中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


咄の噺(はなしのはなし) [2017年3月19日(日)午後 浜町公園]

[GPP] 2017年4月 1日 09:00

浜町公園の一角で、「咄の噺」という野外イベントが催されました。

地元は、江戸時代に庶民に親しまれた「講談」とゆかりがあります。・・・ということで、咄(はなし)の噺(はなし)。 話芸文化を畳の上で気軽に楽しむイベントでした。

 

参照: https://www.koudan.jp/

 

当日参加できる茶会、書道、折紙、工芸、苔玉のワークショップも開かれていました。

picture01.JPG

 

 

続きを読む: 咄の噺(はなしのはなし) [2017年3月19日(日)午後 浜町公園]

 

日本橋 夜のそぞろ歩きは 桃色で

[銀造] 2017年3月31日 16:00

 温かくなり、日本橋では、「江戸桜祭り2017」に合わせたライトアップがされているので、出かけました。

日本橋は素敵です。 水面も温かくなって来ているのでしょうか? 反射する光が柔らかいです。

1490861503141.jpg

 三井本館と三越との間のイルミネーションも柔らかい春の桜色です。

1490861551037.jpg

 福徳神社の「福徳の森」にも桜のイルミネーション。 「桜あんどん」が柔らかい光を醸し出しています。

1490861411505.jpg

 さあ、あなたも今夜は日本橋へお出かけになりませんか。

 

 

ニホンバシ宝探し  幻の桜~人をつなぐ懸守り~ [2017年3月16日~4月9日 日本橋エリア]

[GPP] 2017年3月30日 14:00

先日、ピンク色の綺麗な冊子を手に持ち、日本橋周辺を街歩きされている方々をお見かけしました。私も気になり、その冊子を手に取りました。どうやら、街回遊型リアル宝探しイベント「ニホンバシ宝探し 幻の桜~人をつなぐ懸守り~」に参加している方々だ、ということがわかりました。

最近、「街歩き」と「謎解き」を合体させたイベントが様々開催されているようですね。

picture.JPG

 

続きを読む: ニホンバシ宝探し  幻の桜~人をつなぐ懸守り~ [2017年3月16日~4月9日 日本橋エリア]

 

「目黒礼子 実験室2」〔REIJINSHA GALLERY〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年3月30日 09:00

銀座6丁目、みゆき通り西五番街通りの交差点に建つみつわビル地下1階にあるREIJINSHA GALLERYで、目黒礼子氏の作品展「目黒礼子 実験室2」が開催されています

みつわビルの1階は、「宝石のミワ」さんです

jikken01.JPG

西五番街通りを歩いていて、ガイコツの絵に思わず足が止まります

そのまま、引き寄せられるように、階段を下りてREIJINSHA GALLERY

jikken05.JPG

地下1階ギャラリーは、銀座の中心部とは思えぬほど静か落ち着いた雰囲気です

白いギャラリーに、印象的な作品がならんでいます

jikken02.JPG

展示されている作品のモチーフは、ガイコツ昆虫(それも標本としての昆虫)、理科室にあるような実験器具

jikken04.JPG

無機質な実験室」が目黒礼子氏メインテーマだそうなのですが、私は全く陰湿さとか暗さを感じず、逆に、生命感に満ちた、明るく楽しい温かみを感じました

そして、色彩の美しさ

jikken06.JPG

これまで数々のを受賞された目黒氏の、こちらのギャラリーでの企画個展開催は、今回が2度目だそうです

なので、「実験室2

大作に描かれたガラスの透明感質感がすばらしいです

jikken07.JPG

開催期間は、3月24日)から4月7日)までで、休廊日は、日曜日月曜日です。

開廊時間は、12時から19時までで、最終日は17時までとなります。

jikken08.JPG

4月1日)の17時からは、目黒氏によるギャラリートークも開催されるそうですよ

みなさん、明るく魅力的美しいガイコツに会いに来てください

jikken03.JPG

なお、ギャラリー内での写真撮影については、特別にご了解をいただきました

目黒氏には、私の稚拙な質問に対しても丁寧なご説明をいただきましたありがとうございます

REIJINSHA GALLERYのHPはこちら ⇒

http://www.reijinsha.com/r-gallery.html

芸術芸術芸術

 

 

人形町 グルメのお店 近代建築物探訪

[銀造] 2017年3月29日 12:00

 人形町は、いつ来ても心の故郷の様で、

今日は、甘酒横丁を歩き、亀井堂さんで新しいキャラクターのお煎餅を発見。 いつ、訪れても笑顔でお迎えしてくれる女将さんです。

コピー ~ 20170312 007.JPG

 昼食は、レストラン芳味亭さんで頂こうと出かけましたが、ご家族連れのお客様がお待ちになっていたので、次回とすることに。 人形町今半さんは、団体客で一杯!

20170312 011.JPG

それではと、ぶらぶら歩いて行くうちに、「そうだ 昭和初期に建てられた看板建築などを訪ねてみようというインスピレーションが

人形町1丁目の高柳豆腐店さん。 銅板の緑青が歴史を語っています。 次は、箸、鰹節と生姜を持って、作りたての豆腐を買いに来ようっと。

20170312 015.JPG

 小網町では、鰻の名店、喜代川さん。 日曜日は休みでした。今度、来ようと、心に誓いました。

20170312 024.JPG

喫茶・軽食の桃乳舎さん、上部に桃のオブジェ。 平日に鰻を食べた後に、来ることにします。

20170312 025.JPG

 三軒長屋の立派な建物を拝見。 夕方は、ここの焼き鳥で一杯ですね。

20170312 026.JPG

 この後、小網神社で、厄除け、金運を願って、参拝。 楽しい近代建築物探検ツアーでした。

 

 

土門拳写真展〔ノエビア銀座ギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年3月29日 09:00

domonn01.JPG

銀座7丁目、並木通りに面した株式会社ノエビア 銀座本社ビル1階にあるノエビア銀座ギャラリーで、現在、「土門拳写真展 昭和のこども」が開催されています

domonn02.JPG

土門拳氏は、仏像、文楽、「ヒロシマ」等を撮った写真で有名な写真家です

domonn03.JPG

昭和20年代から30年代にかけてのこどもたちは、土門氏の代表的な被写体です

当時のこどもたちの笑顔が輝いています

domonn04.JPG

当時は、みんな家の外で遊んでいたなあと思い出します

domonn05.JPG

元気な気持ちにさせてくれる写真展です

domonn006.JPG

開催期間は、3月21日)から6月9日)までです。

開催時間は、午前10時から午後6時までで、祝日午後5時までとなります。

domonn07.JPG

今回も、ギャラリー内での写真撮影につき、特別にご了解をいただきました。

ありがとうございます

domonn08.JPG

ノエビア銀座ギャラリーのHPはこちら ⇒

http://gallery.noevir.jp/

 

 
<<前のページへ 4567891011121314