中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


夏の終わりの「じゃぶじゃぶ池」@月島第二児童公園(勝どきエリア)

[えだまめ] 2018年9月14日 09:00

子連れ特派員のえだまめです

9月9日(日)。

今年度じゃぶじゃぶ池、最終日となりました。

※しつこいようですが・・・「じゃぶじゃぶ池」とは

未就学児を対象とした水遊びの場です。

中央区内にもいくつかありまして、一部を除いて

おむつ外れ前の子でも「水遊び用おむつ」を着用すれば入ることができます。

↓詳しくは今年7月の記事を。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/07/post-5409.html


そんなわけで昨晩寝る前に娘あずき(3歳)

「あしたもお水遊びしようねー」と言ったら

「べつのぷーるいきたい。」というまさかの返答が。

いつも行っている久松児童公園のつもりで計画していたので母えだまめ、大慌て。

たぶん、この夏はじゃぶじゃぶ池だけでなく「あらかわ遊園」の流れるプールだったり

ちょっと海水浴場におでかけしたりと

「大きな水遊びができる場所」を体験して目が肥えてしまったんだと思うのです。

寝かしつけ終了後、あたふたとPCの前に座り、都内でまだ営業しているプールを探したのですが・・・

大体が8月31日で営業終了、長くても先週末(9月2日)までのところが大多数。

(9月9日までやってくださる中央区のじゃぶじゃぶ池、かなり良心的だと痛感しました)

しかも午前中に習い事の予定まで組んでいたので気張って遠出をする、という選択はできない・・・。
 

そんな中。「目先が変われば満足、ならば区内の他のじゃぶじゃぶ池ではどうだろうか??」と思いあたり。

調べてみると、勝どきの「太陽のマルシェ」の開催日が9日(日)だったということもあり。

そんなわけで習い事終了後、地下鉄に乗って大江戸線・勝どき駅に降り立ったのでした。
 

まずはおひるごはんのために、「太陽のマルシェ」に。

DSC_3827-1.jpg

「太陽のマルシェ」はこの特派員ブログでも何回も先輩特派員さんたちがご紹介くださっています。

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2018/07/post-5421.html

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2016/09/post-3635.html

(とりあえず直近のものを2本ご紹介。)

毎月第二土曜・日曜に月島第二児童公園にて実施されている青空マーケット。

農家さん、ワイン屋さん、こだわりのピクルスやジャムなどの加工品を扱うショップなど、どれも目移りしてしまいます。

休日の来場者のおなかを満たすようなキッチンカーも盛りだくさん。

ケバブやインドネシア料理、本格ピザ、ローストチキン、餃子、クレープ・・・。

こちらも目移りです。

DSC_3825-1.jpg

えだまめ本格的なナシゴレンでおなかいっぱいになりました。
 

さて。おなかを満たしたら・・・

あずきの着替えを済ませて水遊びタイムです!

DSC_3828-1.jpg

今回初めて来た月島第二児童公園のじゃぶじゃぶ池。

水深は久松児童公園が大人の膝すぐ下くらいの深さまであるのですが

月島第二児童公園のは大人のくるぶしの少し上くらい。

ちょっと浅めだな、という印象です。
 

が、ここでびっくりしたのが・・シャワーのような仕掛け!

上の写真、一部拡大してみましょう。

DSC_3828-2.jpg

柱から水が噴き出すんです!

しかもこれ、左右に水の吹き出し口が動くのですよ!!

この柱だけでなく結構いろんなところから不規則に水が噴き出す仕掛けがあって

あずきは新たな刺激に大満足のようでした。
 

えだまめは、というと・・・

予期せぬタイミングでシャワーの直撃を受け、服を結構濡らしました。

久松児童公園だと「膝ぐらいの水深で歩いても濡れない程度の丈のボトムスで」

ということだけ気にしていれば良かったのですが

月島第二児童公園の場合だと

「このシャワーの直撃をそこそこ受ける可能性がある前提で。

それなりにさらりと乾きやすい服装で。」

ということに気を付けたほうがいいかもしれません。

※大人は水着不可、というルールです。

まあ、今日の陽気(最高気温32度)ですので、そこそこ日なたにいれば乾きましたけどね。
 

あと、あずきと一緒に池を歩いて思ったのですが

たぶん池の底面はウレタン加工か何かされているのかな?

ちょっと踏み心地が柔らかめでした。

子どもたちにとっても痛くないようにされているのがいいなぁ、と思うのです。

 

そして、荷物置き場&お着がえ場所ですが

普通のテントだけでなく、公園にもともとある休憩所みたいなところもありまして。

DSC_3833-1.jpg

天井をみあげるとこんな感じ。

結構しっかり日よけになっていて

休憩時間(池の消毒等で1時間に1回くらいお休み時間が入るのです)にここにいると

日なたが暑いのもあってか、だいぶ涼しく感じられました。

ベビーカーをこのあたりに置いておけるのもいいですね。

日なたに置いておくと帰るときに座面がめちゃくちゃ熱くなってしまうので・・・。

 
そんなこんなで、たっぷり遊んだ月島第二児童公園のじゃぶじゃぶ池。

いつもの久松児童公園もいいけれど、また違った楽しい経験ができました。

そして今日で今年度の中央区のじゃぶじゃぶ池はすべて終了となります。

次に遊べるのはまた来年。

来年・・・幼稚園児・あずきはどうなっているでしょうか?

怖いような楽しみなような。

とりあえず、来年また水遊びができることを楽しみにしておきたいと思います

 

月島第二児童公園

中央区勝どき1-9-8

都営地下鉄大江戸線・勝どき駅 A4出口すぐ

 

 

【参加報告】 サマーフェスティバル2018 in 浜町公園

[いのちゃん] 2018年9月 4日 18:00

8月19日(日)、浜町公園で開催された「サマーフェスティバル2018」に行ってきました。

 

この日は本来の夏らしいからりとしたよいお天気で、おいしいものを食べたり、

人気のキャラクターに会ったりと、童心にかえってとても楽しい一日だったので、

夏休みの絵日記がわりにブログに残しておきたいと思います。

 

まず最初に訪れたのは、

中央区観光検定をPRするブース「中央区観光検定 チャレンジクイズ!」(以下、検定ブース)。

担当する特派員仲間にご挨拶。

ミニクイズにチャレンジしようと、ひっきりなしにお客さんがやってきます。大盛況です。

 

自分は余裕で全問正解して当たり前(つ、強がりではない)の特派員のため、

連れが挑戦することに。

むむ、ヒントを与えることなく全問正解されてしまった。私の立場がないではないか。

賞品の中央区グッズをいろいろいただいてご機嫌。ありがとうございました。

 

屋台村を一周。ホテルメイドのタンシチューに長い行列ができていました。

なるほどおいしそうです。

 

この合間に検定ブースの隣の焼かれたての焼きそばを無意識のうちに完食し

写真を撮り忘れていたことは絶対に秘密です。

 

われわれは別の行列に並びました。荒汐部屋ちゃんこです。

現役の力士が所属する相撲部屋が提供するちゃんこ

それは正真正銘モノホンのちゃんこ

 

並んでいる最中、あまりの行列のためか、ちゃんこ待ちの人数を中央区観光協会

某M浦氏が数えに来られました。

"時そば"をさせてはなるまいと、つい挨拶をしそびれてしまいました。

 

ただいま仕込み中。わくわく。

 

IMG_4858.JPG

 

わっさー。

 

IMG_4859.JPG

 

はい、できあがり。

 

IMG_5539.JPG

 

んまい! 行列も納得の一杯。

 

IMG_4861.JPG 

 

 

続いて全日本綱引フェスティバル(綱フェス)を見学。

 

IMG_4869.JPG

 

真剣な表情のあとに笑みがこぼれる荒汐部屋のみなさん。

 

IMG_4872.JPG

 

熱戦が繰り広げられるなか、綱フェスにはこんな和やかな場面もあるんですね。

 

 

野外ステージでは中央区観光検定のクイズ大会が始まりました。

先ほどの特派員仲間が壇上にあがり、中央区観光検定公式テキストである

『歩いてわかる 中央区ものしり百科』を紹介しています。しかと伝わりましたぞ。

 

さあ、いよいよお待ちかねの豪華賞品がもらえるクイズの時間です。

ええ、全問わかりますとも。特派員だもの。※情報漏洩はしておりません(笑)。

微力ながら少しでも場が盛り上がればと掛け声や拍手を送り、区民であろう

ちびっ子たちが威勢よく手を挙げるのをほほ笑ましく見守りました。

 

クイズの解説を担当するのも特派員の仕事です。

思わず「へぇ~」と言ってしまうような面白くてためになる解説でした。

見習わなければいけないなあ。

特派員のお二方、おつかれさまでした!

 

 

そのほか、会場では吉本興業芸人さんバルーンアートを披露してくれるなど、

来場客を楽しませるコンテンツが一日中目白押し。

 

はっ! ピ、ピカチュウさん。実際にお目にかかるのは初めて。

 

IMG_5545.JPG

 

本番前にもかかわらず、愛くるしくポージングをキメてくれる大サービスで

その場に居合わせたいい大人たちを全員笑顔に変えて去ってゆかれました。

 

IMG_4867.JPG

 

さすがはポケットモンスター。このあとの"10匹大行進"も頑張ってね。

 

 

大満足で人形町方面へと戻る途中にディープな会館、東京味噌会館発見。

シリーズを展開する五月雨ジョージ氏に敬意を表してアップしておきます。

 

IMG_4880.JPG

 

所在地は明かしませんので、みなさんも探してみてくださいね。

 

 

と、このようなご報告となりましたが、検定ブースまでお越しになれなかった方にも

中央区観光検定特派員活動にご興味を持っていただけたら幸いです。

 

 

 

 

旅のコンシェルジェ。アンテナショップ活用について

[にゃんボク] 2018年8月22日 12:00

 今年の夏はいつもにも増して暑かったですね。先月の7月23日(月)には埼玉県熊谷市で41.1℃まで気温が上昇。日本歴代最高を5年ぶりに更新しましたイラッ

人一倍暑がりな私としては、どうしたら暑さに強くなるのかを調べることもあるのですが、たいていは「汗をかけるようにしましょう」など「汗をうまくかけない人」を前提とした記述が多く、服を毎日のようにずぶ濡れにしている私には全く参考になりません。真冬もシャツ一枚で出勤し、東北や北陸勤務者に「冬にそんな薄着で寒くないですか?」と驚かれる私には、もはや脱げる服もない。。

さて、東海エリアなどで連日38度、39度と熱波が日本を覆っていたそんな時、長野県山ノ内町(志賀高原)に行ってまいりました。最大の目的はずばり避暑。長野県と群馬県の県境の横手山付近ではなんと気温が15度。霧雨で風が強い中で真夏の恰好の私は「あぁ、これが涼しいということか・・・」と天然の強冷房にてしばらく忘れていた感覚を思い出すことができました。

この山ノ内町(志賀高原)にはトレッキングコースが整備されており、体力や興味により様々なルートを選ぶことができます。道迷いがないよう、道標もしっかりしています。また温泉も多岐にわたり自分好みの温泉でリフレッシュすることも可能。私は、大蛇伝説でも有名な大沼(https://www.shigakogen.gr.jp/daija/index.html)を中心としたルートと、起伏の激しい道でのロードランニングを楽しみました。

onuma.jpg(大沼では酸性湖ならではの澄み切った藍色に出会えます。秋にはとても紅葉が奇麗ですが、真夏の深い緑と藍色のコントラストも見事です。大沼付近にはレストハウスやトイレもあり休憩個所としても最適)

 

numa.jpg(大沼付近の48池では、木道を歩きながら湿地帯特有の植生の観察も可能です)

大沼のレストハウスでは、根曲がり竹の「タケノコ汁」も堪能することができました。この根曲がり竹は熊の大好物ということで、地元の方が熊との遭遇の危険を冒してまで採取する貴重な食材です。横手山のドライブインではこの根曲がり竹の定食をいただくことも可能なので、ぜひご賞味をお勧めします

nemagari.jpg(ちょうど熊の湯温泉にて根曲がり竹の瓶詰を売っていたので、購入しました)

 

と、信州の魅力や志賀高原でのアクティビティを語っていたら際限がないところですが、こういった情報も実はアンテナショップにおける旅のコンシェルジェが教えてくださることをご存知でしょうか。

今回取り上げた志賀高原については本ブログでも何度か取り上げられている長野県のアンテナショップの2階にて詳しくお聞きし、それ以降、毎年のように訪れるようになりました。(https://www.ginza-nagano.jp/)

  

nagano.jpg  nikai.jpg

登山、グルメ、宿泊などについて、現地に詳しい方ならではの知見をお聞きすることも可能です。

買い忘れたお土産をここで買うことも可能なのは言うまでもありません

 

 

 

案内所オリジナルグッズも販売です ~ 日本橋観光案内所 ~

[rosemary sea] 2018年8月11日 14:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をデクラメーションして取材します、rosemary seaです。

IMG_20180806_121509a.jpg

IMG_20180806_121822a.jpg日本橋観光案内所さんに約1年ぶりにお伺いしました。

日本橋の中心から、船のインフォメーション、老舗や名店、観光スポットのご案内、イベントやお祭りの情報など、ここ日本橋のまちの楽しみ方についてのホットな情報をお届けしています。

今回も日本橋観光案内所 運営責任者の山本史朗(やまもと しろう)さんにお世話になりました。

そして同じく日本橋観光案内所コンシェルジュ 齋藤絢(さいとう あや)さんにもお話を伺いました。

IMG_20180806_121548a.jpg IMG_20180806_121616_1a.jpg

スタッフの方(コンシェルジュと呼ばれています)は常時3名がいらっしゃいます。

(休憩時2名になることもあります。)

英語をベースに、中国語・韓国語・ドイツ語・イタリア語にも、シフトによって対応できます。

IMG_20180806_124332a.jpg

コンシェルジュの方々のゆかた姿、今回もあでやか、とても綺麗です。

一番右が齋藤さんです。

 

まず、ご紹介は案内所オリジナルグッズから・・・

IMG_20180806_123044a.jpg IMG_20180806_123100a.jpg

日本橋 橋めぐり クリアファイル 324円(税込)

案内所オープン1周年を記念して、案内所オリジナルグッズを製作され販売されています。

表面には橋の名が書いてあり、裏面には「日本橋観光案内所」と書いてあります。

案内所内に掲示されています近郊の橋のマップ(上右)の販売を望むお声を多数いただいたことで商品化実現、とのこと。

案内所前の双十郎河岸より出る船に乗られる方は、これを持って橋をご覧になると良いようです。

IMG_20180806_123130_1a.jpg IMG_20180806_123221a.jpg

・・・日本橋の老舗・名店などの商品販売代行も行っておられます。

IMG_20180806_124139a.jpg

手拭 昔日本橋 1,404円(税込)

天保年間、1842年創業の、日本橋小舟町所在:江戸小紋、浴衣などの呉服店:竺仙(ちくせん)さんの商品です。

江戸に魚河岸があった頃の風情を描いた日本橋です。

竺仙さんオリジナルの生地「東稀」に注染(ちゅうせん)で染め上げてあります。綿100%です。

注染とは・・・

染料を注ぎ込む、手拭・浴衣の独特な染色法。

なお、手拭に書かれている古代文字は天遊(てんゆう)さんの作です。

天遊さんは古代文字の第一人者・書家。

文字の魅力と、全身で書く楽しさを伝えるため、古代文字アーティスト集団:天遊組を主宰。

自然界への「畏怖の念」が込められた古代文字と日本の伝統文化、技術を取り込み発信しています。

IMG_20180806_124133a.jpg

手拭 今日本橋 1,512円(税込)

手拭 昔日本橋と対になります。

昭和と平成を象徴する現在の日本橋が描かれています。

これも竺仙さんオリジナルの生地「東稀」使用、綿100%です。

IMG_20180806_123632a.jpg

左:山本海苔店 一藻百味 鮭味 4切4枚入り 195円(税込)

右: 一藻百味 明太子味 4切4枚入り 195円(税込)

のせて、巻いて、はさんで、おにぎりに、おつまみに。

簡単に、手軽に味わえる具付きのりです。

IMG_20180806_123704a.jpg

左:にんべん 食べるうまみチップス 椎茸 378円(税込)

つゆの素で味付けされた椎茸を、フリーズドライ製法で食べやすい食感に仕上げられています。

右: 食べるうまみチップス 鰹節 378円(税込)

しょうゆ、砂糖で味付けされた鰹節を、食べやすい食感に仕上げられています。

IMG_20180806_123459a.jpg

山本山 ほうじ茶 500ml 151円(税込)

酷暑のこの夏、売れ行き好調です。

IMG_20180806_123538a.jpg

八木長本店 かつおせんべい 162円(税込)

八木長さんのこちらの商品は、お店自体のご紹介記事でも取り上げました。

IMG_20180806_124046_1a.jpg

小津和紙(おづわし) 東海道五十三次 額

こちらの商品は小津和紙さんでお求めになれます。

IMG_20180806_123938_1a.jpg

"日本橋のおもてなし犬"「ときわん」のキーホルダー、昨年もご紹介させていただきましたね。一番人気です。

江戸城大手門と日本橋を結んだと云われる「常盤橋(ときわばし)」から名付けられたマスコットキャラクターです。

柴犬ワンちゃん、可愛いですね。972円(税込)です。

大人気の商品です。入荷待ちのこともありましたが、今はございます。

IMG_20180806_123842a.jpg IMG_20180806_123938a.jpg

他に左:マグカップ ときわんセット 1,620円(税込)、右:ときわん(中) 3,780円(税込)もございます。

IMG_20180806_123754a.jpg

左:ときわん クリアファイル 324円(税込)

ポップな感じでお子様に人気です。

右:ときわん 付箋 378円(税込)

ステーショナリーグッズです。

・・・日本橋にいらしたら、ぜひお立ち寄りください。

IMG_20180806_121759a.jpg

 

日本橋観光案内所

日本橋1-1-1地先

東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅、東京メトロ東西線・都営浅草線 日本橋駅が至近です。

「日本橋」のたもと、三越日本橋本店さんとは対岸になります。

営業時間  10:00~17:00

無休

 

日本橋観光案内所さんのホームページはこちら

⇒ http://www.nihonbashi-info.tokyo/tourism/

 

 

 

 

暑い!!! 〜遮熱性舗装の効果〜 東京オリンピックのマラソンと50km競歩の競技時間

[東京ダンボ] 2018年8月 6日 14:00

暑い!暑い!暑い!

 

気象庁が災害とまで表現する暑さが東京を襲っています。

今から丁度2年後には東京オリンピックが開催されますが、長時間の屋外競技となるマラソン50km競歩は、この暑さの中での実施が懸念されています。

 

東京における暑さ要因の一つともなっているヒートアイランド現象の緩和として遮熱性舗装が進められていることはご存知ですか?

 

遮熱性舗装とは?

中央区のホームページでは

遮熱性舗装とは、太陽光からの近赤外線を反射することにより、舗装への蓄熱を減らし、路面温度 の上昇を抑制します。約60度まで路面温度が上昇した一般アスファルト舗装と比較した場合、遮熱 性舗装の路面温度は約10度の低減効果があります。これにより、一般アスファルト舗装においては、 昼間に舗装内へ蓄えられた熱が、夜間に放出され、熱帯夜の要因になっていましたが、遮熱性舗装 では、昼間の蓄熱が抑えられるので、夜間も快適に生活ができるようになります。」

としています。

 

スクリーンショット 2018-08-05 9.50.46.png

 

中央区では遮熱性舗装の効果を区民に広く知っていもらうために、遮熱性舗装部と一般のアスファルト 舗装部の路面温度をリアルタイムで比較した表示板を2箇所設置しているそうです。

 

そのうちの一つは下図に示す八重洲通りに設置してありました。

スクリーンショット 2018-08-05 8.43.40.png 

  

IMG_3607.jpg

 

スクリーンショット 2018-08-05 8.42.59.png

陸上の男子50km競歩は午前6時、男女マラソンも午前7時の早朝スタートとするなど暑さ対策に配慮したスケジュールになっていますが、マラソンは2時間超、男子50km競歩に至っては世界記録でさえ3時間32分33秒であり、4時間以上の競技時間となることは目に見えています。

 

東京ダンボは8月5日(日)に表示板に示される温度を記録し、温度変化を観察してみました。

 

その結果が以下のグラフで、11時を過ぎると遮熱性舗装でも40℃を超えてきます。

 

スクリーンショット 2018-08-05 19.19.08.png

 

早めに競技を開始することは効果があることは判りますが、朝6時でも30℃に近い気温で、危険な状況であることは変わらないので、運営者のケアは必須ですね。

 

また、観戦者やボランティアも十分注意が必要です。

 

中央区の遮熱性舗装に関する情報は以下を参照しました。

 

http://www.city.chuo.lg.jp/kankyo/dorokyoryo/kannkyouniyasasiihosou.files/101.pdf

 

 

マガジンハウスのGINZA 、BRUTUS

[銀造] 2018年8月 3日 12:00

マガジンハウスの雑誌の紹介とアンケートが行われていました。

GINZA という女性誌は、存じ上げませんでした。表紙は、フランス女優ソフィマルソーさんの若き日の笑顔の様で、上品でチャーミングです。雑誌の内容も、上品、洗練された内容の記事が多かったです。

1531995085813.jpg

以前、月刊「カーサ ブルータス」にブラジル人建築家のオスカー・ニーマイヤーの特集号が発売されたので、専門誌としても評判の良い雑誌を発売なさっています。

会社の建物も、建築当時から斬新だと評判でした。会社の所在地、詳細を拝見すると、「雑誌 平凡」も発売していた会社なのですね。 https://magazineworld.jp/info/company/

 

 
<<前のページへ 1234567891011