中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


百貨店の屋上、今昔物語(その4・髙島屋東京店)

[shikichan] 2009年10月21日 09:00

髙島屋正面.jpg

髙島屋屋上七福殿.jpg

像の高子.jpg

(写真上) 1933年(昭和8年) 髙島屋東京店オープン 今年6月重要文化財に指定される。

   「西洋の歴史様式に日本的な要素を加味した」当初設計部分と「近代建築の手法を駆使

   した」増築部分からなりたっており、その全体が一体不可分の建築作品として完成度が

   高くわが国の百貨店建築を代表するものの一つとして重要である。と、評されている。

       

(写真中) 1933年(昭和8年) 屋上に七福殿を建立。人間が願い求めるすべての福を収め   

   ており、一周するとご利益があると言われている。福禄寿、毘沙門天,布袋尊、弁財天

   大黒天、寿老神、恵比寿神が祀られている。中は非公開。

 

(写真下) 1950年(昭和25年) タイ国より一歳半の小象を貰い受ける。下関まで船で

    運び、トラックで搬送。銀座通りの正面玄関より クレーンで屋上まで運び上げた。                 

          小象"高子"はお子様を背中に乗せ大いに喜んでもらった。昭和29年には惜しまれて

    上野動物園に行き、その後多摩動物公園で余生を送った。屋上には高子チャンがいた

    モチーフが残っている。

 

 
1