中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


第70回「春の院展」開催中ー三越日本橋本店

[滅紫] 2015年3月31日 14:00

日本橋のたもとの桜は丁度見頃の七分咲き、あちこちでデジカメや本格的な三脚付きの方も見かけられるのはこの季節ならではの風景です。三越日本橋本店では25日から恒例の「春の院展」が始まっています。

100_1596.JPG100_1595.JPG

昭和20年から始まったこの展覧会ももう70回。今回は入選作306点と同人の先生方の作品34点と合わせ340点の大展覧会です。「先生方の作品だけを観て」と思って入場するものの「初入選」とある作品の前ではやはり足が止まります。同人の先生方の作品のキャプションが別刷りになっていて

「見つけました。季節の宝物です」(手塚雄二「秋麗」)など作家の生の声が聞こえるようで読んでも楽しい。会場内に「岩絵の具」「筆」などの展示があり、「岩絵の具」の天然のものと「新岩」と書いてある人工のものが並べて展示してあるのも面白く比較してじっと見てしまいました。最後の第3会場には第35回からの作品図録の表紙絵が展示されています。物故作家のお名前も見えて懐かしく興味深く眺めました。

100_1598.JPG100_1597.JPG

流石に草臥れて一服と4階の

宮越屋珈琲店へ。札幌が本店ですが、すっかり日本橋に根付いています。写真は本日のケーキセット。コーヒー片手に出品作品一覧をながめ乍ら「これがよかった」と思い出すのも楽しみのひとつ。日本橋のお花見を兼ねて「日本画の今」を是非ご覧ください。

「春の院展」は四月六日まで日本橋三越本店。本館・新館7Fギャラリー

入場料一般800円 10時~18時30分(最終日は17時入場まで)

 

 

つきじTASSぎゃらりー 若松屋  「野口久光 懐かしのフランス映画ポスター展」

[銀造] 2015年3月26日 14:00

 築地6丁目12-3の「つきじTASSぎゃらりー 若松屋」さんで、野口久光 懐かしのフランス映画ポスター展が開催されています。
開催は、3月23日から4月4日(土)です。

20150324 030.JPG

ギャラリーに入ると、古色蒼然としたポスターかと思ったら、そうではなく、手つかずのポスターが美しく展示されていました。
20150324 013.JPG

私は残念ながら、これらの名画を鑑賞したことはありませんが、それらの映画のテーマ曲は今でも歌い継がれています。
例えば、「フレンチ・カンカン」は運動会で演奏される「天国と地獄」、表現すると、こんな感じでしょうか?

「第三の男」は、TVで放映されたのを観たことがあります。メロデイは、ララララらララララらという感じですね。

洋画ロードショゥ館プログラムの展示・即売もあります。

20150324 018.JPG


私はポスターを葉書にした、「Vivien Leigh のアンナ・カレニナ」、「第三の男」、「フレンチ・カンカン」、「巴里の空の下 セーヌは流れる」をl購入しました。

20150324 023.JPG

単価はたったの100円(税込)です。 お部屋に飾ると、とても素敵ですよ。


20150324 020.JPG

若松屋さんへのアクセスなどは、こちらをご覧ください。

http://www.g-wakamatsuya.com/gallery.html

 

 

生誕100年ターシャ・テューダー展始まるー松屋銀座

[滅紫] 2015年3月25日 09:00

展覧会3日目に松屋さんに。ウイークデイのお昼間なのであまり混んでないと予想して出かけたのですが、外れました。入口付近から並んでいます。人気があるのは嬉しいような、あまり混雑しているのも・・という複雑な気分です。

100_1592.JPG

アメリカ・バーモント州の山奥でガーデニングを楽しみ92歳で亡くなるまで創作活動を続けた絵本作家ターシャ・テューダー(1915~2008)。日本でよく知られるようになったのは

やはりNHKの番組で紹介されてからでしょう。子育てを終えて広大な自然に囲まれた田舎で毎日の生活のほとんどを手作りする自給自足のシンプルなライフスタイルが日々の暮らしの中でゆとりを失いがちになっている現代人に「あこがれ」を抱かせたのだと思います。特に中高年のガーデニング好きの女性には熱烈なファンが多く会場もそんな女性たちが一杯です。

会場には愛用していた食器や家具、ガーデニンググッズ、ドレスや絵本の原画、ドールハウスと人形など。ドールハウスの食器棚の中に5cmくらいのシャンパン、ブーブクリコのボトルを見つけ、思わず声を上げてしまいました。本物そっくりです。

100_1593.JPG100_1594.JPG

「現代人は忙しすぎます。夕方ポーチのロッキングチェアに座ってカモミールテイでも飲みながらツグミが澄んだ声で鳴くのに耳を傾けてご覧なさい。毎日の生活がもっと楽しくなりますよ」(ターシャの言葉)    「憧れ」てます。こういう時間。いつの日かです。

 

4月6日まで松屋銀座8階イベントスクエア

10時から20時まで(最終日は17時まで)

入場料 一般1000円

 

 

高島屋が植物園に

[橘] 2015年3月24日 14:00

もうすぐ桜が咲きそうな陽気になってきましたが、偶々日本橋高島屋に行ったら,1Fロビーが植物園の様に色々な植物で埋まっていました。

 

t8.jpg

t7.jpg
t5.jpg
この"Botanical Garden"はプラント・ハンターと言われる西畠清順氏に依ってプロデュースされたものです。
樹齢100年を超えるサンシュ等200種類以上の植物が共存しているそうです。

t1.jpg
和服姿の外人さん達も植物園を背景に記念撮影です。

ご紹介が遅くて恐縮ですが、ロビーのディスプレイは3月24日(火)迄です。又、ショウーウィンドーにも植物が置かれていますが、これは3月31日迄ディスプレイされているそうです。

高島屋の前の通り「中央通り」にも沢山の花が咲いていました。

t9.jpgいよいよ春到来ですね。

 

 

必見の仁左衛門さんの「菅丞相」ー三月歌舞伎座

[滅紫] 2015年3月17日 18:00

「心ある人たちに多忙を差し繰ってもご覧になることをお勧めする」「高貴な魂の持つ品格と温かさと孤独を描き切って無類」と各紙絶賛の三月歌舞伎「菅原伝授手習鑑」は皆様ご存知の通り歌舞伎三大名作の一つとして知られる菅原道真(菅丞相)の大宰府流罪を題材にした人気狂言です。

100_1588.JPG

名場面続きの各段を独立して上演することが多いのですが、今回は昼夜通し上演で歌舞伎座では13年ぶりとのこと。満席の客席には珍しく男性の姿が目立ちます。菅丞相は当たり役の仁左衛門さんが演じ、若手が主力の舞台です。事件の発端となる「加茂堤」から「筆法伝授」「道明寺」と息つく暇もない展開ですが、左中弁希世の橘太郎さんと奴宅内の愛之助さんが笑いを取ります。同行の友人は「私、仁左衛門さんのファンになりそう!」などと浮気者め!昼の部の武部源蔵は染五郎さん、夜の部「寺小屋」では松緑さん、昼の部の戸浪は梅枝さんで夜は壱太郎さんと演じる役者さんが昼夜替わるのも楽しみです。「いずれ誰かに受け継がれるにせよこれだけの菅丞相は今をおいてみられないだろう」(日経劇評)の舞台を是非ご覧になることをおススメします。

夜は「車引」「賀の祝」「寺子屋」千穐楽は27日です。お問い合わせはチケットホン松竹

0570-000-489(10時~18時)

 

 

築地本願寺 重要文化財指定記念行事「ごえん」 goen  Report

[銀造] 2015年3月17日 14:00

 築地本願寺が重要文化財に指定された記念行事が3月14日と15日の両日に開催され、両日とも行ってまいりました。

14日は、舞楽「蘭陵王」の演奏と厳かな舞が披露されました。続いて、築地本願寺の歴史と建設に関わった方々とのご縁を紹介するプロジェクション・マッピングがご本堂に映し出されました。

私の撮影した写真は不出来だったので、他の特派員の報告でお楽しみ下さい。

(不出来ですが、行った証拠の写真です

DSC06960 (300x169).jpgDSC06989 (300x169).jpg

 

さて、15日は朝10時前に到着し、関係者のご挨拶を拝聴しました。京橋築地小学校の児童の演奏がとても良かったと評判でした。

DSC07003 (300x169).jpg

 

 紀文さんが無料のおでんを振舞って頂きました。とても美味しく頂きました。

築地場外のお店かスーパーでもお買い求め頂けます。私は、夜はおでんで一杯としました。

DSC07004 (300x169).jpg

 

 築地本願寺の建築設計に携わった伊東忠太博士に関する記念講演を拝聴しました。

DSC07006 (300x169).jpg

 

 続いて、事前応募の親子の協同作業による「築地本願寺巻」の様子を応援しながら、楽しく拝見しました。

DSC07019 (300x169).jpgDSC07022 (300x169).jpg

 皆さん、真剣そのものでした。

DSC07035 (300x169).jpg

出来上がった「築地本願寺巻」を持ち上げる時の子供たち緊張した顔と、上がった時の歓喜の声が忘れられません。

 

さて、昼食は沢山のお店が出ていましたが、地元築地の、松露の卵焼きと近江屋牛肉店の牛ステーキを美味しく頂きました。

DSC07041 (300x169).jpgDSC07039 (300x169).jpg

 

 新しく設置された国指定重要文化財の説明板もご覧下さい。

DSC07043 (300x169).jpg

 

 パネル展では、大谷光瑞さん(鏡如上人)のこと、九条武子さん、本願寺を設計された伊東忠太博士の紹介などを拝見しました。

特にインドへの仏教の調査と探検の旅の説明は大変興味深い物でした。探検隊と伊東忠太博士との出会いの説明には、改めて納得しました。

続いて、築地本願寺の中を案内して頂ける「本願寺ツアー」に参加しました。

DSC07068 (300x169).jpg

 

 喚鐘(法要が始まる時に撞く)、象、猿、牛などのレリーフ群を楽しく拝見しました。

DSC07060 (300x169).jpg

 一緒に参加されていた方々が皆さん楽しそうでした。

 

最後に、築地本願寺関連映像上映会にも伺いました。

内容は、築地本願寺が所有する記録映像を中央区教育委員会が編集した「落慶法要・関東大震災」などの様子が放映されていて、被災時の状況だけでなく、震災時に活動された築地本願寺の皆様のご苦労が良く分かりました。深く敬意を表したいと思いました。

 

二日間に亘り、楽しくて勉強になり、また美味しい物を沢山有難うございました。感謝感激です。