中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


彗星蘭とニチレイフラワー

[まぴ★] 2011年2月18日 16:00

前々回、シルヴァンという彗星蘭を使った化粧品をご紹介しましたが、
その彗星蘭のお話から、ニチレイではお花の事業として、
ニチレイフラワーがあり、彗星蘭の生産販売や、
その他の蘭の種苗の生産や販売をされているというお話を伺いまして、
シルヴァンの金子社長さんからご紹介頂いて、
ニチレイフラワーの清水所長さんに取材させて頂きました。
ニチレイフラワーの事業所は新富町の佃大橋の少し手前にあります。

 

最初に目がとまったのは、事業所のテーブルに飾られていた
ガラスの中のお花でした。
「エバーフラワー」というお花ですが、
プリザーブドフラワーよりも長持ちするドライフラワーで、
日立が宇宙実験室などに利用している真空技術と生化学反応を駆使して開発されたそうです。

ニチレイと日立は同じ系列の会社だったんですね~!

 

RIMG5980.JPG

 

保証期間は1年ですが、所長さんのおうちにあるものは
もう20年も色あせずきれいなままただそうです。

たまたま結婚祝いに頂いたそうですが、「EVER」という名前からも
結婚祝いはもちろん、色んなお祝いで使えそうですね。

 

さすがに大きな物は値段もいいですが、5000円くらいの可愛いものもあります。

 

日立オートサービス・エバーフラワーのホームページ

 

そして、彗星蘭のお話です。
彗星蘭はオドントグロッサムといい、発見されたのは19世紀。
ヨーロッパの貴族や英国王室で親しまれた希少なお花だったそうです。
日本に伝えられたのは、明治35年で、内国博覧会にて大隈重信や酒井忠興が紹介。
そしてニチレイに洋蘭プロジェクトチームが発足されたのは1984年で、
1985年には世界蘭会議に出展もされていたそうです。

彗星蘭には種類もたくさんあってびっくりしました。
化粧品に使われていたのはシルヴァンですが、
私の見た目のお気に入りは「マリーノエル「ベラノ」」という彗星蘭でした。
この品種は07年の世界蘭展日本大賞でレッドリボン賞を受賞しています。

 

ピンクの花でものすごく可愛いのですが、カタログで見ただけなので、
明日から始まる世界らん展日本大賞で実物を見てみたいと思います(*^^*)

 

世界らん展日本大賞の公式ホームページ

 

もちろん、東京ドームでの世界らん展でも、彗星蘭だけではなく、
デンドロビウム、シンビジュームやそれ以外の蘭もたくさん出品されるそうです。
それも、咲ききっていない、蕾が多いもの。家庭で育てやすいものだけを選ばれるそうです。

確かに満開の花は楽しめる時間が短いですし、
花が咲いていく過程が見れると、さらに楽しみも倍増します♪
1株2000円前後で買えるそうです(*^^*)

 

東京ドームの照明は、もともと野球のための施設なので、
カクテル光線(ナイターの照明)というのが使ってあって、
赤やピンクより、黄色や白の花がきれいに見えるそうです。
ちょっとトリビアな豆知識でした(笑)

 

あと、事業所に置いてあった胡蝶蘭が、ちょっと小ぶりで可愛くて、
でも胡蝶蘭なので気品があって、高そうに見えたのですが、
なんと、2本立で送料込み5500円だそうです。プレゼントにもいいですね!

 

RIMG5977.JPG

 

そして、きれいな薔薇のプリザと、
フレッシュベジのレタスとラディッシュを頂きました。

 

 

 RIMG6074.JPG

 

子供の頃からあまり土と縁のない環境だったので、
本当にレタスなんか出来るんかな?と半信半疑な分、楽しみでもあります(*^^*)

 

ちなみに長野に3000坪の彗星蘭の温室があり、10~5月が最盛期だとか。
ホームページで、彗星蘭でいっぱいのハウスの写真が見れます。

所長さんはそのお近くに住み、東京まで通われてるそうです。
蘭展のご準備でお忙しい中、1時間も色んなお話をして下さり
お花を愛する穏和なお人柄の所長さんでした。

 

ニチレイフラワーのホームページ

 

 

築地松露の玉子焼きと場外市場をうろうろ

[まぴ★] 2011年2月17日 09:00

今日は新富町に取材に行ったので、足を伸ばして築地に行ってみました!
実は・・・初築地です(笑)

 

RIMG6005.JPG RIMG6009.JPG

 

聖路加病院の前を通って、あっ、築地本願寺!
観光協会検定の本に載ってたのと同じ~と感動してとりあえず撮影です(笑)

今日のお目当ての一品は、まず築地松露の玉子焼き。
場外の店舗は早く閉まると情報収集していたので、
晴海通りの交差点のところにある
築地おもしろ市場・築地共栄会というビルの1Fにある新店へ行きました。

 

RIMG6008.JPG RIMG6007.JPG

 

普通の松露にしようかと思ったけど、どうしても唐辛子入りの「辛党」も食べたい。
でも2つ買っても二人では多すぎるしなあ・・・と思ってたらこんな商品を発見!

 

RIMG6025.JPG RIMG6024.JPG

 

松露と辛党のミニサイズセットがありました。
370円のお楽しみセットです。

どちらもちょっと甘めで、美味しい~!
特に「辛党」は甘くてピリ辛なのがいける~主人にも大好評でした(*^^*)

築地松露のホームページ


次は、これもテレビでよく見る、築地場外の入り口の看板!
でも3時近いので、閉まってるお店がたくさんありました。

そのあとは、築地場外の中をうろうろ~。
3時くらいまでに閉まってしまうお店がほとんどだそうです。

あと、場外の中って、入り組んでいてわかりにくいのですが、
こんな地図がありました。すごくわかりやすいです★

 

RIMG6028.JPG

 

今度は朝から来ようと思います(笑)

 

 

雪振れば佃は古き江戸の島

[坂の上のねこ] 2011年2月16日 08:30

ホワイトクリスマスならぬホワイトバレンタインデイとなった14日、

都内では比較的雪の積もりにくい中央区もうっすらと雪化粧をしました。

写真はわが家のバルコニーから撮った佃公園の雪景色です。

*ご存知の方も多いと思いますが、写真に写っている江戸風のデザインの灯台、実は公衆トイレなんですよ。

P2140141.JPG  P2140146.JPG

 

 さて、こんな雪の日に思い出していただきたいのが、劇作家北條秀司さんの句、「雪降れば佃は古き江戸の島」。この句の碑が、住吉神社から隅田川に向かって少し歩いたところ、3軒の佃煮屋さんが集まっている一角に建っています。

P2150142.JPG  P2150143.JPG

今度雪が降ったら(もちろん降らなくても)、ぜひこの句碑を見にいらして下さいね。


 

余談ですが、ニューヨ-クのマンハッタン島の西側を流れるハドソン川は冬にしばしば凍ります(北から流氷が流れて来る)。一方、東側を流れるイーストリバーは凍りません。その理由はイーストリバーの水は塩分の多い海水だからです。東海岸の極寒の冬でも、イーストリバーは凍らず船の出入りが可能だったため、マンハッタン島は数百年前から貿易で栄えたのだそうです。隅田川も河口付近のこのあたりは海水なので凍る心配はなく、江戸の水上貿易&交通の要として栄えた理由はここにもあるのかもしれません。もっとも、今よりかなり寒かったと推測される江戸時代とはいえ、さすがに川が凍るほどではなかったでしょうけれど。

 

 

銀座カーヴ・フジキ★ワインショップ

[まぴ★] 2011年2月14日 10:30

三越の増床オープンと同時に開店したカーヴ・フジキ!
前から行ってみたいと思ってたお店です。

三越を左に見ながら晴海通りをテクテク昭和通りの方へ
新館が終わるあたりの左側にあります。

光がサンサンと入りこみ、明るくて、雰囲気のいい店内。
でも、新館の端っこなので大通りの喧騒からは離れた
まったりとした空間があります。

 

RIMG5888.JPG RIMG5890.JPG

 

フランスワインやビオワインが中心で、
スタッフさんが熱心に色々なお話をして下さいました。
写真も、たくさん撮らせて頂きました(*^^*)

山梨や栃木のワインなども色々おいてあったのですが、
大好きな山梨ワイン、実は甲州しか飲んだことなかったので、
スタッフさんのおすすめのこちらを購入。
マスカットベリーAは初めて飲むのですが美味しい~!
今まで飲んだのはほとんどフランスだったのですが、
日本のぶどうはやっぱり日本人の口に合うのかなと改めて思いました。
エチケットも可愛い~(*^^*)

ルミエールワイナリーのマスカットベイリーA
RIMG5913.JPG RIMG5887.JPG

 

そしてこちらのショップでは、毎月色んなイベントが開催されています。

★毎週土曜日は週末テイスティング
 2/19 ブラインド 6種 1500円
 2/26 日本    8種 2000円
※いずれも15:00-17:00

★3/2 ブルゴーニュワインセミナー
 ブルゴーニュのワイン4種とパン 会費は2500円
 19:00-20:30 8名様限定

 

1年くらい前からワインにはまっていて、色んなワインを飲んでみたいので、
どれもこれも行きたいイベントばかりです(*^^*)

カーヴ・フジキのHPのイベントカレンダーでチェック!

 

年中無休・ネットでも購入できます★

 

 

彗星蘭から抽出したエキスを配合★シルヴァン化粧品

[まぴ★] 2011年2月 9日 15:00

蘭といえば、保ちのいいお花として有名で、
私も着物の時に生花を頭に飾ったりしますが、
たいていお花やさんで勧められるのはデンファレなどの洋蘭ですし、
開店祝いなどでは胡蝶蘭が長い間きれいに店先を飾っていたりします。

 

この彗星蘭(シルヴァン)は一度咲いたら、ひと月以上も咲き誇る希少な花だそうで、
そこに何か化粧品としての効果があるのでは?
ということでニチレイグループが長年にわたり育種・栽培に取り組まれてきたそうです。
何より食べ物を扱う会社だし、
色々な検査のノウハウもお持ちなのが、安心です。

 

そのシルヴァンの花から抽出したエキスを配合した化粧品が
シリーズで販売されています。。

特派員仲間の銀造さんに美容液のサンプルを頂いたのがきっかけで
銀座5丁目のみゆきビルにあるオフィスに取材に行ってきました!

 

RIMG5873.JPG RIMG5877.JPG

化粧品のパッケージは高級感の中にも可愛さがあり、
何より嬉しいのは、お試し用のトライアルセットがあること。
全種類入って2100円(送料込み)です。

 

最初に美容液のサンプルを使った時のこと、
この美容液、洗顔後、化粧水の前に塗るそうですが
お風呂上がりにつけてみると、
蘭のいい香りがふわぁっと広がり、
びっくりするくらい、しっとりでぷるぷるです。

 

いつも、お風呂上がりにシートパックをして、
そのあとに化粧水と美容液2種類をつけていますが、
この美容液だけで、そこまでの完成度が味わえます(*^^*)

 

洗顔はクリーミーな泡とすっきりした洗い心地がいいです。
ベタベタするのが嫌いで、普段化粧水のあとに乳液やクリームを使わず
美容液で終了なのですが、すべて使ってみました。
ものすごくしっとりするのに、ベッタリ感がなく、
蘭の香りがリラクゼーション効果も兼ねています。

 

この化粧品を使っていると、蘭のように今の年齢のお肌の状態を
何年も保てるような気がします(*^^*)
蘭にヒアルロン酸の2倍の保湿力があったなんてびっくり!

 

そして今月の19日から東京ドームで開催される
「世界らん展日本大賞」でこのトライアルセットが販売され、
私が最初に使った美容液のサンプルも、会場でもらえるそうです♪

 

RIMG5879.JPG RIMG5544.JPG

さらに、ニチレイグループは、ニチレイフラワーというお花の部門もあるそうで、
そちらからはお花が出品されるそうです。
蘭展の入場券まで頂いてしまいました~(*^^*)
会場ではこの彗星蘭の実物も見れるそうなので、
是非写真を撮ってきたいと思います。とっても楽しみ♪

 

bud世界らん展日本大賞 2011
2月19日(土)~2月27日(日)

 

社長さんはとても優しそうな方で、「化粧品会社の社長さん」という雰囲気。
化粧品からお花のことまで詳しく説明して頂き、
ブログのネタになりそうな新着の耳より情報まで(*^^*)
社長さんのお人柄から、とってもきめ細やかなサービスと商品が期待できる会社です。

 

シルヴァンのホームページで、
トライアルセット(送料込)2100円が購入できます。
アセロラドリンク10本が当たるかも?!のキャンペーンやってます★

 

 
1