中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座テラスの「みどり」〔銀座三越〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年6月30日 16:00

mitute01.JPG

小雨の中、銀座三越9階銀座テラス西側の屋上緑化の「みどり」が鮮やかです

下の写真、ここからだと、和光の時計台はこんな角度で見れますよ

mitute03.JPG

銀座4丁目交差点上空の芝生広場です

mitute02.JPG

芝生広場植栽スペースからなる「テラスガーデン」の一角には、銀座出世地蔵尊囲神社銀座摂社が安置されています

mitute04.JPG

銀座出世地蔵尊は、明治のはじめ三十間堀から掘出されたといわれる地蔵尊です

昭和43年銀座三越新築に際して、当所へ移設されました

mitute05.JPG

三囲(みめぐり)神社三井家三越の前身)の守護神だそうです

弘法大師の建立と伝えられ、宇迦之御魂命がまつられていまする。

白狐御神体三度めぐったという故事により「みめぐり」と呼ばれるようになったとか

mitute06.JPG

植栽スペースの、ヒューケラゼラニウムカラーリーフもきれいです

mitute08.JPG

銀座三越のHPはこちら ⇒

https://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/index.html

 

 

アリスのプチガトー〔銀座コージーコーナー〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年6月30日 09:00

cozyc02.JPG

2010年に公開された「アリス・イン・ワンダーランド」、そのアリスの不思議の国での2回目の冒険を描いた「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」が、7月1日(金)、全国一斉に封切られますが、それに合わせてか、銀座コージーコーナーで、"ふしぎの国のアリス"に登場するキャラクターをモチーフにプチガトー期間限定発売されています

cozyc03.JPG

銀座1丁目本店(銀座1-8-1 池田園ビル)で購入しました

cozyc01.jpg

正式名称は、「プチガトー ディズニー スターフェスティバル・コレクション(9個入)」です

cozyc05.JPG

9種類のプチケーキは、すべて"ふしぎの国のアリス"に登場するキャラクターです

見て楽しい食べておいしい

(左上から右に)

紅茶ゼリー(アールグレイ)ドーマウス

レモン生クリーム&紅茶ケーキ時計

ミルクティープリントランプ

バナナ生クリーム&ラズベリージャムタルト双子のディーとダム

ホワイトチョコミント生クリームタルトアリス

ピスタチオ生クリーム&杏ジャムタルトマッドハッター

ホワイトチョコ生クリームケーキハートの女王

ホワイトチョコ生クリーム&ラズベリージャムタルト白うさぎ

苺ジャム入りラズベリークリームロールケーキチェシャ猫

cozyc04.JPG

銀座コージーコーナー銀座1丁目本店のHPはこちら ⇒

http://www.cozycorner.co.jp/shop/area/0335675015.html

 

 

「ソニーが銀座に空き地をつくる?」展〔ソニービル〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年6月29日 18:00

sonys01.JPG

先日、数寄屋橋交差点に面したソニービルが大規模にリニューアルされるとの発表があり、このブログでも紹介しましたが、現在、そのソニービル8階で、このプロジェクトを紹介するイベントが開催されています

sonys02.JPG

銀座ソニーパークプロジェクト」は、ソニー創業70周年)、ソニービル開業から50年目)にあたる今年から、7年かけてソニービル大規模リニューアルを進めていくプロジェクトだそうです

ソニービルの壁面には、「ソニーが銀座に空き地をつくる」の文字が

sonys03.JPG

コンセプトは、「街に対して開かれた施設」だそうで、2018年から2020年の間は、地上部分を「銀座ソニーパーク」として、オープンかつフラットな空間として開放し、2022年完成予定の新ソニービルにおいても、パークという考え方を継承して、都市的公共性の高い施設の完成を目指すそうです

sonys04.JPG

プロジェクト展では、ソニービル開業50年の歴史を、当時の資料写真模型などで振り返りつつ、「銀座ソニーパーク」のイメージ模型や新しいソニービル設計図面模型が展示されています

sonys05.JPG

開催期間は、6月17日)から7月10日)までです

会場は、8階の「コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)」です

会場は、写真撮影OKです

sonys06.JPG

ソニービルのHPはこちら ⇒

http://www.sonybuilding.jp/

 

 

中央区近代建築物パネル展〔タイムドーム明石〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年6月26日 09:00

明石町、聖路加国際病院の南側の道路をはさんで向かい側、中央区保健所複合施設6階に、タイムドーム明石中央区立郷土天文館)があります

time01.JPG

ここは、郷土資料の常設展示室プラネタリウム区民ギャラリーを併せた施設ですが、現在、「中央区近代建築物パネル展」が開催されています

time02.JPG

この企画展では、「近代建築物調査100選」に選定された建物のうち、いくつかがパネルで紹介されています

time03.JPG

中央区では、平成23年から3年にわたって、中央区内に現存している近代建築物に関する調査を行い、その結果をもとに「近代建築物調査100選」を選定したそうです

time04.JPG

大きなパネルで紹介された建物は、知っているものもあれば、今回初めて見るものもありました

time05.JPG

まさに、中央区を彩ってくれている建物であり、中央区の歴史を語ってくれている建物たちです

time06.JPG

会場に用意されている用語解説の冊子が詳しくて、町家建築看板建築について、とても勉強になりました

time07.JPG

これらの近代建築物に会える地図も用意されていて、これを手に中央区を歩くのも楽しいなと思いました

time08.JPG

開催期間は、7月3日()までです。月曜日休館日です。

time09.JPG

なお、会場での写真撮影については、特別にご了解をいただきました。ありがとうございました

パネル展の詳細は、こちらのHPをご覧ください。⇒

http://www.city.chuo.lg.jp/event/culture/28panerutenn.html

 

 

つゆどきの花(木槿)

[ジミニー☆クリケット] 2016年6月25日 16:00

ムクゲ木槿)が咲いています

mukuge01.JPG

ムクゲは、アオイ科フヨウ属の落葉樹で、庭木として広く植栽されています

mukuge02.JPG

写真は、入船橋の築地側のたもと、コンビニの前の植栽エリアと新大橋通りの植栽エリアです

mukuge03.JPG

花は短命で朝咲いたらその日の夕方にはしぼんでしまう一日花ですが、からに絶え間なく新しい花を次々と咲かせます

ここから「槿花一日の栄」「槿花一朝の夢」ということわざができ、「わずか一日のはかない栄え」の意に使われているのでしょう

mukuge05.JPG

つゆどき真夏も似合う花で、斎藤茂吉は「あらたま」の中で、

雨はれて心すがしくなりにけり窓より見ゆる白木槿(しろむくげ)のはな

と詠んでいます

mukuge06.JPG

俳句ではの季語です

松尾芭蕉は「野ざらし紀行」で、

道のべの 木槿(もくげ)は馬に くはれけり

と詠んでいます

mukuge07.JPG

また、暑い夏がやってきます

 

 

「救世軍渡来記念の地」碑

[ジミニー☆クリケット] 2016年6月24日 14:00

今まで、横を通っても花壇だと思っていて、まったく気づきませんでした

kyuseig01.JPG

中央区役所側から築地橋を渡ってすぐのところ、平成通りに面して、「救世軍渡来記念の地」の碑がありました

京橋税務署の向かい側です(下の地図赤〇)。

kyuseig00.jpg

救世軍(The Salvation Army)とは、キリスト教プロテスタントの独立した一派で,1878年にイギリスで創設されました

独特の軍隊的組織のもと、伝道社会事業を行なうことで知られ、歳末になると軍服を着た男女がラッパを吹いて"社会鍋"に寄付金を集めている姿が思い出されます

「思い出されます」と言うよりも、テレビドラマなどで、歳末の風物詩としてより強調されて、記憶に残っていると言うべきでしょうか

kyuseig02.JPG

日本では、1895(明治28)年ライト大佐が来日して、日本救世軍を創設しました

ライト大佐一行は、この地に日本最初の本営を設け救世軍活動を開始したのだそうです

kyuseig03.JPG

この碑は、1995年、日本における救世軍創設百年を記念して設置されました

 

 
123456