中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


鏡開き ~ 榮太樓總本鋪 ~

[rosemary sea] 2017年1月14日 16:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』をエントランスとして取材します、 rosemary sea です。

 

1月11日(水)、恒例の榮太樓總本鋪さん鏡開きに伺いしました。

1月9日に耳より情報としてお知らせしましたとおり、日本橋本店店頭にて当日午後2時より無料で「餅入りお汁粉」が振舞われました。

先着500名様、例年どおり50分ほどで終了となりました。

ロズマリは終了間際にやっと取材開始。

株式会社 榮太樓總本鋪 広報室 石倉室長に記事掲載のお許しをいただきました。

DSC01748a.jpg DSC01752a.jpg

DSC01751a.jpg DSC01750a.jpg

お餅はふんわりやわらか、お汁粉はやさしい甘さ、ベストマッチ。

(お客様インタビューではそのようにうかがいました。)

DSC01747a.jpg

その場でいただける場所の用意がありました。

幸せ感いっぱいの光景がそこかしこに。家族連れ、カップルも。

DSC01741a.jpg

同じく店頭にはかりんとうなどの商品販売も行われておりました。

通常価格より割安の販売、大盛況でした。

DSC01744a.jpg DSC01743b.jpg

また、江戸太神楽 丸一仙翁(えどだいかぐら まるいちせんおう)社中による門付(かどづけ)も。

残念ながら実際の門付芸自体の披露には間に合いませんでした。

400年の歴史を持つとされる獅子舞や曲芸、拝見したかったところです。

かろうじてお囃子だけは拝聴できました。

 

DSC01757a.jpg遅参もひとつラッキーなことがありました。

 

それは江戸太神楽 丸一仙翁・13代家元にお話を伺うことができたこと。(左の写真)

 

家元は日本橋のお生まれとのこと。

榮太樓さんには昭和26年より門付をされておられるそうです。

 

江戸太神楽 丸一仙翁社中 及び、家元自身につきましては後日改めてこちらのブログでご紹介させていただきます。

 

日本橋1-2-5

03-3271-7785

営業時間 9:30~18:00 (月~土)

定休日 日曜・祝日

榮太樓總本鋪さんのホームページはこちら ⇒ http://www.eitaro.com/

 

江戸太神楽 丸一仙翁社中さんのホームページはこちら ⇒ http://edo-daikagura.com/japanese/

 

 

 

都内初の自販機

[ひまわりウサギ] 2017年1月11日 09:00

銀座一丁目駅の改札を入ってすぐのところに、 今までなかったものが設置されていました。

※東京メトロ 有楽町線 銀座一丁目駅(新木場寄りの改札内)

 

ふるさと納税をPRする自販機でした。

全国の14地域の水を購入できます!

お値段も色々。 どこのお水を購入しようか...迷いますね

SR170101.jpg

 

SR170102.jpg

 

SR170103.jpg

  

この自販機は、埼玉県深谷市、岐阜県美濃加茂市に次ぐ全国3例目で、

都内では初めての設置とのことです。(2016年12月14日~)

 

 

バレンタインコレクション2017 ~ 資生堂パーラー ~

[rosemary sea] 2017年1月10日 09:00

『ギフト、そして自分も楽しむ』にチューニングして取材します、rosemary sea です。

 

資生堂パーラーさんの今年のバレンタインコレクションのテーマは、

『 Link of Hearts (ハートのつながり)』。

 

つまり、大切なあなたに想いをつなぐ、ということ。

このコンセプトのもとに全6種類をご用意しました。価格、税込540円から揃っています。

また、お好みに応じて選べます。

1月15日から2月14日までの販売となりますが、数量限定ですのでなくなり次第販売終了となります。ご購入はお早目に。

 

これらのパッケージに共通していますのは、ハートの模様。

そのハートが資生堂さんのシンボルマークのひとつ、唐草模様にアレンジされています。

唐草模様=途切れない模様。

途切れない想いを表現するには最適の模様です。

 

今回も株式会社資生堂パーラー 広報グループ 小番(こつがい)さんにお世話になりました。

バレンタインコレクションの中から代表的なものをひとつ、ほかに2品の商品のご紹介です。

_AAE5024バレンタイン②b.jpg

ショコラバリエ2017。上の画像の一番上にあります。税込3,888円。

取扱店限定品です。

三段重となった小箱に入ったチョコレート詰合せ。屏風みたいに開きます。

とてもお世話になったかたへ。あるいは自分へのご褒美にいかがでしょう?

上段はル・ショコラ、6個。

抹茶・柚子・林檎・苺・ロッシェ・白桃です。

美味しさを引き出すためにお酒を使用、深みのあるリッチな味わい。

中段はマンディアン。6個。

スイート・ミルク・ホワイト各2個です。

ひと口サイズのショコラです。チョコレートにナッツやドライフルーツをトッピング。

下段はオランジェット、58g。

砂糖漬けしたスペイン産のオレンジピールをスイートチョコレートでコーティング。

オレンジのさわやかな香り、味わいがチョコレートのほろ苦さとマッチ。大人の味です。

食べ終わったら箱は小物入れ、というのもありですね。

 

ブランデー1a.jpgブランデーケーキ

ブランデーケーキa.jpg

通年商品ですが、チョコ以外のギフトとしてお勧めです。

北海道産の小麦粉・バターなど、厳選された素材を使用した、しっとりなめらかな口当たりのブランデーケーキ。税込1,944円。

召し上がりやすいよう、既に8枚にスライスしてあります。

また、パッケージにはブランデー工場の絵が描かれています。

 

サブレオフロマージュ1a.jpgサブレ・オ・フロマージュ

サブレ・オ・フロマージュ - コピーa.jpg

これも通年商品ですが、甘いお菓子の苦手な男性に贈るのにいかがでしょう?

ゲランドの塩で、チェダーチーズパウダーとゴーダチーズパウダーの芳醇なこくを引き出しました。

シャンパンやワインに合う香ばしいチーズサブレです。

18枚入、税込1,350円です。

 

ここでバレンタインデーの傾向についてちょっとひとこと。

自分へのご褒美や友チョコはご存じかと。

最近は『ママチョコ』もあるようです。

つまりはお母さんへ日頃の感謝を込めて、ということで。

自分もお母さんも、やさしい気持ちが倍加しますね。

 

資生堂パーラー 銀座本店ショップ

銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル1階

03-3572-2147

無休(年末年始を除く)

資生堂パーラーさんのホームページはこちら ⇒ http://parlour.shiseido.co.jp/

お客さま窓口はこちら ⇒ フリーダイヤル 0120-4710-04

(月~土曜日10:00~17:00、祝祭日・年末年始を除く)

 

 

愛甚 おめでたい御目出糖

[あすなろ] 2017年1月 8日 09:00

元禄からのこだわり製法。

 お菓子.jpg

萬年堂さんの名物、「御目出糖」という

おめでたい名前のお菓子です。

 
甘味は抑えられていて、もちもちした珍しい食感が楽しめます。

見た目もきれいで、まさにご祝儀や日常のご進物に最適ですね。

本店は銀座駅からすぐです。

お近くに寄られた際はいかがでしょうか。

 

 掛け軸.jpg

太田蜀山人の書が飾られています。「万年と・・・」

 

 お店.jpg

 看板.jpg

 

萬年堂 本店
中央区銀座5-8-20 あずま通
営業時間:11時~20時まで
定休日:元日他

 

 

美徳 日本の文化、風呂敷

[あすなろ] 2017年1月 3日 14:00

お祝事や季節のご挨拶などに持参する手土産の品は、
風呂敷に包まれると気が利いていますね。

 風呂敷.jpg

たった一枚の布が、結ぶ、覆う、敷くとさまざまな方法で
万能性を発揮する「風呂敷」。

柄や色には、贈る場面にふさわしいものを選ぶと、
贈る側、贈られた側それぞれの気持ちも
良いのではないでしょうか。

昔ながらの良さを残しつつも、デザインが豊富に増えており、
エコ時代の新たな視点からも世界中の人々から注目されています。

バックの中に一枚入れておくと便利かもしれません。


中央区観光情報センター グッズ販売コーナー

 書籍「ふろしき包み」280円(税抜)
 ふろしきの扱い方が丁寧に紹介されています。

 

 

ちりめんドレスkiwa

[王冠とあざみ] 2016年12月27日 18:00

いつも、何処にも売ってないような、素敵な洋服を着てる彼女に事情を聞くと、勤務するブティックのドレスなんだとか。
早速、訪ねてみると、そのショップは銀座6丁目すずらん通り、ユニクロ銀座店の隣のビル2階にありました。

 

店名は『kiwa』

デザイナーである西内喜和さんのお名前です。

ck1216_20161227 (1).JPG 

人間には、生まれながらに授かった才能や運命というものが
きっとあると想うのですが、喜和さんの場合はたぶん
『布に恋をし、布から愛されること』
小学生の頃から縫い物が大好きで、ミシンを踏んでは
かばんにアップリケをしたり、リメイクしたり、
早くから、オリジナリティに目覚めていたそうです。

 

大人になり、アパレル会社に勤務していた時

『柄が可愛い』『シワにならない』『型崩れしない』『洗濯ができる』と、
ファブリックに求める機能性をすべてクリアしている
『丹後ちりめん』と出会ったことにより
2004年、下北沢で、弟の章さんと共にブランドを立ち上げました。
2007年、銀座阪急=モザイク銀座に出店。
(モザイク銀座へ行ったことがある、女性のみなさん! そーいえば、
あの和モダンなドレスを扱っていたショップに覚えがありませんか!
モザイクなき今、あのドレスは、銀座6丁目で健在なのですよ‼️)

 

丹後ちりめんは経糸(たていと)に撚りのない生糸、

緯糸(よこいと)に1メートルあたり、3000回前後の強い撚りをかけ、
その反発の収縮からできる『シボ』が表れるのが特徴で、
凸凹の乱反射により、染め上がりの発色がよく、
深みのあるこっくりとした色合いが醸し出されるそう。

ck1216_20161227 (4).JPG

  

『ちりめんドレス kiwa』では、染め以外の工程

つまり、デザイン、パターン、縫製を喜和さん、章さんが
手作業で仕上げているのです。
まさに、おふたりのやりたいことすべてが具現化されています。
ですから、ショップに並ぶアイテム以外に、
セミ・オーダーも可能なのですが、お渡しは約半年後になることもあるとか。

ck1216_20161227 (5).JPG 

 

お客様は『ちりめんドレスに魅了され、クローゼットの中が

ほぼkiwaさんのちりめんドレス』というほどに、
はまってリピート購入する方が多いとのこと。
実際、試着させていただくと、そのドレープ、シルエットの美しさと
肌にしっとりと寄り添う着心地に驚きます。
伝統に裏打ちされた丹後ちりめんに、新風が吹き込まれ、
そのテイストは、あくまでもアーバンに仕上がっているのです。
タウン、パーティーはもちろんですが、特に旅行に適しており、
トランクに詰め込むだけでなく、さあ、Let's Go!って時に
着て出かけたいドレス。長い移動でもシワにならずラクチンだし
欧米などに於いては、アジアの美しい女性としてのアイデンティティも
表現できると想うのです。

ck1216_20161227 (2).JPG 

喜和さんは、木曜、金曜、土曜日に

いらっしゃる可能性が高いそうです。
ドレス以外にも、靴やジュエリー、小物まで、
目を見張る楽しさに溢れたブティックなので、
ぜひ、うっとりとした時間を過ごすために、足を向けてみてください。

ck1216_20161227 (3).JPG ck1216_20161227 (6).JPG

 
kiwa(西内喜和)ちりめんドレス
中央区銀座6丁目9ー16
ロシュビル2F
TEL03-3571-5100
火曜定休
営業時間12:00〜20:00