中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


能面展〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2013年4月17日 14:00

銀座マロニエ通りに面したギャラリー銀座で、15日(月)から21日(日)までの予定で、能面展が開催されています。

noum1.JPG



展示されているのは、般若、翁、小面、姥等の能面で、京都にお住まいの中野芳春さんはじめ能面師の方々によるものです。能面は、「彫る」のではなく、「打つ」のだそうです。能面師が心を面に「打ち」込むからだそうです。

noum2.JPG



戯曲「修善寺物語」(岡本綺堂作)で、主人公の面作師、夜叉王の「打つ」源頼家の面に、なぜか死相が現れるという話が思い出されました。面に現れた死相は頼家の運命を暗示したかのごとく、その後彼は暗殺されます。

noum3.JPG



材質は、すべて檜だそうです。能面の表情の柔らかさからは、とても木でできているとは思えません。土、日には、希望者は面打ちの体験もできるそうですよ!

noum4.JPG




ギャラリー銀座の場所はこちらです。

 

 

 

「書」の美術館〔銀座金澤翔子美術館〕

[ジミニー☆クリケット] 2013年4月15日 08:25

kan1.JPG
銀座マロニエ通りを、昭和通りから築地警察署に向かって歩くと、左手にナチュラルローソンのお店があり、そのビルの地下1階に「銀座金澤翔子美術館」はあります。今年2月にオープンした新しい美術館です。常設で、今後数ヶ月毎に展示物の入れ替えを行うそうです。

kan2.JPG

テレビでは何度か金澤さんが揮毫されるのを見たことがありましたが、実際に書かれたものを見ると圧倒されます。墨痕淋漓というのか、筆を運んだその勢いが、とても生き生きとしてみずみずしく、その漢字自体が持っている意味と相まって迫ってきます。

kan3.JPG

当初、「美術館」という名称に、いまいち違和感があったのですが、金澤さんの書を拝見し、それが力強く見る者に訴えかけてくる、美しい芸術作品であるとわかりました。元気がもらえます!

kan4.JPG

 


「銀座金澤翔子美術館」のHPは ⇒ http://www.shokokanazawa.net/

 

 

 
1