中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


柳家やなぎ落語ナイト〔ふげん社 落研〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年7月30日 12:00

今回で、17回を数える《ふげん社 落研柳家やなぎ落語ナイトが、8月3日19時に開演予定です

yanag201801.JPG

ふげん社 落研》は、コミュニケーションギャラリーふげん社で、隔月で開催されているアットホーム落語会です

ふげん社は、築地1-8-4 築地ガーデンビル2階にあります(下の地図の赤〇の場所)

yanag201800.jpg

演者は、さん喬一門若手のホープ柳家やなぎさんです

古典の演目2席が披露されるそうです

yanag201802.JPG

私は、早速予約しました

yanag201803.JPG

予約方法は、電話メールどちらも可能で、

メールの場合、代表者のお名前、ご参加人数、当日の連絡先(電話番号)を明記してください

TEL:03-6264-3665

Mail:event@fugensha.jp

です

私は、前回の古今亭駒次さん鉄道落語がおもしろかったので、予約しました

通常の寄席よりもはるかに間近で噺が聴けるのは、とても心地よいです

8月3日が待ち遠しいです

ふげん社のHPはこちら ⇒

http://fugensha.jp/

鉄道落語会を紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/07/post-5395.html

 

 

老舗洋食店のハヤシライス〔洋食新富 煉瓦亭〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年7月27日 14:00

以前、ご紹介したことのある老舗の本格洋食店洋食新富 煉瓦亭」さんです

hayasi201801.JPG

新富1丁目の静かな通りに面しています

最寄駅で言うと、地下鉄日比谷線八丁堀駅有楽町線新富町駅からほぼ等距離です

hayasi201802.JPG

お店はレトロな喫茶店のような感じで趣きがあり、歴史を感じさせてくれます

お店の方の応対が心地よいです

本日は、ランチハヤシライスを注文

hayasi201803.JPG

ポタージュスープサラダがついています

hayasi201804.JPG

ハヤシライスです

hayasi201805.JPG

牛肉良く煮込まれていて柔らかくコクがある

玉ねぎ甘さシャキシャキ感すばらしい

ライスの炊き加減ハヤシライスぴったりです

hayasi201806.JPG

洋食元祖」の看板納得

大満足ハヤシライスでした

ここは、蟹クリームコロッケハンバーグポークジンジャーオムライスもおいしいですからね

また、来ます

今年の2月、ランチメニューのBセットを紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/02/post-4943.html

 

 

生物多様性展〔中央区立環境情報センター〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年7月26日 09:00

tayo201801.JPG

京橋3丁目にあるエコなビル、東京スクエアガーデン6階京橋環境ステーション内の中央区立環境情報センター展示スペースで、「生物多様性展 ~ムシ・タネなどから見る色や形~」が開催されています

tayo201802.JPG

開催期間は、7月3日)から8月30日)までです。

開催時間は、9時から21時までです。

tayo201809.JPG

会場では、めずらしい昆虫の標本や、巨大な植物の種子が展示されています

tayo201806.JPG

また、それらのにスポットを当てて、生物多様性についての説明やその危機的な状況の説明がわかりやすくされています

tayo201805.JPG

会場の展示物に実際に触ることができたり、今まで見たこともなかったような物も展示されていたりして、とてもおもしろく興味深いです

tayo201810.JPG

動物にひっつくタネ果実)の中に、「ライオンゴロシの果実」というのを見つけて、びっくり

tayo201811.JPG

お子様の夏休み期間中ずっと開催されています

ご家族で是非お出かけください

tayo201807.JPG

なお、今回も会場内での写真撮影および当ブログ記事での紹介についてご了解をいただきました

ありがとうございます

tayo201803.JPG

中央区立環境情報センターのHPはこちら ⇒

https://eic-chuo.jp/

 

 

セミの季節〔築地川公園〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年7月23日 14:00

semi201801.JPG

築地川公園から、セミの声が聞こえてくる季節になりました

semi201802.jpg

築地川公園には、ソメイヨシノをはじめ樹齢を重ねた樹木がたくさん育っています

semi201803.jpg

そこからミンミンゼミアブラゼミの、ならではの鳴き声が聞こえてきます

semi201804.jpg

抜け殻もたくさん目につきますので、築地川公園内の樹木に産み付けられ、公園内の地中で育った中央区っ子)も鳴いているはずです

semi201805.jpg

過酷なヒートアイランド現象による乾燥化にも負けずに育った強い子です

semi201807.jpg

私が確認した限りでは、1:4くらいの割合で、アブラゼミよりもミンミンゼミが多く見られます

semi201808.jpg

確かに、「ジージージー・・・」よりも「ミーンミンミンミンミンミー・・・」という声の方がはるかに大きいように思えます

semi201806.jpg

ちなみに、セミの多くは透明の翅をもちますが、アブラゼミは前後とも不透明の褐色をしていて、翅全体が不透明セミというのは、世界でも珍しいそうです

semi201809.jpg

この鳴き声が聞こえなくなると、涼しい秋がやってくるのでしょう

 

 

徂徠友香子 個展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年7月21日 09:00

sorai201801.JPG

現在、メグミオギタギャラリーでは、徂徠友香子 個展Archē アルケ」が開催されています

sorai201802.JPG

メグミオギタギャラリーは、銀座2-16-12 銀座大塚ビル地下1階にある、静かで落ち着いたギャラリーです

下の地図赤〇の場所です

sorai201800.jpg

開催期間は、7月13日)から7月28日)までで、月曜日祝日休廊日です。

開廊時間は、11時から19時までです。

sorai201803.JPG

この作品展に伺って、まず何と言っても、作品の素材フェルトというのに驚かされます

フェルトに驚くというよりも、フェルトに対して驚くような加工技法)がほどこされていることに驚かされると言った方が正確でしょうか

sorai201805.JPG

徂徠さんは、学生時代から「ウール動物的な動きの面白さ」に魅了され、フェルトにより作品を制作してこられたそうです

sorai201804.JPG

フェルト何層も重ねて厚くした後、手作業フェルトえぐり取ったり穴を開け断面の規則性ゆがみを生かしながら、奥に潜む顕在化させています

sorai201808.JPG

展示されている作品は、私たちの身の回りにあるポットをモチーフにしたと思えるものや、植物細胞のような生命を感じさせるもの、宇宙の広がりを感じさせるものなどが、徂徠さん感性によって、表現されています

こちらは、上の作品のアップです

sorai201809.JPG

それらは、会場に展示されていて、不思議な存在感を感じさせます

sorai201807.JPG

まさに、フェルト繊維徂徠さん世界観宇宙観)が表現されているようで、すごいなと圧倒されしました

sorai201810.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、ご了解をいただき、ご本人からは制作過程での技法表現手段としてのフェルトに対する熱い思いをうかがいました

ありがとうございます

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

芸術芸術芸術

 

 

フィズグラスの2人展〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年7月19日 14:00

fizz201801.jpg

銀座2丁目の画廊「ギャラリー銀座」で、フィズグラスの作品展「みやじまガラス工房 Fizz Glass ガラスと光展」が開催されています

会場は、建物に向かって左側の階段を上がった2階になります

fizz201802.JPG

開催期間は、7月17日)から7月23日)までです。

開催時間は、午前10時から午後7時までですが、最終日23日午後4時までとなりますのでご注意

fizz201803.JPG

この作品展は、横田光史さんmasukoさんによる2人展です

fizz201804.JPG

みやじまガラス工房 Fizz Glass」は、ユネスコ世界文化遺産に登録された厳島神社のある広島県厳島(通称、宮島)にあるフィズグラス工房です

fizz201805.JPG

フィズグラスは、吹きガラスと異なり、焼き物を焼くようにガラスを焼いて制作する過程で、ガラスの中に空気の粒を閉じ込めるそうです

fizz201806.jpg

フィズグラスの「フィズ」は、ジンフィズの「フィズ」。シューシューシュワシュワの出ているイメージです

fizz201807.JPG

会場には、ランプシェード箸置きブローチイヤリングピアス帯どめなどの作品が展示されています

fizz201809.JPG

ガラスの透明感美しい色ガラスの作品が、2階の会場に差し込む自然光の中で際立ちます

ランプシェード電球灯りを通したガラスの色が、温かみがあって優しいです

説明していただきながら、写真を撮り忘れた「地球玉」(masukoさん制作、下のはがき青い玉)も、が当たると、に深みのある色を発します

fizz201810.JPG

フィズグラスの、空気の泡が閉じ込められたガラスは、とても涼しげで、屋外の猛暑をしばし忘れさせてくれます

是非一度、立ち寄ってみてください

fizz201808.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影につきましてはご了解をいただき、また、作品の制作過程について、丁寧な説明もしていただきました

ありがとうございます

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/