中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


東京 島 市場 (伊豆諸島の名産品がいろいろ、小笠原の品も)

[kimitaku] 2013年4月26日 14:00

 「東京島 市場」 は

新大橋通り、晴海通りの、築地四丁目交差点を新橋方面に行き、次の市場橋交差点・波除通りを左折、旧小田橋手前右手にあります。

P1000071.JPG 

  お店は 開店して まだ半年 伊豆大島から来た社長さん、スタッフで営業しています。

 

  販売しているものは 伊豆の島々の産品です。それに小笠原の品々、どれも都内ではあまり見かけぬものばかりです。

P1000070.JPG 

お伺いすると、山菜、鮮魚類は季節によって、並ぶものが異なるとのこと。

また、嵐や時化で船が欠航すると、ここには届かないとのこと。

 

 社長さんは 伊豆大島 波浮港にある 300年続く くさや製造元の方です。

さんまの丸干しが店頭に並んでいます。

 お伺いすると、さんまの回遊のお話を、壁の日本地図を指さし大島と利島のあいだの黒潮の流れの説明から、それに、冬の西風が、伊豆半島のおかげで大島は吹かないとのお話も。

P1000074.JPGP1000069.JPG

 

 今日、船で到着したものは

 (山菜)では  明日葉 たけのこ たらのめ

   

 (干物類)は   トビウオ、 ムロアジのくさや などです。 

 昨日、島では海が荒れていて、鮮魚はありませんとのこと、残念。

 (加工品)では 島唐辛子 海苔 からし醤油 島焼酎 椿油など、私は始めて見るものばかり。

 海苔は、なぜか千葉県の人が大量に買ってゆくそうです。

P1000062.JPG P1000063.JPG

P1000068.JPG

 

 社長さんは

 これをかじって見ませんかと、唐辛子を私に。

 ちょっとかじると、涙が出るほど、辛い。 

 これが、島唐辛子の味です、と微笑みながら話してくださいました。

 

P1000064.JPG

 

 

 ここ 築地場外市場は、島とは異なり、

 商売も大変だもとおっしゃっていました。

 

 「かたいくさや」 はぜひ味わって欲しいとのこと。

 

P1000073.JPG

 

 

  みなさん

 築地場外市場に訪れたときは

 ぜひ 波除通りの

 「東京 島 市場」 で

  伊豆の雰囲気を味わってください。 

 

 

「築地春まつり」は4月27日~5月3日

[杏葉牡丹] 2013年4月24日 14:00

毎年恒例となった築地場外市場の「春まつり」。
今年は本願寺の親鸞聖人750回大遠忌ということもあって、4月27日~5月3日までのゴールデンウィーク目一杯の拡大版です。
ck1203_1304231.jpg
まずは4月27日~29日までの3日間は、本願寺境内に『750広場』が出現!

岩手・宮城・福島や東京近県の物産品に、ご当地グルメが大集合。
ご当地キャラも集結します。

場外市場の方では4月27日~5月2日の間『750フェア』を開催。
特選品が目白押しの上に、レシート千円ごとに抽選で豪華商品が当たります。


そして5月3日は待ってました!の『半値市』。

vk1203_1304232.jpg

各店自慢の逸品が、なんと半値の、売切御免です。
大変な混雑が予想される、この半値市。

地元ならではの裏技を、ご伝授致します。
①半値市のスタートは10時からなので、その前に各店の半値になる品のリストと地図のチラシを入手しておく。

②チラシをチェックして、買いたい品の優先順位をつけること。
→数量限定の物がほとんどなので、早く無くなりそうな店から並ぶ。
卵焼きの「松露」は大人気なので、他の買い物をしていたら売り切れになってしまうことも有り。

③急がばまわれ→細い道は混雑するので、晴海通りや新大橋通りの反対側にまわってしまった方が、かえって早い場合も有り。

④一服するなら、築地川公園か東銀座まで行く→市場にはゆっくり座って落ち着ける場所が少ないので、お天気が良ければ、本願寺裏の築地川公園まで行ってしまいましょう。
市場の賑わいが嘘のように、緑が多く、鳥の鳴き声が聞こえる落ち着いた場所です。
また、5~6分歩けば、今一番話題のスポット歌舞伎座のある東銀座で、周辺にはゆっくり落着つけるカフェやレストランがいくつもあります。

ちょうど東銀座駅50周年記念スタンプラリーも実施中。

ゴールデンウィークは築地に行くっきゃないでしょう!

 

 

SABON(サボン)のボディローション

[まぴ★] 2013年4月22日 13:07

松屋通り沿いの松屋の並びにボディケアアイテムのお店があり、
ふらふら~と入ってみました。

 

スタッフさんが感じよくて、色々お試しできたのですが、

しっとりするのにベタベタしない。

まさにこれからの季節にぴったりです!

 

友達の誕生日プレゼントを探していたので、これにきまり(*^^*)

 

 

 

死海から採取されたミネラル豊富な塩や泥など、

イスラエルの豊富な植物類を配合したボディケアコスメやバスプロダクトの専門店。


死海とかイスラエルとかの響きが、いかにも効果ありそう(笑)

 

ほんとに使った感じ、あ、これがミネラルかとわかるような気がしました!

 

ボディローションのボトルには、ポンプキャップをつけてもらえます。

今度は自分用に買おうかな(*^^*)

 

サボンのホームページ

 

 

新川に香るブラジルコーヒー<カフェーパウリスタ>

[whatever] 2013年4月10日 08:20

paulista1.jpg新大橋通りと八重洲通りの交わる八丁堀交差点方面から亀島橋を渡り、1つ目の交差点「亀島橋」を左折し、永代通りに向かう道沿い右側にカフェーパウリスタはあります。茅場町方面からは、新大橋通りを背に新亀島橋を渡り「霊岸島」交差点を右折して道沿い左側になります。銀座八丁目にある〈銀ブラ〉の語源となったと言われる喫茶店をご存じの方は多いかもしれませんが、こちらはその喫茶店と同組織の、ブラジルコーヒー豆の直販所を兼ねた配送センターです。

たまたま見かけた看板が気になり建物の入口に近づくと、そこには「コーヒー豆のお客様はご自由にお入りください」と書かれた案内が。扉の向こうは倉庫らしき光景が広がり、商品がお客様別に棚いっぱいに積まれていました。

paulista2.JPG
お二人の男性が作業をされているようです。個人的にコーヒー豆を購入しにきたことを伝えると、一人の方が好みを聞いてくださり、いくつか商品を選んでくれました。その間にもう一人の方が試飲用に何種類かコーヒーを淹れてくださり、さらにはドライフルーツや殼付きアーモンド、コーヒー豆チョコレートなどのお取り扱いもあるようで、そちらも試食することができました。

今回は「森のコーヒー」深煎り200gを購入。おまけということでコーヒー用クリームをつけてくれました^^

paulista3.jpg

オンラインショップもあります。
http://www.paulista.co.jp/index.html

ですが、近くにお出かけの際に直接お買い求めされることをお勧めします♪
購入した「森のコーヒー」は、香りが高く重厚な味わいでした。


住所 中央区新川2丁目2番12号
電話番号 03-3553-2342

 

 
1