中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


銀座のクリスマス支度 始まる 銀座夜景 探訪①

[銀造] 2016年11月18日 12:00

 11月15日、松屋からItoyaのK.Itoya に到る裏通りを歩き、今までご紹介していなかった洋風居酒屋"Gindachi" に。円安転換局面から、沢山の訪日客が訪れています。 ここには、ずっと欧米系の外国の方々が、Happy Hour を楽しんでおられます。 今日は、生憎満席、立ち飲みのスペースもありませんでした。

1479216357336.jpg

路地から銀座通りに抜けようとすると、以前はあった水玉模様の照明が、無くなっているのに気が付きました。

1479216461299.jpg

銀座通りでは、上品さが大好きな "Tiffany" が店内にクリスマスツリーを設置しています。

1479216511340.jpg

こちらの、小窓の展示は大変素敵なのですが、以前、「銀座学」で、小窓の装飾や展示は「意匠権」があるので、むやみに写真撮影はしない方が良いと教わったので、ご紹介は控えさせて頂きます。 ご自分の目で、お楽しみください。

 さて、毎年恒例で、銀座の街を行きかう人々を楽しませてくれる、"BVLGARI" の壁面の装飾。 プラチナ色に輝く大蛇、"serpente" です。 上部には、なにやら菊の御紋、(もしくは向日葵か)の様な装飾が。

1479216529259.jpg

向かいのCHANEL ビルの躍動的なイルミネーションは、年中楽しめます。こちらも大好きです。

 そして、銀座4丁目の「和光」の大きなショー・ウインドウ。白熊の親子が、道行く人たちの視線を集めていました。 

1479216587367.jpg

 WAKO ANNEX のスイーツ。 お土産に、贈り物に最適ですね。

1479248056832.jpg

 天賞堂さんのキューピッド。 銀座を訪れた方々を見守ってくれているようです。

1479248075400.jpg

 さて、今宵は、この辺で、咽喉を潤すことにしましょうか! 

皆様も、お買い物、お食事の後などで、銀座の夜のイルミネーションをお楽しみ下さい。

 

 

『和菓子屋のあま酒』 榮太樓×獺祭 ~榮太樓總本鋪~

[rosemary sea] 2016年11月13日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をエンブレムとして取材します、rosemary sea です。

 

今回は榮太樓總本鋪さんの新商品のご紹介です。

10月4日アップの記事「まだまだあります美味しい逸品 ②」において、酒粕かりんとうをご紹介させていただきました。

酒粕かりんとうは山口県岩国市の旭酒造さんとのコラボ商品として9月5日発売の商品。

 

今回は甘酒で旭酒造さんとのコラボ、商品名『和菓子屋のあま酒 榮太樓×獺祭(だっさい)』を11月7日、新発売されました。

この商品は旭酒造株式会社さんが所有する「獺祭」登録商標の使用許諾を受けて、株式会社榮太樓總本鋪さんが開発した商品です。

株式会社榮太樓總本鋪 広報室 石倉室長に、記事と画像のお許しをいただきました。

 

さて、商品のご紹介です。

和菓子屋のあま酒 榮太樓×獺祭 -1b.jpg

和菓子屋のあま酒 榮太樓×獺祭 -2a.jpg

この甘酒には和菓子屋さんとしてのこだわりがいっぱい詰まっています。

 

こだわりその① 「こだわりの『飲むスイーツ』」

「本当においしいものを作りたい。」・・・旭酒造さんと榮太樓さんの哲学が共鳴、伝承の技とこだわりが反映された甘酒が実現しました。

 

こだわりその② 酒粕の旨さを引き出す、こだわりの製法

酒粕をじっくりと時間をかけて攪拌、さらに高圧力で乳化させるこだわりの製法。

口当たりがなめらかですっきりと飲みやすくなっています。酒粕の良さを最大限に活かすため、無香料・無着色で製造しています。液糖以外に余計な材料は一切使用しておりません。

 

こだわりその③ 純米大吟醸「獺祭」の酒粕を使用

国産の酒米「山田錦」を磨き抜いてつくる「獺祭」から生み出される酒粕は、お酒の余韻が残る華やかな香りと雑味の少なさが魅力です。

 

ロズマリもいただいてみました。

家族のコメントから・・・

「ミルキーな味わい。さらりとジュース感覚で飲みやすい。」

そしてロズマリも・・・

「普通の甘酒と明らかに違う、高級感があります。後味すっきりのなかにもほんのり余韻さわやか。さすが榮太樓さん、みなさんを幸せにする術を心得ています。」

770g、税抜1200円です。

酒粕に含まれるアルコール分は1.0%未満です。アルコールに弱い方はご注意ください。

全国のスーパー、コンビニ、量販店等で取り扱っておりますが、榮太樓總本鋪さんでは日本橋本店のみの取扱いとなります。

 

日本橋1-2-5

03-3271-7785

営業時間 9:30~18:00 (月~土)

定休日 日曜・祝日

榮太樓總本鋪さんのホームページはこちら ⇒ http://www.eitaro.com/

 

 

球体 ホワイトハウスにも

[あすなろ] 2016年11月11日 16:00

アメリカ大統領選挙は世界の注目を集めましたね。

 

さて、世界の国、地域の面積や距離などを知るために便利な
「地球儀」の専門店、その名も「地球儀専門店」。

 

今年初めに日本橋室町から人形町へ移転されています。

 

地球儀.jpg

店内入ってすぐに大きな地球儀があります。
球径81cm、高さ121cm、重量41kgのスペックです。
お値段は180万円+税。受注生産で3か月かかるそうです。

 

この地球儀と全く同じものがアメリカの大統領官邸ホワイトハウス
で使用されていると伺いました。

 

この他にも月球儀や天球儀、インテリアとして魅力的なものも
多数あります。実際にご覧になられてみてはいかがですか。
一見の価値ありです。

 

店舗入口.jpg

◆地球儀専門店
 東京都中央区日本橋人形町1-5-1日本サンライズビル1階

 

 

 

来年4月開業の「ギンザ シックス」

[みど] 2016年11月 7日 16:00

2013年6月に幕を下ろした「松坂屋銀座店」の跡地に「GINZA SIX (ギンザ シックス)」と

いう巨大商業施設が2017年4月20日に開業 します。 ギンザ シックスという名称は銀座

六丁目というロケーシ ョンに由来しますが、同時に「五感を超越した喜びや満足など

新たな 価値を提案する」「6つ星級の価値をもった施設である」ことを表現 したとのこと。

その規模は敷地面積約9080平米、延床面積約14万8700平米は銀座 エリアでは最大

だそうです。「ディオール」「セリーヌ」「サンロー ラン」「ヴァン クリーフ&アーペル」「ヴァ

レンティノ」「フェンディ」 などを含めて総出店数は241(物販210、飲食24、サービス7)が

予定 されているようです。

 

施設内の構成は地下3階は文化・交流施設「観世能楽堂(480席、 約1600平米)」、地下

2階が食物販、地下1階がビューティー。 1階が商業施設、観光拠点「ツーリストサービス

センター」。 1階から5階に店舗が入り、6階には書籍、レストラン、7階から 12階と13階

の一部にはオフィス、13階の一部がレストランと なっているようです。

 

注目すべきは6階広さ1100平米のフルサービス型フードホール「ギンザ フードホール(GIN

ZA FOODHALL)」。和牛、寿司、天ぷらなど日本 の食の専門店8店の旬の味が楽しめる

そうです。 また13階には、1600平米の「THA GRAND GINZA」。ダイニングの他 茶室も

あるラウンジ、バー、パーティー会場、多目的ホールを完備し ブライダルもカバーできる

そうです。 ますます銀座が楽しくなりそうです。 来年4月20日の開業が待ち遠しいですね。

 

s-01.jpg

 

s-02.jpg

 

 

行列に並ばないと手に入らない絶品シュークリーム ~Sucre-rie(シュークリー)~

[rosemary sea] 2016年11月 3日 18:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』にカーソルを合わせ取材します、rosemary sea です。

 

DSC01600a.jpg人形町で大人気、売り切れ必至の行列のできるシュークリームを製造販売する洋菓子店、Sucre-rie(シュークリー)さんにお邪魔しました。

 

お店の澤田さまにお話を伺いました。職場のOさんのお嬢様、Nさんおすすめのシュークリームをご紹介します。

 

- お店の開店について、シュークリームについて

「平成20年6月の開店です。開店後2年の、人形町が舞台のTVドラマ『新参者』のあとぐらいから、シュークリームが人気となって行列ができるようになりました。人形町の知名度が上がって、その頃からですね。だんだん行列ができ始めたりとか。9時30分に70、12時と17時に130から140個を販売します。1個240円です。」

 

DSC01566a.jpgシュークリーム

 

ここでシュークリームの食リポ、職場のワンフロア全員が、こちらのシュークリームのファンです。

最初に、Oさんのお嬢様、Nさん。「このお菓子は和のごまと西洋のカスタードがハーモニーを奏でる、絶妙な逸品。」

あとは順不同に・・・

「ごまが香ばしくて美味。」F川さん。

「甘過ぎず丁度良い。」I倉さん。

「シュークリームというより新しいお菓子という感じ。」S枝さん。

「シューのフワフワとクリームのしっとりが絶妙!!」S井さん。

「並んで買う価値のある、初めての食感!」T山さん3号。

「歯ごたえのあるシューとクリームがすばらしくマッチしていました。」T山さん2号。

「カスタードクリームが苦手だったけれどクリームのなかのバニラの味が感じられ、普通のカスタードより食べやすい。生地もサクサク、香ばしくておいしかった。」S山さん。

「『ごま!、えー!』と思ったけどごまの生地が香ばしさを出していたので、『ごま、有りだな。』と思った。」S山さんご主人。

「こんなにおいしいシュークリーム、初めて食べた。」S山さんお母様。

「コリコリとしたシュー。食感が良かった。」F雄さん。

「軽い歯ごたえのあるシュー皮にほのかに香るごまとなめらかなクリームは、思いの外あうなと思いました。甘過ぎず私にはちょうどいいです。見た目より、意外におなかを満たしてくれて美味しかったです。」K子さん。

そしてロズマリ。「皮が硬めなので、最後までクリームと皮のかたちを崩さずいただけました。」

 

DSC01590a.jpg人形町ロール

「二番人気です。別に『匠(たくみ)ロール』という品がありますが、生クリームとカスタードのシンプルなロールケーキなのですけど、そちらに比べて黒みつとか栗、黒糖などが入っていましてバラエティ感があります。」

 

DSC01588a.jpgプリン

「シュークリームをお買い求めできなかったかたにおすすめしています。小さなお子様からご年配のかたまで喜んで召し上がっていただけます。また、おみやげにも適しています。他にチーズケーキ、スフレなどもおすすめです。」

 

DSC01592a.jpgロッシェ

「シュークリームをお買い求めできなかったかたがシュークリームに似ているのを希望されると、ロッシェ、小さいシュークリームがございます。一口サイズでつまんで召し上がっていただけます。皮は限定シュークリームと一緒ですが、外側はキャラメルクリームで、なかはカスタードです。限定シュークリームはなかは生クリームとカスタードを混ぜたもので、ごまのペーストがかかっています。」

 

DSC01591a.jpgモンブラン

「ケーキで人気のあるのはモンブランです。」

 

DSC01596a.jpg DSC01594a.jpg

「シュークリームお買い求めは土曜日も混みます。時間より10分から15分前にいらしていただければ、お買い求めできると思います。平日でも金曜の朝ですと、お仕事でお使いになるかたもいらっしゃったりしますので、9時15分に並ばれても完売後、ということもあります。朝は個数が70なので。」

 

「お昼は行列が長くなりますが、朝より個数が多くなっておりますので、お買い求めの難度は朝と同じくらいかと。17時からの方がお買い求めしやすいかも知れません。週末にいくほど木、金、土と込み合います。ご進物として数多く、10個20個単位のかたもいらっしゃいます。」

 

DSC01601a.jpg

シュークリー 人形町

 

日本橋人形町1-5-5

セントハイム人形町源1階

人形町駅からみて、日本橋小学校の手前角です。

03-5651-3123

営業時間 9:30~19:00

定休日:日曜日(クリスマス・バレンタイン等を除く)

シュークリーさんのホームページはこちら ⇒ http://sucre-rie.favy.jp/

 

 

女の手仕事 -創作こぎん刺し作品展ー

[rosemary sea] 2016年10月28日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をディテールとして取材します、rosemary sea です。

 

以前記事を書かせていただいた、こぎん刺し木曜会さん が日本橋髙島屋さんの7階、きものギャラリー [和むすび] にて作品展・展示会を開催しております。

 

ー女の手仕事ー ■ 創作 こぎん刺し作品展 ■ 

DSC01571a.jpg DSC01574b.jpg

↑ 右の写真の右側の女性がこぎん刺し木曜会の髙木裕子先生です。

  左の女性はお客様です。画像アップにご了解いただきました。

 

DSC01584a.jpg DSC01578b.jpg

↑ 左は今回のメインの1つ、風神雷神図のタペストリー。受注販売いたします。

  右も極めて繊細なタペストリー。

壁側3点のうち、中央の一品は永六輔さんのための半纏(はんてん)のデザイン原型です。

 

DSC01576b.jpg DSC01583b.jpg

↑ 左の左は婦人道中着、左の右は婦人コート。

  右は帯 2点。こぎん刺しでの帯は圧巻です。

 

DSC01585a.jpg髙木先生曰く、

「右から永六輔さんの『永』、鶴の絵、髙島屋さんの『髙』。

こじつけですが、永久に髙島屋さんが栄えるように、と。」

 

先生の優しさ、奥ゆかしさが込められた展示です。

DSC01580a.jpg DSC01579a.jpg

↑ 数々のこぎん刺しバッグ。形状や柄、色彩も、質感も様々です。

 

DSC01586b.jpg 小物類です。

こぎん刺しの美しさ、温かみが一堂に紹介されています。

是非ご来場になって、こぎん刺しと触れ合ってください。

お待ち申し上げております。

DSC01575a.jpg DSC01582b.jpg

↑ 併せて今年7月に亡くなられた永六輔さんを偲び、こぎん刺しを愛され、また、こぎん刺し木曜会講師:髙木裕子先生と交流されたその品々を展示されています。

 

11月1日(火)までの開催です。(※ 最終日は午後5時までです。)

掲載にあたり、髙島屋日本橋店 販売4部 呉服 大見課長にお許しをいただきました。

 

こぎん刺し木曜会 人形町教室

日本橋人形町2-4-9 人形町双葉ビル5階

03-3665-0002

こぎん刺し木曜会さんのホームページはこちら ⇒ http://www.koginsashi.jp

 

 
<<前のページへ 4567891011121314