中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


【襲名披露と初舞台】新橋演舞場「壽新春大歌舞伎」

[お染] 2017年1月31日 12:00

先日、職場の方が歌舞伎観劇に行ったそうで「二代目市川右近ちゃんがすごくかわいくて、6歳なのにとても立派だった」と話してくれました。

   
市川海老蔵さんのブログ大谷廣松さんのツイッターで、楽屋の様子もちらちらと紹介されているのを拝見して、私は一撃でとりこになってしまいました。

    

    
そんな経緯で、これまでずっと「歌舞伎は観るにもルールがありそうだし、お話も難しくてわからないだろうなぁ」と思っていたのですが、かわいらしくて聡明な右近ちゃんの初舞台を見たい一心で、とにかくチケットを取って「壽新春大歌舞伎」に行ってきました!

(参考リンク→ http://www.kabuki-bito.jp/news/3712

    

s38_01.jpg s38_02.jpg

s38_09.jpg s38_10.jpg

    

    
千穐楽まで間がなかったのでチケットがほとんどなくて、歌舞伎初観劇で桟敷席になってしまいました。でも、一等席と2000円しか違いがないのに、足がのばせてお茶がついてて机がある、しかも役者さんの表情はもちろん汗すらみえる!ので最高でした

    

s38_03.jpg

なんたる贅沢...

    

s38_04.jpg
襲名披露弁当。お祝いのお赤飯と、タケル君が好きなからあげが入っています。

(私もからあげ大好きですー!)

    

    

歌舞伎は全く初心者ですので、こちらのイヤホンガイドは心強いアイテムでした。
役者さんのお名前やあらすじだけでなく、小道具のことや歴史の背景など、いいタイミングで教えてくれます。

s38_05.jpg

劇場で借りれます。

   

   
演目は「雙生隅田川」というお話。
最終的にはめでたしになるのですが、途中感動のあまり3回くらい泣きました(^^;)

   

悪者に陥れられたとも知らず、大事な掛け軸を損じてしまったと思ったまま、人買いに売られて母にも会えなかった梅若丸...
大切な目標まであともう一息だったのに、最も望まないことを自らやってしまった惣太の激しい後悔...
息子を探し求めさまよった先で、梅若丸の幻を抱こうとしてもするりとその姿が消えてしまう、班女御前の悲しみ...

     

悲しいシーンや残酷なくだりも美しく表現されていて、なんだか余計に悲しかったです

     

     

古いお話であっても、人の心は変わらないんですね。深いところに響きました。
役者さんの熱演や日々の鍛錬に裏打ちされた何かが、観ている人の心を動かすのかなと。

伝統の枠組みを守りつつ高めていくのはすごいことなんだなと素人ながらに感じました。

    

     

テレビで拝見するような有名な役者さんだけでなく、脇をを固める方々も素晴らしかったです

悪者の景逸には本当に腹を立ててしまいました(^^ゞ 「これはお話だ」とわかっているのに...

        

     

そして、やはり二代目市川右近ちゃん。
6歳にして早替りと宙乗りをこなし、難しい言い回しも大きな声で、天才です

s38_06.jpg

     

班女御前役の猿之助さんが9歳の時に同じ役をなさったとのことで、その猿之助さんと右近ちゃんとお父様の右團次さんの宙乗りは、歴史や父子の絆を感じる素晴らしい3ショットだなと思いました。今後の活躍に目が離せません。

    

     

歌舞伎初めてで、しかも一人で行ったので(笑)、やや緊張したのですが、

劇場の方も親切で困ることはありませんし、お隣のお席の方が楽しむコツを教えてくださったり、存分に楽しむことができました (`・ω・)!

   

    
観劇に際して3000円ほどで託児ができる日もあるようです。

詳細はこちら→ http://www.shochiku.co.jp/play/kabukiza/nursery/

s38_07.jpg

    

   

2月は歌舞伎座「猿若祭二月大歌舞伎」で中村勘九郎さんの息子さんが初舞台とのことですので、こちらも楽しみですね。
数日前までの私のように「興味はあるけどよくわからなくて行けない」のであれば、とにかく行ってみることをお勧めします!

    

    

◆歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」
http://www.kabuki-bito.jp/

s38_08.jpg

   

 

 

新富座こども歌舞伎の節分祭公演

[ジミニー☆クリケット] 2017年1月30日 09:00

新富座こども歌舞伎」は、専門家の指導の下、中央区の小学生たちにより演じられる本格的な「こども歌舞伎」で、定期的に公演が行われています

私も以前、お稽古場にお邪魔して取材させていただいたことがあり、その後、何度も公演を拝見しているのですが、来る2月5日)に節分祭の公演があります

sintok200.JPG

鐵砲洲稲荷神社 奉納歌舞伎 第10回節分祭 公演」と銘打った定期公演です

sintok300.JPG

ただ、今回は公演会場が鐵砲洲稲荷神社ではなく、中央区立中央小学校になります

理由は、鐵砲洲稲荷神社現在工事中だからです

sintok600.JPG

当神社では、「御鎮座一千百八十年記念事業」として、第一期工事の富士塚の解体社務所の解体等が行われています。

工事の完了は、平成29年3月末の予定だそうです。

なお、神社では、2月3日)の節分祭について、神事は行いますが、境内での「豆まき」は工事期間中のため行わないとのこと

sintok400.JPG

こども歌舞伎節分祭公演は、2月5日)、中央区立中央小学校体育館にて、午後1時30分開演です

sintok500.JPG

靴袋上履きをお忘れ無きよう

sintok100.jpg

さらに、5月5日金・祝)には、「10周年記念公演」も予定されているそうですよ

新富座こども歌舞伎のHPはこちら ⇒

http://www.ne.jp/asahi/shintomiza/kk/#2

 

 

三代目市川右團次襲名披露―新橋演舞場

[滅紫] 2017年1月28日 09:00

100_2199.JPG 100_2200.JPG

100_2203.JPG

新春歌舞伎の最後は新橋演舞場の右近さんの襲名公演。

息子のタケル君も二代目右近となる親子2人の襲名で猿之助さんとの3人の宙乗りが話題です。

昼の部は昭和51年に現猿翁が三代目猿之助時代に260年振りに復活した「雙生(ふたご)隅田川」で23年ぶりの上演。近松門左衛門の作でいわゆる隅田川物の原典です。吉田家のお家騒動と天狗の祟り、双子の梅若、松若を失い狂乱した母の班女の前、鯉の抜け出した家宝の「鯉魚の一軸」に鯉を戻す「鯉つかみ」など、目が離せない展開に本水を使っての大立ち回り、その上宙乗りまであってお客様は大満足。梅若・松若の2役を演じる6歳の新右近さんがあまりに可愛くてセリフのたびごとに大拍手が起きています。舞台で並んだ中車さんが笑みをこらえているのが可笑しくて客席も笑ってしまいます。初世や二世右團次も得意とした役とのことでこうして次代に継承されていくというのは凄いことだなと感じます。

100_2204.JPG 100_2205.JPG

100_2201.JPG

ここまで書いていて「三代目右團次」、そういえば新川にある「お岩稲荷のお百度石」を奉納したのは「四代目右團次」ではなかったか?と疑問になり、少し調べました。

結論からいえば「二代目=四代目」のようです。発刊されているものでは右團次家の家系図、人名事典、俳優名跡事典には「初代・二代」しかありませんが、1冊だけ「二代目右團次」の項に「参考」として「当時の名鑑類では四代目としている」との記述があり、亡くなった年の雑誌の訃報記事「市川右團次逝く」に「同42年(明治)1月四代目右團次を襲名して今日に及んだ・・・・」という記述を見つけました。他の資料では「明治42年1月に二代目右團次を襲名・・」というのが多いので??ですが、奉納した大正3年の頃は「四代目」と名乗っていたようです。「三代目がなくて四代目?」は疑問ですが、図書館、資料室の方たちも「代数がはっきりしないことは結構あります」とのこと。調べてみるのも楽しいですね。

千穐楽は27日です。

 

 

パンプキン似顔絵展〔ギャラリー八重洲・東京〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年1月25日 18:00

八重洲地下街にあるギャラリー八重洲・東京で、「第22回 パンプキン似顔絵展」が開催されています

pump010.JPG

22回を数えるこの似顔絵展は、似顔絵を描くことが大好きな15名の方々による合同似顔絵展です

pump030.JPG

課題作品の「桂歌丸師匠と「小池百合子都知事です

pump020.JPG

作家さんによって、とらえ方表現の仕方がまったく違っていて、楽しいです

pump040.JPG

マツコ・デラックス渡辺直美ピコ太郎など、何人かの作家さんが描いた有名人もあれば、他の作家が取り上げない有名人の似顔絵もたくさん展示されています

pump050.JPG

似顔絵展は、このギャラリーでも他の企画展があるのですが、作家によって個性が感じられてとても面白いです

pump060.JPG

開催期間は、1月23日)から29日)までです

pump070.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影に関しては、特別にご了解をいただきました

pump080.JPG

ギャラリー八重洲・東京のHPはこちら ⇒

http://www.yaechika.com/gallery.php

芸術芸術芸術

 

 

「銀座 古書の市」〔松屋銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年1月23日 12:00

銀座3丁目、松屋銀座恒例のイベント、「銀座 古書の市が開催され、行ってきました

33回目の開催です

kosyo100.JPG

会場は、8階イベントスクエアで、開催期間は、1月18日)から23日)までです 

kosyo200.JPG

今回は、有力古書店16店舗による出店で、約1万点が集められたそうです

古書店それぞれに専門ジャンルがあり、自分が探している分野外のお店を見るのも楽しいです

kosyo300.JPG

和綴じの本や、いかにも貴重そうな文献資料稀覯本もたくさん並べられており、平日のお昼時(当日は外気温5度)にもかかわらず結構な混雑でした

客層は、中年の男性が中心でした

kosyo400.JPG

私が購入したのは、荒川秀俊著江戸の実話1・2」(桃源社)です

昭和51年5月の発行です。おもしろそうです

の裏表紙です

kosyo500.JPG

松屋銀座のHPはこちら ⇒

http://www.matsuya.com/m_ginza/

 

 

木田安彦 木版画展〔ノエビアギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年1月22日 16:00

銀座7丁目、並木通りに面したノエビア銀座ギャラリーで、「木田安彦 木版画展 ふるさとの名山」が開催されています

kida010.JPG

力強い木版画の作品がずらりと並びます

壮観です

kida320.JPG

木田氏は、木版画だけでなく、ガラス絵板絵水墨など、さまざまな手法で作品を制作するなど、大変精力的に作品を生み出された方で、「日本のピカソ」とも呼ばれているそうです

kida130.JPG

構図は大胆かつ表現は力強く、まさに木版画の魅力凝縮されています

開催期間は、1月10日)から3月17日)までです

kida240.JPG

開催時間は、午前10時から午後6時までで、祝日午後5時までとなります

kida250.JPG

今回も、ギャラリー内での写真撮影については、特別にご了解をいただきました。

ありがとうございます

kida160.JPG

ノエビアギャラリーのHPはこちら ⇒

http://gallery.noevir.jp/