中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


なでしこジャパン特別展示〔八重洲地下街〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年5月29日 18:00

nadesh2.JPG

現在、八重洲地下街センター・スポットで、「なでしこジャパン特別展示 〜こころ、ひとつに〜と題して、写真や映像が公開されています

下の地図で、赤枠センター・スポットの場所です

nadesh1.jpg

2015FIFA女子ワールドカップは、6月6日から カナダで開催されます

日本は、前回優勝国として、また、予選大会のアジアカップ優勝国として、7回連続7回目の出場です

nadesh3.JPG

日本は、グループステージでグループCに所属し、6月9日(日本時間)に、まずスイスと当たります

nadesh5.JPG

センター・スポットでは、監督や選手が大会にかける意気込みを書いた色紙や、前回大会優勝メダル)などが展示されています

nadesh4.JPG

期間は、5月31日(まで

八重洲地下街センター・スポットは、JR東京駅八重洲南口改札から徒歩1分です

めざせ2大会連続優勝

nadesh6.JPG

 

 

『銀座令嬢誘拐事件』~好評につき期間延長

[みど] 2015年5月26日 14:00

当ブログの4/10で紹介させていただいた謎解きの体験型ゲーム
『銀座令嬢誘拐事件』は大好評につき、開催期間を8/31まで
延期になりました。
私も実際にゲームに挑戦してみましたが、思っていた以上に
難しい内容でしたが、謎解きを終えた時の達成感は充実です。
夏の熱いさなかかも知れませんが、汗をかきながら銀座を歩いて
謎解きにチャレンジしてみませんか。

 
★銀座令嬢誘拐事件とは
『リアル脱出ゲーム』を企画している株式会社SCRAPと日本郵便が共催した
謎解きの体験型ゲームです。
このゲームは実際に銀座を歩きながら誘拐事件の謎を解く体験型のゲームです。
スマートフォンを使ってナゾトキを進めていきます。参加者はポストと会話
できるという不思議な能力を持った探偵になります(笑)
銀座の街にたたずむポストたちに聞き込みをし、誘拐された少女の行方を追い
ましょう!どうぞこの物語の真実に辿り着いてください。

開催期間:8月31日(月)まで
参加料金:1800円(税込)
捜査時間:2~3時間
制限時間はないので、複数日にわたってプレイされても大丈夫です。
(自分のペースで楽しめます)
年齢制限はありませんが、大人を対象とした難易度でそこそこ
難しいです。

 

▼ 詳細は公式サイトをご覧ください。
  http://post-tantei.com/

 

001.jpg

 

 

東京みなと祭りと晴海の散策

[勝どきに!カミタマン] 2015年5月26日 09:00

5/23,24の土曜・日曜に第67回東京みなと祭が実施されました。会場はオリンピック選手村の予定地です。選手村予定地の散策を兼ねて、東京みなと祭にいってきました。

東側から選手村を一望してみました。左手に客船ターミナルさらにその左に停泊しているのは、本日一般公開される船です。また晴海の会場から豊洲新市場を見てみると、着実に工事がすすんでいます。今後の開発が楽しみです。

IMG_1126-2.jpg IMG_1148-2.jpg

 

会場では、ステージでの色々な演目や賑わい広場でのイベントで子供連れのご家族で賑わっていました。晴海ならではのイベントとしては珍しい船の一般公開があります。今回は「測量船海洋」・「しゅんせつ船海竜」・「練習船海鷹丸」・「護衛艦ゆうぎり」等の一般公開がありました。めったにない機会なので「しゅんせつ船海竜」・「練習船海鷹丸」・「護衛艦ゆうぎり」を見学いたしました。「ゆうぎり」は3,500tの護衛艦ですが、軍艦を見学できる機会もすくないせいか、30分待ちでした。哨戒ヘリコプターを搭載していることが特徴で、一般公開でもヘリコプターの公開場所のスペースの問題で見学に時間がかかっているようでした。

 IMG_1196-1.jpg  

 

また24日の午前中には、水の消防ページェントがおこなわれました。

IMG_1185-1.jpg

オリンピックに向けて晴海の発展んが楽しみです。

 

 

 

画廊の夜会 2015

[銀造] 2015年5月25日 14:00

 毎年楽しみにしている、銀座ギャラリーズ主催の、「銀座の夜会」

2004年秋に第一回が開催され、2009年からは春の開催となり、今年で11回目の開催です。

今年は、26のギャラリー、画廊が参加されていました。

銀座4丁目の日動画廊さんから順に画廊巡りをすることとしました。

日動画廊さんでは、朝井閑右衛門さんのドン・キホーテとサンチョ・パンサの絵、林武さんの薔薇、着物姿の娘さんの絵に暫し足が止まりました。

錚々たる画壇の重鎮の作品が並んでいるかと思えば、新人の方の作品なども展示されており、親しみやすいお値段の作品もありました。

鑑賞後のシャンパンの美味しかったこと、C'est aussi  tre's bien !

DSC07424 (340x191).jpg

宵闇が迫り、暗くなったところで仄かに点る提灯が、何とも言えぬ情緒を漂わせています。

銀座柳画廊では、副社長の野呂洋子さんがお着物で、 "おもてなし"

岡野博画伯の瀬戸内海を舞台とした画集を拝見し、素敵なパステルカラーの色使いに感心したとともに、郷愁を覚えました。

後ほど頂いた白ワインとカナッペ、とても美味しゅうございました。

DSC07427 (340x191).jpg

秋華洞さんでは、田中千秋社長の作品の説明に沢山の女性客が固唾を飲んで聴き入っていました。

甲斐庄楠音画伯の作品集の紹介のタイトル、「穢いが生きていろ」。画伯の生い立ちや個々の作品の説明には熱い情熱が感じられました。

DSC07431 (340x191).jpg

この中の作品で、「夕化粧」。少し肩からはだけた着物の、そんなにすれていそうにもない女が紅を塗る絵。以前から何度か拝見していますが、

「ちょっと気になる、「忘れられない絵」です。

「ギャルリーためなが」さんでは、大好きなアイズピリの作品を思い切り堪能しました。

DSC07435 (340x191).jpg

 また、各画廊にはグループでのご参加もあったようで、皆様の美術に対する熱気が伝わってきました。

DSC07433 (340x191).jpg

素敵でお洒落な、画廊の夜会。 ご案内のリーフレットを持って歩くご婦人方もお洒落して、

ある方はルノアールのモデルの様に、ある方はお着物をお召しになって日本画の絵になっていました。

さすが、銀座です!盛会でした。

 

 

椙森神社例大祭

[クラさん] 2015年5月23日 18:00

椙森神社は、天慶3年(940年)に田原藤太(後に藤原秀郷)が平将門の乱鎮定のため戦勝祈願した所とされている。

文正元年(1466年)太田道灌が雨乞いをし、山城国稲荷山五社大神を遷して祭祀し江戸時代に恵比寿大神を祀った。

江戸城下の三森(椙森、柳森、烏森)の一つに数えられ椙森稲荷と呼ばれた。2015年で創建1084年を迎える古い歴史を持つ。

ck1522-201505202.jpg  ck1522-201505201.jpg

 

5月に例大祭が行われ、3年に1度の本祭には神社大神輿が氏子町内を巡航する。本年は本祭に当たり、15日が宵宮、16日には大神輿渡御、17日は子供・町内神輿渡御・子供縁日と大祭式が執り行われた。

ck1522-201505205.jpg  ck1522-201505203.jpg  ck1522-201505204.jpg

 

16日は3年ぶりの大神輿出御で、町会毎に役員らが集まり記念写真の撮影等が行われ後、午前9時に発輿式が始まった。

ck1522-201505206.jpg

 

その後、神楽殿でお囃子が奏せられる中、総体30貫(1.4t)もの神社大神は宮出しとなった。

ck1522-201505207.jpg  

 

神輿は、人形町方面に進み各町会(人形町1丁目芳人町会、人形町3丁目西町会、堀留町1丁目町会)の神酒所に寄りながら氏子地域を隈なく巡航し、夕方5時頃に神社に戻った。

ck1522-201505208.jpg  ck1522-201505209.jpg  

ck1522-2015052010.jpg  ck1522-2015052011.jpg

 

「椙森神社例大祭」は、今年で1084年祭を迎えた下町の歴史と文化が詰まった大イベントでした。

 

 

 

ネコと犬の写真展〔日本橋三越本店、ノエビア銀座ギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2015年5月21日 20:00

5月20日から、日本橋室町1丁目の日本橋三越本店本館・新館7階ギャラリーで、写真展岩合光昭の世界ネコ歩き」が開催されています

nekoinu8.JPG

本展は、動物写真家として有名な岩合光昭氏がヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアなど世界15地域で出会ったネコたちの写真約200点()を中心としています私は、不覚にも知らなかったのですが、NHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」がもとになっているそうです

nekoinu7.JPG

映像も公開されており、撮影している岩合さん被写体がすり寄ってきて、最後には頭の上に乗ってしまう様子など、かわいすぎます写真も、ネコ好きならずとも見入ってしまう魅力的な作品ばかりです

nekoinu6.jpg

本展は、6月1日(月)まで開催されます

nekoinu2.JPG

一方、銀座7丁目、並木通りに面したノエビア銀座本ビル1階の、明るいギャラリーでは、同じ写真家による「岩合光昭写真展 ニッポンの」が開催中ですこちらは、6月26日(金)までです

nekoinu3.JPG

本展は、柴犬紀州犬甲斐犬四国犬北海道犬秋田犬、の日本犬6犬種を、それぞれのふるさとで写したものです日本犬って、私たち日本人と一万年も一緒に生活してきたんですね日本の四季折々の美しい風景をバックに、日本犬の生命力、躍動感がみごとに表現されています

nekoinu4.JPG

こちらも、好きならずとも、見入ってしまう魅力的な写真ばかりです

nekoinu5.JPG

ネコ、世界の風景と日本の四季という対照的な被写体を、同じ写真家が撮った写真展として、日本橋と銀座で同時期に見れるチャンスですよ

nekoinu1.jpg

なお、写真展での写真撮影に関しまして、本来写真撮影禁止のところ、特別にご了解をいただきました。

ご協力ありがとうございましたm(__)m

 

世界ネコ歩き」のHPはこちら ⇒ 

http://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/event/iwago/index.html

ニッポンの」のHPはこちら ⇒ 

http://gallery.noevir.jp/iwago/index.html