中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「合同展」開催のお知らせ

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月26日 18:00

godo201801.JPG

私は、勤務先に近いこともあり、築地社会教育会館をよく利用させてもらうのですが、3館合同の作品展が、今年も開催されます

3館とは、築地日本橋月島社会教育会館3館のことです

godo201802.JPG

絵画書道俳句写真クラフト等、幅広い分野の作品がたくさん展示されます

観覧は無料です

godo201803.JPG

開催期間は、3月23日)から25日)までの3日間で、時間は、午前10時から午後4時までです。

毎日、ワークショップも開催されますよ

godo201804.JPG

会場は、アートはるみギャラリーです。

場所は、晴海1-4-1、地下1階です。

中央区立社会教育会館のHPはこちら ⇒

http://chuo-shakyo.shopro.co.jp/

芸術芸術芸術

 

 

美味しい生パスタランチ〔カリーナ・イルキャンティ〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月25日 12:00

銀座3丁目、昭和通りに面したイタリアンの「カリーナ・イルキャンティCARINA iL-CHIANTIさんです

chian201801.JPG

昨年6月、ディナーで利用した際に、こちらのブログで紹介しましたが、今回は平日のランチで利用しているメニューを紹介します

chian201802.JPG

セットになっているスープサラダです

サラダには、濃いめのドレッシングがかかっています

chian201803.JPG

メインの「小海老、春菊とヤリイカの生パスタ」です

生パスタもちもち感コシは本当にすばらしいです

魚介の香りと春菊もよく合っています

chian201804.JPG

パンドリンクも付きますので、アイスコーヒーをいただきました

chian201805.JPG

こちらも人気店ですので、開店時間の11時30分に合わせて、早めの入店をお勧めします

chian201806.JPG

昨年6月ディナーで利用した際のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/06/post-4434.html

 

 

クリスマスローズ開花中〔数寄屋橋交番脇〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月24日 18:00

koban201801.JPG

数寄屋橋交差点のところにある数寄屋橋交番脇の植栽スペースで、今年もクリスマスローズが咲いています

koban201802.JPG

クリスマスローズという名前からは、「12月に咲くバラ」のような印象を受けますが、実際には、その品種の多くが、2月の節分頃から3月頃にかけて開花します

まさに今、この時季です

koban201803.JPG

クリスマスローズは、に見える部分が、植物学上の「」ではなく「萼片がくへん)」という部分であり、そのため、鑑賞期間が長いです

koban201804.JPG

昨年のブログを見ても、あと1カ月は楽しめそうです

koban201806.JPG

この花の特徴で、うつむきかげんに咲いている様子が可憐です

koban201805.jpg

昨年3月、同じ場所のクリスマスローズのブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/03/post-4100.html

 

 

倉品 雅一郎 展〔銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月23日 09:00

kuras201801.JPG

銀座1丁目、昭和通りに面した銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)2階ギャラリーで、現在、倉品 雅一郎氏による新作展hitokariudo 人狩人 human hanter 増殖するアセンブリッジ・アート 金属オブジェ「異世界」+「時刻機」」が開催されています

倉品さんの、こちらのギャラリーでの作品展開催は、3回目だそうです

kuras201802.JPG

倉品さん異色の経歴、なんと小学館35年間漫画誌編集者として、石ノ森章太郎あだち充さいとう・たかを藤子不二雄Ⓐ氏 他多数のそうそうたる作家担当してこられたそうです

kuras201803.JPG

ビックコミック」の編集長を歴任された後、現在は、藤子スタジオ顧問として「笑ゥせぇるすまんNEW企画などクリエーションの一線で活動されていらっしゃるとのこと

kuras201804.JPG

それと並行しながら、美術作家として、電子機器金属素材によるオブジェ彫刻=「アセンブリッジ・ アート」でご自身の世界観を追求してこられたそうです

kuras201805.JPG

アセンブリッジアート」とは、木片金属板などの素材・廃材を寄せ集めて作品にする芸術だそうです

そのため、倉品さんは、骨董市)等で、作品の素材となりそうな物を集められるとのこと

kuras201806.JPG

照明をあえて薄暗く設定したギャラリーには、ゼンマイモーター歯車メトロノーム謎の機械等を組み合わせた倉品さんの「作品」が展示されています。

kuras201807.JPG

人狩人(ひとかりうど)」という怖そうな名称古びた真鍮の存在感、時間の経過を刻む無機質な歯車の音、メトロノームのリズムの組み合わせ等によって、会場に入るとまったくの別世界に連れていかれた様で、逆にいい気持ちになりました。

要所要所に使われている市松模様タイルが「レトロモダン」と言うのでしょうか、古くて新しいです

kuras201811.JPG

真鍮の廃材を組み合わせて創り上げられた作品が、光背を背負った金箔仏像のようにも見えてきてしまう不思議な作品展、皆さんも体験されてはいかがでしょうか

kuras201808.JPG

開催期間が2月25日)までですので、このブログで、「漫画編集者」と「美術作家」を両立させてこられた作者新作展に関心をお持ちになった方は、是非早めにお立ち寄りください。

時間は、11時から18時までですが、最終日日曜日16時までとなりますのでご注意を

kuras201809.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影についてはご了解をいただき、倉品さんからは直接展示品についての丁寧なご説明をいただきました

ありがとうございます

kuras201810.JPG

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)のHPはこちら ⇒

http://kawasaki-brand-design.com/

 

 

ウメとナノハナが見頃〔浜離宮恩賜庭園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月21日 12:00

mmei201801.JPG

ここは、いつ来ても、が私たちを楽しませてくれ、それ以外の楽しみにも出会える場所です

mmei201802.JPG

この時季、まずはウメナノハナが見頃です

mmei201809.JPG

お花畑付近の白梅

mmei201812.JPG

お花畑で咲いているナノハナ

mmei201811.JPG

当日はたくさんのカメラマンがいました

mmei201813.JPG

花木園付近の紅梅

mmei201814.JPG

花木園近くで可憐に咲いているスイセン

mmei201808.JPG

アセビも咲いています

mmei201807.JPG

アセビ馬酔木と書き、「」がこのを食べると、「」ったようにふらつく「」という所から付いた名前だそうです

mmei201804.JPG

この時季、の庭園ならではの、「雪吊りゆきつり)」や「菰巻こもまき)」、「霜除けしもよけ)」などを見る事もできます

mmei201803.JPG

害虫の寒さから植物を守るための処置を、美しい季節の風景に変えてしまうのも、日本人特有の知恵美意識ですよねえ

mmei201805.JPG

現在、「鷹の御茶屋」が復元工事中でした

mmei201806.JPG

当日は、北風が冷たかったですが、来園者はたくさんいました

この季節も、見どころ満載浜離宮恩賜庭園です

mmei201810.JPG

浜離宮恩賜庭園の開園時間は、午前9時から午後5時までです。

入園は午後4時30分までですので、ご注意を

 

 

ローストビーフハンバーグ〔銀座 肉バル バーグマン〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月20日 09:00

roastb201801.JPG

昨年、オープン日に伺って、このブログで紹介した銀座 肉バル バーグマン(銀座1-20-10 トマトビル1F)のランチメニューのご紹介です

roastb201802.JPG

お店も「インスタ映え」を強調の、<自家焼き>ローストビーフバーグです

roastb201803.JPG

ローストビーフが輝いています

roastb201804.JPG

ローストビーフハンバーグの合体、さらにその上に乗せてくれるの組み合わせは最強です。ソースも美味

ランチは全てサラダ付ライスおかわり自由ですよ

ランチタイムの営業時間は、11時30分から15時までとなります。

日曜日はお休みです。

お店の場所は、下の地図赤〇の場所です。

roastb201800.jpg

昨年11月のオープン日のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/11/post-4760.html