中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


新春の中央区風景

[さとけん] 2016年1月13日 20:00

DCIM0172 (1).JPG

 

2016年の年明けの風景の1ページです。

季節外れで暖かく、歩くと汗ばんできました。

 

リバーシテイ―付近の風景です。

 

余計な言葉は不要かと。

 

今年もよろしくおねがいします。

 

 

区立駐輪場一時利用がはじまりました。

[kimitaku] 2016年1月12日 14:00

今年1月5日から区立駐輪場で

一時利用が始まりました。

DSC_1443.JPG DSC_1445.JPG DSC_1444.JPG

早速「備前橋駐輪場」で、おそるおそる利用をしてみました。

 まず駐輪場に自転車で乗り入れ、そして空いている番号33番に

自転車前輪を載せます。すると10秒ほどで「ガチャーン」と前輪が

ロック。

DSC_1447.JPG DSC_1448.JPG DSC_1451.JPG

 一時間ほど買い物を済ませて戻り、今度は料金所に行きます。

 自分の番号33番を番号枠に入力。

 無料なので、自転車の前輪はすぐに解除。

 そのまま自転車を乗り出すことができました。

 まだ初めての試みということで、係員さんが待機。

 伺うと、初めの2時間は無料。

その後8時間ごとに100円が必要とのこと。

 つまりはじめに自転車をおいてから

10時間までは100円ですむそうです

とやさしく教えていただきました。

買い物をして大きな荷物が増えたり。

夜遅くなって自転車で帰るのが危なかったり。

友達と偶然会ってお酒を飲んでしまったりなど

いろいろ便利。

 駐輪場を利用して安全に自転車ライフを楽しみましょう。

詳しくは 区報12月1日版をご覧ください。

DSC_1490.JPG

 

 

 

晴海トリトンスクエアで新春グランドコンサート開催。

[kimitaku] 2016年1月 9日 16:00

新春の7日

 グランドロビーコンサート

   (第一生命ホール NPO TRITON ARTS NETWORK主催)

 が 晴海トリトンスクエアで開催されました。

DSC_1478.JPG DSC_1477.JPG

開催日時は1月7日(木)12:10から12:50分まで。

「春の海」に続き、

 さらし幻想曲」「三番叟組曲」「木遣り」と

琴、長唄三味線、竹笛、能管、フルートの優美な音色が

グランドロビー一面に響き渡りました。

幻想曲、組曲もそれぞれの原曲の持ち味を活かして、

観客は優美なメロディーに酔いしれていました。

DSC_1480.JPG DSC_1479.JPG

続いて  江戸囃子「獅子舞」

 「屋台」から笛の高音(たかね)に誘われ、獅子が登場。

リズミカルに踊り場を舞い、続けて「昇殿」「鎌倉」の場面、

獅子がミカンと戯れています。

DSC_1491.JPG DSC_1484.JPG

なかなかみかんをくわえようとしません。あたりを見回すとたくさんの園児たち、獅子の仕草に夢中です。ミカンをくわえ、居眠りをします。あたりに子守歌のゆっくりした

響きが、途端に曲は変わり、獅子も飛び起きて、「四丁目」

観客席に福をもたらそうと駆け回りました。

観客はみな拍手喝さい。

楽しいコンサートで晴海トリトンスクエアは春爛漫に

なりました。

DSC_1470-1.JPG

 

 

浜離宮庭園に迎賓施設「延遼館」復元へ

[TAKK...] 2016年1月 7日 16:00

東京都は、2020年の東京五輪までに、浜離宮恩賜庭園内に19世紀後半にあった迎賓施設「延遼館」を復元する方針であることを明らかにしました。

外国の賓客を迎えるための施設となるそうです。

延遼館は近代日本最初の迎賓施設で、当初、江戸時代末期に幕府の海軍所施設として着工されました。

明治2年に完成し、老朽化で明治23年に解体されました。

043.jpg

【明治時代の延遼館】

現在は、復元に向けた準備として、遺構調査等が行われています。

これに伴い、平成28年3月31日まで一部区域が鎖期されています。

05.jpg

【遺構調査の様子】

032.jpg

【遺構調査等に関するお知らせ】

01.jpg

【延遼館があった当時の浜離宮恩賜庭園】

02.jpg

【延遼館部分を拡大】

 

 
1