中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


日本橋浜町の清正公寺

[北遊人] 2012年4月 3日 08:30

今年は桜の開花が遅れています。

そのお陰か遅い梅が見られます。

日本橋浜町公園の一角にこじんまりとしたお寺が見られます。

江戸時代、細川藩の下屋敷であったこの地に文久元年(1861)細川斉護が熊本の日蓮宗本妙寺から勧請、創建したものとのこと、熊本本妙寺の別院です。

勿論、祀られているのは"加藤清正公"です。

加藤清正公は名君であり皆から敬愛されていたので、二代忠広が改易された後封ぜられた細川忠利は、大変気を使ったようです。それにより領民からの信頼をかち得たともいわれています。

現在の堂宇は昭和34年(1959)再建されました。

 浜町公園横の通りからのものです。

seisyokosama 001.JPG

 

 椿と梅が競っています。

seisyokosama 002.JPG

 

 正面へ回ってみます。

 これが全景です。

 右側の白梅も満開です。

seisyokosama 003.JPG

 

 お参りした帰りにもう一枚、

seisyokosama 004.JPG

 

熊本城の場内に加藤神社がありますが、都内では芝白金の"覚林寺"が有名です。

こちらは、熊本藩中屋敷に寛永8年(1631)日延上人により創建とのこと。

清正公さんは、日本各地で広くお目にかかれます。

 

 
1