中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


日本コリークラブは中央区にあります

[ジミニー☆クリケット] 2016年8月31日 18:00

ちょうど1年前、我が家の一員となったシェルティーシェットランドシープドッグ、♂、1歳)について、育て方しつけ方病気の予防等々、有益な情報を得たいなと思っていろいろ調べていると、なんと、日本コリークラブという団体が中央区にあることを知り、さっそく訪問して説明を受け、入会しました

jcc001.JPG

一般社団法人日本コリークラブJ.C.C.)は、歌舞伎座の向かい側、晴海通りから南西に少し入った銀座ワカホビル8階にあります。住所は、銀座5丁目14-8です

jcc000.jpg

日本コリークラブは、牧羊犬および家庭犬としてのコリー犬種(ラフコリースムースコリーシェットランドシープドッグボーダーコリー)の改良増殖並びに普及を図り、 併せて会員相互の親睦を図ることを目的としています

jcc002.JPG

このクラブの創設は1953年昭和28年)で、2012年には、創立60周年の記念祝賀会を催した歴史のあるクラブです

下の写真は、j.c.c.発行の血統証です

jcc016.JPG

入会は、コリー犬種を飼育している方、現在コリー犬種を飼っていなくてもコリー犬種を愛好される方なら、誰でもできます

下の写真は、j.c.c.発行の教本規定・基準指導D.V.Dです

jcc012.JPG

入会すると、子犬の登録及び、コリークラブ本・支部主催の行事に参加できます

2カ月に1回発行される会報コリーファンシー」(コリーシェルティーに関する情報、写真が満載ですも届けられます

jcc005.JPG

私は入会したばかりですが、これからクラブ主催の行事に積極的に参加して、わが家の愛犬の幸せな人生(犬生)をサポートしてやりたいと思います

jcc017.JPG

なお、このブログで紹介させていただいた情報・資料は、日本コリークラブ広報部からご提供を受けました。ありがとうございました

J.C.C.日本コリークラブのHPはこちら ⇒

http://www.collieclub.jp/index.htm

 

 

「50の顔」展〔REIJINSHA GALLERY〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年8月29日 16:00

reijin013.JPG

銀座6丁目、みつわビル地下1階にある画廊「REIJINSHA GALLERY」で、現在「50の顔 50 FACES Vol.2」が開催されています

ビルの1階テナントは、宝石専門店の「ミワ」です

reijin003.JPG

昨年に続いて2回目の開催となるそうです

reijin010.JPG

この企画展は、ギャラリー側からアーティストを選抜して制作を依頼するもので、今回は、昨年の秋に依頼をしたとのこと。そのため、ほとんどの作品が、今回の企画展のために制作されたものだそうです

reijin006.JPG

展示されている作品は、「」というテーマで統一されているものの、50人のアーティストが描く「」は、それぞれに個性的魅力があり、作品ごとに見入ってしまいます

reijin007.JPG

中には、昨年上半期のの芥川賞受賞作又吉直樹さんの「火花」(文藝春秋)の装画を担当されたアーティストの作品も展示されており、こうした現在活躍中のアーティストを50人集めたギャラリーの力量企画力に感服します

reijin13.JPG

ギャラリー自体も清潔感のある、落ち着いた居心地のよい空間で、中央のソファに座って作品をながめているのも贅沢な時間です

銀座みゆき通りを一歩入ってビルの階段を下りると、静かに広がっている異空間、是非、一度、足を運んでみてください

reijin008.JPG

開催期間は、8月23日)から9月4日)まで。開廊時間は、12:00から19:00までです。

reijin009.JPG

休廊日は、日曜日月曜日ですが、最終日の9月4日)は開廊しているそうです。

reijin016.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、特別にご了解をいただきました。ありがとうございました

reijin015.JPG

REIJINSHA GALLERYのHPはこちら ⇒

http://www.reijinsha.com/

芸術芸術芸術

 

 

ベルギービール専門レストラン〔コレド室町2〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年8月27日 09:00

zot01.JPG

コレド室町22階に入っているベルギービール専門のレストラン、「ビアカフェ ブルッグス ゾット」です

zot02.JPG

こちらは、ベルギー古都ブルージュ450年以上の歴史がある老舗ベルギービール醸造所ドゥ・ハルヴ・マーン公認のレストランです

ブリュワリー直輸入の樽生ビールなど約100種類)のベルギービールと、ムール貝料理などの伝統的な料理が楽しめます

zot005.JPG

ビールは、同社のビールブランドである「ブルッグス ゾット ブロンド」を注文

飲みやすく、香りが豊かですアルコール度数は、6.0%です

zot06.JPG

ビンチェ種のポテトフリッツ

ホックホクで、ソースの選択肢も多いです

zot07.JPG

シュークルトソーセージ4種

ボリュームがあって、種類ごとの味の違いが楽しめますお勧めです

zot08.JPG

ムール貝白ワイン蒸しダブル

私は白ワイン蒸しが好きですが、ベルギービール蒸しカリークリーム蒸しトマトブイヤベース蒸しのバリエーションも楽しめます

zot03.JPG

スイーツのメニューも充実しており、「ブリュッセル風ワッフル」は、次回、カフェの時間に来て、注文したいです

zot04.JPG

店内の室内装飾はアールヌーボー様式で、本場のビアカフェで飲んでいるかのような錯覚を起こさせます

営業時間は、11時から23時まで。カフェの時間帯は、14時から17時までです。

ベルギービール香りもバリエーション豊かですが、アルコール度数にもご注意ください

2%台のものもあれば、12%のもの()もありますので

ブルッグス ゾットのHPはこちら ⇒

http://www.world-liquor-importers.co.jp/zot/

 

 

東京のミニパナマ運河見学クルーズ〔双十郎河岸〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年8月26日 14:00

miduha001.JPG

現在の日本橋1911年(明治44年)に架橋されました

miduha002.JPG

架橋100周年を迎えた2011年(平成23年)に、歌舞伎役者坂田藤十郎丈十二世市川團十郎丈(故人)による船乗り込みが催され、お二人(藤十郎團十郎)の乗り込みを記念して、この河岸は「双十郎河岸」と名付けられました

miduha003.JPG

私たちが乗船したクルーズ名は、「夏限定扇橋閘門(こうもん)の運転室見学と通航体験舟遊び」で、この扇橋閘門があるのは小名木川(江東区)なのですが、日本橋のたもと、日本橋川双十郎河岸から出船したということで、紹介させてもらいます

miduha005.JPG

クルーズは、日本橋川から隅田川に出て、東京スカイツリーを見ながら隅田川を少しさかのぼり、清洲橋をくぐった後、小名木川に入りました

miduha006.JPG

閘門とは、水位の異なる河川や運河、水路の間でを上下させるための装置です。実際には、固定された閘室(前後を仕切った空間)内の水位を変えることで、結果的に船を上げ下げします

miduha007.JPG

扇橋閘門です

miduha008.JPG

8月限定日(今日、21日とか)は扇橋閘門運転室一般開放され、見学が出来ました

miduha009.JPG

江東区を中心とした内部河川は、東京湾の干潮時よりも強制的に水位を1メートル下げているそうで、隅田川と最大で3メートルも水位が変わるそうです

にもかかわらず、どこにも水が流れ込む激流がないのは、この閘門によって水位の差を調節しているからとのこと

miduha010.JPG

実際に、船に乗ってこの仕組みを体感すると、すごさがわかります

いい体験でした

miduha004.JPG

舟遊び みづはのHPはこちら ⇒

http://www.funaasobi-mizuha.jp/topics/20160714K.html

 

 

「今治スタイル」焼き鳥〔鳥ぼんち〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年8月25日 12:00

銀座2丁目、外堀通りに面してマロニエ通りの始まる角に位置するマロニエゲート12階レストランフロアに「焼とり 鳥ぼんち」があります

bonchi002.JPG

こちらは、食材を串に刺さず、熱々の鉄板で焼き上げる愛媛県今治市スタイル焼き鳥が売りの、新しいお店です

bonchi003.JPG

今日は、ランチタイム11時~15時)に、「焼鳥パリパリ焼 とり丼を注文しました

bonchi005.JPG

この「今治スタイル」の焼き鳥は、皮はパリッと肉はジューシーに焼き上がるのが特徴ですが、本当に肉が柔らかで、かむと肉汁が口の中で広がり、おいしいです

ランチタイムには、「焼鳥パリパリ焼 とり丼」のほかに、「スパイシースパイシー鳥カレー」、「とり玉重(厚焼き玉子入り)」があります

bonchi004.JPG

今度は、ディナータイム17時~23時に来てみたいです

マロニエゲートの「焼とり 鳥ぼんち」のHPはこちら ⇒

https://www.marronniergate.com/pc/shop/toribonchi/index.html

 

 

モノトーン2人展〔MASATAKA CONTEMPORARY〕

[ジミニー☆クリケット] 2016年8月24日 18:00

sad001.JPG

日本橋3丁目、中央通りに面して建つ三晶ビル地下1階にあるギャラリー、「MASATAKA CONTEMPORARY」で、「伊東明日香+平野果林 2人展『Sex and Death』」が開催されています

sad002.JPG

この企画展のタイトルは「Sex and Death」、『』と『』です

sad003.JPG

展示されているお二人の作品はすべてモノトーンです。

伊東明日香さんの作品は、鉛筆青墨墨インクが使われ、平野果林さんの作品は、鉛筆ボールペンシャープペンシルが使われているそうです

sad004.JPG

平野さんの作品は、ボールペンが使われているせいか、モノトーンといっても、一部赤っぽくみえる部分や青黒く見える部分があり、それが作品に雰囲気を与えているように思いました

sad005.JPG

伊東さんの作品は、「エロス」を感じさせるものが多く、モノトーン映画の一場面を切り取ったような印象的な作品が多かったです

sad006.JPG

会社帰りにお邪魔しましたが、地下の静かなギャラリーで、それぞれ独自の世界観を表現した作品をゆっくり観させてもらい、充実した時間をすごせました

sad007.JPG

期間は、8月13日()から9月10日()までです。

祝日休廊日です。

sad008.JPG

三晶ビル1階のギャラリー入口は、ビルの南側にあります(下の地図赤い★印)。

sad009.jpg

なお、会場での写真撮影については、特別にご了解をいただきました。ありがとうございました

MASATAKA CONTEMPORARYのHPはこちら ⇒

http://www.masataka-contemporary.com/