中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区の中の『京橋○○』

[杏葉牡丹] 2013年9月25日 09:00

今では日本のあちこちに「中央区」がありますが、東京のまん中、私達の「中央区」は、昭和22年に「日本橋区」と「京橋区」が一緒になって誕生しました。

 

かつての京橋区の公共的な施設は、ほとんど引き続いてその役割を担っていますが、「中央区」と名前が変わっても、「京橋」の名称がそのまま付いているものを、結構見かけます。

 

例えば、区民館やコミュニティホール等の上に住宅のある『京橋プラザ』。

住所は銀座一丁目です。

かつてこの場所には『京橋小学校』がありましたが、築地小学校と統合されて『京橋築地小学校』となり、校舎は旧築地小学校を使用しています。

京橋プラザに隣接する『京橋公園』は小学校があった頃からのものです。

ck1203_130925 (6).jpg ck1203_130925 (5).jpg ck1203_130925 (2).jpg

 

ck1203_130925 (3).jpgそして、築地1-1-1といえば区役所ですが、そこに併設されているのが『京橋図書館』。

ここの地下の地域資料室には、中央区についての貴重な資料が沢山あって、気軽に閲覧ができ、場合によっては貸出も可能です。

レファレンスの方は中央区の歴史に本当に詳しくて、いつもお世話になっています。

 

ck1203_130925 (1).jpg 

同じく築地の場外市場の近くにあるのが『京橋郵便局』。

郵政民営化のため、郵便事業については「晴海郵便局京橋分室」となるそうですが、建物には『京橋郵便局』となっています。

古くからの住民は「京橋の本局」と言っています。

 

そして新富には『京橋税務署』。

ここにはかつて新富座があって、その説明板が建てられています。

ck1203_130925 (7).jpg ck1203_130925 (4).jpg

 

地元で育った私は、京橋にあるわけではないのに、『京橋○○』とついていた建物があるのが不思議だったのですが、歴史をひもといてみると、ちゃんとした理由があるのが分かって、とても興味深いものでした。

 

 

 

歌舞伎座の「幸せの鳳凰」

[杏葉牡丹] 2013年9月19日 09:00

今年4月に開場した第五代目の歌舞伎座。

外見は四代目を踏襲しながら、内部はエスカレーターやエレベーターができてバリアフリーになったり、女性トイレが増えたり、座席が広く見やすくなったりと、様々な改良がされています。

ck1203_130917 (3).jpg
そんな中で、以前の歌舞伎座になかったのが、5階の屋上庭園と4階回廊の「想い出の歌舞伎座」の展示です。

嬉しいことに、ここは地下の木挽町広場と同様に、芝居のチケットが無くても、無料で入ることができます。

ck1203_130917 (10).jpg

 

 
木挽町広場から専用エレベーターで行ける屋上庭園は、真ん中の芝生を囲んで、以前の歌舞伎座で使われていた「鳳凰」の屋根瓦や、河竹黙阿弥の家にあった石灯籠などが配されています。

 

そこから赤く塗られた階段を下りれば、4階回廊には「想い出の歌舞伎座」というタイトルで、明治22年に建てられた初代から、つい最近の四代目までの歌舞伎座の模型や、昔の名優たちの舞台写真などが展示されています。

ck1203_130917 (9).jpg ck1203_130917 (1).jpg

 

ところで、5階から4階に下りる、この赤く塗られた階段は、南禅寺山門から「絶景かな、絶景かな」と言った天下の大泥棒、石川五右衛門にちなんで名付けられたそうですが、階段の途中で見ることができる「屋根瓦」に、ある秘密が隠されています。

 

なんとそれは、瓦の先端の「鳳凰」の中の一つだけが、頭が逆を向いているというのです。

 

もともと「鳳凰」は歌舞伎座のシンボルで、建物や内装、提灯など、色々な物に使われています。

ck1203_130917 (8).jpg ck1203_130917 (4).jpg

 

いったい、どこが違うのか?

目をこらして見ても分からなかったので、近くにいた係りの方に伺ったところ「右から7番目の瓦のの先端です」とのこと。

ck1203_130917 (2).jpg(←クリックすると大きくなります)

あらためてじっくり見ると...。

有りました~!

確かに羽や胴体の向きは同じなのですが、他のが頭が右を向いているのに、ひとつだけ、反対の左を向いているのです!

ちょっとした遊び心なのかもしれませんが、見つけた時は本当に嬉しくなってしまいました。

ck1203_130917 (5).jpg ck1203_130917 (6).jpg ck1203_130917 (7).jpg

 

この瓦は「幸せの鳳凰」と呼ばれているそうですが、確かに、四ツ葉のクローバーを見つけた時のように、ちょっぴり幸せな気分になりました。

 

特にお芝居を見るわけではなくても、歌舞伎座の近くでちょっと時間があったら、この「幸せの鳳凰」を見に行くというのは、いかがでしょうか?

 

なお、階段は狭いので、他の人の通行の迷惑になったり、夢中になって踏み外す等のないよう、くれぐれも安全な通行を心掛けるよう、ご注意下さい。

 

 

 

銀座「うち田」の1日限定20食のお弁当

[杏葉牡丹] 2013年9月 1日 09:00

ck1203_130830 (3).jpg
昭和通りから東に一本入った木挽町仲通り、京橋公園の斜め前にある「うち田」は、ビルの地下一階の目立たない場所ですが、この道30年以上のご主人の「美味しいだけではない、楽しく、感動するような料理を」という考えで、本格的な日本料理でありながら、色々な趣向が凝らされているお店です。

ck1203_130830 (1).jpg 

ランチは、親子丼に小鉢と汁がついて800円、39品目もの小鉢の彩菜弁当が1000円(月~金のみ1日限定10食)と、庶民的なお値段。

夜のコースでも5000円くらいのものもあって、女子会にもちょうど良いようなリーズナブルなお値段です。

 

ただ、なんと言ってもビックリするのは、1日限定20食のテイクアウトのお弁当。

「すべて手作り」というのは、宣伝文句としてはありふれているのですが、実際に食べてみると、その品数の多さ・美味しさは信じられないくらい!

 

ck1203_130830 (4).jpg
まずは鱸の焼き物、青菜の白和え、玉子焼きにプチトマト、かぼちゃのコロッケ、鳥の唐揚げ、和風ハンバーグ、切干大根、野菜の煮物は里芋・にんじん・しいたけ・こんにゃく・高野豆腐にいんげん、そしてふっくらと炊けて美味しいご飯には紫のふりかけがかかって、梅干しが添えられています。

 

それぞれがだいたい一口ずつと少量ですが、素人でもプロの料理人がきちんと手作りしているのがわかり、まるでミニ懐石料理です。

 

このお弁当の値段を聞いてビックリ。

なんと、たったの500円なのです。

最近はワンコイン弁当とかサンキュー(390円)弁当とか、安価なお弁当をよく見かけますが、これだけ豪華な素材に品数で500円、しかもプロが心を込めた手作りというのは、滅多に無いと思います。


お弁当はこの一種類だけで、毎日ほとんど同じ内容とのことですが、何度食べても飽きないと、リピーターも多いそうです。

 

ck1203_130830 (2).jpg

1日限定20食なので、ここで紹介して、あまりにファンが増えすぎて買えなくなってしまったらどうしよう、とは思ったのですが、売り切れてしまったら、店内のランチをいただいたり、夜に女子会をしたりするのを、楽しみにしようかと思います。

 

新日本料理 うち田

 

銀座1-20-5 清和ビルB1

電話(3564)9255

お昼

月~金11:30~14:30(L.O.14:00)

土・祝12:00~14:30(L.O.14:00)

月~土17:30~23:00(L.O.21:00)

祝 17:30~22:00(L.O.20:00)要予約

 

 
1