中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


「地下謎への招待状2018」10月1日よりスタート!(中央区との関係は・・・???)

[えだまめ] 2018年9月24日 18:00

子連れ特派員のえだまめです


・・・あ、間違えました。

今回に関しては

謎解き大好き特派員のえだまめです

にしておきましょう。
 

昨年のこの時期に投稿した記事にも書きました通り

「謎解きイベント」の類が大好物のえだまめですが

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/10/post-4661.html

その後も色々めぐっておりまして。

脳みそにめいっぱい汗をかきながら

解けた時の快感を味わっております。

そんな中、東京メトロの駅の中でチラシを見つけました。

DSC_3893-1.jpg

「東京メトロ 地下謎への招待状 2018」です。

http://realdgame.jp/chikanazo/5/

2014年から始まった「地下謎」シリーズ。

今年で5回目になるようですね。

私が知ったのは2016年だったのですが、それ以降は毎年参加しています。

今年も10月1日(月)~来年1月31日(木)に開催されることになりました。
 

DSC_3895-1.jpg

詳細はチラシの裏面を・・・ですが、かいつまんで言いますと

まずは所定の東京メトロ定期券売り場にて

「東京メトロ24時間券」つきの謎解きキットを購入します(2200円)。

 ※定期券売り場:上野・北千住・東京・王子・新宿・渋谷の各駅です。

 昨年は銀座駅でも売っていましたが、そこはなくなったようですね。ご注意!

で、キットを広げて謎を解き、謎に導かれるままに

東京メトロ沿線の色々な場所を旅してみる・・・というわけです。

24時間券つき、ではありますが「謎を解く時間」そのものに制限はありません。

(まあ、1日で解ききった方がお買い得ではありますが。交通費を追加で払うことになるので。)

結構がっちり脳みそに汗をかくレベルの問題もあるので

子連れで謎解きは大変な場面もあるのですけれども。

それでも毎回頑張ってます。はい。

どんな問題なの?と気になった方は

ぜひ「練習問題」にも目を通してみてくださいね。

http://realdgame.jp/chikanazo/5/renshu/index.html

本番のキットですと、何気ない模様なども最後にものすごい大仕掛けの一部になってきたりなど、かなり凝った問題作りをされているのも大好きなポイントです。

謎の制作は「リアル脱出ゲーム」で最近有名なSCRAPさん。

クオリティの高さも納得、です。

http://realdgame.jp/
 

で、

なんでこれを「特派員ブログの記事にできる(=中央区に関連あり)」と思ったのか。

確かにこの情報だけだと「東京メトロ沿線のどこか」に行くことしかわかりませんし公式サイトにもそれ以上の情報はありません。

なんですけれども・・・。

DSC_3894-1.jpg

これ。

チラシ表面の一番下に小さくロゴが入っているんです。

コカ・コーラ社・アサヒグループ食品のロゴと一緒に

我らが中央区観光情報センターが地下1階に入っていることでもおなじみの

「京橋エドグラン」のロゴが!!!

https://www.edogrand.tokyo/

 
ここから先はえだまめのただの憶測でしかありませんが・・・

たぶん、何らかの形でこの謎解きイベントに

京橋エドグランが関わってる、ってことじゃないかしら??

どんなタイミングで、そしてどんな風に関わるのかは

実際にやってみないとわからないのですけれど。

(謎解きイベントって、導かれていく過程そのものが

驚きだったり発見だったりするから楽しいんですよね。)

これで「まったくエドグラン関係ないじゃん!」だったらそれはそれで面白いですけどね(笑)。
 
 

このイベントに参加すると、

実は近くまでは行ったことはあったけど、この角度からは見たことなかったよ!!!

みたいな場所をたくさん発見できるんですよね。

それも「謎解き×街歩き」の醍醐味です。

今回も中央区界隈(ひょっとしてエドグラン界隈??)でそんな風景を見つけることができるでしょうか?

そして、えだまめの憶測は正しかったのか??

その答えはぜひ皆さん、ご自身の目でお確かめくださいね。

※えだまめ自身がやった結果を晒すのはマナー違反(ネタバレ厳禁)なので絶対しませんよ~!

 

 

日本橋高島屋 重要文化財見学ツアー 9月25日新館オープン

[銀造] 2018年9月23日 14:00

 日本橋高島屋の店内見学ツアーに行ってきました。

先日の「ポケモンセンター」に続いて、日本橋高島屋さんの建設当時からの歴史、そして百貨店初の重要文化財指定に至るまでのご説明と店内の意匠(デザイン)に凄いこだわりがあることを知って、大変勉強になりました。 見学記念として、高島屋の建物のピンバッジを頂きました。(ポケモンのクリアファイルの上の物です)

1537318391381.jpg 

 これを付けてると、「オッ! 高島屋の事を知ってるな!」と褒められそうで、ちょっと鼻高々です。

高島屋のHPはこちらです。https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/ 9月25日には新館がオープンするのですね。

 おめでとうございます。

 

 

銀座で地産地消!「銀座はちみつフェア」

[Hanes] 2018年9月23日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
今月は3連休が2度ある嬉しい月!
この機会に銀座や築地等、中央区に遊びに来られる方も多いのではないでしょうか?
 
先月、ブログにて「はちみつフェスタ2018」をレポートし、
銀座でも養蜂が行われていることをご紹介しました

HF0-.jpg

【関連記事】
毎年行きたくなる!「はちみつフェスタ2018」(前編)
毎年行きたくなる!「はちみつフェスタ2018」(後編)

こちらのフェスタは年に1度の開催ですが、
「今年行きそびれた」という方に嬉しいお知らせがあります!
9月20日(木)~10月2日(火)、マロニエゲート銀座1・2の対象カフェ&レストランにて、
マロニエゲート銀座の屋上産はちみつを使ったオリジナルメニューが楽しめる「銀座はちみつフェア」が開催されます

QueenBee.JPG
(※銀座のみつばちではありません。海外の養蜂施設見学時に撮影。)
 
こちらでは、はちみつを使った料理(おつまみからメインまで)、スイーツ、
ドリンク(ノンアルコール、アルコール)がいただけます
詳しいメニュー等はこちらからご覧ください。
 
このフェアは銀座では珍しい地産地消の取り組みの一つで、
提供されるメニューでは、季節の花から採れたはちみつが使用されているそうです!
この機会に銀座のはちみつを味わってみてはいかがでしょうか

 

 

第11回 EDO ART EXPO / 第7回東京都の児童・生徒による"江戸"書道展

[wienerhorn] 2018年9月22日 14:00

江戸書道展チラシ_ページ_1.jpg2018年9月21日(金)~10月9日(火)の間、第11回「EDO ART EXPO」が開催されます。これは、NPO法人東京中央ネットが主体となり、東京都中央、千代田、港、墨田区の名店、企業、ホテルや文化・観光施設などの既存の建物をパビリオンに見立て、「江戸の美意識」をメインテーマに、江戸から続く伝統や文化、歴史を紹介する事業です。
このイベントのひとつとして、第7回「東京都の児童・生徒による"江戸"書道展」が開催されます。応募総数4,000点以上の中から、72社のスポンサー企業による381点以上の企業賞が贈られ、各地で展示されます。力作ぞろいですので、ぜひ会場に足を運ばれてはいかがでしょうか。
入賞者、作品、展示会場などは、NPO法人東京中央ネットのホームページで見ることができます。

 

 

蘇嶐窯 作陶展  ~ 日本橋木屋本店 izutuki ~

[rosemary sea] 2018年9月22日 12:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をコモン・センスとして取材します、rosemary sea です。

IMG_20180912_192216 (2)a.jpg

IMG_20180912_192246 (2)a.jpg

老舗刃物店の日本橋木屋本店さん、併設されたギャラリー izutuki では9月6日(木)から10月3日(水)まで、 - 土に命を -  蘇嶐窯 作陶展 を開催中です。

株式会社木屋 日本橋本店 金子店長にお世話になりました。

また、同店小売部 野寺美季子(のでら みきこ)さんに詳しいご説明をいただきました。

『 』の言葉は野寺さんのご説明です。

IMG_20180913_132850_1a.jpg

IMG_20180912_200106 (2)a.jpg蘇嶐窯(そりゅうがま)・・・

初代湧波(わくなみ)蘇嶐さんより、湧波家が代々受け継ぐ青磁の器。

四代湧波隆(たかし)さんは、京都市東山区清水に、奥様まどかさんと工房を構えておられます。

京都・清水焼と、まどかさんに伝わる福岡・小石原焼(こいしわらやき)の技法を融合し、作陶活動をされています。

その作品は美しさと機能性を兼ね備えた商品となり、食卓に彩りを添えるものとなります。

『特徴は"練り込み青磁"と言いまして、磁器の上にそのまま釉薬(ゆうやく)をかけるのではなくて、土自体に青磁の釉薬を練り込んで、更に青磁の釉薬をかけています。

ですからとても深みのある色が出ています。』

 

・・・作品のご紹介の前に道具をご説明。

IMG_20180913_132536 (2)a.jpg

飛鉋(とびがんな)【左上】

古時計のゼンマイを加工して作られた道具。

ろくろを回転させながら、土の表裏に刃先をあてると、柔らかい土にかんなが引っかかり、連続した幾何学的な文様が入ります。

柄(え)ゴテ【右】

壺や花瓶の成形時、首を細くする際に、内側に入れて土を伸ばします。

木ベラ【中央】

皿や湯呑の成形時に、ラインを整えるため使用します。

 

・・・それでは作品のご紹介です。この記事内の画像は全てクリック拡大できます。

IMG_20180913_131630 (2)a.jpg

Spiral 108,000円

陶器と竹のコラボによるリースです。

青磁飛鉋の陶器に、竹工房喜節(きせつ)の職人・細川さんに竹を編み込んでもらい、伝統と革新をテーマに新しいものづくりに挑戦されています。

 

IMG_20180913_131608_1 (2)a.jpg IMG_20180913_131702 (2)a.jpg

IMG_20180913_131734 (2)a.jpg IMG_20180913_131748 (2)a.jpg

IMG_20180913_131810 (2)a.jpg IMG_20180913_131826 (2)a.jpg

IMG_20180913_131615 (2)a.jpg青磁飛鉋の豆皿 2,160円  10,800円  5,400円 三つ足ボウル 8,640円 フリーカップ 6,480円 カップ 4,320円 5寸皿 6,480円

練り込み青磁の生地に飛鉋を入れることで、削られた溝に釉薬がたまり、深い青磁の青の中にさりげない文様が浮かび上がります。

 

  

IMG_20180913_132248_1 (2)a.jpg IMG_20180913_132303 (2)a.jpg

IMG_20180913_132330 (2)a.jpg IMG_20180913_132350 (2)a.jpg

IMG_20180913_132039 (2)a.jpg IMG_20180913_132105 (2)a.jpg

掛分(かけわけ)飛鉋の茶椀 5,400円 冷酒器 5,400円 マグカップ 7,560円 カップ&ソーサー 11,880円 フリーカップ 6,480円 カップ 4,320円 

磁土で成形した生地に飛鉋を入れ、上下・内外で2種類の釉薬を掛け分けています。

『(掛分のお品は)京都・清水のお店で、欧米のかたにとても人気だそうです。』

『カップ&ソーサーはお皿とカップで使い分けていただくこともできるそうです。』

 

IMG_20180913_131900 (2)a.jpg IMG_20180913_131919 (2)a.jpg

IMG_20180913_131948 (2)a.jpg藍釉カップ 鉄赤カップ 灰釉カップ 各4,320円

デザートや小鉢、ドリンクでも万能に対応できます。

 

 

 

  

 

 

 

IMG_20180913_131509a.jpg IMG_20180913_131528a.jpg

IMG_20180913_131550 (2)a.jpg IMG_20180913_131450 (2)a.jpg

灰釉プレート 鉄赤プレート 藍釉プレート それぞれ 大 10,800円 小 4,320円

縁には飛鉋をあしらっています。盛り映えのする1枚です。

『(右下の画像、裏面の二重の白い円は)二重高台(にじゅうこうだい)と言います。

焼く時にここに高台をつけないと、くぼんでしまって平らにならないそうです。』

 

IMG_20180913_132659 (2)a.jpg IMG_20180913_132732 (2)a.jpg

礎(いしづえ)ピアス 4,860円 フープピアス 11,880円 ネックレス(20連) 10,800円

ろくろ作業時に出る副産物を加工したもの。涼しげな魅力があります。

同じかたちはひとつもなく、一期一会の出会いになります。

『ろくろで最後に器を切って取りますね。そのろくろの台に土が薄く残ってしまうそうなんです。

それが自然に乾燥してひび割れます。それをひとつひとつ生かします。』

 

IMG_20180913_132811 (2)a.jpg

上の段から、円ブローチ 大 6,480円 小 4,320円 中 5,400円 最下段、イヤリングもございます。

飛鉋の文様をまるくくり抜きました。

あえて側面に釉薬をかけず、質感を残しています。

帽子やバッグのワンポイントにも、大きさ違いで2つ身につけても素敵です。

 

IMG_20180913_132139_1 (2)a.jpg IMG_20180913_132204 (2)a.jpg

IMG_20180913_132225 (2)a.jpg IMG_20180913_132420 (2)a.jpg

IMG_20180913_132434 (2)a.jpg IMG_20180913_132439 (2)a.jpg

時の雫(ときのしずく)ネックレス 白 10,800円 ゴールド 11,880円 チョーカー 白 12,960円 ゴールド 14,040円 フックピアス 白 12,960円 ゴールド 14,040円 イヤリング 白 14,040円 ゴールド 16,200円 ブローチ 白 7,560円 ゴールド 8,640円 スクッドピアス 白 14,040円 ゴールド 16,200円

飛鉋の際にこぼれ落ちる欠片を丁寧に焼き上げ、ガラスのドームに入れたものです。

ゴールドは箔師さんに金を貼ってもらっています。

『削られた破片をアクセサリーに生かしています。新しい試みをされています。』

 

 お知らせ

22日(日・祝)・23日(月・振替休日)には京都より、四代湧波蘇嶐・湧波隆さんが会場にいらっしゃる予定です。

IMG_20180913_133345 (2)a.jpg IMG_20180913_133327 (2)a.jpg

日本橋 木屋

日本橋2-2-1 COREDO室町1 1階

東京メトロ半蔵門線・銀座線 三越前駅 A6出口すぐ

03-3241-0110

営業時間  10:00~20:00

元日を除き休まず営業です。

 

木屋さんのホームページはこちら

⇒ http://www.kiya-hamono.co.jp/

 

 

小さい秋の金魚たち

[小猿] 2018年9月22日 09:00

9月も半ばになって、ようやく秋の気配のこの頃、日本橋の夏の風物詩の金魚は, , , 今も元気,に泳いでいました。江戸の知恵に習い、五感で涼を楽しもうという 「ECO EDO 日本橋 2018」、アートアクアリウム始め、金魚スイーツ&バルにたくさんのお店が参加して、今月24日までのお祭りです。

写真 2018-07-06 14 20 16.jpg

今年は提灯が金鳥とコラボしていました。(白いのが日本橋の夏、赤いのが金鳥の夏)大日本除虫菊株式会社(金鳥)は東京支社が日本橋にあり、蚊取り線香「金鳥の渦巻」はエコ商品の先駆けとして、発売から100年以上、今も多くの家庭で使われていますね。

写真 2018-09-17 11 52 08.jpg 写真 2018-09-17 16 07 06.jpg

        玉いの穴子ちらし寿司           工芸菓子の金魚

写真 2018-09-17 17 50 51.jpg 写真 2018-09-20 16 07 08.jpg 写真 2018-09-20 15 15 43.jpg

金魚のような、これは鯛のかまぼこです(日本橋とやま館)  スィーツも秋の色に(三井記念美術館カフェと門前茶屋 雲母橋カフェ) にて

写真 2018-09-20 15 34 24.jpg 写真 2018-09-17 16 06 12.jpg 写真 2018-09-19 14 43 59.jpg

日本橋金魚スィーツ&バルメューを食べてシールを3つ集め、日本橋案内所で豪華賞品が当たる抽選会に参加しましょう。