中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


資生堂ギャラリー Moving Plants写真展 開催中 3月25日まで

[銀造] 2018年3月 6日 16:00

 資生堂ギャラリーは、銀座通りの資生堂パーラーの地下にあります。

現在、Moving Plants 渡辺耕一展が3月25日まで開催中です。

DSC08312 (400x300).jpg

 頂いた説明書には、渡辺耕一さんがイタドリ属の植物と出会った経緯、そして、イタドリが旅した足跡を辿る旅に出たこと、訪れた国はイギリス、オランダ、米国、デンマークなど。

DSC08315 (400x300).jpg

 そして、シーボルトがオランダ政府の委嘱を受け、日本国長崎の出島のオランダ商館付医師に着任したこと、シーボルトは生きた日本の植物を大量にヨーロッパに運んだ最初の人物であることなどが紹介されています。 是非、お出かけになって、説明書  を頂いて下さい。

 私は、東洋文庫87、平凡社が出版したシーボルト著、斎藤 信訳、「江戸参府紀行」を読んでいるので、この写真展には大変興味を覚えました。

シーボルトが江戸に来て日本橋の長崎屋に逗留して、蘭学、西洋医学を教えてくれたこと、土生玄石の将軍下賜の紋付贈呈持ち出し、伊能図持ち出しのシーボルト事件、日本のサクラソウ(学名:Primula sieboldii )、などが、ヨーロッパに紹介するときに学名を登録したことは、世界に学名を登録すること等知らなかった、鎖国下の当時の日本人にとって、築地にある「指紋研究発祥の地碑」に説明がある様に、ヘンリー・フォールズが、「指紋は個人認識に利用できる」ことをネーチャー誌に発表したことと併せて、考えさせられることがあります。

 

 

「キタキツネ」写真展〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年3月 6日 12:00

銀座2丁目、 銀座大塚ビルの地下1階にあるメグミオギタギャラリーで、井上浩輝氏写真展キタキツネ」が開催されています

kitak201801.JPG

井上氏は、北海道を拠点とし、キタキツネなど北国を悠々と生きる動物のいる美しい風景を追い求めて撮影を続けていらっしゃる写真家です

kitak201802.JPG

は、2016年に、日本人として初めて「National Geographic Travel Photographer of the Yearコンテストネイチャー部門1位を受賞され、2017年には「情熱大陸(毎日放送)」に出演された、日本を代表する写真家の一人として、今後の世界的な活躍が益々期待されている方です

kitak201808.JPG

期間は、3月2日)から3月17日)までです。

時間は、11時から19時までで、休廊日は、祝日です。

kitak201805.JPG

ギャラリーには、キタキツネポートレートキタキツネの棲む自然の風景写真が展示されています

kitak201807.JPG

展示方法がちょっと変わっていて、大きいサイズ(1200×1800mm)と、大きくないサイズ(484×694mm)、2つのサイズ同じ作品が展示されています

同じ作品から受ける印象が、サイズが違うだけで全く違うという体験をしました

kitak201804.JPG

躍動感あふれるキタキツネの「」の作品と、彼らが棲む自然の「」の作品が、会場に不思議なリズム感を生み出していました

kitak201803.JPG

なお、ソニーイメージングギャラリー銀座(銀座5-8-1 銀座プレイス6階)でも、3月2日から3月15日までの期間、井上氏の写真展「ふゆのきつね」(こちらもキツネです)が同時開催されており、さらに富士フイルムから壁掛けと卓上にも置ける特別仕様の作品が同時に発表され、富士フォトギャラリー銀座(銀座1-2-4 サクセス銀座ファーストビル4階)に展示されているとのことで、銀座3つの会場で、の世界を堪能できるという貴重な期間となっています

kitak201806.JPG

今回も、ギャラリー内での写真撮影については、ご了解をいただき、作品の展示方法等につき、丁寧なご説明をいただきました

ありがとうございます

kitak201809.JPG

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

 

 

国際交流サロン「ちぎり絵を作りながら交流しよう!」  ~ 中央区文化・国際交流振興協会 ~

[rosemary sea] 2018年3月 6日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をリトル バイ リトルに取材します、rosemary sea です。

中央区文化・国際交流振興協会さん(Chuo Cultural and International Exchange Association = CCIEA)、毎年10月末開催の「中央区まるごとミュージアム」のバスガイドを、ロズマリも観光協会特派員としてお手伝いさせていただいております。

DSC03022a.jpg

中央区文化・国際交流振興協会さんは平成3年の設立以来、ボランティアの皆様との協働により、中央区の文化芸術に親しむ文化イベントや日本語教室、国際交流サロンなどの国際交流イベントを開催されています。

DSC03329a.jpg

DSC03326a.jpg

今回のご紹介は3月24日(土)開催の国際交流サロン(International Exchange Salon)「ちぎり絵を作りながら交流しよう!(Enjoy conversation through making Chigiri-e!)」です。

中央区文化・国際交流振興協会 菊地いづみさんにお世話になりました。

椿写真.jpeg

外国の方・日本の方、皆様が楽しく交流できる場、それが「国際交流サロン」。

年11回開催されております。

3月は全国和紙ちぎり絵芸術協会さんの方にお出でいただき、ちぎり絵のお話を伺ったり、実際にちぎり絵を作ったりしながら交流します。

全国和紙ちぎり絵芸術協会 和紙ちぎり絵助教授 佐藤さんにご協力いただくイベントです。

ちぎり絵は、手でちぎった紙を台紙に貼り、水彩画のような作品に仕上げます。

DSC03016a.jpg国際交流に関心のある方、お友達と一緒に参加されませんか? もちろんお一人でも結構です。

参加費無料です。ただし要予約です。お申込はFAX、お電話、またはEmailで。

定員30名、16歳以上の方となります。

中央区在住・在勤以外でも参加申込できますが、中央区在住・在勤の方が優先されます。

場所は新富1-13-24 新富分庁舎3階 中央区文化・国際交流振興協会さん講習室、3月24日(土) 14:00~16:00です。

詳しくは文末のホームページをご覧ください。

・・・特別な道具を必要とせず、手軽に楽しめる「ちぎり絵」。

   このちぎり絵を作りながら、外国の方と楽しく交流できます。

   いかがでしょうか?

中央区文化・国際交流振興協会

新富1-13-24 新富分庁舎内 (3階)

電話 03-3297-0251

FAX 03-3297-0253

中央区文化・国際交流振興協会さんのホームページはこちら

⇒ http://chuo-ci.jp/

 

 

銀座ファミリアのイベントに参加!

[ぺんぺん] 2018年3月 5日 16:00

こんにちは。

皆さまお元気ですか?りんご
 
3月は、私が参加した銀座ファミリアのイベントを少しだけご紹介しますね。
ファミリアでは、1000daysプログラムという名前で、毎月様々なイベントが開催されています。妊娠中も子育て中も楽しめる内容ですよ♪イベントは、予約制でHPから予約をします。私は、銀座本店では「想い出をつめるガラス瓶作り」と「ファーストシューズの選び方」というイベントに参加しました。その他、他店で「はじめてのお絵かき」も楽しんで来ました。
こちらの写真は、「ファーストシューズの選び方」に参加した時のものです。
IMG_6573.JPG
店員の方が丁寧に資料を用いながら説明して下さります。サイズの測定や試着もできます。
銀座へ行く機会が多い方には、ファミリアのイベントはお勧めです。毎月開催されているという点も嬉しいですよね。私は今後、息子の成長に合わせ、トイレトレーニングのイベントにも参加してみたいです
ちなみに、イベントは2階で開催されますが、1階にはフォトブースがあったり、ファミちゃんと写真を撮ることが出来ます。季節ごとに装飾が変わりますので、シーズンごとに撮影を楽しめますよ
 
 

 

「千社札スタンプラリー」開催中!!

[えだまめ] 2018年3月 4日 14:00

子連れ特派員のえだまめです

あまのじゃくな2歳児・娘あずきに今日も振り回されているのですが・・・

そんなあずきでも食いついてくるようなイベントが3月1日から始まりました。

「千社札スタンプラリー」です。

DSC_2743-1.jpg

http://www.chuo-kanko.or.jp/#we-page-single-entry?spot=213328


中央区の各所にある観光案内所スポットに用意されているスタンプを集めてみよう!

という期間限定イベントです。

あずき「はんこぺったんしにいきたい?」と聞くと

一瞬「しない・・・(※とりあえず一度は全否定)」といった後に「する。」と。

どうやら2歳8か月にとっては「はんこぺったん」は魅力のようです。


というわけで。午後2時手前に自宅を出発!

※ほんとは午前中に出たかったのですが・・・

 出る直前にイヤイヤを再びこじらせたあずきに阻止され、

 えだまめは疲れてやる気を失いかけたという事情があります。

 子育て世代の皆様、察してくださいませ(涙)。

徒歩10分強(ベビーカー利用)で、第一のスタンプスポット。

人形町 大観音寺下(人形町商店街協同組合事務所前) に到着です。
DSC_2742-1.jpg

で・・・実は子連れにとっての重大事件(!?)。

ベビーカーに乗ったままだと、高さが合わなくて

あずきはスタンプを自分で押せないのです。

靴を履かせて、ベビーカーから降りて。

階段を踏み台にして、なんとかぺったん。

・・・ふう。

(ここは表に係の人がいるわけではなかったので、母ががんばるしかありません。)

なお、人形町のスタンプは平日のみ設置です。ご注意ください。


一度靴を履いてしまったら、しばらくは自分で歩きたいタイプのあずき

なので、2番目のスポットである日本橋まではがんばって2人で歩きます。

日本橋メトロリンクEライン(我が家の通称:黄色いバス)に乗る、というのも手だったのですが、

なんとも微妙な待ち時間だったので。

2歳児ペースの歩きで徒歩約20分。

ちょうどいいお散歩になったかと思います。


2番目のスタンプスポット

日本橋南詰にある日本橋観光案内所に到着です。

DSC_2745-1.jpg

実はこちらのスタンプ台・・・

「大人が立ってスタンプを押すのにはちょうどいい高さ」

でした。

DSC_2744-1.jpg

なので・・・案内所のスタッフの方に背の高めの椅子を貸していただいて

あずきはそれに座ってスタンプを押させてもらいました。

ご対応に感謝です。


ここからは地下鉄利用です。

東京メトロ・日本橋駅から銀座線で2駅。

あずきは電車も大好きなので、電車に乗るよ~というと

ほいほいついてきて「きいろいでんしゃ!きいろいでんしゃ!!」と。

階段もゆっくりですが自分で降りていきました。

※大変ゆっくりなので、母の忍耐力が試されます。

そして、第3のスタンプスポット・東急プラザ銀座です。

1階の数寄屋橋公園に面したところに

DSC_2746-1.jpg

「G Info」(銀座観光案内所)があります。

写真左側のオレンジ色の看板が目印です。

実はここも「スタンプ台は大人が押すのにちょうどいい高さ」でしたので・・・

母えだまめ→あずきを抱っこ(体重13キロ)

案内所のお姉さま→あずきの手を取って一緒にハンコを押す

という離れ業(!?)でした。

・・・いやはや。



ここを出た後、あずき「ベビーカーのる」と言ったので

ここから先は母えだまめ、ベビーカーを押しながらガシガシ歩いて最終目的地へ。

※京橋駅まで1駅銀座線に乗る、という選択肢もあるのかもしれませんが

 京橋駅のホーム→改札はエレベーターがないのであまり使いたくなかったのです。


そうそう。

スタンプポイントは全部で6つなのですが、4つ集めれば参加賞はいただけるそうなので

今回は「築地(ぷらっと築地)」と「月島」はパスしちゃいました。すみません。

期間中に余裕があれば、スタンプ台の状況を覗きにいければとは思っていますが・・・。


徒歩15分くらいで最終目的地の「京橋エドグラン」地下1階の中央区観光情報センターに到着です。

DSC_2748-1.jpg

こちらはベビーカーに乗りながらでもスタンプが押せる高さの机でした。

ほっ。


最後に観光情報センターのスタッフの方に集めたスタンプをお見せしたら

アンケートに答えて・・・

DSC_2749-1.jpg

その場で結果がわかる抽選くじにチャレンジ!!

あずきが引いたのですが・・・

2人分とも、ハズレでした。残念。

それでも、参加賞に千社札シール(先着2000名)を頂けたので満足です。

何よりあずき本人が「ぺったんする」ことそのものが楽しかったようなので。

line_1519970609956-1.jpg

(まあ、京橋千疋屋のロイヤルマスクメロンが当たればすごくうれしかったんですけどね


「スタンプ台の高さ」という子連れにとっての乗り越えるべきハードルは若干ありますが

子連れでも十分楽しめるイベントだと思います。

もちろん、中央区内の各所をのんびりお散歩しながら・・・という大人の皆様にも楽しんでいただけると思いますよ。


中央区観光協会のHPには

「モデルコースのご紹介」もありますので

参考にしてみてはいかがでしょうか。

http://www.chuo-kanko.or.jp/#we-page-single-entry?spot=213477

3月31日までの期間限定ですので、是非一度チャレンジしてみてくださいね。


 

 

銀座で「スヌーピー展」

[デ・ニーロ] 2018年3月 4日 09:00

de-Niro_01.jpg

 

 これは絶対に秘密ですが、実はアタクシ、昔からスヌーピーの大ファンなのであります。

 

 正確に言うと、一番好きなのはチャーリー・ブラウンなんだけど、アメリカの古き良き時代のコミック「ピーナッツ」の世界を愛するご同輩は多いのではないでしょうか。

 

 中央区とは、それほどのご縁はなさそうなスヌーピーですが、3月1日から、松屋銀座にて展覧会が開かれております。

 

Snoopy_Fantaration.jpeg
(C) 2018 Peanuts Worldwide LLC

 

 先日、中央エフエムで番組の収録をした時、帰り際に パーソナリティの Jumiさんから「招待券」を頂いておりました。どうもありがとうございます。Jumiさんは「よろしければ、ご覧になって下さい」とおっしゃっただけですが、その言葉の背後には、

 

 

 ぜひ、デニーロさんのブログで紹介して下さい!

 

 ・・・という、魂の叫び声が聞こえたような気がする(たぶん)

 

 

 承知しました! そこまで言うのなら、おまかせください。

 

 

* ↑ 言ってないから(Jumi) *


「スヌーピー・ファンタレーション」東京展

 


◆ 期 間  2018年3月1日(木)~19日(月)
◆ 時 間  10:00~20:00 (入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00閉場)
◆ 会 場  松屋銀座 8階イベントスクエア
◆ 住 所  東京都中央区銀座3-6-1
◆ URL  http://www.matsuya.com/
◆ 問合せ  松屋銀座 03-3567-1211

 


【入場料】
一 般:1,000円
高校生:700円
中学生:500円
小学生:300円
料金は全て当日料金

 


 このイベントに関しては、中央エフエムのサイトでも詳しく紹介されていますので、そちらもご覧ください。

↓ ↓ ↓


banner_rc.jpg

 

 銀座の街歩きにおいては、画廊やギャラリー巡りなども重要なカテゴリーとなっていて、アタクシはそ〜ゆーの苦手なのです。ただ、これも恥ずかしいので内緒ですが、実はニャンコが大好きで、猫関連の展覧会には、わりとよくでかけています。

 

 この分野では、特派員ブログの超常連ライターでもあるジミニー☆クリケット氏の記事が充実しており、最近の「ネコとイヌの写真展〔ノエビア銀座ギャラリー〕」とか、佐久間真人展「猫の祈りのとどく街」〔ギャラリー銀座〕は、とても参考になりました。

 

 街歩きのもう一つ重要コンテンツに、ぐるなび(グルメ・ナビゲーション?)もあるでしょう。これもアタクシの不得意科目でして、銀座でなんとかカントカご案内したことあるのは

 

 

木村屋のアンパン

 

 

 テーマソングはもちろん、「アンパンマンのマーチ♪」です!

 

 銀座でぐるなびと言えば、アタクシと同期の特派員仲間で、先日の「ハロー ラジオ・シティ」でもご一緒した中央小太郎氏がシブい味のガイディングをなさります。

 


 銀座スイーツ・ツアーという最近の記事が中央エフエムで注目され、その収録時にうかがったお話では、小太郎さんは銀座や日本橋でのぐるなびを充実させるため、最近は自らベターホームという、超有名なお料理教室に通いはじめたのだそう。和食のご案内をするために、そのお店で実際に食べるだけでなく、素材を調理する視点から、より味わい深い、美味しいおもてなしを目指す。

 


 ス・ゴ・ス・ギ・マ・ス・! 

 

 このように、中央区観光協会には、凄まじい努力と情熱を傾ける特派員がいらっしゃるのです!

 


 そういう意味では、アタクシなど、ライブでは本物の舞台を観たこともないくせに、「エラそう」に 歌舞伎座ギャラリーをご案内してみたりと、お恥ずかしいレベルで申し訳ありませぬ(>_<)

 


 今回も、関連サイトへリンク貼るだけの、腰の引けた記事しか書いてませんが、何か問題ありましたでしょうか(>_<)(>_<)(>_<)

 


 Jumiさんの、あたたかい手のぬくもりを感じる招待券(>_<)
 ↓

Snoopy_Exbition.jpg
↑ 
*注) 番組に出演された特派員さん全員にプレゼントしてます!Jumi
 

 

 ただ、まぁ

 


アタクシの意見としては、

 


 スヌーピーみたく、のんびりとお気楽に歩くような、まったりと書くスタイルを、今後「ぶら・ブログ」と命名して、新しいカテゴリーにしてみたいと考えております。


 


 

 

■ デ・ニーロ特派員による前回の「ぶら・ブログ」 


   ↓
「ハロー ラジオ・シティ」でブラ・トーク(2018年2月28日付)

 


 


 


 

 

 
<<前のページへ 1234567891011