中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「奈良 T・E・I・B・A・N 動詞のデザイン」〔松屋銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年7月27日 18:00

松屋銀座の7階デザインギャラリーでは、現在、第716回デザインギャラリー1953企画展として、「奈良 TEIBAN 動詞のデザイン」が開催されています

naratei11.JPG

奈良県では、県内の地域産業活性化のために時間をかけて、さまざまな取り組みを行っており、県内の産業に新しいアイデアや思想を付加して、新たな動きや特産物を生み出すことに力を入れてきたそうです

naratei12.JPG

この展示会では、奈良TEIBANと称して、その成果物十数点が紹介されています

貝ボタン靴下麻のハンカチ茶がゆ葛の御菓子奈良筆、等々「本質的で継続性の高いデザイン」の品々がずらりとならんでいました

naratei13.JPG

会場は、奈良県の特産品である吉野杉が使われていて、いい香りがします

naratei14.JPG

開催期間は、7月22日(水)から8月17日(月)までです。

naratei15.JPG

奈良 TEIBAN 動詞のデザイン」のHPはこちら 

http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/index.html#gallery04

 

 

 

「假屋崎省吾の世界展」〔日本橋三越本店〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年7月24日 18:00

kariy11.JPG

日本橋三越本店新館7階ギャラリーで、華道家假屋崎省吾の世界展」が開催されています

期間は、7月22日(水)から8月3日(月)までです。

kariy33.JPG

今年は、琳派400年徳川家康没後400年だそうで、この「世界展」では、室町時代から江戸時代まで、それぞれの時代をイメージしたコーナーを設けて、假屋崎省吾さんが、で各時代の「美の世界」を表現しています

kariy44.JPG

会場は写真撮影禁止のため、ことばでお伝えするしかないのですが、豪華絢爛美しいです

"生きた"と"枯れた流木"との組み合わせが豪快です。モニュメントのようでもあります

大胆、かつ繊細が本当に綺麗です

kariy55.JPG

本館1階中央ホールでのイベントスケジュールも、7月22日(水)から28日(火)まで予定されています

kariy66.JPG

デモンストレーショントークショーミニアレンジ教室サイン会も行われます

kariy77.JPG

假屋崎省吾の世界展」〔日本橋三越本店〕のHPはこちら ⇒

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/event/shogo_kariyazaki/

index.html;jsessionid=p5fhVtyX0SW1LBmfYyx4tqyKbCdjlhR1y2TQNygbhZqYP8

J2Tm2d!11143204

 

 

 

日替わりランチ〔銀座ブロッサム〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年7月24日 09:00

会社の近くに銀座ブロッサム(銀座二丁目15番6号)があるので、昼食は、ここの1階にあるレストランをよく利用します

blossom11.JPG

銀座ブロッサム中央会館)は、区の建物(施設)で、首都高速都心環状線をはさんで、中央区役所の向かい側にあります。

結婚式場披露宴会場多目的ホール集会室レストランを備えています。

blossom13.png

このレストランのスペシャルメニューで、数量限定の日替わりランチがあります

A、Bの2種類から選べて、価格もリーズナブル

毎日12時をすぎると、発券機の前に行列ができます。

営業時間は、11時から15時までです。

blossom12.JPG

ちなみに、毎週日曜午前中の「さんぽサンデー」(テレビ朝日)という番組の、7月12日放送分は、中尾彬池波志乃夫妻が、築地駅から銀座エリアに向かって歩く回でした

blossom17.jpg

その途中、お二人が、銀座ブロッサムの前で「日替わりランチ」のメニューに目を留めるシーンがあり、そこに、たまたま昼食を終えてブロッサムから出てきた)が映り込んでしまうというハプニングがありましたので、私事ながらご紹介します

blossom18.jpg

放送直後、郷里四国の中学校の同級生から、「見たよ」メールがありました。

全国放送恐るべし

 

 

 

ムパタ没後30年展〔永井画廊〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年7月21日 09:00

mpata11.JPG

銀座4丁目、昭和通りと晴海通りの交差点、三原橋交差点からすぐ近くの永井画廊で「ムパタ没後30年展」が開催されています

mpata12.JPG

ムパタとは、アフリカ・コンテンポラリー・アートの潮流「ティンガティンガ派」を代表するタンザニア生まれの画家、S.G.ムパタです

mpata13.JPG

サブタイトルに「アフリカンプリミティブの雄」とあるように、アフリカの大地が生んだ鮮やかな色遣いで動物や鳥が生き生きと描かれています

mpata14.JPG

展示会場は、4,5,8階で、原画約30点が展示されています

mpata15.JPG

描かれた動物や鳥の表情がとても印象的まるで、人のよう

とても親しみを感じます

見ていると平和な気分にさせてくれる絵です

mpata16.JPG

展示期間は、7月7日(火)から9月13日(までで、開廊時間は、11時から18時までです。休廊日は毎週火曜日です。

mpata17.JPG

永井画廊のHPはこちら ⇒

http://www.nagai-garou.com/

 

 

 

八重洲・パリ祭展〔ギャラリー八重洲・東京〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年7月16日 18:00

ギャラリー八重洲・東京」をご存知でしょうか

八重洲地下街外堀地下3番通りにある、とてもオープンな雰囲気のギャラリーです

yaech11.JPG

現在、ここで、「八重洲・パリ祭展」が開催されています

この企画展は、2008年に日仏友好150周年を祝って始められたもので、今年で8回目を迎えます

yaech22.JPG

40名近い作家の方々がパリにちなんだ作品を出品されており、風景画あり、人物画あり、心象風景を描いた作品ありと、盛りだくさんで、きっとお気に入りの作品に出会えることでしょう芸術

yaech33.JPG

ちなみに、八重洲地下街は、今年でちょうど50周年、「ギャラリー八重洲・東京」は今年でちょうど20周年だそうです

週替わりで、展示会が開かれています芸術

yaech44.JPG

開催期間は、7月13日(月)から19日(まで、開催時間は午前10時から午後7時までです(最終日は午後3時半まで)。

場所は、下の地図で赤枠の部分です。

ヤエチカ」にお越しの際は、是非立ち寄ってみてください

yaech55.jpg

ギャラリー八重洲・東京」のHPはこちら ⇒

http://www.yaechika.com/gallery.php

芸術芸術芸術

 

 

アガパンサス開花中〔築地川亀井橋公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年7月10日 14:00

築地1丁目、亀井橋、築地警察署に隣接して、首都高速道路の上に作られた築地川亀井橋公園には、中央の広場にペレニアルガーデンという宿根草花壇があります。この花壇には、70数種の宿根草が植えられており、1年を通してを楽しむことができます

agapans1.JPG

この花壇で、現在、アガパンサスが美しいうすい青紫色と白色のを咲かせています

南アフリカ原産。ちょうど梅雨時期に開花して、初夏から、遅いものは秋まで咲いています

agapans2.JPG

アガパンサスは、ギリシア語のアガベ()アンサス)の2語からなり、「」という意味だそうです

agapans3.JPG

また、和名は「紫君子蘭むらさきくんしらん)」と言うそうですが、クンシランとは縁もゆかりもない別属の植物だそうで、外見の特徴から付けられた和名のようです

agapans4.JPG

花茎を長く伸ばし、先端に数十輪のを放射状に咲かせているアガパンサスは、曇天の下でもりりしくさわやかですが、早く明るい太陽の下で、その立ち姿を見てみたいものです