中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


伝統的な商家の建物 濱野家住宅

[TAKK...] 2013年6月30日 14:00

築地界隈には、戦前の面影をとどめる趣きある家屋が数多く残されています。

 

濱野家住宅1.jpg

 

中央区の区民有形文化財に指定されている「濱野家住宅」も、その一つと言えるでしょう。

 

海産物の仲買を営んでいた濱野家の店舗併用住宅として、昭和5年(1930)に建てられたものだそうです。

kamon.jpg

雨樋部分には家紋が施されています。手の込んだデザインですね。

瓦には「正」の字も見られます。

細部の意匠は手が込んでいるのに、調和がとれた気品のある佇まいです。

 

内部は非公開となっておりますが、外観から昭和初期の商家の生活に思いを馳せることができると思います。

 

 

 

中央区不思議(珍)百景2

[さとけん] 2013年6月28日 14:00

例によってウォーキング中に見つけた風景です。

 

よく歩くルートなので、気にも留めてませんででしたが、不思議な風景を求めて歩いていましたので、気になりました。

  

場所は新富町1-4-4です。新富橋がかかっていてすぐ下には首都高が走っているところです。

  

すぐそばには足袋で有名な大野屋さんがあるので、ご存じの方も多いでしょう。その場所にフェンスで囲まれた五重塔のようなものがあります。

  

何も説明書がないので想像するしかありません。大名屋敷の名残かなどと空想をめぐらす次第でした。

 

GetAttachment[1].jpg

 

 

6月の浜離宮恩賜公園

[kimitaku] 2013年6月27日 14:00

「浜離宮恩賜庭園」は、海水を引いた庭園です。お隣浜松町の「芝離宮恩賜庭園」は地下水の庭園です。

作られたのは、徳川六代将軍徳川家宣のころ、今から400年以上前になります。

P1000175-1.jpg P1000176-1.jpg

庭園を散歩しました。花菖蒲が美しいです。それに紫陽花が見事です。

 

のんびり庭園を歩きますが、いけどもいけども、その広いこと、ひろいこと、25万㎡あるそうです。

 

池の向こうに、「コンラッド東京」が見えます。

P1000182-1.jpg

 

池の端を渡り、船着き場へ、ここの船着場、15代将軍徳川慶喜が京都から船で逃げ帰り上陸した場所としても、知られています。隅田川からの船が入ってきました。

P1000186-1.jpg

奥に見える建物は、豊海と勝鬨のビル群です。

 

池を渡ります。はるか向こうに、東京タワーズマンションがそびえています。

P1000179-1.jpg

 

入り口の左前方に、大きな松が、「300年の松」と呼ばれています。

丁度、近くの松が、剪定の真っ最中。このおおきな松も、剪定されて美しくなります。

皆さんも ぜひ「浜離宮恩賜庭園」にお越しください。

P1000177-1.jpgP1000190-2.jpg

 

 

 

人形町 かつぎやのおばちゃんの朝市

[kimitaku] 2013年6月22日 14:00

P1000207-1.jpg
 梅雨空のなか、人形町通りを歩いていると、甘酒横丁の東角に、朝市が始まっていました。


うわさには聞いていましたが、おばちゃんがひとり、店を広げ、お客さんと笑顔でお話ししています。

 

P1000208-1.jpg 写真のキュウリが見事です。カゴいっぱいのキュウリ。

朝採れのツヤツヤ、数えようとしましたが、何本あるか、数えきれません。持てばすごく重そう。。

 お客さんは、なじみらしく、皆さん、ひとことふたこと声をかけて店を後に。手にはいっぱいの野菜が。

おばちゃんの写真を撮ろうとしますが、なかなか人ごみが切れません。

 

 遠くから、おばちゃんの様子を見ていると、来る人来る人に、いつも同じ笑顔。この女性、ただ者ではない・・・・。

店がやっと空いたので、近くに行き、私はしゃがみこんで「こんにちは」とご挨拶。

 

 おばちゃんは、 「こんちは、お客さん・・キュウリが良いよ、4本で100円、もう少し負けようか・・ 」なんて笑顔で挨拶。

P1000211-1.jpg 

 伺うと、始めたのは、まだ20代のころ、「まだ私だって、ぴちぴちだったよ・・・はははははは」 昭和3年のお生まれ。

若い人はご存じないかもしれませんが、あの、かの有名な京成電鉄で「かつぎや」をしていたそうです。今から20年前にやめて、

その後は、ここ人形町で朝市をやっているとのこと。朝自分の家で採った野菜を持ってきてるとのこと。

 

 「あんた どこだいこの近くかい、いいねえ」なんて言われて、しまいました。そのすぐ後で。

 「トマトはどうだい、これもあさどれだよ、どうだい・・」 喜んでみんな買いました。4袋で500円。

P1000209-1.jpg「儲けなんか、ないじゃない・・」なんて聞くと。

「いいんだよ、わたしゃあ・・趣味なんだよ」 「家にいてもつまんないし、ここにいりゃ話し相手がいるかんね」

「今の若いもん、こんな荷物持てないよ、この何倍も重たいのもって電車に乗ったんだから、大変だったよ」

 昭和40年代、そのころの京成電車の先頭車両、佐倉あたりから「かつぎや」のおばちゃんたちが乗り込み、

都心に入ると、各地のお得意さんを回って、野菜を売り歩いたのだ。

 

P1000212-1.jpg 今、おばちゃんは、我孫子にお住まい。旦那が、朝7時 ここまで、軽トラで乗せてきて、ここに置いてかれて、11時まで商い。

今日のおばちゃん、野菜の売れ行きが良くて、あと残すはキュウリだけ、旦那の来るのを、ひたすら待っていました。

  お店は一週間に一度、雨や天気の悪い日はお休み。体調の良い時でないと、出られないそうです。

おばちゃんと握手して。 「また来るね」「あんたも、元気でね」とわかれました。

 

 「お名前は・・?」  と尋ねると

 「名乗るほどのもんでねえ  ははははははー」

昭和の熱い青春のほとばしりをおばあちゃんからいただきました。

 

 

 

陶磁器特別セール開催中「ギャラリー砂山」さん

[さとけん] 2013年6月 3日 08:07

 

近所の陶磁器ギャラリーの「ギャラリー砂山」さんに行ってきました。

 

ちょうど特別セール開催中でした。

 

現在の場所に3年前に移転されたそうです。

 

現在の特別セールで、は昭和時代に活躍された名匠を一堂に集め、茶碗を中心に花入・酒器等50余点を展示即売されます。

 

珍品の数々が出そろい、懐かしい作家の作品が陳列されます。オーナーの石川様のお父様が描かれた絵画もあります

 

手ごろな値段でお買い求めいただけます。オーナーの石川様が陶磁器に素人な私にも親切にに教えてくださいました。この機会にぜひお立ち寄りください。

 

場所は次の通りです。

 

中央区日本橋茅場町2-11-5 山口ビル2F

TEL 03-3668-4950  ギャラリー砂山 石川潤一様

 

1GetAttachment.jpg 2GetAttachment.jpg 

GetAttachment.jpg

 

 
1