中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


中央区区界巡り①

[さとけん] 2013年7月31日 14:00

過日、

例によってウォーキングで東日本橋は馬喰町方面を歩いていました。ひとその先は千代田区となるので、区の境はどうなっているのだろうかと、

 

区界に沿って歩いてみることにしました。

 

そうすると面白い発見がありました。神田岩本町あたりと大伝馬町、小伝馬町あたりは入り組んでいて、一つの公園に中央区と千代田区の二つの

 

看板がある公園がありました。

 

それは「龍閑児童公園」です。公園内にははっきりした境はなく小さな橋が千代田区と中央区の境になるということです。

 

和風の公衆トイレもあり、こじんまりとした公園です。

 

2GetAttachment.jpg3GetAttachment.jpg

 

 

「日本橋三越ビヤガーデン」 Happy hour 飲み放題 食べ放題

[kimitaku] 2013年7月28日 14:00

 いま 日本橋三越本店屋上では ビヤガーデンが営業されています。

 (値段は、 男性 3,701円/女性 3,201円)


 今日お知らせするのは、5時からの 「 Happy hour 」(5時から6時半)です。

P1000213-1.jpg


 私は 5時ちょうどに本店一階から、エレベーターで屋上へ、 エレベーターが開くと、店員さんが待っていました。

 ・・店員さん・・ 「ご予約は?」 

 ・・私 「いや していません」

 ・・店員さん・・ 「かしこまりました」

の丁寧な応対です。何となく嬉しいです。

 チケットを買って、わくわくしながら、広々としたホールを見渡します。お客さんは まだマバラ。

 

 席に案内された私は、ジョッキを受け取り、ビールサーバーにまっしぐら。

 まずは、乾杯。 つぎは、料理に取り掛かります。 鶏から 焼きそば、和洋中華総菜 どれも美味しく、さすが「三越本店」。

P1000218-1.jpg 

 次のビールは 「黒生」 写真をパチリ。 遠く屋上の「フラッグ」が南風にたなびいています。

 

 昔は、ここのビヤホールから下町が一望できたのに、いまは、ビルの谷間。 でも周りのビルも、新しく、それがビヤホールのキャンパスになっています。

 

 次は何にしようと、サーバーに行くと、「お客様、ワインもございますよ」 さっそく 「白ワイン」、 魚料理でワインとしゃれ込みました。

 

 つぎは赤ワインで焼肉をパクリ。 三越ワインはのど越しが素晴らしいです。もう一杯飲んじゃいましょう。

 

 飲み物も、20種類ほどあるそうです。

 

P1000222-1.jpg
 5時半になると、女性陣がちらほら、ジョッキを片手に、ビールをあおります。

 楽しい語らいが続いているようです。

 ほどなくすると、ネクタイ姿のお客さんが大挙押しかけてきました。彼等は皿に沢山の料理を持って、私の前を行き交います。

P1000219-1.jpgP1000226-1.jpg

P1000215-1.jpg
 私は 多くのお客さんを、眺めながら、「琥珀ビール」で、また乾杯。

 傾いてゆく、夕陽を眺めながら、「カクテル」でまた乾杯。

 さりげなく、時が過ぎてゆきます。

 

 早めに終わった仕事帰り、三越本店、ビヤホールで、私は多くの人のざわめきも肴に、満ち足りたお腹をお供に、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。 

 帰りがけ、 室町の「三井本館」が、夕陽を取り込んで、美しくそびえていました。

 

 ハッピイ アワー予約申し込み電話番号。

 0120 354(みつこし) 585  です。

 

 

 

刷毛を作って300年『江戸屋』

[橘] 2013年7月24日 14:00

刷毛とブラシの違いをご存知ですか?

七代将軍家綱の時代に将軍家お抱えの「刷毛師」となり、享保三年(1718年)に将軍家より

"江戸屋"の屋号を受けて以来、300年近く刷毛、明治時代からはブラシを作り続けているお店を

紹介します。

 

1.jpg



江戸屋の外看板

店の前の通りは旧日光街道(現在は大伝馬本町通り)。

今では真正面にスカイツリーが見えます

 

刷毛は馬毛、山羊毛、人毛等を木で挟んで作ります。毛先がなにより大切だそうです。

4.jpg

 

6.jpg




漆を塗る時に使う刷毛です

人の頭髪で作られています

一方、ブラシは土台に穴をあけて毛を植え込んで作るそうです。

5.jpg



左のブラシは木箱に印刷する時に使用する

ブラシです

 

その他にも、ハブラシ、化粧用ブラシ、孫の手ブラシ、たわし等色々な種類の商品が置いてあります。

7.jpg

8.jpg

 

皆様も是非一度お店を覗いてみては如何ですか。

 

URL:http://www.nihonbashi-edoya.co.jp/index.html

 

 

 

 
1