中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座中央通りにルイ・ヴィトンビル出現!?〔松屋銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2013年9月 6日 14:00

今日(9月4日)朝、通勤経路の銀座マロニエ通りが銀座中央通りと交わる交差点の一角に、ルイ・ヴィトンビルが出現しました。

loui1.JPG

これは、松屋銀座の大改装の一環で、マロニエ通り寄りの建物外観が大きくリニューアルされ、8階までルイ・ヴィトンのファサードが展開されたものです。モダンでありながら、タイル張りのようにも石積みのようにも見える壁面の立体感が新鮮です。

建物内部でも、ルイ・ヴィトンの売場が、これまでの1,2階に加え、3階まで増床されたそうです。

loui2.JPG

9月13日にリニューアル開店とのことで、これにより、この交差点は、ルイ・ヴィトン、シャネル、カルティエ、ブルガリのブランド交差点になります。今は隠されているショーウィンドウの飾りつけも楽しみです。

 

 

 

 

池波正太郎展は9日まで〔松屋銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2013年9月 5日 09:00

時代小説の名作を、数多く世に送り出した池波正太郎は、大正12年(1923)浅草生まれとのことで、8月28日から、松屋銀座で「生誕90年池波正太郎展」が開催されています。

 

iken1.JPG

 会場には、時代小説の生原稿、創作ノートや日記が展示され、書斎が再現され、「鬼平犯科帳」、「剣客商売」、「仕掛人・藤枝梅安」のビデオが流されています。

 

とりわけ印象的だったのは、池波正太郎は絵を書くのが好きだったとのことで、水彩画の自筆スケッチがたくさん展示されていたことでした。

 

特に、ヨーロッパを旅行されたときの風景画がとても色がきれいですばらしかったです。食通で有名だった作家の、また違う面が見られてよかったです。

 

松屋銀座の「池波正太郎展」は、9月9日(月)まで開催です。

 

 http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20130828_ikenami.html

 

 

 

 

 
1