中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


こんなところまで中央区 1

[りょうきち] 2013年3月21日 09:00

ジョギング好きが高じて、走っていろいろなところに行くことがよくあるのですが、つい先日、暖かくなったこともあり、「中央区の境界線を巡る旅」をしてみました。どのように回るかで距離は変わるものの、小さい中央区でも20km超にはなります。

コースは清洲橋からスタート、両国橋で神田川方面に進路を変更、柳橋、浅草橋辺りを行きます。地図上、浅草橋駅近辺の神田川南岸は千代田区と入り組んでいて境界の判定が難しい場所でした。ほぼ境界を進みます。靖国通りを渡り、馬喰町、神田の問屋街は比較的わかりやすいところに境界があります。ただし道路上ではないようです。私はできるだけ、中央区の一番端の道か、その外の区(このときは千代田区)の近い道を進みました。

小伝馬町周辺、十思公園近辺を抜けさらにいくつか通りを渡り、進んでいくと神田駅の辺りにたどり着きます。そしてJR山手線の内側までこの境界は続きます。中央区が山手線内側にまであることを知っている人は少ないのではないでしょうか? 

ここで出会ったのが、龍閑橋の跡。所在地は中央区常磐4丁目。

IMG_1551.jpg

ここはかつては神田と日本橋を分つ龍閑川があり、そこに橋が架かっていた場所でした。そして川が埋められ、橋が撤去されても、その橋の一部が残されています。それは、日本の鉄筋コンクリートトラス橋の先駆けとしての意義があるからのようです。ちゃんと説明のプレートがあります。

写真の右奥には新常磐橋方面に向かう道で、JRのガードがあります。この写真に写っているのは中央区側。右や後ろは千代田区となっています。私は左後方から来て、正面に進んでいき、日本銀行の前を抜け東京駅八重洲口、さらに銀座方面へと進んでいきます。しかしながら、その先についてはまたの機会といたします(まだまだ先は長いです)。
 


 

 
1