中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


築地場外市場のおススメ店『あんくるこ~ちゃん』

[杏葉牡丹] 2012年5月25日 08:30

「築地の市場に行きたいんだけど、どこに行ったらいいの?」と聞かれる事が、よく有ります。
そんな時、幾つかのおススメの店を紹介する前に、必ず言う事があります。
それは「築地の市場は原則としてプロが買いにくる場所で、最高級の品や、なかなかに手に入らない珍しい品はあるけれども、激安や爆安は(滅多に)ない!」という事です。

ところが、世の中には必ず例外というものはあるもので、この(滅多に)に当てはまるお店が、いくつかあるんですね~。


その中でも一番のおススメが、この『あんくるこ~ちゃん』。
晴海通りと新大橋通りの交差点の角、築地共栄会ビルの中の一階にあります。

ck1203_1205231.jpg

一度聞いたら忘れられないユニークな店名は、先代の社長がハワイに親戚がいて、そこの子供たちから「あんくるこ~ちゃん」と呼ばれていたことから付けたのだとか。
ただ、店内では紅茶も販売しているので、「アンクル紅茶」だと思っていたお客さんもいたそうです。

店内ところ狭しと並ぶ品々は、チョコレートやクッキー等の菓子類に、コーヒー・紅茶、ジャムや缶詰めにパスタ等の食料品ですが、そのほとんどは輸入品。
前の方の段ボールには、輸入元の在庫処分品に、ラベルのキズや缶の潰れ等パッケージに『難あり』の、謂わばアウトレット商品。
中味は通常と全く同じにも関わらず、お値段は超「激安」!場合によっては、半値か、それ以下の物も有ります。
特にお買い得な品は、友人にもあげようと、もう一度買いに行ってみると、既に売り切れていることも。
でも、すぐにまた、新しいお買い得品が出ているので、しょっちゅう行っていても、目が離せません。
築地の場外市場にいらっしゃる折りには、是非、お立ち寄りになってみてください。

ck1203_1205233.jpg  ck1203_1205234.jpg  ck1203_1205232.jpg

 

 

木挽町の心意気~鐵砲洲稲荷神社例大祭~

[杏葉牡丹] 2012年5月16日 08:30

ck1203_1205152.jpg
5月1日~5日は鐵砲洲稲荷神社の例大祭。


氏子達から「鐵砲洲さん」と呼ばれて親しまれているこの神社は、今年で御鎮座1172年という、大変に歴史のある神社です。

神輿渡御の3日4日は、あいにくのお天気でしたが、
3年に1度の本祭りだった昨年から1年延期になり、
待ちに待っていただけに、氏子の皆さんは元気いっぱいでした。happy01



お祭りに付き物の半纏は、背中に各町会や様々な会の名前が入っていて、粋なものですが、その中に「木挽町」という半纏があったのをご存知でしょうかsign02

ck1203_1205153.jpg実は、この「木挽町」、
今は無くなってしまった町名なんです。bearing

場所としては、銀座中央通りからちょっと東に行って、今は埋め立てられてしまった三十間堀から始まり、昭和通りを越えて、築地までの細長い地域にあたります。
現在の正式な地名は『銀座』なので、雑誌などに「銀座とは思えない下町情緒の残っている地域」とか「裏銀座」などと紹介されることがありますが、それもそのはず、江戸時代からずっと「木挽町」だったのが、1951年に「銀座東」となり、1969年に「東」がとれて『銀座』になった、違う町なんですね。

ですから、同じ『銀座』でも、ここまでは鐵砲洲稲荷神社の氏子ですが、銀座中央通りの方は、日枝神社の氏子です。


もともと「木挽町」の名前は、江戸城改築の折に木挽(木曳)職人を多く住まわせたところから付いたといわれており、江戸三座の一つ「森田座」があった場所で、今では歌舞伎座があるという、芝居には大変に縁のある、由緒ある町名です。
ck1203_1205151.jpg

そうした事もあって、三丁目の町会が「木挽町」の歴史を大事にしようと作ったのが、この半纏なのです。

当初は紅殻色だったとの事ですが、いまでは年季が入って、歌舞伎に縁の深い「柿色」に見えるのも、なんとも粋なものです。


今年は工事中だったので、できませんでしたが、お祭りのハイライトの一つは、なんと言っても、歌舞伎座前への、各神輿の渡御。
特に宮元の御神輿は、立派で姿形が美しく、風格があるので、三原橋方面から歌舞伎座に向かってくる姿が見えて来ると、失礼ながら、大向こうから千両役者に声をかけるように『宮元っ!』と叫んでしまいたくなる程です。
次のお祭りの時には、新しい歌舞伎座も完成しているはずなので、きっと、雄壮な姿が見られるはず。
「木挽町」の半纏も大活躍する事でしょう。
今からとっても楽しみです!

 

 
1