中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


居留地中央通りの七変化

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月30日 18:00

lanta001.JPG

居留地中央通り」は、中央区の「入船」と「」の境の通りであり、「明石町」の中央を通っている通りでもあります

居留地」とは、明治の初めに、このあたりに開設された築地外国人居留地のことです

lanta002.JPG

居留地中央通り」と「居留地通り」の交わる交差点が「明石小学校前交差点で、この交差点を構成しているのが、明石小学校カトリック築地教会聖路加国際病院聖路加国際病院旧館です

lanta009.jpg

明石小学校前交差点から北側の居留地中央通り沿いの街路樹の株元に、ピンクオレンジ黄色の鮮やかなが咲いています(上の地図ピンク色のロ

ちなみに、この通りの両側には、いわゆるミッション系の学校の発祥の地であることを示す記念碑がたくさん建っています

lanta003.JPG

上の写真は、「暁星学園発祥の地」碑です

lanta004.JPG

咲いているは、ランタナです。和名はシチヘンゲ七変化)です

クマツヅラ科シチヘンゲ属常緑小低木で、中南米が原産だそうです

lanta005.JPG

和名の七変化は、の色が次第に変化することに由来するのだそうです

lanta006.jpg

開花時期は5~11月までと長く、を咲かせ続けてくれます

lanta007.jpg

このが終わるころは、もう近しということなんですねえ

lanta008.JPG

 

 

幻想的な国々のイラスト展〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月22日 12:00

gokan001.JPG

銀座2丁目にある画廊、ギャラリー銀座で、オリジナル都市名国名国旗イラスト展が開催されています

gokan002.JPG

呉 冠緯氏によるイラスト展~幻想的な国々へ~」です

gokan003.JPG

呉氏にとって、初めての個展だそうです

gokan004.JPG

会場には、オリジナルな50か国の作品が展示されています

gokan005.JPG

すべて呉氏創造された都市名国名、そして国旗イラストです

gokan006.JPG

地球上に存在しない国を、呉氏都市名国旗まで創造して作品にされています

地形色彩組み合わせ美しいです

gokan007.JPG

また、国名都市名がいかにもありそうな名前であることも、現実と空想の間で、幻想的な雰囲気を醸し出しています

gokan008.JPG

開催期間は、9月19日)から25日)までです。

時間は、午前11時から午後7時までで、最終日のみ午後5時30分までとなります。

ギャラリーは、2階です

gokan009.JPG

ギャラリー内での写真撮影および取材について、呉氏のご了解とご協力をいただきました

ありがとうございます

gokan010.JPG

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/

 

 

似顔絵グランプリ開催〔八重洲ギャラリー・東京〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月21日 14:00

seinig001.JPG

清つねおの似顔絵グランプリ2017」です

seinig002.JPG

毎年恒例、八重洲地下街の画廊、「八重洲ギャラリー・東京」で開催される、日本全国の似顔絵愛好家さんたちによる公募展です

seinig006.JPG

自由」と「課題」の二種類があり、今年の課題は、「プロ野球界の二刀流」日本ハムファイターズの大谷翔平選手です

seinig003.JPG

今年は例年にも増して、素材が魅力的だったのか、自由で応募されている方たちの作品がバラエティーに富んでいて、パワフルなように感じました

seinig004.JPG

とにかく楽しい似顔絵展です

seinig005.JPG

将棋界にも、魅力的な素材が出現

ヒフミン人気がすごいです

seinig010.JPG

清つねお氏の作品コーナーや、石ころに描いた似顔絵のコーナーもありますよ

seinig011.JPG

開催期間は、9月18日)から24日)までです。

是非一度お立ち寄りください

seinig007.JPG

今回もギャラリー内での写真撮影については、ギャラリーと清氏にご了解をいただきました

ありがとうございます

seinig008.JPG

9月14日に「予告」として掲載された似顔絵グランプリのブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/09/post-4598.html

seinig009.JPG

八重洲ギャラリー・東京のHPはこちら ⇒

http://www.yaechika.com/gallery.php

芸術芸術芸術

 

 

ハトのメジロ押し〔築地川銀座公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月20日 14:00

メジロ押し」とは、本来、小鳥のメジロからに群れをなして木に並んで止まる性質があることから、物事が集中してあることのたとえで使われます

hatom001.JPG

本日、築地川銀座公園のスロープの手すりで、「メジロ押し」ならぬ「ハト押し」を見かけました以前もこの公園に集まっているのは見ましたが、一列に並んでいるのを見たのは初めてでした

hatom003.JPG

築地川銀座公園は、晴海通り沿いに東銀座から築地に向かう途中にある萬年橋の両側、首都高速の上に作られた公園です

この首都高速は、昔ここを流れていた築地川を埋め立てて作られました

hatom002.JPG

本来のメジロ押しも、からにかけて見られた光景だったらしいですが、本日の「ハト押し」も、急に涼しくなった日に見かけたもので、季節の移り変わりを感じさせてくれました

 

 

コラージュの作品展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月19日 14:00

銀座2丁目にあるメグミオギタギャラリーで、サイトウ•P•ヒロヒサ氏の作品展「Pの眼 4」が開催されています

」とは、4回目の展覧会という意味です

saitop001.JPG

メグミオギタギャラリーでは、同じ期間で、ジェイソン・フリーニー氏の個展「プラスチック サージオン」も開催中で、このコラージュの作品展は、同ギャラリー内のプロジェクトルームでの開催です

saitop002.JPG

開催期間は、9月15日)から10月5日)までです。

開廊時間は、11時から19時までです。祝日はお休みです。

saitop003.JPG

サイトウ氏は、数々のヒットCM作品を生み出した、日本を代表するCFプロデューサーだそうで、あのペプシマンも、サイトウ氏によって生み出されたものだそうです

saitop004.JPG

展示されているのは、サイトウ氏が取りためておられた雑誌や新聞の切り抜きでコラージュされた作品で、それらが特別にパッケージングされて壁に掛けられていました

それが、あたかも商店の陳列のようで新鮮です

saitop005.JPG

一つ一つの作品に、作者のテーマが感じられるような気がしました

作品から共通して感じられることは、レトロ感とかノスタルジックな感じでしょうか

うまくお伝えできませんが、私は「なつかしさのある気持ちのよいゴチャゴチャ感」を感じました

saitop006.JPG

会場のテーブルの上には、これもコラージュされた日記)のような作品やアルバムのような作品が置かれていました

saitop007.JPG

今回のギャラリーでの写真撮影についてもご了解をいただき、取材にもご協力いただきました

ありがとうございます

saitop008.JPG

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

 

 

プラスチック サージオン〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月18日 09:00

surgeon001.JPG

銀座2丁目にあるメグミオギタギャラリーで、とてもおもしろくてちょっとこわい彫刻展が開催されています

surgeon011.JPG

ジェイソン・フリーニーJason Freeny)氏の、日本での初の個展プラスチック サージオンPlastic Surgeon)」です

ちなみに、Plastic Surgeonとは、「形成外科医」の意味です

surgeon005.JPG

開催期間は、9月15日)から10月5日)までです。

開廊時間は、11時から19時までです。祝日はお休みです。

surgeon014.jpg

アニメマンガでなじみのあるキャラクター解剖模型がずらりと並んでいます

surgeon004.JPG

マリオ解剖模型存在感がすごいです

surgeon006.JPG

ジェイソン氏は、建築やインダストリアルデザインを学んだ後、フリーのデザイナーとなり、その後アニメキャラクターの解剖図のイラストなど、自身の為に創作活動を始められたそうです

surgeon007.JPG

現在では、アニメマンガキャラクター解剖模型の制作を進めて、トイデザイナーとして活躍してされています

surgeon002.JPG

ジブリ映画となりのトトロ」に出てくる「ねこバス」に見入ってしまいます

surgeon003.JPG

作品ひとつひとつがとてもおもしろく、見ていて楽しいのですが、内臓や骨格と外観とのみごとな調和に、ちょっとこわさも感じてしまう作品展です

surgeon010.JPG

会場では、新作また過去の代表作 計21点が展示されています

surgeon009.JPG

今回のギャラリーでの写真撮影についてもご了解をいただき、取材にもご協力いただきました

ありがとうございます

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/