中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東京マラソン 特別出店 中央区観光協会

[銀造] 2014年2月25日 09:00

 東京マラソンが2007年に開催されて早や8回です。

中央区で江戸時代創業の名店の中でも特に歴史のある

榮太樓本舗、にんべん、山本海苔店さんの3店のお手伝いと中央区の観光振興のために

中央区観光協会の山崎さん、三浦さん、第31代中央区観光大使・ミス中央の新宮志歩さんが

2月22日、東京ビッグサイトにて、御当番で売り込みに頑張っていらっしゃいました。

20140223 062.JPG

 観光協会の売り物は、粋でいなせな中央区をイメージした風呂敷です。

某有名レストランではお客様対応の芸術 「バンダナ」として活用されていますよ。

 私の知り合いは、愛を包んで温かいお弁当を旦那さんに用意しています。

今回は、江戸紫の色が加わり三色からえり好みができるので大変人気です。

http://www.chuo-kanko.or.jp/furoshiki_JF/index.html

出店されていた榮太樓総本舗、にんべん、山本海苔店さんの商品で目新しいもののうち

山本海苔さんの、ネギみそ味の 味付け海苔。 これは、郷愁をそそる味付け海苔です。

20140223 063.JPG

まるで、3.0年以上も前に賞味した朴葉味噌を思い出させる

懐かしい味付けで、試食の後には迷わず買ってしまいました。

これです。 This is ! 早速、おにぎり にして賞味しました。

是非、榮太樓さん、にんべんさんの逸品と併せて、一度お試し下さい。

 

 

中央区文化・国際交流振興協会 国際交流サロン 日本の昔遊び

[銀造] 2014年2月 1日 09:00

 

 1月の国際交流サロンでは、「日本の昔遊び」で、

中国、ベトナム、フランスなどの外国からの居住者の皆さんが楽しく交流しました。

 今回紹介された、日本で昔から親しまれてきた、伝統的な遊びとは、

 

1)けん玉:これは、フランス発祥の遊びで、

 フランス語では、ビル・ボケ(Billeboquet)と呼ぶのだそうです。

 けん玉の起源については、16世紀のフランスで国王アンリ3世のころだとのことです。

 一つ、物知りになりました。Merci beaucoup !

  初めは慣れるまで大変ですが、軸の先にある「けん先」に突き刺す技が20分でできました。

  写真の彼女もしっかりと成功しました!

20140120 014.JPG

 

2)次は、百人一首の絵札を使った、「坊主めくり」です。

 この遊びは、初めに何枚か各人に配り、その後、一枚ずつ引いていき、姫virgoの絵札でもう一枚引きます。

 坊主が出たら自分の持ち札を場に出します。次の人に、姫virgoの絵札が出れば、

 その人は場にある全ての絵札を入手できます。これは、天国と地獄の状態を繰り返しますが、一攫千金の様な面白いゲームです。

20140120 007.JPG

 

3)だるま落とし:もうすっかりお馴染みの遊びですね。

フランスから来た男性は、初めは中々なれませんでしたが、すっかり上達しました。

20140120 013.JPG

 

4)福笑い

 目隠しをして、広げた手拭いの面に、眉、目鼻、口などのパーツを置いて、

 出来上がった顔の面白さに周囲は爆笑!

20140120 011.JPG

  

なお、2月は、講師に中央区の名店の職人さんを迎えた「和菓子づくり」だそうです。楽しみですね。

詳しくは、こちらでご確認下さい。http://www.chuo-ci.jp/

 

 

 
1