中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


柳家やなぎ 落語ナイト 第二十回〔ふげん社 落研〕

[ジミニー☆クリケット] 2019年2月 3日 12:00

2月1日の金曜日、夜7時開演の《ふげん社 落研柳家やなぎ落語ナイトに行ってきました

yng201904.JPG

第20回になるそうです

20回を記念して、やなぎさん幟旗新調されていました

yng201901.JPG

会場は、築地1丁目、築地ガーデンビルの2階コミュニケーションギャラリー ふげん社です。

下の地図の赤〇の場所です

yng201900.jpg

演者は、「さん喬一門」の柳家やなぎさん

yng201905.JPG

仲入りをはさんで2席、7時開演後、あっという間の2時間でした

演目は「先生の話」と「家出猫」、まくらもたっぷり、やなぎさん大熱演です

この寄席は、演者との距離の近さが他の寄席とは全く異なります。

yng201903.JPG

ワンドリンク付きで、コーヒーを飲みながら、花金(古い)の夜聴く落語は最高でした

1週間の疲れもやなぎさん落とし噺で吹き飛び、気持ちよく週末が迎えられます

ちなみに、会場では、現在、「モノクロームの世界-ふげん社コレクション展-」と題して、ふげん社さん所蔵するモノクロームの写真展も開催されています

期間は、2月16日)までです

yng201902.JPG

昨年7月、同ギャラリーで行われた鉄道落語会のHPはこちら ⇒

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/07/post-5395.html

ふげん社のHPはこちら ⇒

http://fugensha.jp/

 

 

2月下旬-3月中旬開催 セミナーのご紹介  ~ 白鶴 銀座スタイル ~

[rosemary sea] 2019年2月 1日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をダイレクトに取材します、rosemary seaです。

白鶴 銀座スタイル(HAKUTSURU GINZA STYLE)さん、いままでもご説明させていただきましたとおり、ここ銀座から日本酒のあるライフスタイルを発信することを目的として設けられました。

2006年以降、主に日本酒に関する様々なセミナーを開催されています。

教室がイメージできます過去記事、「セミナー教室はこのようになっております」はこちらです。

⇒ http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/05/post-4353.html

白鶴酒造株式会社 白鶴 銀座スタイル 福本さんに、今回もお世話になりました。

今回は現在募集中の2月下旬-3月中旬セミナーを2つご紹介します。

それでは・・・

甘酒HP.JPG

<昼夜選べる2回開催セミナー>

話題の甘酒の魅力に迫る!

2月21日(木)開催

   講師:白鶴酒造 商品開発本部 萩原千耶(はぎはらちや)さん

   参加料:昼の部 2,000円(甘酒・デザート・紅茶・お土産付き)

    昼の部ではお酒のご提供はございません。

       夜の部 4,000円(甘酒・日本酒・お弁当・お土産付き)

   時間:昼の部 14:00~15:30

      夜の部 18:45~20:15

   応募締切:2月6日(水)

原料の酒粕や麹の効能から『飲む点滴』とも呼ばれています、甘酒。

その甘酒の秘密に迫ります。

さまざまな種類の甘酒の違いを学べる飲み比べ体験ができます。

また、甘酒を使ったドリンクやデザートのレシピのご紹介もございます。

昼の部、夜の部、の選べる2回開催です。

昼の部では、甘酒デザートの試食が楽しめ、夜の部では、季節のお弁当とともに日本酒も堪能できます。

なお、昼の部では事前連絡で未就学児童の同伴が可能となります。

明石室長HP.JPG

白鶴研究室長が語る、最先端の日本酒造り

3月14日(木)開催

   講師:白鶴酒造 研究室長 明石貴裕(あかし たかひろ)さん

   参加料:5,000円(お弁当・お酒・お土産付き)

   時間:18:45~20:15

   応募締切:2月27日(水)

白鶴さんの研究室長自らによるセミナー開催です。

最先端の醸造研究や技術開発について、わかりやすく丁寧に解説されます。

研究室の様子や苦労話など、なかなか聞くことのできない裏話もたっぷりご披露。

自慢の日本酒を、季節のお弁当とともに堪能できます。

普段知ることのできない日本酒の奥深い世界を極めてみませんか?

 応募者多数の場合は抽選となります。

(どのセミナーも人気です。抽選になる確率が高くなっております。)

詳しくは文末に示しましたホームページをご覧ください。

IMG_20190112_090119 (2)a.jpg

白鶴 銀座スタイル

(HAKUTSURU GINZA STYLE)

銀座5-12-5 白鶴ビルディング7階

歌舞伎座の信号角、向かい側のビルです。

【お問い合わせ】

電話 03-3543-0776

9:00~12:00 ・ 13:00~17:00

(土日祝除く)

詳細・セミナー応募先はこちら

⇒ http://www.hakutsuru.co.jp/g-style/

 

 

日本橋ふくしま舘MIDETTE(ミデッテ)山のごちそう本舗のふくしまの郷土料理教室

[桜やよい] 2019年1月31日 09:00

私のイチオシ‼アンテナショップ「日本橋ふくしま舘 MIDETTE(ミデッテ)」で開催された『第1回山のごちそう本舗のふくしまの郷土料理教室』2019年1月26日午前の部11:30-13:00に参加しました。27日午前・午後の部14:30-16:00ー2日間計4回開催され、参加費1,500円でしたが、お土産付(①山のごちそう本舗特製 五目ごはんの素 1ケ ②矢祭産もち米 2合)で、とてもリーズナブルな企画でお得感満載でした。

DSC_0208.JPG

講師は 増子正代 (山のごちそう本舗・社長)さんでした。チラシのコメントをご紹介します。

「私が暮らす福島県は素晴らしい食材で溢れています。食材の最も美味しい食べ方は郷土に伝わる料理法ではないでしょうか。この教室では、和やかにコミュニケーションを取りながら、作り方のコツを分かりやすく伝えたいです。『五目おこわ』『イモ煮汁』大人気の『イカ人参』もやっちゃいます!保存料を一切使用していない。安全で美味しいお漬物と販売もやりまーっす!

『山のごちそう本舗』〠963-5323 福島県白川郷矢祭町茗荷字歯朶平67-1℡&Fax0247-46-3872

『五目おこわ』矢祭産のもち米使った、しっかりした味付けで、冷えても美味しい主役級の人気メニュー※具材に味を染み込ませることがコツだそうです。

DSC_0209.JPGDSC_0210.JPG

もち米2升分をお釜で蒸かします。蒸したもち米が最高に美味しいそうです!

DSC_0214.JPGDSC_0215.JPG

家庭で作る場合は2合の分量でレシピを教えていただきました。

ゴボウの笹がき1本・人参細切り1本・しいたけ1パック細切り・鶏肉100g小さ目の1口大切りにし酒大1に漬ける・油揚げ2枚細切りを下ごしらえしておく。

鍋にサラダ油大1を入れ、水気を切ったゴボウを入れ強火で炒める。しんなりしたら、人参・しいたけ・鶏肉ー醤油大3・みりん大1・酒大1を入れ全体に炒める。

出汁2カップ(400cc)と油揚げを入れて、アクをとりながら5分煮る。

具材と出汁をザルでこして、水気を切っておく。

DSC_0222.JPGDSC_0224.JPGDSC_0225.JPGDSC_0226.JPG

もち米を30分水に漬けてから水を切り、分けてあった煮汁を1.5合の目盛まで入れる(足りなければ水を足す)

DSC_0231.JPGDSC_0236.JPG

炊飯出来上がり‼

DSC_0234.JPGDSC_0238.JPG

具を均等に混ぜ合わせます。この時にしゃもじを縦に切るようにして、米粒をつぶさないようにするのがコツだそうです。

DSC_0237.JPGDSC_0239.JPG

美味しそうに見えますね。お味はいただいて、最高に美味しかったです。なんと、私はおかわりをしてしまいました。

『芋煮汁』里芋とゴボウが入った旨味たっぷりの美味しい芋煮汁

DSC_0241.JPGDSC_0245.JPG

もう出来上がっていました。大きい里芋は柔らかくてとても美味しかったです。寒い冬にピッタリのメニューで、体も心も温かくなりました。柚子味噌やハバネロ味噌を入れるともっと味のグレードがアップ。

DSC_0242.JPGDSC_0246.JPG

食欲を増す試食も沢山用意してありました。

DSC_0212.JPGDSC_0211.JPG

やみつき大根はパリパリ感が気に入りました!

DSC_0219.JPGDSC_0221.JPG

刺身こんにゃく(柚子味噌付)・イカ人参も福島名産でも山のごちそう本舗さんのオリジナルの味がイチオシでした。

DSC_0218.JPGDSC_0230.JPG

なんと、デザートにイチゴ(とちおとめ)までいただきました。至れりつくせりのメニューにお腹もいっぱいになって幸福感に包まれました。

DSC_0229.JPG

第1回とありましたので、次回にも期待したいです。皆様も是非参加してください。お土産をいただけるばかりかレシピとボールペン、福島民報『民報サロン』の増子さんのコラム記事ファイルも戴けました。日本橋福島館で、山のごちそう本舗の商品ーやみつき大根(324円)・イカ人参(432円)・柚子味噌(270円)を購入して帰りました。レシピをいただいたメニューは家でトライしてみます。

福島民報『民報サロン』のコラムを読んで増子さんの想いを知り、益々人柄にひかれてしまいました。惣菜屋(佃煮・漬物)さんだと思っていましたが、原木しいたけ栽培を中心に筍・山菜・ゴボウ茶・柚子味噌・刺身こんにゃく等、手作りで無添加の商品をたくさん作っていらっるそうです。84歳のお母様も現役だそうです。増子さんは毎日夜8時から12時まで調理して、作り立てを翌日販売に出かけられているとか。安心・安全な食材を届けていただくことが嬉しいです。

食事の間に福島県矢祭町のDVD・スライドショーも見せていただきました。山と川等の自然に恵まれたとっても良い町だと初めて知りました。川では鮎釣り、柚子の名産地だということも教えていただきました。行ってみたいと思うくらい魅力を感じました。矢祭町のホームページhttp://www.town.yamatsuri.fukushima.jp/page/dir000045.htmlで情報を調べてください。

(山のごちそう本舗社長 増子正代様、日本橋ふくしま館 副館長 小林 誠様に承諾をいただいて、記事と写真を記載させていただきました)

 

 

ブライアン・レオ、アルフレッド・マルティネス 二人展「normal activity」〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2019年1月29日 18:00

brian201901.JPG

銀座2丁目、銀座大塚ビル地下1階にある画廊メグミオギタギャラリーでは、ニューヨークを拠点に、作家として活動するブライアン・レオBrian Leo)と、アルフレッド・マルティネスAlfredo Martinez)の二人展normal activity」が開催されています

brian201900.jpg

期間は、1月25日)から2月9日)までです。

時間は、11時から19時までです。

祝日お休みです。

brian201902.JPG

ブライアン・レオの作品は、ニューヨークで日常的に目にする物をポップに描いたものです

brian201903.JPG

作者の意向により、鮮やかなピンク色のバックの作品が、横一列に並べて展示されている様は壮観です

brian201904.JPG

ポップカルチャーから強い影響を受けたレオは、社会を内側から見つめ、「ペインティングが伝えることのできる領域を広げることに挑み続けているそうです芸術

brian201905.JPG

もう一人の作家、アルフレッド・マルティネスは、同ギャラリーのHPで紹介されているところによれば、かなりスキャンダラスな方のようです

brian201906.JPG

今回、展示されているのシリーズのキャンバスは、彼が盗作罪での服役中)、インクの使用が制限されていたため、書籍新聞紙で作られた物だそうです

そこに、ペンコーヒー出し殻を使ってを描いています

描かれたは、カラフル力強くどっしりとしていて、存在感があります

brian201907.JPG

ギャラリー内での写真撮影についてはご了解をいただき、今回も、この二人展の開催主旨等につき、ご説明をいただきました

ありがとうございます

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

芸術芸術芸術

 

 

築地場外・年末買い出し2019

[柴犬] 2019年1月29日 14:00

年が変わったばかりで早すぎる話題ですが、築地場外市場の年末の買い出しのご紹介です。行ってみたいけどよく分からないという方が多いそうなので、簡単ですが、現場の様子と楽しめる方法をお届けします。

P1030168.png

日にちは12/30です。売っているものは、魚介・肉・海苔・ローストビーフやケジャンや料亭御用達の栗きんとんから日用品まで盛りだくさんです。各店がオープンするのはだいたい朝5時頃なので、そのちょっと前に場外入りしてうろつきつつ各通りの勘を掴んでおくと速やかに動けます。実際の場外はそう大きくありません。そこにたくさんのお店がひしめいています。

P1030141.png

日が昇ってからは大変に混むので、早朝〜日の出までの時間帯がオススメです。売り切れの心配もありません。また、この時間帯に大勢の人で市場にいるという不思議な高揚感もあります。妖怪の夜市に来たようで楽しいです。駐車場がありますが渋滞するので、早めに着くように出発するか運転係をお願いしたほうがいいかもしれないです。

P1030152.png

買い出し以外に、イートインの楽しみももちろんあります。爆安お寿司や夜明けのラーメンなど種類豊富です。複合施設の築地魚河岸レストランフロアのオープンは朝7時です。こちらにも美味しいお店が入っています!

P1030174.png

玉子焼きのお店はどこも大繁盛の大行列ですが、予約をしていなくても早朝に行けば買えるお店はあります。並ぶ時間は10〜20分ほどです。さすが、お店の方も速やかです!100円の玉子串は普通に売っています。

P1030177.png

現在、場内は完全に閉鎖されており、中に入ることはできません。去年までは出入り自由で、東京湾に上がる日の出を場内から見ることもできました。

P1030135.png

人出が多いので混む場所が苦手な方にはオススメできませんが、早い時間に行けばそうストレスなく楽しく見て回ることができます。お買い物が終わったら、波除稲荷神社や勝鬨橋・築地本願寺などで朝日が昇るのを眺めてから帰途につくのも清々しくて良いかと思います。

P1030180.png

以上、簡単で駆け足でしたが築地場外市場の年末買い出しのご紹介でした。2019年の年末、ぜひいらして下さい。楽しいですよ!

築地場外市場公式ホームページは → こちら

 

 

 

獅子舞「ひょっとこ」連 月島「ときのや」で新年を祝いました。

[kimitaku] 2019年1月28日 18:00

 正月 新春を祝って 獅子がお店の中を舞い踊りました。

ひょっとこ連社中 

kimitaku5_20190128.jpg

 

 獅子は増田さん。笛は私(kimitaku)の二人のコンビです。

 二人で演じる獅子舞は 

  月島 酒Bar「ときのや」のお客様を熱狂の渦に。  

  木枯らしの冬を吹き飛ばすように気合を入れて。 

kinitaku2_20190128.jpgkinitaku1_20190128.jpg

 

演目は 「屋台」「早鎌倉」「四丁目」「子守歌」で居眠りを。

そして目を覚ました獅子は 「四丁目」から「屋台」で

「迎春おめでとうございます」のメッセージをくわえて最高潮に。

そしてお客様のところへ。福の神をさずけにまわりました。

皆さん 今年も良い年でありますように。

kimitaku4_20190128.jpg

  

kimitaku3_20190128.jpg

 

::::獅子舞は毎年正月5日過ぎ お店の仕事始めの日に行われます。:::

みなさん どうぞお越しください。

月島「ときのや」へは 大江戸線「月島」駅から徒歩七分。

月島社会教育会館を左折してすぐのところにあります。

住所中央区月島4-3-5 野村ビル一階 

℡03-6225-0013です。

kimitaku6_20190128.jpg

 

 

 
<<前のページへ 1234567891011