中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東銀座のカジュアルイタリアン〔カリーナ・イルキャンティ〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年6月29日 09:00

お店は、昭和通り沿いにあり、銀座東2丁目交差点3丁目交差点のほぼ中間地点にあります

銀座3-11-16 G-3銀座ビルの1階です

carina001.JPG

東銀座カジュアルイタリアン、「カリーナ・イルキャンティCARINA iL-CHIANTI)」さんです

carina002.JPG

6時半に入店した時には、先客はいなかったのですが、あっという間にいっぱいになりました

人気のお店です

carina003.JPG

カリブサラダドレッシングをかけるです)

このドレッシングがすばらしくおいしい

carina005.JPG

クリスピーソフトシェルクラブ

ソフトシェルサクサク感ビールワインが進みます

carina004.JPG

イタリアプロシュート

carina006.JPG

シラス・マルゲリータ

シラスの自然なしょっぱさがマルゲリータに合います

carina007.JPG

スモークモッツァレラトマト

スモークモッツァレラ最高

carina008.JPG

ギリシャのスパゲティ

名前に惹かれて注文しましたが、完全に当たりでした

友達と気軽にいけて、おいしい料理が楽しめます

カジュアルイタリアン」という表現が最適なお店です

カリーナ・イルキャンティのHPはこちら ⇒

http://www.chianti.co.jp/carina/index.php

 

 

アガパンサス咲き始め〔築地川亀井橋公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年6月27日 12:00

agap001.JPG

今月22日に全国のトップを切って、沖縄地方梅雨が明けたそうですが、こちらはまだ明けず、梅雨らしい日が続いています

agap002.JPG

そんな中の晴れ間、今年も、築地川亀井橋公園アガパンサスが咲き始めています

agap003.JPG

公園内にあるペレニアルガーデン宿根草の花壇)と公園の入り口のところに、薄紫色アガパンサスがあります

agap004.JPG

2年前の7月10日付け、このブログでご紹介した時は、ほぼ満開状態でしたが、今年はまだこれから咲こうとしている状態です

agap005.JPG

アガパンサス立ち姿が美しく、真夏に咲いていてもさわやかな感じの花です

agap006.JPG

お近くにお越しの折は、立ち寄ってみてください

agap008.JPG

一昨年の築地川亀井橋公園アガパンサスのHPはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2015/07/post-2566.html

昨年の築地川銀座公園アガパンサスのHPはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/06/post-3411.html

 

 

「飛べないかたち」展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年6月20日 09:00

fusig001.JPG

銀座2丁目にある銀座大塚ビル地下1階の画廊、「メグミオギタギャラリー」で、伏黒 歩(ふしぐろ あゆむ)氏新作個展飛べないかたち」が、開催されています

fusig002.JPG

同ギャラリーでの伏黒氏新作個展は、今回が6度目となるそうです

fusig003.JPG

第一印象は、「不思議な、飛んでいない鳥の"静物画"」です

描かれている対象がだということはわかるのですが、その体が置物のようでもあり、ただ首から上は(特に)、何かを訴えかけているようで、じっと見入ってしまうようなが込められています

fusig004.JPG

使われているのは、アクリル絵具スプレー、それに水彩絵具だそうですが、その色彩にじみぼかしが、作品ごとに違っていて、おもしろいです

fusig005.JPG

ギャラリーの方に伺うと、伏黒氏の作品は、こちらのギャラリーで個展を開くたびに、"進化"してこられたとのこと。粘土絵具と同等に扱い、生み出した「立体画」()の時期もあったとのことで、そこからさらに抽象性の高い表現に変化されているのでしょうか

fusig007.JPG

今回は、陶作品の新作展示も行われています

fusig008.JPG

私の理解力、表現力では、到底お伝えすることはむずかしく、是非、ご自身の目で確認していただきたいと思わせる不思議な魅力パワーを秘めた作家の新作個展です

私の理解が足りていないなりにも、「飛べないかたち」というタイトルは、とても適切だと思います

fusig006.JPG

開催期間は、6月9日)から7月1日)までです。

開廊時間は、11時から19時までで、祝日はお休みです。

fusig009.JPG

なお、今回も、ギャラリー内での写真撮影、取材にご了解をいただきました。

ありがとうございます

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

芸術芸術芸術

 

 

写真&ペーパーカット展〔ノエビア銀座ギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年6月18日 16:00

kontyu001.JPG

銀座7丁目、並木通りに面して建つノエビア銀座本社ビル1階に、ノエビア銀座ギャラリーがあります

kontyu002.JPG

現在、ここで、今森 光彦氏による写真&ペーパーカット展楽園の昆虫たち」が開催されています

今森氏の作品展が、このギャラリーで開かれるのは5回目だそうです

kontyu003.JPG

今森氏は、滋賀県のご出身で、写真技術は独学で学ばれたそうです。フリーランスの写真家として琵琶湖を望む田園にアトリエを構え、自然と人との関わりを「里山」という概念で追う一方、世界各国を訪ねて、生物の生態を追求し、広く世界の辺境の地まで取材されているそうです

kontyu004.JPG

二次元の写真と、三次元のペーパーカットという、二つの異なる手法で、同じ作家が「楽園の昆虫たち」を表現しています

kontyu005.JPG

昨年、ここで開かれた今森氏ペーパーカット展は、いわゆる「切り絵」で、二次元的に、哺乳動物から爬虫類昆虫まで幅広く、白と黒のコントラストで表現されていたのですが、今回は、鮮やかなカラーの写真に加えて、色紙半透明クリアファイルを使って、昆虫立体的に表現されており、ガラリと雰囲気が変わっていて驚きました

kontyu006.JPG

カラー写真美しいです

kontyu010.JPG

そして、前翅後翅を広げて今にも飛び立とうとしている甲虫類や、跳躍しているバッタ類、枝の先に止まっているようなトンボの「ペーパークラフト」の作品群がリアルすばらしいです

kontyu011.JPG

開催期間は、6月12日)から9月1日)までです。

開催時間は、午前10時から午後6時までで、祝日午後5時までです。

kontyu007.JPG

8月夏休みシーズンにも開催されていますから、銀座にお越しの折、並木通りを散策の折には、立ち寄ってみてください

kontyu008.JPG

なお、ギャラリー内写真撮影禁止のところ、特別にご了解をいただいて撮影させていただきました。ありがとうございます

kontyu009.JPG

昨年7月同ギャラリーで開かれた今森氏ペーパーカット展のブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/07/post-3475.html

ノエビアギャラリーのHPはこちら ⇒

http://gallery.noevir.jp/

 

 

ネジバナの花の季節

[ジミニー☆クリケット] 2017年6月17日 14:00

今年も、中央区の公園に、ネジバナ捩花)がピンク色を咲かせています

nejineji001.JPG

ネジバナは、ラン科ネジバナ属小型の多年草で、別名はモジズリ綟摺)です

nejineji004.jpg

見ての通りが花茎の周りに螺旋状に並んで咲く「ねじれた花序」が和名の由来です

ネジレバナ」、「ネジリバナ」、「ねじり草」と呼ばれる事もあるそうです

nejineji002.JPG

学名の Spiranthesスピランセス)も、ギリシャ語の 「speira螺旋らせん))+ anthos)」に由来します

右巻き左巻きの両方があるそうです確かに

花色もピンクだけでなく、もあるそうですよ

nejineji003.JPG

2014年6月のネジバナのHPはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2014/06/post-2066.html

 

 

古典芸能鑑賞会〔日本橋劇場〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年6月15日 12:00

6月10日)の午後開催された、中央区文化・国際交流振興協会 主催、「中央区古典芸能の会」企画・制作による「第19回 古典芸能鑑賞会」を鑑賞しました

koteng01.JPG

会場は、日本橋蛎殻町1丁目の日本橋劇場日本橋区民センター内の日本橋公会堂ホール)でした

koteng003.JPG

事前に希望者がはがきで申し込むもので、対象者は、中央区在住・在勤者および鑑賞を希望される方でした

内容は、

(1)講話は、中央区と忠臣蔵-日本橋の大石内蔵助と本願寺に葬られた赤穂浪士-」と題して、伊東 成郎氏により行われました

伊東氏は、新富町在住江戸幕末研究家、約20分間の講話でしたが、知らない話意外な話が盛りだくさんでした

(2)長唄島の千歳」の演奏で、中央区名誉区民人間国宝)の堅田 喜三久氏小鼓、同じく中央区名誉区民人間国宝)の杵屋 淨貢氏三味線、他の方々でした

(3)長唄浦島」で、立方 尾上 菊透氏演奏は、今藤 美治郎社中の方々でした

(4)落語は、金原亭 馬生師匠による「抜け雀」でした

銀座出身馬生師匠の出に、「木挽町」と多くの声がかかりました

(5)長唄鶯宿梅」で、舞踊は、花柳 ツル氏花柳 寿々彦氏花柳 寿美藏氏演奏は、今藤 美治郎社中の方々でした

これは、狂言仕立ての、おとぎ話のようなメルヘンのような楽しい作品でした

koteng001.JPG

お囃子は、堅田 新十郎社中の方々、司会は、鳥羽屋 里夕氏でした

演目が始まる前の丁寧な紹介で、すべての演目を楽しむことができました

koteng002.JPG

定員は382名とのことでしたが、実際、会場は満席でした

こういう鑑賞会継続的に開催されて19回を数えるというのは、やはり江戸時代から文化・芸術の中心だった中央区ならではだなと思いました

koteng006.JPG

中央区文化・国際交流振興協会のHPはこちら ⇒

http://www.chuo-ci.jp/