中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


築地本願寺「ランチタ仏コンサート」月に一度のプレミアムな時間

[いのちゃん] 2017年9月25日 09:00

 

築地本願寺では毎月最終金曜日にランチタイムコンサートを開催しています。

MG_9903.jpg 

 

毎月最終金曜日といえば、今年からプレミアムフライデーと呼ばれるように

なりましたが、月に一度のランチタイムコンサートはいつもより少し豊かな

時間を過ごすのにぴったりですね。

IMG_9548.JPG

 

築地本願寺の本堂には寺院としては珍しく大小2,000本の管からなるパイプオルガン

があり、ランチタイムコンサートではこのパイプオルガンを中心にクラシックや

仏教讃歌の演奏が披露されます。

MG_9894.jpg 

 

コンサートの前には僧侶の方が法話を聞かせてくださいます。

開始時間(12時20分)より早めに席に着いておかれることをお勧めします。

IMG_9551.JPG

 

演奏中の写真はありませんが、お堂に響き渡る温かみのある音色がとても

心地よかったです。

 

築地本願寺ランチタ仏1.jpg

 

入場無料、予約不要でどなたでもご鑑賞いただけます。

次回の開催は 9月29日(金)12時20分
今度のプレミアムフライデーはぜひ築地へお出かけください。

 

築地本願寺

中央区築地3-15-1

03-3541-1131

 

 

幻想的な国々のイラスト展〔ギャラリー銀座〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月22日 12:00

gokan001.JPG

銀座2丁目にある画廊、ギャラリー銀座で、オリジナル都市名国名国旗イラスト展が開催されています

gokan002.JPG

呉 冠緯氏によるイラスト展~幻想的な国々へ~」です

gokan003.JPG

呉氏にとって、初めての個展だそうです

gokan004.JPG

会場には、オリジナルな50か国の作品が展示されています

gokan005.JPG

すべて呉氏創造された都市名国名、そして国旗イラストです

gokan006.JPG

地球上に存在しない国を、呉氏都市名国旗まで創造して作品にされています

地形色彩組み合わせ美しいです

gokan007.JPG

また、国名都市名がいかにもありそうな名前であることも、現実と空想の間で、幻想的な雰囲気を醸し出しています

gokan008.JPG

開催期間は、9月19日)から25日)までです。

時間は、午前11時から午後7時までで、最終日のみ午後5時30分までとなります。

ギャラリーは、2階です

gokan009.JPG

ギャラリー内での写真撮影および取材について、呉氏のご了解とご協力をいただきました

ありがとうございます

gokan010.JPG

ギャラリー銀座のHPはこちら ⇒

https://www.gallery-ginza.com/

 

 

似顔絵グランプリ開催〔八重洲ギャラリー・東京〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月21日 14:00

seinig001.JPG

清つねおの似顔絵グランプリ2017」です

seinig002.JPG

毎年恒例、八重洲地下街の画廊、「八重洲ギャラリー・東京」で開催される、日本全国の似顔絵愛好家さんたちによる公募展です

seinig006.JPG

自由」と「課題」の二種類があり、今年の課題は、「プロ野球界の二刀流」日本ハムファイターズの大谷翔平選手です

seinig003.JPG

今年は例年にも増して、素材が魅力的だったのか、自由で応募されている方たちの作品がバラエティーに富んでいて、パワフルなように感じました

seinig004.JPG

とにかく楽しい似顔絵展です

seinig005.JPG

将棋界にも、魅力的な素材が出現

ヒフミン人気がすごいです

seinig010.JPG

清つねお氏の作品コーナーや、石ころに描いた似顔絵のコーナーもありますよ

seinig011.JPG

開催期間は、9月18日)から24日)までです。

是非一度お立ち寄りください

seinig007.JPG

今回もギャラリー内での写真撮影については、ギャラリーと清氏にご了解をいただきました

ありがとうございます

seinig008.JPG

9月14日に「予告」として掲載された似顔絵グランプリのブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/09/post-4598.html

seinig009.JPG

八重洲ギャラリー・東京のHPはこちら ⇒

http://www.yaechika.com/gallery.php

芸術芸術芸術

 

 

"超絶技巧!明治工芸の粋"展

[お江戸のマーシャ・堀内] 2017年9月20日 16:00

日本の産業革命の時代とも言われる江戸から明治時代にかけての工芸分野の作品が、現代作品と共に、三井記念美術館で展示されています。

 

250年以上続いた江戸時代は、大名を相手に、多くの手工業が栄えていた時代、江戸後期から明治にかけてその作品群は輸出され始め、このような工芸品は海外でも有名なものも多い。
陶磁、木彫り、牙彫、自在置物(動物がテーマであるものが多くどこの関節部分も自在に動く工芸品)など、豊富なテーマで私たちの目を楽しませてくれる。

 

それら作品の主題はやはり身近なものが多いと思われ、展示されているものを並べてみると、
伊勢海老、蟷螂、鳥、蝦蟇、胡瓜、桜、秋刀魚、蛇、トマト、柿、葡萄、松茸など、自然の造型への感動がこれら作品の原動力になっているように思える。

 
→12/3まで展示されています。

 

ck1515_20170919 (1).jpg

--------------------------------------------------------------------------

1 【七宝】 並河靖之《 蝶に花の丸唐草文花瓶》

清水三年坂美術館蔵

 

ck1515_20170919 (2).jpg
--------------------------------------------------------------------------

2 【七宝】 並河靖之《 紫陽花図花瓶》

 清水三年坂美術館蔵

 

ck1515_20170919 (3).jpg
--------------------------------------------------------------------------
3 【漆工】 柴田是真《 古墨形印籠》

 

ck1515_20170919 (4).jpg
--------------------------------------------------------------------------
4 【漆工】 赤塚自得《 藤花蒔絵提箪笥》

清水三年坂美術館蔵

 

ck1515_20170919 (5).jpg
--------------------------------------------------------------------------
5 【牙彫】 安藤緑山《 胡瓜》

 

ck1515_20170919 (6).jpg
--------------------------------------------------------------------------
6 【牙彫】 安藤緑山《 トマト》

清水三年坂美術館蔵

 

ck1515_20170919 (7).jpg
--------------------------------------------------------------------------
7 【木彫】 旭 玉山《 銀杏鳩図文庫》

清水三年坂美術館蔵

 

ck1515_20170919 (8).jpg
--------------------------------------------------------------------------
8 【自在】 高瀬好山《 飛鶴吊香炉》

 

ck1515_20170919 (9).jpg
--------------------------------------------------------------------------
9 【金工】 宗金堂《 象嵌銅香炉》

清水三年坂美術館蔵

 

ck1515_20170919 (10).jpg
--------------------------------------------------------------------------
10 【金工】 正阿弥勝義《 群鶏図香炉(蟷螂)》

清水三年坂美術館蔵

 

ck1515_20170919 (11).jpg
--------------------------------------------------------------------------
11 【陶磁】 稲崎栄利子《 Arcadia》 2016年

 

ck1515_20170919 (12).JPG
--------------------------------------------------------------------------
12 【木彫】 前原冬樹《 一刻:皿に秋刀魚》 2014年

 

ck1515_20170919 (13).jpg
--------------------------------------------------------------------------
13 【木彫】 大竹亮峯《 飛翔》 2017年

 

ck1515_20170919 (14).jpg
--------------------------------------------------------------------------
14 【金工】 髙橋賢悟《 origin as a human》 2015年


  

三井記念美術館→最寄駅は地下鉄銀座線の三越前駅

詳細はこちら URL http://www.mitsui-museum.jp/

各画像は三井記念美術館様の所有となります。二次利用は固くお断り申し上げます。

 

 

コラージュの作品展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2017年9月19日 14:00

銀座2丁目にあるメグミオギタギャラリーで、サイトウ•P•ヒロヒサ氏の作品展「Pの眼 4」が開催されています

」とは、4回目の展覧会という意味です

saitop001.JPG

メグミオギタギャラリーでは、同じ期間で、ジェイソン・フリーニー氏の個展「プラスチック サージオン」も開催中で、このコラージュの作品展は、同ギャラリー内のプロジェクトルームでの開催です

saitop002.JPG

開催期間は、9月15日)から10月5日)までです。

開廊時間は、11時から19時までです。祝日はお休みです。

saitop003.JPG

サイトウ氏は、数々のヒットCM作品を生み出した、日本を代表するCFプロデューサーだそうで、あのペプシマンも、サイトウ氏によって生み出されたものだそうです

saitop004.JPG

展示されているのは、サイトウ氏が取りためておられた雑誌や新聞の切り抜きでコラージュされた作品で、それらが特別にパッケージングされて壁に掛けられていました

それが、あたかも商店の陳列のようで新鮮です

saitop005.JPG

一つ一つの作品に、作者のテーマが感じられるような気がしました

作品から共通して感じられることは、レトロ感とかノスタルジックな感じでしょうか

うまくお伝えできませんが、私は「なつかしさのある気持ちのよいゴチャゴチャ感」を感じました

saitop006.JPG

会場のテーブルの上には、これもコラージュされた日記)のような作品やアルバムのような作品が置かれていました

saitop007.JPG

今回のギャラリーでの写真撮影についてもご了解をいただき、取材にもご協力いただきました

ありがとうございます

saitop008.JPG

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

 

 

「リサ・ラーソン展」が始まっていますー松屋銀座

[滅紫] 2017年9月18日 14:00

100_2511.JPG

「北欧を愛するすべての人へ」と題した「リサ・ラーソン展が13日から始まっています。

リサ・ラーソンは入場者入り口のパネルにある「ネコのミア」を始めとする犬などの動物シリーズ、ABCドーラなどの少女シリーズなどで知られるスウェーデンを代表する陶芸デザイナーです。「生まれ変わったら日本人になって日本で陶芸家になりたい」というほどの日本びいきだからでしょうか、どの作品も日本人好み。素朴で温かく、どこかトボケた、ちょっと情けない表情の動物たち、MEN、STRONG WOMENと題された人のシリーズも、何と当時のスウェーデンの財務大臣が現金出納帳を持って「貯金箱」になって登場したりします。顔の表情や身体とのバランス表現はどこかで見た、そう舟越桂や有元利夫の作品にも似ています。190点の作品が会場に一杯で見ている方たちの表情も楽しそうです。グッズコーナーもとても充実していて私は2日目に行ったのですが、グッズだけ日をあらためようと思うほどの人気です。可愛らしくてほのぼのした作品に会いにお出かけください。

「リサ・ラーソン展」25日まで  松屋銀座8階イベントスクエア 10時―20時

入場料一般1000円

 

 
<<前のページへ 4567891011121314