中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


築地で江戸文化体験 和顔愛語のおもてなし

[saru] 2018年2月 7日 14:00

2月3日、築地で和顔愛語というイベントがあり、行ってきました。東京の4つの門前町商店街での江戸文化体験イベントとのことで、その1番目が、築地本願寺の門前町、築地での興行でした。「和顔愛語」は仏教用語でおだやかな笑顔で思いやりのある話し方で人に接するという意味だそうです。内容は特設ステージでの太神楽という伝統曲芸、落語、芸妓おもてなし舞。他に職人仕事体験ワークショップや江戸時代衣装体験コーナーなどがありました。a.jpg

b.jpg

落語は橘家竹蔵師匠。落語をするのかと思いきや、喋りのあとに、さのさやかっぽれ、南京玉すだれの披露でした。噺家さんいろいろと芸が広いんだなあと感心。面白いものが見れたと満足しました。粋でひょうきんな芸の後は人形町芳町芸妓連の艶のある舞が披露されました。

c.jpg

中央区内での「和顔愛語」の開催は終わりですが、2/10護国寺、2/12伝通院、2/17浅草で開催されます。中央区ではアンテナを張っていると、こうした江戸から続く伝統、大衆芸能が見られる催しをしばしば見つけることができます。

この日は節分。築地波除神社の豆まきをのぞいて帰りました。

 

 

 

恒例の姉妹都市親善写真展

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月 7日 12:00

恒例の姉妹都市親善写真展です

区役所の1階ロビーで、2月4日)から9日)まで開催されています

simai201801.JPG

オーストラリアサザランド市とは、平成3年姉妹都市としての提携を行ったそうです

simai201802.JPG

それ以降、中央区文化・国際交流振興協会では、サザランド市との交流を深めるために、写真相互に交換したり、写真展毎年開催したりしています

simai201803.JPG

美しい街並み写真から、すごしやすそうな気候風土楽しい市民生活の様子が想像できます

区役所にお立ち寄りの際は、是非ご覧になってください

simai201804.JPG

区役所での開催は、

日本橋区民センター1階ロビー2月10日)~16日))

月島区民センター1階コミュニティフロア2月17日)~23日))

で、開催される予定です

なお、区役所ロビーでの写真撮影については、特別にご了解をいただきました

中央区の姉妹都市親善写真展のHPについてはこちら ⇒

https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kohokotyo/koho/h29/300121/01_01/index.html

昨年の写真展のブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/02/post-4005.html

 

 

中央区初、「変なホテル」オープン!

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月 5日 09:00

2月1日、築地2丁目に、「変なホテル 東京 銀座」がオープンしました

中央区で初の「変なホテルオープンとなります

最先端のロボットがフロントでお出迎えしてくれる話題のホテルです

henn201801.JPG

オープン当日、会社帰りに立ち寄らせていただくと、エントランスには、オープンを祝うたくさんの胡蝶蘭

ホテルの方に許可をいただき、フロントを見せていただくと、本当に人型ロボットヒューマノイド2名がお出迎え

henn201803.JPG

さらに、全客室には、「ロボットクリーニングニオイ・しわ・ほこり・花粉をリフレッシュしてくれるクローゼット)」が完備されているとのことで、泊まってみたい気にさせる魅力あふれるホテルです

中央区に新しい名所がまた一つ増えた感じです

henn201804.JPG

東京都内の「変なホテル」は、第一号の西葛西に続き、このホテルが本日オープンし、この後、浜松町赤坂浅草橋羽田続々オープンが予定されているそうです

henn201809.jpg

変なホテル 東京 銀座」のHPはこちら ⇒

https://www.hennnahotel.com/ginza/

henn201807.jpg

 

 

「伝説の映画スター」写真展〔Art Gallery M84〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年2月 3日 16:00

銀座4丁目、歌舞伎座のほぼ真裏にあたり、松屋通りに面して建つウインド銀座ビルの5階にある「Art Gallery M84」さんです

aud201802.JPG

ここで、現在、「写真展『伝説の映画スターたち、オードリー等』」が開催されています

aud201803.JPG

開催期間は、1月29日)から3月17日)までで、時間は、10時30分から20時まで。最終日は、17時までとなります。

日曜日休館日です。

aud201804.JPG

会場には、ゼラチンシルバープリントの作品が約40点展示されています

著名な写真家が、往年の映画スターを撮影したものばかりです

aud201805.JPG

今回、日本で初めて展示されるものとして、オードリー・ヘプバーン1950年頃メトロ・ゴールドウィン・メイヤー製作大スペクタクル映画クオ・ヴァディス」の王女リジア役の候補(結局はデボラ・カーに決定)としてスクリーンテストを受けた時に撮影した幻のプリントがあります(上の写真、左側)

ちなみに、「ローマの休日」が制作されたのは1953年ですから、その約3年前ということですね

aud201806.JPG

ずらりと並んだ「伝説の映画スターたち」は、オードリー・ヘプバーンの他、私の独断と偏見で挙げさせていただくと、アンソニー・パーキンスビョルン・アンドレセンブリジット・バルドーシャーロット・ランプリングダーク・ボガードグロリア・スワンソングレタ・ガルボイザベル・アジャーニジェームズ・ディーンジャン・ギャバンジョーン・クロフォードジョン・トラボルタマリリン・モンローマレーネ・ディートリヒ早川雪洲、等々々

aud201807.JPG

写真の美しさと、往年の映画スターの懐かしさ同時に堪能できる写真展です

是非、ご来場ください

aud201808.JPG

なお、今回も、会場での写真撮影について、特別にご了解をいただきました

ありがとうございます

aud201809.JPG

Art Gallery M84のHPはこちら ⇒

http://artgallery-m84.com/

 

 

恒例の聖路加画廊でのパステル画展〔山中翔之郎作品展〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年1月31日 14:00

deai201801.JPG

明石町にある聖路加国際病院本館1階にある聖路加第一画廊で、「山中翔之郎作品展 D・E・A・I -パステルで描くニャン・ワン・身近な動物たち-」が開催されています

deai201802.JPG

開催期間は、1月29日)から2月3日)までです。

時間は、9時から17時までですが、最終日10時から16時までとなります

deai201803.JPG

山中さんは、この画廊定期的作品展を開催されています

今回は、なんと31回目)の開催だそうです

deai201804.JPG

人の病を癒す病院に、山中さんやさしくて温かいパステル画が合っているからこそ、これだけ続いて繰り返し開催されているのだと思います

の目の色がとてもきれいで印象的な作品もあれば、モノトーン細密な作品もあります

deai201805.JPG

会場で作品を拝見している間にも、来場者から、「かわいいわね」「きれいな顔してるわねえ」「うちの〇〇ちゃんに似てる」等の会話が聞こえてきました

deai201806.JPG

開催期間中、山中さんはずっと画廊にいらっしゃるそうです。

会場では、ポストカード一筆箋の販売も行われていますよ

deai201807.JPG

山中さんは中央区を中心に作品展を開催しておられ、4月には、銀座 ギャラリーTACTにて個展開催の予定もあるそうです

deai201808.JPG

なお、画廊内での写真撮影については、山中さんにご了解をいただき、作品制作に関する丁寧なご説明もいただきました

ありがとうございます

昨年11月の作品展を紹介したブログ記事はこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/11/post-4752.html

 

 

薬研堀不動尊の講談会

[saru] 2018年1月31日 09:00

DSC_2222x.jpg毎月28日のお不動様のご縁日に、東日本橋の薬研堀不動尊では無料の講談の会を行っています。この地は講談発祥の地ということで記念碑も建っており、その縁で永年この会が催されています。1月はちょうど28日が日曜日で初不動でもあったので行ってきました。

 

2階にある本堂が会場でしたが、あいにくの寒波襲来で少々寒い中での講談となりました。今回の講談師は神田すみれ師匠、演目は「南部坂雪の別れ」でした。zzx.jpg

DSC_2223x.jpg演目を見てもわからなかったのですが、これは忠臣蔵の話でした。

討ち入りの前に大石内蔵助が亡き内匠頭の奥方に暇乞いにいく話で、映画などでもよくあるシーンですが、講談で聞くと、また違った趣があって、大変良かったです。
そういえば、浅野内匠頭の屋敷は明石町だったんですよね。
吉良邸がこの両国橋を渡ってすぐの本所。
討ち入りの後、義士たちは、永代橋を渡って中央区内を歩いて高輪の泉岳寺に向かいました。
また、講談に入る前のつかみというか、解説というか、そんな話も面白いものでした。

さて、今回は1時間ほどの会でしたが2月16(金),17日(土)には有料ですが、より本格的な「第三回やげん堀講談会」も開催されるということです。

 

 

 
<<前のページへ 4567891011121314