中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東京マラソンのコースを歩いてみました

[杏葉牡丹] 2014年2月26日 09:00

東京マラソンの前日22日に、特派員ブログで銀造さんが紹介してくださった、東京マラソンのコースのウォーキングに、参加させていただきました。

 

スタートの都庁からゴールの東京ビッグサイトまで、東京マラソンのコースを6つに分割して、1月25日(土)から2月22日(土)迄の間に順次歩いていくこの催し、全コース参加された方には完歩賞がいただけるのだそうです。

ck1203_20140225 (4).jpg 

私が参加したのは、一番最後の「月島~豊洲~東京ビッグサイト」のコース。

12時50分に集合場所の月島駅三番出口で待っていると、午前中に「銀座~築地~佃~月島」と歩いて来た方たちがいらして、ここで合流。

早速スタートです。

 

「午前中のコースは、歌舞伎座、本願寺、住吉神社と名所旧跡がありましたが、これからのコースは新しい土地なので、昨年まではひたすら歩くだけでした。

でも今年は『東京オリンピック』が決まって、このエリアに沢山の施設ができる予定なので、未来の姿を想像しながら歩きましょう!」

というガイドの方の名言で、ほとんど初対面の参加の方々も、昔のオリンピックの思い出を話し合ったりしながら、和気あいあいとした雰囲気になりました。

 

まずはランナーにとって最大の難関とも言える、佃大橋から朝潮大橋のアップダウンを過ぎて春海橋(晴海橋ではないんですね)を渡り、豊洲へ。

ここからちょっとコースを外れて、東京湾を臨む「ららぽーと」前の広場へ。

ここには、かつて造船所があったのを記念して、クレーンと巨大な船のスクリューがありました。

お天気もとても良かったので、彼方にレインボーブリッジやフジテレビを眺めながら、ちょっと一服しました。

ck1203_20140225 (1).jpg ck1203_20140225 (5).jpg


そして、再びコースに戻ってからは広い道をまっしぐら。

ビル群の中にポコッとある空き地には「ここは○○の競技場ができるらしい」等と話しながら歩いていると、あっという間に「有明」に到着。

ところが最後の最後で、かなりの急傾斜が待っていました。

たいした距離は歩いていないのですが、それでもエッ!と思うくらいだったので、ランナーの皆さんはさぞかし大変だと思います。

 

そしていよいよゴール!

警備の問題もあるのか、ゴールの手前にはフェンスがあって、195mのゲート近くまでしか行けませんでしたが、取り敢えずは皆で記念写真を撮って解散しました。

実際に歩いてみると、アップダウンの感覚が実感できて、貴重な体験でした。

ck1203_20140225 (3).jpg

 

ところで、ウォーキング終了後に、ビッグサイトで「東京マラソンエキスポ」が開催されているとのことで、こちらに寄ってみました。

 

入口には俊足の神様『韋駄天』で有名な人形町の大観音寺のご住職がいらして、皆さんの願いが叶うように祈願してくださるとのことで、巨大な絵馬が出現!

私も出走する友人のために祈願してきました。

ck1203_20140225 (6).jpg ck1203_20140225 (2).jpg

 

ck1203_20140225 (7).jpg会場には、東京マラソンの歴史の展示の他に、オフィシャルサポートの会社や、一般のスポーツ関連用品や食品等を扱う会社、共催メディアやマラソン関連の団体、東京都関連等のブースが所狭しと並び、その賑わいにビックリ!

中央区のブースには、山本海苔店などの老舗の他に観光協会も出展。

お馴染みの粋なデザインのオリジナル風呂敷等を販売していました。

 

スタートの前の日から、すっかり盛り上がった1日でしたが、実際に走らなくても、こんなに楽しむことができてビックリです。

全コースを制覇してみれば、テレビ中継も見る目も、また違ってくること間違いなしです。

 

 

銀座のトリュフ専門店 ムッチーニ

[杏葉牡丹] 2014年2月19日 09:00

最近のファミレスのメニューに「トリュフソース」というのがありましたが、私のような庶民にはまだまだ馴染みの薄い高級食材『トリュフ』。

ところがさすがに銀座、そんなトリュフを専門に扱うお店が、昨年オープンしました。

ck1203_20140218(9).jpg ck1203_20140218 (2).jpg

 

場所は歌舞伎座うら、都営地下鉄東銀座駅の出口の近くで、有名な落合シェフの「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」を始め洒落たイタリアンのお店が何軒も並ぶ、人呼んで『裏銀座イタリアンストリート』。

 

お店の「ムッチーニ」という名称はイタリアのガストロノミーのブランドのことだそうで、アドリア海に近いマルケ地方の高品質のトリュフの魅力を凝縮した、様々な商品を提供し、ドライトリュフ・トリュフ塩・トリュフのオリーブオイル・トリュフソースなど、様々なアイテムがあります。

 

店内にはカウンター5席があり、こうした品々をイートインのような感じで食べることもできます。

ランチもあって、トリュフを使ったパスタやリゾットに、グラスワイン、浅野屋のパン、コーヒーにデザートがつきます。

この時は友人と2人で行ったので、トリュフの風合いがより味わえるという「黒サマートリュフのリゾット」と「黒サマートリュフのタリアテッレ」を頼みました。

 

先ずワインに続けて出されたパンには、早速トリュフ塩とトリュフのオリーブオイルが添えられています。

普段はバターをつけて食べるパンですが、トリュフの風味がつくと、本当にふくよかな感じになってビックリです。

ck1203_20140218 (3).jpg ck1203_20140218 (1).jpg

 

リゾットは生のお米から煮るのでちょっと時間がかかるということで、最初は黒サマートリュフのタリアテッレから。

ck1203_20140218 (8).jpg最初から2人分にシェアして出して下さったのですが、意外に量はありました。

私が知っているのは「○○のトリュフ添え」とか「○○のトリュフソース」とかで、こんなに豪華にドーンとトリュフがメインになっているのは初めて。

香りだけでなく、ちょっとコリコリした食感も印象的です。

トリュフそのものが主役という何とも贅沢なメニューは、このお店ならでは、ではないでしょうか。

 

ck1203_20140218 (4).jpgそして次に出されたリゾットは、お店の自慢のメニュー。

シンプルにブイヨンを使っているだけだそうですが、トリュフの魅力が全て溶け込んでいるという感じす。

 

ちょうどイタリア直送の最高級の白トリュフもあって、ソテーしたり、目玉焼きと一緒にいただけるメニューもありました。

 

昨年のオープン当初は、新しい歌舞伎座の開場の時期に重なったこともあって、テレビや雑誌などの様々なメディアでも取り上げられましたが、高名な評論家の方も絶賛されて何度も来店されているそうで、美食家の間では既にその名は轟いているようです。

 

ck1203_20140218 (5).jpgトリュフ塩・トリュフソース・オリーブオイルなどの様々なアイテムが並ぶ店内には、トリュフに関する専門書もあって、シェフやお店の方が、トリュフの種類や旬の季節等の知識や料理方法等を、とても親切に教えて下さいます。

 

昨年末は、クリスマスや年末年始に自宅でちょっぴり贅沢にという方が多かったのか、大変に忙しかったそうです。

私も知り合いのイタリアンのシェフから、トリュフ塩をほんのちょっと使うだけで、パスタの味が全然違ってくると言われたので、ぜひ試してみたいと思っています。

友人もそう思ったらしく、食後に早速トリュフソースを購入していました。

 

この店で様々なトリュフの魅力に触れて、気に入ったアイテムを購入して使えば、家庭での料理がグレードアップするのは間違いありません。

ちょっとした贅沢を皆様もいかがでしょうか。

ck1203_20140218 (7).jpg ck1203_20140218 (6).jpg

 

ムッチーニ

 

銀座3-12-7

電話(3542)1086

定休日 日曜・月曜

 http://www.muccini.jp/

食事の場合は、なるべく事前にご予約下さいとの事です。

 

 

 
1