中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


麦芽のお土産つき!?銀座の地ビールはいかが@居酒屋八蛮

[Hanes] 2018年10月15日 18:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
先日、前々から気になっていた居酒屋八蛮にお邪魔しました。
 
こちらは常連さんの多いアットホームな雰囲気の居酒屋なのですが、
他とは異なり、中央区内に数件しかないというビールの醸造所を併設しています!
つまり...銀座の地ビールがいただけるレアな居酒屋なんです

40.jpg

オープンして早24年...
新しいものが常に集う銀座の歴史にも、しっかりとその足跡を残しています。
もう一度行きたくなる!今回はそんな八蛮の魅力をお伝えします
 
■フレンドリーなマスターと常連さんたち
居酒屋に行く機会がないことも手伝い、1人で行って大丈夫なのだろうか?
そんな不安を抱きながら店内に入ると、常連さんがビール片手に談笑する姿が目に入ります
ここまではどこの居酒屋にもよくありそうな光景ですが、
盛り上げ役でもあるマスターの気さくなお声かけにより、
お1人様でも初めてお店に行く方でも自然と打ち解けられるような居心地の良さはここならでは

malt_ginza5.jpg

■歴史的価値のある調度品
着席後最初に驚いたのが、居酒屋なのにピアノがあること。
マスターにお話をうかがうと、ライブの際に使用するそうです!
これを機に店内を見渡してみると、マスターの宝物だというレーザーディスクや模型、マグカップ、箪笥がずらり
今となっては貴重なものばかりで、アンティーク好きの私にはたまりません。
また、店内のテーブルや椅子は木製で、どこかぬくもりを感じることのできる空間になっています。
チェーン店にはないホッと落ち着ける場所とはまさにこのことではないでしょうか

DSC_2787.JPG

■何が出てくるかわからないワクワク感
その他の八蛮の特徴は、メニューがないこと!
噂には聞いていましたが、まさかと思いお店のウェブサイトを確認してみると、
そこにもメニューがないと書かれています
聞くところによると、その時々の新鮮な食材を使った料理を提供しているそうです。
お料理はどれも美味しいので、ハズレなしのくじを引く感覚で楽しめます
訪れるたびに別な料理がいただけるので、また来たくなりますね
 
またこの居酒屋を訪れた方は、外装・内装に加え、モツ煮込みやぶり大根等の和食から
「ザ・日本の居酒屋」という第一印象を受けると思います。
しかし、マスターがフランスにワインの修行に行っていたこともあり、
ヨーロッパのオシャレな料理も味わうことができるんです
ローストポーク、ペンネ・ジェノベーゼ、キッシュ・ロレーヌ、アクアパッツァ、シュークルート等々、
どれも一度試してみたくなる料理ばかり!
 
そして、11月からは毎年恒例のあんこう鍋の提供が始まります
新鮮なあんこうは築地(以降は豊洲)から仕入れているそうです。
銀座の地ビール(飲み放題あり)を飲みながらあんこう鍋に舌鼓を打ち、
忘年会をしたいという方がいらっしゃいましたら、事前予約は忘れずに
 
■銀座の地ビール
前置きが長くなりましたが、私がいただいた地ビールは、
小麦麦芽を50%以上使ったドイツの伝統的なビール、ヴァイツェン
併設されている醸造所でマスターが半日かけて手作りした銀座の地ビールです!
苦みがほとんどないためか口当たりがよく、私のように苦いビールがあまり得意ではない方でも飲みやすいのではないでしょうか?

DSC_2729.JPG

そして何が出てくるかわからない1品は、たらこのディップでした!
こちらは、噛めば噛むほど美味しいフランスパンに、特製のたらこのディップがついたものです。
ディップには何か緑色っぽいものが入っているのですが、その正体は生の青海苔
他店にはないオリジナリティにあふれたこだわりのディップは、パンによく合います。
 
■特派員耳寄り情報
なんとこちらでは、ビールの醸造で使用した麦芽をいただくことができます!
今回いただいた麦芽は、その日ヴァイツェンの仕込みの際に使ったものだそうで、
20時に受け取りに伺った時もまだ温かかったです。
麦芽をいただきたい方は、電話もしくはお店でスケジュールの確認をお願いします
(※現地に取りに行ける方限定です。)

DSC_2733.JPG

念願かなっていただいた麦芽で、麦芽床(糠漬けのお洒落版)を作ってみたところ、
米糠のように手ににおいが移らないどころか、むしろ良い香り
早速そろそろ終わりの夏野菜(茄子ときゅうり)をメインに漬けてみました。

malt_ginza7.jpg

麦芽をかき混ぜること数日...
ほんのり麦の香りと味のする上品な仕上がりになりました!
非常にレアな麦芽のお漬物、簡単に漬けられるので一度試してみませんか?
 
しかし、実際は「お漬物は好きだけど、自分で漬けるのは面倒くさいから嫌」という方も多いのではないでしょうか?
そんな方にオススメしたいのは、麦芽豆乳コーヒー
お漬物のように毎日かき混ぜる必要がなく、作り方は至って簡単。
適量の麦芽、豆乳、コーヒー(粉またはインスタント)を鍋に入れて温め、濾すだけ!
フレンチプレスをお持ちでない方は、フィルターや目の細かいざるでも代用できます。

malt_ginza8.jpg

予想以上に汎用性の高い麦芽...
ビタミンB1、ビタミンB2をはじめ、葉酸、ビタミンE等を含んでおり、
疲労回復や免疫力アップ、動脈硬化防止の効果がある等、栄養価が高いのも嬉しいですね
さらに、家庭菜園をしている方は、肥料としてもお使いいただけます

居酒屋八蛮では地ビールがいただけ、お店の方や常連さんと仲良くなれ、
麦芽のお土産がいただける(要事前連絡)等、嬉しいことばかり!
まだ銀座の地ビールをお試しでない方、足を運んでみてはいかがでしょうか?

【店舗情報】
居酒屋八蛮
住所:東京都中央区銀座2-14-9
営業時間:月~金 17:30~23:00
定休日:土日祝
良さがわかる紹介ビデオ(音が出ますので、再生の際はお気を付けください。):



※本記事は、居酒屋八蛮の方から掲載許可をいただいております。

 

 

三井ガーデンホテル日本橋プレミア、素敵なレストラン サローネ ヴァンドルディ、OVOL日本橋ビル

[銀造] 2018年10月12日 09:00

三井ガーデンホテル日本橋プレミア」が、2018年9月13日に開業しています。

福島県のアンテナショップ、日本橋ふくしま館MIDETTE(ミデッテ)から、名橋・日本橋に向かう途中、新日本橋駅の交差点で向かい側を見ると、新しいビルが完成していました。 ビルの外壁には、「MITSUI GARDEN HOTEL 」のロゴが記されています。 ホテルの入り口の写真です。

1538819502569 (400x225).jpg

建物の名前は、「OVOL日本橋ビル」です。

このビルには、レストランも入っており、中央通りに面した所には、素敵なレストラン&BARが開店しています。

そのRestaurant & Cafe Bar の名前は、SALONE VENDREDI (サローネ・ヴァンドルディ)です。

1538875499744 (400x225).jpg

素敵なRestaurant & Cafe Bar の詳細は、こちらを御覧下さい。

http://salone-vendredi.jp/

日本橋での楽しみが、またひとつ増えました。

 

 

女性に嬉しいSOY TIMEとは?@KINOKUNIYA entrée(紀ノ国屋アントレ)日本橋髙島屋S.C.店

[Hanes] 2018年10月11日 09:00


こんにちは。新人特派員のHanes(ハネス)です
先月25日オープンの話題のスポット、日本橋髙島屋..新館にはもう行かれましたか?
商業施設にしては珍しく、平日朝7:30オープンのお店が入っており、
その多くは、朝食や昼食用にテイクアウトできるメニューを数多く取り揃え、
日本橋やその周辺で働く人には嬉しいポイントとなっています

Takashimaya.jpg

そんなわけで、私も昼食を求めて出勤前に立ち寄ってみました
地上階の入り口で開館待ちをする人は10人程度で少ない印象を受けましたが、
いざ店内に入ってみると、駅に直結した地下から来られる方がとても多く、
7:30過ぎにもかかわらず、1階は一気に多くの人でにぎわい、行列ができているお店もありました!

IMG_1857.JPG
(写真は、本館と新館の間にあるオシャレなカフェと通り)

気になるお店がたくさんある日本橋髙島屋..新館ですが、
今回私が気になったのは、ここのKINOKUNIYA entrée(紀ノ国屋アントレ)限定で取り扱っているSOY TIMEというコッペパンサンドイッチ
しかし、ただのコッペパンサンドイッチではないんです!

見た目では気づきませんが、栄養が豊富な大豆が使われています
現在はお惣菜系が2種類、スイーツ系が3種類販売されています。
スイーツ系のサンドイッチでは、豆乳ホイップクリームが使用されており、
コクがありながらも軽い口当たりの仕上がりになっているそうです!

SKP_20180927_074451_686222952331.jpg

そして、私が購入したこちらのsoyミートのコッペパン(ガパオ風)...
一見がっつり系のお総菜パンに見えますが、肉ではなく大豆(ソイ)ミートが使われているんです
(原材料ラベルには「大豆加工品バジル風味炒め」と表記されています。)
ソイミートとは、栄養豊富な大豆を原料とした大豆加工食品で、
低脂質高たんぱくお肉を食べているような食感がありながらも、お肉にはない食物繊維まで含まれています

soytime.jpg

そのため、お肉が好きな方にもご満足いただけるのではないでしょうか?
仕事が忙しくて朝食を抜きがちな方でも、
これなら出勤前に買えて、たんぱく質もしっかり摂取できますね
同年代の同僚にもオススメしたくなる一押しのコッペパンサンドイッチです!

※本記事は、KINOKUNIYAおよび日本橋髙島屋S.C.の広報担当の方より掲載許可をいただいております。

 

 

ぶよお堂 地図の専門店

[銀造] 2018年10月 7日 09:00

「ぶよお堂」は、江戸時代の古地図、伊能忠敬が編纂した伊能図、世界地図など大体の地図に関するものは入手できるという「地図の専門店」です。

DSCN1899.JPG

 日本橋、銀座の絵図の手拭いかハンカチが無いかと探索に行きました。 生憎、その二種類はありませんでしたが、江戸城を中心にして、東は深川の永代橋付近迄、西は四谷の戒行寺付近迄、北は加州とあるから本郷辺りまで、南は増上寺迄くらいの大きなバンダナを入手できました。

DSCN1905 (400x300).jpg

 また、TOKYO1964とイニシャルの入った、都電運行路線図がプリントされたクリアファイルも入手出来ました。

DSCN1904 (400x300).jpg

ゆっくり探すと、もっと面白い地図が発見できると思います。 

住所は、東京都中央区日本橋3-8-16 ぶよおビル 地下2階です。 ちょっと、のぞいて見てください。

詳細については、こちらのURLをご覧ください。http://www.buyodoshop.com/abouts/index.php

 

 

築地の100円ショップ  A Dollar Shop in Tsukiji

[HK] 2018年10月 2日 14:00

 

不定期で外国からのお客様の観光案内をするのですが、100円ショップに行きたいと良くリクエストを受けます。 銀座界隈ではあまり見つけられなかったので、明治神宮方面に行く途中のお店をご案内していました。 そんな中、見つけました! 築地に新しい100円ショップができていました! 今年の夏に築地1丁目のドラッグストアが斜め向かいに移転し、その2階が100円ショップになりました。 築地→銀座への移動中に立ち寄れるので、時間短縮ができ効率が良くなり助かります。 場所は晴海通りから平成通りに入り、京橋築地小学校を過ぎた右手辺りです。

 

I have been asked by non-Japanese tourists that they would want to go to a dollar shop whenever I have done Tsukiji, Ginza tour guide infrequently. I was not fortunate enough to find an approriate spot around Ginza district, so I have always took them to a shop on the way to Meiji Jingu Shrine. But quite recently, I have found one! A drug store in Tsukiji 1-chome was relocated to the 1st floor of the building accross the street and a dolloar shop opened on the 2nd floor this summer. It became time effective and convenient for guests and myself that we can make a stop over to a dollar shop during Tsukiji → Ginza tour. The shop is along Heisei-dori street, right side after passing Kyobashi Tsukiji Elementary School from Harumi-dori street direction.

 

 

 

 IMG_0748.jpg

 

 

 

ハイアットセントリック銀座東京のアート空間を体感!

[佃のうさこ] 2018年9月19日 09:00

銀座6丁目に今年オープンしたばかりのハイアットセントリック銀座東京に伺いました。この場所はかつて明治21年から昭和2年までは朝日新聞社があり、明治40年からは主筆として夏目漱石が在籍し、明治42年からは校正員として石川啄木が務めていました。啄木の歌碑があるのは、みなさん良くご存知の通りです。

 

エントランス壁活字.jpg 1階エントランスで迎えてくれるのは、50年前まで実際に印刷で使われていた活字を用いて作られた銀座の地図です。赤いところが、こちらの場所です。江戸時代の町割りを今にも継ぐ銀座の碁盤目状の様子が、立体感を持って感じられます。

 

 

レストラン壁活字.jpg

3階、4階の吹き抜けの壁は、活字が現代アートになっています。

 

明治5年、政府の威信をかけて建築された煉瓦街ですが、一般店舗にはなかなか受け入れられず、交通の便と情報収集の良さに目をつけた新聞社が集まりました。一時期銀座は新聞社、印刷所などの関連会社が200社ほども集まる街となりました。

 

その時代の印刷は、金属に文字を彫り込み、活字を並べて文章にし印刷するもので、その手間と作業にどれだけの労力と時間を要したか、当時の凸版印刷をアートに仕上げた壁を見ながら想像してみます。

 

文字アート.jpg 

階段アート.jpg 

文字アートカニ.jpg 

いたるところに文字アート作品があり、探す楽しみに遊び心がくすぐられ、このホテルが目指す「訪れた人々が、銀座の魅力を知り、感じ、そして体験する拠点となること」に引き込まれていくようです。

 

インク試し刷り壁.jpg 

3階のダイニング&バーでは、新聞印刷スタート時の試し刷りで出る紙、廃棄する紙を壁紙にしています。

 

ベランダ.jpg 

コーヒー.jpg 

また、銀座ではなかなか珍しい外の風に吹かれながら、車や人通りと遮断されたひと時を過ごすことも出来ます。並木通りの対面のビルとの空間は、まさに江戸時代からの横丁7間の町割り空間。のんびりと今から過去へ、過去から今へ、そして未来へ。時の空想旅行にも耽れる銀座では貴重な打って付けの場所です。是非みなさんも、銀ブラの途中に、もちろん宿泊にご利用されてはいかがでしょうか。 

 

 

 

 

 

 
<<前のページへ 1234567891011