中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ポーラ ミュージアム アネックス

[阿舒庵亭主] 2014年6月30日 09:00

銀座通りには数多くの小さな美術館や催事場が数多くある。時々、ふらっと立ち寄ってみると意外と面白いモノに出会うことがある。今日も久しぶりに銀座に行って、一丁目のポーラ ミュージアム アネックスに入ってみました。ここは言わずと知れた箱根にある「ポーラ美術館」の分館です。一階の化粧品店の脇で今日の展示内容を見てみると someday, somewhere とある。 嶋本痲利沙さんという若い芸術家の写真展であった。ポスターには街中に咲くバラの花の写真が使われている。このバラが痩せこけて一部の花は枯れている。何処にピントが合っているのか分からない。どう見ても若いころに見た秋山庄太郎の写真とはかけ離れた出来栄えです。

 

このポスターの写真に惹かれて三階のミュージアムに入ってみると、30枚ほどの作品が展示されているが、どれもこれも変わった作品に見えました。ざっと見たところ私にも撮れそうな写真ばかりでした。しかし、もう一度見まわしてみると作品には何か統一感と主張があるように感じました。それが何だかは分かりませんが何故か心を惹かれる先品ばかりでした。結局、帰りにはポスターにある、何処にピントが合っているのか分からないバラの花の作品の絵葉書を買ってしまいました。

 

ポーラ ミュージアム アネックスは無料ということもあって、時々入りますが時として自分の心にストンと落ちる作品に出合うことがあります。今もパソコンの横に嶋本痲利沙さんのバラの花の写真を置いて余韻にふけっています。このミュージアムはポーラ化粧品のメセナ活動の一部として、大人の街、銀座らしい展示会を開催してくれるのは実にありがたい。

 

なお、嶋本痲利沙さんの写真展 somdeday, somewhere は7月21日まで毎日11時から20時まで開催の予定です。

 

DSC_4748.JPG 

 

 

 
1