそうなマスターが、1杯1杯サイフォンで丁寧にコーヒーを淹れてくれます。

coffee1.JPG

coffee2.JPG



マスターは、25年間、ここでお店をやっておられるとのこと。コーヒー専門店ですが、食事もでき、メニューには、香川県(さぬき)出身のマスターの作ってくれる手打ちうどんもありますよsign03

このお店については、今年6月に出版された村松友視さんの「銀座の喫茶店ものがたり」(白水社)でも紹介されていますので、そちらでもどうぞ(188ページ~)book


book.jpg

コーヒー専門店「らんぷ」中央区銀座1-28-15

営業時間7:30~18:00、土・日・祝祭日お休みcafe


 

 
1