中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ビストロ Le Nougat ー観劇後の余韻をー

[滅紫] 2013年9月11日 09:00

お芝居やオペラ、コンサートの後は「感激した!」にしろ「退屈だった」にしろすぐには「帰りたくない」、何かしら「今観たもの、聴いたもの」についておしゃべりをしたいものです。今日ご紹介するのはそんな時にぴったりのお店です。

ある日の21:30、私たち歌舞伎座組2名と東京文化会館のスカラ座組4名が落ち合ったのはこのビストロ・ヌガー。

こちらでは当日の劇場チケット半券を提示すると何とシャンパン1杯がサービスされるのです。なかなかお洒落な心配りですね。(映画はご遠慮くださいとのこと)

100_1206.JPG100_1207.JPG

 

HPのお店のメッセージに「お茶漬けはありゃしませんけど、美味しいもんに目のない皆様の食欲と妄想を刺激し続けておりますと思うておる次第です。・・」とありました。2008年のオープンで「巴里の裏通りにあるような伝統的ビストロ料理のお店」です。今日はお勧めの「アミューズの盛り合わせ」と「マッシュルームとルッコラのサラダ」「キッシュ・ロレーヌ」等でワインを2本、デザートまでいただきお店を出た時は時計は翌日に。そうこちら25時までの営業です。居心地のよさにゆったり、くつろいでしまい、時間のことをすっかり忘れていました。お店のマスコットとしてインテリアにも使われているのは「ピンクの象」。これは映画や音楽でもよく知られているように「酩酊した夢の中に現われる」といわれているものでケイタイストラップまで作ってしまうオーナーの遊び心が素敵です。

100_1208.JPG100_1209.JPG

 

ウイークデイは夕方からの営業ですが、土日祝はお昼から営業しています。歌舞伎座や演舞場から5分くらいの距離ですから観劇帰りにお立ち寄りになり感激・興奮の余韻をお楽しみください。

 

ビストロ・ヌガー

銀座6-12-2東京銀座ビル1F TEL6254-5105 

平日17:30~25:00・土曜12:00~25:00・ 日祝:12:00~23:00 

http://blog.lenougat.jp/

 

 

新作歌舞伎「陰陽師」見参ー9月歌舞伎座

[滅紫] 2013年9月 8日 14:00

歌舞伎座9月公演夜の部は新開場後初の新作「陰陽師」の上演が話題です。「陰陽師」は夢枕獏の人気伝奇小説で漫画、TV、映画化もされブームとなったのは皆様ご存知の通りです。今回の脚本は「NINAGAWA十二夜」も評判だった今井豊茂さん、演出は新派の齋藤雅文さんです。

100_1204.JPG100_1205.JPG

「魑魅魍魎が跋扈する平安の都、謎の怪事件がやがて都を揺るがす恐るべき陰謀へとつながり、都を闇が覆う時、一人の男が立ち上がる。その男の名は安倍清明、陰陽師である・・」とキャッチにありますが、この安倍清明を演じるのは染五郎さん、一緒に謎解きをする笛の名手、博雅に勘九郎さん、俵藤太に松緑さん、平将門に海老蔵さん、滝夜叉姫に菊之助さんと若手花形総出演の豪華版です。狂言回しの蘆屋道満は亀蔵さんです。「蘆屋道満大内鑑」に名前はあるものの歌舞伎ではあまり出番のない「蘆屋道満」さん、今回は楽しげに舞台狭しと大活躍です。おどろおどろしい「百鬼夜行」、首なし死体が甦ったり歌舞伎ならではの演出も盛りだくさん。「歌舞伎は見たいけど何からみれば・・・」という方にも是非お勧めです。

チケットは発売当日にほぼ完売だそうですが、日にちによってはまだ取れる日もあるようです。昼の部は「役者が揃わないと上演できない」と云われている大作「新薄雪物語」を花形若手陣が演じるのが評判です。こちらも楽しみ。

 

お問い合わせはチケットホン松竹 0570-000-489 10:00~18:00

千穐楽は25日 

 

 

 

36年ぶりの「不知火検校」-新橋演舞場9月公演

[滅紫] 2013年9月 7日 14:00

「戻ってくる」と一段と暑さを感じるものだと実感させてくれるここ数日。3月以来ご無沙汰の新橋演舞場にやってきました。


100_1202.JPG

9月は幸四郎さんが昼の「河内山」と夜の「不知火検校」を演じるのが評判で宣伝ポスターの謳い文句も「松本幸四郎悪の華相勤め申し候」。夜の部の「不知火検校」は映画化もされていますが、昭和52年2月に17代目の勘三郎さんが演じて以来歌舞伎での上演は36年ぶりとのこと。昭和35年の初演も勘三郎さんで歌舞伎で演じるのは幸四郎さんが2人目。

 

100_1203.JPG主人公は強請、殺人などの悪事の限りを尽くして2代目不知火検校まで登りつめる桁違いの極悪人です。周りの小悪人たちをも振り回す悪人ぶりが徹底していて「河内山」の可愛げのある爽快な「ワル」と異なる筋金入りの悪党です。ふてぶてしいこの悪人を演じる幸四郎さんを是非ご覧ください。

もう一幕は「馬盗人」何といっても馬の「名演技」は絶品の見もの。盛大な拍手が「馬の見得」に送られています。

9月公演開幕間近に三津五郎さんの休演が発表となり、三津五郎さんでのこの「馬盗人」を見られないのは残念ですが、百姓に橋之助さんが加わり、翫雀さん、巳之助さんとの組み合わせも楽しめました。

昼の部は「河内山」「御浜御殿綱豊卿」「男女道成寺」です。

三津五郎さんのお早い舞台復帰を祈りつつ。

 

お問い合わせはチケットホン松竹 0570-000-489 10:00~18:00

千穐楽は25日

 

 

 
1