中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


環状第2号線施設見学会

[CAM] 2018年9月17日 14:00

 9月15日に開かれた「環状第2号線施設見学会」に参加してきました。

IMG_1505.JPG

IMG_1514.JPG

築地大橋銘板の揮毫は、舛添要一氏です。

IMG_1524.JPG

 築地大橋上から、築地市場、勝鬨橋を望む。

IMG_1515.JPG

晴海選手村の建設も進んでいるようです。

IMG_1503.JPG

 環状2号線は、これまでに外堀通りの区間など約9kmに加え、2014年3月には新橋から虎ノ門までの約1.4kmの区間が開通していますが、このたび豊洲から築地までの約2.8kmの区間が暫定開通することになったものです。引き続き、本線トンネル工事を進め、2022年度の全線開通を目指しているとのことです。

しかしながら、築地市場の豊洲移転が延伸されたことにより、全線開通がオリンピックに間に合わなくなったことから、オリンピック時の首都高の混雑混乱はかなりのものとなることも懸念されているようです。なんとか、円滑に開催されることを祈りたいですね。

 

 

神輿 八雲立つ天王祭

[あすなろ] 2018年9月17日 12:00

秋の気配ただよう今日この頃ですね。

四年に一度となる小舟町八雲祭(天王祭)が
斎行されました。その歴史は古く、今から350年前の
江戸時代になります。

 八雲.jpg

 『八雲立つ
  出雲八重垣 妻ごめに
  八重垣作る その八重垣を』

御祭神は、建速須佐之男命です。

堀留公園内の八雲神社御旅所(御仮屋)から
豪華絢爛な神輿が小舟町を渡御します。

平成の大修復で、
その雄姿が鮮やかに蘇った神輿は必見でした。

 神輿.jpg

南伝馬町牛頭天王社と大伝馬町八雲神社の三社を
あわせて「江戸の三天王」と称されます。

神輿を上下する"揉み担ぎ"は、天王祭がルーツ
といわれています。

◆堀留公園 ※9月16日御仮屋撤去
 東京都中央区日本橋堀留町1-1-6

 

 

五箇先生に聞く!外来生物の今〔環境情報センター〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月16日 18:00

京橋3丁目の東京スクエアガーデン6階京橋環境ステーション内にある環境情報センター研修室で、環境情報センターの開館5周年を記念して、講演会が開催されます

hiari201801.jpg

講師は、最近よくマスコミにも登場されている五箇 公一先生国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 生態リスク評価・対策研究室 室長)で、「五箇先生に聞く外来生物の今」と題する講演です

hiari201802.JPG

近年、ヒアリセアカゴケグモカミツキガメ等々動物から植物まで含めた外来生物の問題が、私たちの暮らしに直接影響を及ぼしています

このタイムリーなテーマで、五箇先生がわかりやすく講演してくださるそうです

講演日は、10月21日14:0015:30

場所は、環境情報センター研修室です。

対象が、高校生以上の区内在住・在学・在勤者となっておりますので、ご注意を

定員は120名で、申し込み多数の場合は抽選となるそうです

参加費は無料

hiari201803.JPG

申し込み受付開始は、9月21日)からだそうです

電話での申し込みもHPからの申し込みも可能です

関心のある方は是非お申込みください

環境情報センターのHPはこちら ⇒

https://eic-chuo.jp/

 

 

10月下旬ー11月上旬開催 セミナーのご紹介 ~白鶴 銀座スタイル~

[rosemary sea] 2018年9月16日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』についてコンサルテーションして取材します、rosemary seaです。

 

白鶴 銀座スタイル(HAKUTSURU GINZA STYLE)さん、繰り返しのご説明となりますが、ここ銀座から日本酒のあるライフスタイルを発信することを目的として設けられました。

2006年以降、主に日本酒に関する様々なセミナーを開催されています。

教室がイメージできます過去記事、「セミナー教室はこのようになっております」はこちらです。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/05/post-4353.html

 

今回は現在募集中の10月下旬ー11月上旬セミナーを3つご紹介します。

今回も白鶴酒造株式会社 白鶴 銀座スタイル 福本さんにお世話になりました。

それでは・・・

ハロウィンHP.JPG

ハロウィンにもぴったりのお料理セミナー

日本酒で簡単おしゃれな"おもてなし"

10月25日(木)開催

   講師:料理研究家/利き酒師 かわごえ直子先生

   参加料:5,000円(お料理・お酒・お土産付き)

   時間:18:45~20:15

   応募締切:10月10日(水)

料理研究家/利き酒師のかわごえ直子先生を講師に招き、日本酒をおしゃれに楽しむおもてなしセミナーを開催します。

わずか3ステップで完成する簡単でおいしいレシピや、お料理をおいしく見せるコツを学べます。

さらに、100均グッズでインスタ映えするテーブルコーディネート術もレクチャーされます。

なお、ご紹介したお料理はその場で日本酒と一緒に楽しめます。

このセミナーは講師の実演を見学するスタイルですので、ご参加の皆様は手ぶらで参加できます。

HPカクテル.jpg

日本酒をもっと自由にカジュアルに

"日本酒カクテル"を楽しもう!

11月1日(木)開催

   講師:白鶴酒造 研究室 徳井美里(とくい みさと)さん

   参加料:4,000円(お弁当・お酒・お土産付き)

   時間:18:45~20:15

   応募締切:10月17日(水)

日本酒をもっと身近にする日本酒カクテルセミナーを開催します。

日本酒の基礎知識を学びながら、日本酒好きなかたはもちろん、日本酒が苦手なかたにもおすすめの、ご自宅で手軽に作れる簡単レシピをご紹介します。

ここで作られた日本酒カクテルは、実際にその場で試飲することもできます。

日本酒の新たな魅力とふれあいませんか?

化粧品HP.JPG

<昼夜選べる2回開催セミナー>

日本酒×乾燥に負けない美肌ケア講座

2回とも11月8日(木)開催

   講師:白鶴酒造 化粧品事業部 垣内稚子(かきうち わかこ)さん

   参加料:昼2,000円(お酒・デザート・お土産付き)

       夜4,000円(お酒・お弁当・お土産付き)

   時間:14:00~15:30

      18:45~20:15

   応募締切:10月24日(水)

"お酒とお肌のいい関係"をテーマにした美肌セミナーを開催します。

古くからお肌に良いといわれています日本酒や酒粕の効果や、乾燥に負けないスキンケアの方法をレクチャーされます。

女性にも飲みやすい日本酒を、昼の部はデザートと、夜の部は季節のお弁当とともに楽しめます。

当日はお化粧品をお肌に塗布しますので、ご自身のお肌の状態に合わせてご参加ください。

食事やデザートを楽しみながら和やかな雰囲気で行いますので、お一人でのご参加もお気軽にどうぞ、お待ち申し上げております。

 

 内容に若干の変更ができる場合があります。

 応募者多数の場合は抽選となります。

  (どのセミナーも人気です。抽選になる確率が高くなっております。)

  詳しくは文末に示しましたホームページをご覧ください。

 

白鶴ビル外観a.jpg白鶴 銀座スタイル

(HAKUTSURU GINZA STYLE)

銀座5-12-5 白鶴ビルディング7階

歌舞伎座の信号角、向かい側のビルです。

【お問い合わせ】

電話 03-3543-0776

9:00~12:00 ・ 13:00~17:00

(土日祝除く)

詳細・セミナー応募先はこちら

⇒ http://www.hakutsuru.co.jp/g-style/

 

 

濱口健 個展「Selected Old Stuff Vol.3」〔メグミオギタギャラリー〕

[ジミニー☆クリケット] 2018年9月15日 18:00

hamag201801.JPG

銀座2丁目、銀座大塚ビル地下1階にあるメグミオギタギャラリーで、現在、濱口健氏による3回目個展Selected Old Stuff Vol.3」が開催されています

hamag201811.JPG

開催期間は、9月7日)から9月29日)までです。

開廊日は火曜日から土曜日までで、時間は11時から19時までです。

祝日お休みです。

hamag201805.JPG

濱口氏は、大学で日本画を専攻された後、イラストレーションを中心に活動してこられたそうです

hamag201802.JPG

会場に入って、まず驚かされるのが「お経観音経)」がびっしりと書かれた下に、細密に描かれたラーメン)の絵、それを取り巻くヌード写真コラージュ。これらが連作で10点ずらりと並んでいます

hamag201803.JPG

圧倒的な描写力力強さ何の関係も無い(はず画題の組み合わせがさまざまな妄想を掻き立てます

hamag201804.JPG

ギャラリーのHPにはこのような紹介文が載っています

『「バカバカしい絵」とか「しょうもない絵」に一生をかけてどれだけの力を注ぐことができるのか?が作家としての一貫したテーマであり、描かれた文字やモチーフ同士の組み合わせのズレちぐはぐさを自身の技術作品に昇華させていることが濱口作品の大きな特徴です。』

hamag201806.JPG

動物レコードジャケットの作品群からも、作者の技量パワーが感じられます

hamag201807.JPG

また、会場全体から感じられる「昭和」な感じが、なつかしくもあり、郷愁を誘うようで、心地よいです

hamag201809.JPG

まさに、「無意味の意味がわかるような展示」を是非、ご体験ください

hamag201808.JPG

展示されている看板画の集大成ゴジラの大作は、濱口氏の卒業制作の作品だそうです

hamag201810.JPG

なお、今回も、ギャラリー内での写真撮影についてはご了解をいただき、今回展示されている作品についての説明等をいただきました

ありがとうございます

メグミオギタギャラリーのHPはこちら ⇒

http://www.megumiogita.com/

芸術芸術芸術

 

 

『わくわくツアー』 築地場外市場コース その1

[CAM] 2018年9月14日 12:00

 9月6日、「『わくわくツアー』築地場外市場コースその1」を担当しました。

 

この秋には豊洲移転をひかえた築地市場ですが、場外市場も相変わらず多数の外国人をはじめとする多くのお客さんでにぎわっていました。

 

 まず、「珍味高木」さん

 

昭和26年に先代が珍味高木を設立以来56年。現在二代目社長が後を継ぎ、いわゆる昔からの珍味から現代の珍味物いろいろ取り揃えて営業しています。お店は波除神社前の通りです。都内ホテル、高級割烹料理店等を取引先としていますが、一般の方に喜んで頂ける珍味もあります。

 

主な取扱商品

このわた 、莫久来 、本からすみ 、本くず粉 、生麩各種 、鴨肉 、当たり胡麻 、ポン酢各種 、くらげ 、味噌各種

(以上は、同社HPから)

IMG_1475.JPG

 

 

次は「玉子焼大定」さん

 

大定(だいさだ)は、東京築地中央卸売市場(魚がし)の本店(場外市場)、支店(場内市場・魚がし横丁)で永く営業いたしており、全国の高級寿司屋、高級料理店、デパート、高級スーパーなどで幅広くご愛顧いただいております。玉子焼の製造業として初代より 90 年の歴史があり、昨今機械で焼く玉子焼が多いなか、手焼の高級玉子焼を提供しており、お客様より絶大なる信頼をいただいております。

(以上は、同社HPから)

 

IMG_1482.JPG

続いて、「秋山商店」さん

 

元祖削り節、元祖糸がきの店として知られる秋山商店、大正五年(1916年)創設の老舗です。
 秋山商店は大正五年、秋山銀次郎により芝で創業しました。大正十二年の関東大震災により、それまで日本橋にあった魚市場が築地に移転すると同時に、銀次郎は築地に店を移しました。いまでこそ多くの鰹節店がありますが、当店はそのさきがけでした。場外の今の地に本店を、場内にも店舗を出し商いをスタートさせました。
 銀次郎が他店に先駆けて行ったのは、お店で削った削り節を日本で初めて商品化したことです。それまでは使う人が、自分のところで削っていたのです。また、銀次郎がもう一つ編み出したのが「糸賀喜」です。それまでは板前さんがガラスの破片で削ってつくっていたのを、メジマグロだけを使い、機械で削ったのが始まりです。美しい色合いの糸賀喜は評判がよく、今でも当店自慢の商品です。

(以上は、同社HPから)

 

IMG_1492.JPG

 

 最後に、「鳩屋海苔店」さん

 

鳩屋海苔店は、1930年に創業した築地の乾海苔問屋です。

皆様の食卓を彩る海苔など乾物を扱い、有明産など日本全国の海苔を豊富に取り揃え、焼き海苔だけでなく様々シーンにあった海苔をご提案いたしております。

また、海苔のみならずナッツやドライフルーツなど乾物食品も豊富に取り揃え。3代目代表鵜飼の威勢のいい声と築地場外の街並みに今なお残る下町の粋を感じることができる土産屋としても親しまれております。

築地場外にある本店・新店の2店舗では試食も行っており、全ての商品をお試しの上ご購入いただけます。               

(以上は、同社HPから)

IMG_1498.JPG

 波除稲荷神社も訪ねました。

 

IMG_1496.JPG