中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座ファミリー麻雀教室

[王冠とあざみ] 2018年4月 3日 16:00

東銀座に、紳士淑女が

連日通い詰めている、ホットな場所があります。

 

それが「銀座ファミリー麻雀教室」!!

街場にあるような麻雀屋さんとは違い、

麻雀教室の専門店。

麻雀卓は10台。

つまり毎日、先約の40名にて

清く美しく正しく、調和のとれた

熱戦が繰り広げられているのです。

 

今回、お話しを伺ったのは

運営責任者の林正弘先生。

ck1216_20180402 (2).JPG 

 

以前は、普通に麻雀屋さんだったけれども

バブル景気が弾けた頃に

お得意様だった「電通」の移転もあり

1995年、麻雀屋さんから、麻雀教室へと経営方針を転換されたそうです。

 

それからは、

「麻雀」につきまといがちなダークなイメージを一掃。

賭け厳禁&禁煙!!

 

麻雀を通じて

『心の豊かさ』『笑顔』『人格の向上』を追求していくことを使命として、

アットホームな雰囲気の中、信頼と実績で23年。

クリアでハッピーな教室を運営されています。

 

「運営していく上で、ご苦労な点は有りますか?」と質問しましたところ、

「レベルとお人柄を考えて、4人組みを作ることですね。」との即答。

なるほど。お父さん、お母さん、三兄弟の5名での家族経営ですが、

確かにそのうち3名は必ず待機しているのも納得です。

 

麻雀屋さんのご子息(長男)でありながら

正弘先生が麻雀をするようになったのは 学生の頃に友達と。

お父さん、お母さんからは 一切、手ほどきを受けていないそうです。

昔、知人が、ギャンブルが原因で夜逃げをせざる終えなかった事を目の当たりにし、

ショックを受けたそうですから

少なからず、葛藤のようなものがあったのかもしれませんね。

 

それでも、大学生の時、お昼間に家業の手伝いをするようになり、

就職も決まっていたそうですが、、、

「家族会議の結果、こうなりました」と

にっこり。(^∇^)

 

だからこそ、マナーが乱れることを嫌い、

常に調和が保たれるように

細やかな配慮で対応されています。

 

さて、実はわたしもバブルど真ん中にOLデビューしていますので、

当時の上司達に、あらゆる遊びを伝授されており、麻雀もそのひとつ。。。

また、通勤途中やトイレの中でゲーム機と対戦すること20年。

継続は力なりとはよく言ったもので

当初はレベル1でもゲーム機に負けていたのに、

もはやレベルMAXでも、たいていゲーム機に圧勝している自分がいました。

 

と、なると、本当に麻雀卓で生身の人間と対戦してみたくなるもの。

そこで、5年前に、初めて「銀座ファミリー麻雀教室」のドアを開いたのでした。

 

現在、教室には

正弘先生のブログを見てご興味を持った方をはじめ、

人気漫画「咲」(実写ドラマ化、映画化)に触発されて、という若い人、

本場、中国人の方もいらっしゃるそうで、

多少のローカルルールの違いはあるものの

基本的なルールを知ってさえいれば

麻雀卓を囲んで、直ぐに新たな出会いが生まれるのも麻雀の魅力ですね。

 

そしてまた、ここは教室ですので

まったくの初心者でも、最初の一歩から懇切丁寧に教えて頂けますし、

飲食の持ち込みもOK!

 

もし、これまで「あなたの知らない世界」

だとしても、

気軽に、元気発剌に、心地良く過ごせる場所ですので

何か琴線にふれるものがあれば

ぜひ、新たな扉をノックしてみくださ!!

 

◆銀座ファミリー麻雀教室

http://ginza-family.com/index.html

ck1216_20180402 (1).jpg 

 

 

3/19日!?には8分咲き?早く行かなくては!

[朱房の十手] 2018年3月21日 18:00

陽光桜と云う名前です。 でもバラ科です!朱房の十手3 .jpg

DSCN1056.JPG

3/13日 午前6時30分頃に銀座三越前で撮影。


作業員の方から伺いましたが、週末にはパラパラ咲くとのことでした。!


天城吉野と寒緋桜を交雑させて作りだしたそうです。寒さにも,暑さにも強い品種。見ごろの期間も長いそうです。

2015年に俳優の笹野高史さんが、陽光桜を誕生させる物語の映画にもなりました。銀座でお買い物がてらにご覧になってみては。

 

 

江戸時代 秤が無ければ商売はどうなるかな?

[朱房の十手] 2018年3月15日 09:00

朱房の十手3 .jpgDSCN1035.JPG江戸秤座跡

秤座は江戸幕府により秤の基準を統一するために創った事業所です。

 

承応2年(1653)から明治8年(1875)まで続きました。江戸は守随家、京都は神家によって製造、頒布、修理が行われ、守随家は東国33ヵ国を受け持ちました。

 

東国では、守随秤座以外の秤を使用することも、製造することも、守随姓を名乗ることもできませんでした。それほど幕府に保護されていました。

 

明暦の大火(1657年)が起こり10万人もの方々が亡くなり、江戸城の天守閣も焼失する大惨事がありました。守随秤座工場も焼失しましたし、材料の木も焼失しました。その中で対応できない程の注文が殺到したことでしょう。守随家では、火災に備えて材料の木(十分に乾燥させて歪みや変形せぬ木)を江戸郊外に備蓄していたそうです。備えあれば患いなしですね。

日本橋高島屋のすぐそばです。お買いもついでにお立ちよりください。

 

 

日比谷線利用が便利になります

[下町トム] 2018年3月 7日 12:00

日比谷線13000系_R.jpg中央区内にはいくつもの鉄道路線が走っていますが、最近注目を浴びているのは「東京メトロ日比谷線」でしょう。
というのも、この沿線には「銀座」「築地」「人形町」など、中央区の屈指の観光名所があるうえに、東武スカイツリーラインとの相互直通運転、中目黒で東急東横線と接続していることから埼玉県東部や神奈川県東部との地域交流にも大いに役立っています。

 

日比谷線_東武70000系_R.jpg今年度からは東京メトロ13000系と東武70000系という新型車両がこの路線に投入され始め、徐々に増えています。従来の車両が18m車8両編成だったのを、20m車7両編成に改められています。大変乗り心地がいいのでまだ乗ったことのない方は是非お試しください。この両者の車両はほぼ同じ仕様で製作(近畿車両製造)されています。乗り比べてみても面白いですよ。

 

地下鉄乗り継ぎ拡大.jpgただ、しいていうとちょっと不便だったのが、有楽町線、半蔵門線との乗り換えです。これらの線との乗り換え接続駅がこれまで無く、たとえばたとえば「築地駅」と「新富町駅」はすぐそばなのに別の駅扱いでしたから、いったん改札を出るともう一度初乗り運賃が適用されました。わざわざ遠回りする人もいたでしょう。

路線図2.jpgところが、3月17日から新たに「築地⇔新富町」「人形町⇔水天宮前」が乗換駅(地上乗換)に設定されます。これでいったん改札を出ても30分以内の乗換なら運賃は通算されます。定期券も通しで発行可能になります。これは便利です。

都営浅草線の人形町駅も、半蔵門線水天宮前駅と乗換駅扱いになるそうです。これらを考え合わせると、いろんな乗換方法が選べることになります。これを機に日比谷線を中心に、路線をうまく使って中央区内や、他地域の交流がより活性化することを期待しています。

 

 

隅田川テラスで春のお散歩、フォトスポット攻略マップ。

[柴犬] 2018年3月 7日 09:00


東京都心部を流れる隅田川。この川沿いを、親水公園やテラスとして整備し始めて数年が経ちました。流域全ては完成していませんが、すでに地域の人や観光客、ランナーさん達の憩いの場として定着しています。東京湾岸から浅草方向までほぼノンストップで歩けるとってもオススメの散歩コースです。歩行者のみで車両(自転車含む)は入れませんので安全です。


公式HP 集まれ!隅田川


今回はこの隅田川テラスの中央区部分、両国橋から永代橋の手前までを、画像たっぷりで解説します。歩いてみたいけどよく知らないからめんどくさい...という方に是非!撮影にぴったりの場所や、穴場の桜鑑賞スポットもありますよ。


IMG_1877.jpgこのような感じで、スカイツリーや国技館などの観光地を眺めながら広ーいテラスを歩いてゆきます。


IMG_1885.jpg画像が見辛いかもしれませんが、今回ご紹介するのはこの流域です。


まず、入り口は両国橋から。


IMG_1872.jpg


一つ目の入り口です。反対側は、今まさに工事中。


IMG_1871.jpg

あと一ヶ月ほどで完成予定です。ちなみに、親水テラスを1㎡工事するのに、約33万円かかります。この場所の総工事費は、約116400千円!花壇に何が植えられるのか楽しみですね。


IMG_1874.jpg2分ほど歩くと、すぐに二つ目の出入り口があります。

ディズニーランドかと思うような階段。中々の撮影スポットです!ここを上がると「東日本橋一丁目歩道橋」。周囲には日本橋中学校があります。かつて矢ノ倉と呼ばれていた地域です。川沿いのテラスも素敵ですが、上に上がると、


IMG_1875.jpgこのように道路よりだいぶ高くなっていて、柳がたなびく趣ある散歩道となっています。ここを走っているランナーさんも多いです。


さて、テラスに戻って歩きます。


IMG_1876.jpgここもまた、中々の撮影スポットです。


2分ほど歩くと三つ目の出入り口が。


IMG_1878.jpgここも素敵ですね。上に上がると、様々なテレビ番組が撮影されていることで有名な「浜町スタジオ」があります。

また、この場所は「東京水辺ライン」の発着場にもなっています。


IMG_1880.jpg

水路を利用して都内を移動したい方、船の観光を楽しみたい方は是非!



テラスの壁側には、江戸時代のこの辺りの景色が描かれた浮世絵のパネルがたくさんはめ込んであり、気分を盛り上げてくれます。


IMG_1881.jpgまた、水辺にもギリギリまで寄れる箇所があり、楽しいです。


IMG_1882.jpg

2分ほど歩くと、4つ目の出入り口が現れます。


IMG_1883.jpg今までよりことさら大きいこの出入り口はどこに繋がるかというと...


IMG_1884.jpg一部の方には「ポケモンの巣」でお馴染み、「中央区総合スポーツセンター」です。都営地下鉄浜町駅もすぐそばです。そこそこ広い公園ですので、お祭りやイベントも度々行われており、早朝や夕方にはたくさんの可愛らしいお犬様たちがお散歩なさってます。動物好きな方には眼福な場所です。

テラスに戻ります。


IMG_1887.jpg穏やかな早春の隅田川です。見えているのは新大橋です。大正12年に起きた関東大震災で、この橋の上に避難した多くの人が救われたため、「人助け橋」とも呼ばれました。現在の橋は昭和51年に架けられたものです。区民有形文化財指定。


そこから3分ほど歩くと、五つ目の出入り口があります。


IMG_1888.jpg

ここを上がると直接新大橋に繋がっているので便利です。


このあたりに、なんとドッグランがあります!


IMG_1889.jpg

IMG_1890.jpg十分走れるドッグランです。その名も「わんわん広場」。利用は、平日は午前7時から午後8時30分、土日祝日は午後3時30分までです。利用料はもちろん無料、飲食や喫煙、犬の訓練やブラッシングは禁止です。


ここからすぐに、六つ目の出入り口があります。


IMG_1892.jpgここを上がると箱崎で、アパホテルなどビジネスホテルがあります。かつては中洲と呼ばれていました。ここは夜になると暗くて人通りもなくなるので、一人で出歩くのはあまりおすすめしません。明るいうちは楽しいです!


ここから3分ほどで、7つ目の出入り口があります。


IMG_1893.jpgここは日本橋消防署浜町出張所に直結している階段なので、時々、訓練している消防士さんが見られます。


IMG_1894.jpgかっこいいですね。

さて、スタート地点の両国橋から大分歩いてきました。ついに、隅田川が誇る美女・清洲橋が見えてきました!


IMG_1895.jpg3分ほどで、八つ目の出入り口があります。


IMG_1896.jpgここを上がると清洲橋、イオンなどがあります。


IMG_1900.jpg

清洲橋は国の重要文化財指定を受けています。関東大震災後の昭和3年に、復興事業として新しく架け替えられました。ドイツのライン川に架かる吊り橋を元にデザインされたのですが、元となったライン川の橋はなくなってしまったそうで、ここにあの橋がある!と、ドイツの方が見にこられたりしています。



清洲橋を対岸に渡ると、今やイーストトウキョウの代名詞となったおしゃれエリア、清澄白河です。

今、隅田川の中央区側をずっと歩いているわけですが、対岸は江東区。平賀源内や松尾芭蕉ゆかりの地です。こちらもとっても楽しくて美味しいところ。


IMG_1899.jpg

隅田川テラスには椅子もたくさん置いてあるので、疲れた時や荷物整理をしたい時にもに安心です。清洲橋付近にはテーブル付きのお休み処もあるので、お弁当を食べるにもいいかもしれません。


IMG_1898.jpg

IMG_1901.jpgポイントは、水面から最大限離れていることです!水面のすぐ近くに椅子やテーブルがセッティングしてある親水公園は結構多いのですが、酔う恐れが高いです...。



5分ほど歩くと、九つ目の出入り口。


IMG_1902.jpgダイワハウスリバーゲートです!近くには水天宮などがあります。

建物が大きなゲートにようになっていて、街側を歩く人も川辺の景色を楽しめるように、風が通るように設計されています。さすがダイワハウス。



そして、すぐ近くには10個目の出入り口。


IMG_1903.jpg箱崎IBMです。

ご覧の通り、この辺りは桜がたくさんに植えてあり、春になるととても美しいです!いわゆる観光地ではなくビジネス街のため、あまり知られていないようで、穴場のお花見スポットです。橋がライトアップされるので、夜桜を見るには絶好のロケーションです。



ほどなく11個目の出入り口があり、隅田川テラスは一旦終了です。


IMG_1905.jpg

日本橋川を隔てて向こう岸は新川エリア。永代橋とリバーシティ21が見えています。

豊海橋を渡ったあちら側にも隅田川テラスは続いています。地続きで行けるのは永代橋の手前までです。


長らくお付き合いいただきましたが、両国橋からここまでで、スタスタ歩いたら30分もかかりません。ちょうど良いお散歩コースかと思います。テラスの途中にもこのような


IMG_1897.jpg地図があちこちにありますので、どこから街側に上がるか、あるいは水路を行くのかも迷わずに済むかと思います。



暖かくなると、隅田川テラスではたくさんのお花が咲きいてとっても華やかになります。間も無く工事が完了する隅田川テラス、どうぞ、お花見がてらお散歩しにきてください。浅草・墨堤まで隅田川を歩くのも楽しいですよ!一時間ほどです。

 

 

銀座地下道 銀座シックスへの通路 東銀座への通路

[銀造] 2018年2月16日 14:00

 2月になって、日比谷駅で下車すると大きな旅行鞄を抱えたご婦人が何やら困った様子でしたので、話しかけました。

旅行鞄を買いに来たのだが、銀座線の駅へのアクセスが分からなくなったとの事でした。 地下道を、カバンを購入したというビックカメラの店舗の前を通り、交通会館の建物の中を経由して、Itocia のビルの中を利用させてもらって、(あぁ、ここを通って来たのだったわ! とのお声)

DSC07977.JPG

無事、銀座線の改札口までご案内しました。

 

 ちょっと、銀座シックスで昼食と思い、2017年末に開通した、銀座シックスへの地下道を進みました。 この地下道は、右折せずに直進すれば、

DSC07980 (400x225).jpg

干支のオブジェが並んでいる地下道で、東銀座駅まで行くことが出来ます。

 

 さて、銀座シックスへのアクセスですが、広い地下鉄連絡通路は、「あづま通り」の下を通っており、地下2階から銀座シックスに入館できます。A2です。

DSC07983 (400x225).jpg

 地上のお店のご案内もしてくれています。

DSC07985 (400x225).jpg

 天気の良い日には、地上でのウインドウショッピング。 雨天や寒い時には、地下道があるとありがたいですね。

 

さて、銀座シックスの地下2階への入り口に到達しました。

DSC07988 (400x225).jpg

それでは、楽しく食事と洒落込みましたので、続きは、またの機会にご報告します。

 

 
1234567891011