中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「七月花形歌舞伎」ー初役揃いの「骨寄せの岩藤」

[滅紫] 2013年7月22日 08:34

3ヶ月に亘る開場記念の3部制公演が終了した7月は若手中心の昼夜ともに「通し狂言」。漸く時差もとれ早速昼の部を観に出かけました。暑さも戻り到着までに一汗。歌舞伎座は変わらぬ盛況が続いています。

100_1166.JPG100_1169.JPG

 

100_1167.JPG

昼の部は「加賀見山再岩藤」、通称「骨寄せの岩藤」といわれている「鏡山」の後日譚。松緑、染五郎、菊之助、愛之助がいずれも初役で演じるというのが評判です。(愛之助さんをのぞく3人は2役も勤めます)幕開けに菊之助の側室お柳の方と染五郎の多賀大領が乗った浅妻舟が花道に登場すると二人の美しさに場内うっとり!です。バラバラの白骨があれよあれよと合体、合体後の「岩藤」の亡霊が満開の桜をながめながらの宙乗りもあり(これが新開場した歌舞伎座での宙乗り1号です。)「草履打ち」ありで大詰まで一気に楽しめる舞台です。何と言っても配役の新鮮なこと。

夜の部の「四谷怪談」は菊之助さんがお岩、小仏小平、佐藤与茂七の三役を初役、染五郎さんの伊右衛門、松緑さんの直助権兵衛も初役です。ご存知のようにこの南北の「四谷怪談」は文政8年の中村座の初演は三世菊五郎でこの演出が代々伝わってきたとのことですが、当代の7代目菊五郎さんも亡くなられた七代目梅幸さんも演じておらず、菊之助さんにとっては先祖代々の家の役を音羽屋として久々に演じることになります。私には来週のお楽しみ。そういえば「ぴんとこな」という歌舞伎コミックがTVドラマ化されて放映が始まるようです。また若い歌舞伎ファンが増えるといいですね。若手中心の新鮮な舞台をみて暑さをしばし忘れませんか?

チケットホン松竹0570-000-489 10:00~18:00 千穐楽28日

 

 

CENTRE-THE BAKERY-食パン専門店オープンー

[滅紫] 2013年7月17日 09:00

「バゲットレトロドールで人気のVIRONが新しい形態の食パン専門店をオープンした。」とのパン好きの友人からの情報で早速その「セントル ザ・ベーカリー」に行ってきました。銀座一丁目の高速度道路下、「茨城マルシェ」の隣にすっきりしたガラス張りのお店がありました。オープンしたのは先月6月21日、まだ1と月も経たないのにレジの前には長い列が。・・・食パンは3種類で国産小麦を使ったもの、カナダ産小麦使用のプルマン(1本840円)、イギリスパン(1本735円)。丁度焼きあがったばかりで1斤用のカットができないとのこと。3種類買いたかったのですが、消費能力を考え、プルマンとイギリスパンを1本ずついただきました。隣にイートインがあり、食パン、好みのパター、ジャム、おまけに使用するトースターまで選べるという「食パンセット」(1050円)、他にオムレツサンドなど軽めのメニューもありそそられましたが、こちらは次回のお楽しみ。

100_1160.JPG100_1162.JPG

 

100_1163.JPG100_1165.JPG

 

帰宅後早速家人と試食。軽くトーストしてバターだけでいただいてみました。パン自体の味が濃厚でしっとりもちもちした食感は「私が主役だ」と主張しているようです。イギリスパンはプルマンより少し塩分を感じましたがまた別な美味しさで、しばらくはこのパンにはまってしまいそうです。普通の食パンに比較すると少しお高いかも知れませんがパン好きの方はやみつきになること請け合いです。夕方には売り切れになることが多いとのこと、ご興味のおアリの方はお早めに。

 

セントル・ザ・ベーカリー 銀座1-2-1桜通り 高速道路紺屋ビル1F 

TEL3562-1016 10:00~19:00 無休

 

 

 
1