中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


ライアン•スー個展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年11月24日 18:00

ryans01.JPG

現在、銀座2丁目にある画廊、メグミオギタギャラリーでは、台湾出身のアーティスト、ライアン・スーによる新作個展夜的時代 Times of night」が開催されています

ryans02.JPG

期間は、11月17日)から12月9日)までです。

時間は、午前11時から午後7時まで、祝日はお休みです。

ryans03.JPG

当ギャラリーでは、何度も個展を開かれているとのことでしたが、私が伺ったのは初めてでした

ryans04.JPG

ずっとで描かれ、動物モチーフにされている方だそうです

ryans05.JPG

展示されている作品はすべて新作です

ryans06.JPG

地下1階の静かなギャラリーで鑑賞させてもらうのにふさわしい、静けさが伝わってくるモノトーンの作品群です

ryans07.JPG

台湾出身ということでそう見えてしまうのか、水墨画にも通じるものがあるように感じました

作品は、アクリル絵具とのこと

ryans08.JPG

の中のを放っているようで、美しい神秘的な動物たちが描かれています

のこの時季にぴったりの個展開催だと思います

ご覧いただくことをお勧めします

ryans09.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影および取材については、ご了解をいただきました

ありがとうございます

ryans10.JPG

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

 

 

小網神社 11月28日は、どぶろく祭

[銀造] 2017年11月24日 09:00

 強運厄除け、銭洗い弁天、日本橋七福神の一社として「弁財天、福禄寿をおまつりしている」ことで良く知られる、小網神社。 友人を誘ってお参りに出かけました。1510908987214.jpg

 そして、11月28日は「どぶろく祭」が開催され、"どぶろく" がふるまわれるとのご案内を拝見しました。 「どぶろく祭」は、新嘗祭の催事の一つで、毎年行われています。 

お祭は9時から18時までですが、無形文化財 郷神楽舞奉納は午後12:30からとのご案内です。 その時に参拝なさった方に、どぶろくが振舞われるのでしょう。

1510909057927.jpg

 お参りなさって、人情あふれる下町風情豊かな、人形町の町を散策なさっては、いかがでしょうか。 詳細については、HPでお確かめ下さい。http://www.koamijinja.or.jp/event.html

 

 

大江戸問屋祭り

[橘] 2017年11月23日 09:00

毎年恒例の新道通り付近にある問屋さんがお店を開放して、我々一般客も問屋価格で良いものを購入できる大江戸問屋祭りが今年も開かれます。
 

日時:12月3日(日) 9時~4時

場所: 日本橋横山町新道通りが中心ですが、協賛で近所のお店もやっています

     最寄駅:総武快速線/馬喰町駅、都営浅草線/東日本橋駅、

           都営新宿線/馬喰横山駅

      付近の案内: http://tonyamatsuri.com/access.htm

イベント:毎回、サンバやデキシーランド・ジャズバンドが興を添えてくれていまし 

      たが、今年は地元の日本橋中学校の生徒さんの吹奏楽です。


hisamatsu.jpg


大江戸問屋祭りのURL: http://tonyamatsuri.com/index.htm

 

 

 

ディック・ブルーナ ポスター展〔ノエビア銀座ギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年11月19日 09:00

絵本「ミッフィーうさこちゃん)」シリーズの作者、ディック・ブルーナポスター展ブラック・ベアは本が大好き」が、銀座7丁目にある、ノエビア銀座本社ビルの1F「ノエビア銀座ギャラリー」で開催されています

会場には、赤い読書好きが大集結です

bruna001.JPG

開催期間は、11月6日)から年明け1月5日)までです。

bruna002.JPG

開催時間は、午前10時から午後6時祝日午後5時)までです。

bruna005.JPG

ディック・ブルーナの作品は、世界中の子供から大人まで幅広く愛されています

bruna006.JPG

約60年にわたる創作活動期間に、120作を超える絵本を刊行し、それらは全世界で50カ国語以上に翻訳され、8500万部以上のロングセラーとなっています

bruna007.JPG

ペーパーバック「ブラック・ベア」シリーズのキャラクターの赤いのは、夜遅くまで読書をしていたからだそうです

bruna008.JPG

ノエビア銀座ギャラリーナイトイルミネーションは、今週木曜日まで、午後10時までですが、金曜日以降クリスマスまでは、午前0時)まで延長されます

並木通りに面したこのギャラリーのナイトイルミネーションを、ウィンドウ越しに 夜遅くまで楽しむことができますよ

bruna003.JPG

美しい

bruna004.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、特別にご了解をいただきました

ありがとうございます

ノエビア銀座ギャラリーのHPはこちら ⇒

http://gallery.noevir.jp/

 

 

北澤 千絵展〔銀座レトロギャラリーMUSEE〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年11月17日 12:00

昭和通りに面して建つ、文字通りレトロなギャラリー「銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)」(中央区近代建築100選にも選ばれています)の1階2階で、北澤 千絵さんの個展「逆襲する景色」が開催されています

kitaza001.JPG

開催期間は、11月15日)~19日)で、時間は11時18時ですが、最終日日曜日16時までとなりますので、ご注意ください

kitaza002.JPG

案内状をいただいた時から、この「逆襲する景色」というテーマについて、あれこれ想像をめぐらせておりました

kitaza003.JPG

景色」による「逆襲」を表現した作品

kitaza004.JPG

会場には北澤さんもいらっしゃいました

ジャーナリストであり作家でもある辺見庸氏の「反逆する風景」に強く共感し、本展のテーマ「逆襲する景色」を決定されたとのこと

kitaza005.JPG

北澤さんに伺うと、中央区個展を開かれるのはこれが初めてで、この1年間、この作品展のテーマに合わせてこれだけの作品群を制作されたそうです

kitaza006.JPG

「私たちは理由というものをつけすぎて

秩序というものを並べすぎて

今 景色に 逆襲されようとしている

そのことを待ち望んでいたのか

私の筆が呼応する」

北澤さんは、作品展の案内状に、「逆襲する景色」と題する詩文(一部抜粋)を載せています

kitaza007.JPG

一見バラバラのように見える作品も、「逆襲する景色」というフィルター越しに見ると、重々しい何か()をはらんだ一連の作品のようにも見えてきます

kitaza008.JPG

私の乏しい表現力では、北澤さん力強いメッセージを込めた作品をうまく表現することができません

是非、ご自身の目で、北澤さんの作品とご対面ください

kitaza009.JPG

中央区でも指折りの歴史的建造物であるこのギャラリーの持つ空気感と、作品の持つ力強さが、しっかりと落ち着いた調和を醸し出しているように感じました

心地よい空間ですよ

kitaza010.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、ギャラリーおよび北澤さんにご了解をいただき、取材についても、ご本人にご協力いただきました

ありがとうございます

kitaza011.JPG

今年8月、当ギャラリー企画展を紹介したブログはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/08/musee-3.html

銀座レトロギャラリーMUSEE(ミュゼ)のHPはこちら ⇒

http://kawasaki-brand-design.com/

芸術芸術芸術

 

 

日本橋 熈代祭

[saru] 2017年11月16日 14:00

10月20日から11月7日まで日本橋のコレド室町、福富の森周辺で「熈代祭」を開催していました。今年で2回目だそうです。ちなみに字が難しいですが、「きだいまつり」と読みます。東京メトロ三越前駅に行くとみられる江戸期の日本橋の繁栄を描いた絵巻「熈代勝覧」から名付けたのでしょうね。「熈代勝覧」の意味は「熈(かがや)ける御代の勝(すぐ)れたる景観」という意味だそうで、現代にその賑わいを再現したということでしょうか。

DSC_1902z.jpg

 

会場では日本橋にある各地のアンテナショップの出店や日本酒の呑み比べ、また和楽器演奏やけん玉など伝統パフォーマンス、華道や水引き、わら細工などの伝統技術の青空教室も開かれ、たくさんの子供たちが喜んで参加していました。

DSC_1900.JPG

 

 

そんななか、SARUは特設ステージでの三遊亭遊馬師匠の落語「百川」を見てきました。「百川」は日本橋浮世小路にあった料理屋の名で、奉公人の百兵衛のお国訛りを客の魚河岸の衆が聞き違えて起こる大騒動を面白おかしく噺す古典落語です。日本橋と人形町が舞台なんですが、そういえばここが復活した新浮世小路ですね。少々肌寒い陽気でしたが、芸と笑いが堪能できて良い時を過ごしました。

DSC_1920.JPG

 

 

ちょっと蛇足ですが、百川ついでに。

百兵衛さんが使いに行くのが三光新道。今も人形町にあるそこの三光稲荷神社は失せ猫祈願でも有名です。(下の写真)江戸時代はペット時代の幕開けでもあったようで、猫侍ではないですが、迷子猫も多かったんでしょうね。

DSC_1754.JPG