中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


風呂敷の専門店 「唐草屋」

[えだまめ] 2017年4月18日 18:00

先日、特派員ブログで紹介のあった

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/04/post-4179.html

http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2017/03/-31649-nihonbashi-sakura-gate.html

日本橋桜フェスティバル」の中のイベント「日本橋桜メニューウォーク」。

(4月9日までのイベントでした)


私もパンフレットを見ながら素敵なメニューがたくさん並んでいるのを

にまにましながら眺めていました。

IMG_2521-1.jpg

目線としては、1歳児の娘・あずきが行っても大丈夫な

お買い物・お食事スポットってないかしら・・・というところで。


そこで見つけたのが「風呂敷専門店 唐草屋」の文字。

IMG_2520-1.jpg

桜柄の風呂敷などの写真も華やかで素敵!

しかも我が家からそんなに遠くない!!


というわけで、行ってみることにしました。

IMG_2486-1.jpg

人形町交差点から少し入ったところにお店はあります。

お店に入ると・・・

IMG_2483-1.jpg

風呂敷でおめかししたペットボトルさんがお出迎え。

こんなにかわいく包めることが驚きです。


そして、

IMG_2484-1.jpg

中央区観光検定の合格者にプレゼントされた

「中央区千社札ふろしき」も置かれていました。

旧町名と、それにまつわる事柄が千社札風のイラストになっていて

見ているだけでも楽しいんですよね。

この3月に合格通知をいただいたときに初めて手にして

ちょっと感動したのを思い出しました。


パンフレットに載っていた「桜柄の風呂敷」はこちら。

IMG_2485-1.jpg

一口に桜、といっても色々な柄・色があって迷います。

ピンクもかわいいけど、涼しげな色もこれからの季節に合うし・・・。

そんなこんなでお買い物したのはこちら。

IMG_2499-1.jpg

桜柄の風呂敷(綿100%)

風呂敷を使ったご祝儀袋です。

ご祝儀袋として使った後は風呂敷として長く使ってもらえる、というわけです。

地球環境にも優しい商品ですよね。

もうすぐ結婚する友人のお式の時に使おうと思ってます。


実は、この「唐草屋」さん。

日本風呂敷協会の協賛のもと、包み方教室も開催しておられます。

http://www.japan-furoshiki.jp/culture.html#kantou

不器用な私はとりあえず

IMG_2501-1.jpg

購入時に入れてくださった包み方解説パンフレットで

ちょっと練習しておこうと思っています。



風呂敷専門店 唐草屋

住所:〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町7-2 森本ビル1階

東京メトロ日比谷線・都営浅草線 人形町駅A4出口より徒歩3分

Tel:03-3661-3938
Fax:03-5640-6284

http://www.karakusaya.co.jp/index.html

営業時間 11:00~18:00
定休日:火・日曜日・祝日・年末年始・夏期休暇

 

 

 

ア~旨かった。美味しい干物で一パイのつもりが。。。

[朱房の十手] 2017年4月15日 09:00

DSCN0659.JPG

DSCN0658.JPGひもの つきぢ 尾粂店をご紹介します。

 

呑み助にはたまらぬひもの。

種類も豊富、いつでも旨い。

さすが~築地魚河岸

 

築地市場で1番業歴の長い水産仲卸業者だそうです。

 

昔ながら天日干し・無添加にこだわり、旬の魚にもこだわり、明治4年創業のお店です(前島 密が郵便業務をスタートさせた年です)。

 

飛行機「おいし物をいつまでも。。。」を企業理念に掲げ、「日本の食文化の代表 ひもの」を国内のみならず世界も視野に入れて発信しているそうです。

 

私は、サンマ、あじ、サバ等のひものを会社の昼休みに買って帰宅後に、ひもを肴に自宅でチビチビ飲むのが好きです。家のみ派に転向。お財布にも優しいです。

 

店員さんも皆さん親切で、変わり種の干物、天日干しの小鰯等の食べ方も教えていただきました。機会がありましたら、是非お立ち寄りになってはいかがですか

(店員さんに許可をいただいて撮影しております。)

 

 

 

隅田川テラスで桜が満開でした。

[kimitaku] 2017年3月 9日 18:00

三月休日の昼間 隅田川右岸を散歩。

どこからか小鳥のさえずりが聞こえてきます。

鳴き声のする場所は 隅田川テラス。永代橋のたもとです。

ck1110_20170309 (1).JPG

 

満開の桜の花の蜜を吸いに小鳥がやってきていました。

小鳥はメジロ 写真に撮ろうとしますが、

活発に飛び回りスマホでは無理のようです。

ck1110_20170309 (2).JPG

 

ソメイヨシノではないと思うのですが、毎年この時期に

他の桜よりも早く咲き誇り 春を呼び寄せているようにも見えました。

ck1110_20170309 (3).JPG

 

 

 

あるある千社札ふろしきグッズ@中央区三十七町

[月島菜々子] 2017年2月21日 14:00

2月18日(土)は第九回中央区観光検定でした。結果が楽しみですね。

さて、今回は、観光検定合格者の特典「中央区オリジナル千社札風呂敷」から。
 
ご存知の通り、この風呂敷には「中央区三十七町全ての町名とその場所にちなんだ図柄を描いた千社札」がちりばめられています。色は、赤、黒、江戸紫の3色あります。
風呂敷は今や、一枚の布で多機能な「Cool JAPAN」の重要なアイテムとして大人気で、使い方もいろいろ。なので戴けるととても嬉しいです。
 

私はこの千社札風呂敷を手に入れた後、「包む」ために使う派から「眺める」派に変わりました。
月島の「もんじゃ焼き屋さんの暖簾」のように一目瞭然の札もありますが、団扇問屋さんに因んだ「団扇」を描いた日本橋小舟町の札などはとても味があります。日本橋横山町のYシャツとネクタイも面白い。

そんな千社札風呂敷は我が家の「壁掛け」となって、川瀬巴水の木版画額と一緒に並んで和室を彩っています。

すっかり千社札ファンになった私ですが、先日、京橋エドグランの中央区観光情報センターで新しい千社札ふろしきグッズを見つけ、ますますときめいてしまいました。
ブックカバー、文庫カバー、スマホカバーなど、どれも風呂敷同様に赤、黒、江戸紫の3色あります。

今回は写真にある「勝どき」の「江戸まちグリーティングカード」を購入しました。
皆様もお気に入りの千社札ふろしきグッズを探して、中央区の町名にときめいてみてはいかがでしょうか。

IMG_1161.JPGIMG_1163.JPG IMG_1167.JPG

 

 

日本橋の大老舗・小津和紙で絶対買うべきオススメ日用品!

[柴犬] 2016年12月26日 16:00


日本橋にある老舗の中でも有数の歴史あるお店、小津和紙さん。

なんと開業は承応二年(1653年)。伊勢の松坂から始まり、現在の江戸大伝馬町にやってきました。


DSC_5565.jpg

小津和紙さんは、一階の店舗の他に、中央区民有形文化財の登録を受けた古文書約千点の史料を誇る史料館(無料!ガイドもお願いできます)、様々な文化教室、全国の和紙ギャラリー、そしてワンコインで体験できる紙漉き教室など、1日楽しめるほど充実の施設です。


DSC_5546.jpg

500円でできる紙漉き体験。自作した紙はもちろん持ち帰れます



お土産も大充実なので何を買おうか迷ってしまう方もいらっしゃると思うのですが、そんな中で!絶対にオススメ、ちょっとした日本橋土産にもぴったりのサイズとお値段!!という商品があります。


それがこちら!!

IMG_8320.jpg


なんだかお分かりになりますでしょうか?


(ちなみに横に置いてあるお人形は銀座八丁神社巡りでいただける干支の土鈴です)

これはミクロ繊維で作られたレンズ拭きなのです。


商品名は 『Optical Lens Cloth めがねクロス』 となっていますが、拭けるのはもちろんメガネだけではありません。スマホやパソコンの画面、カメラレンズ、指先の油汚れ。さっと拭うだけで本当に綺麗になります。スマホ画面についてしまった結構な汚れなども何度か優しく撫でるだけで取れます。しかも、一度拭いたらポイではなく、破れるまで繰り返し使えます。

IMG_8319.jpg

和紙の老舗が開発したミクロ繊維の不織り布。目の細かさが伝わるでしょうか?

箱入りでも数百円、小さいポケットタイプもあります。


これは初めて使うと皆な「おお...!」となるので、実用的かつお土産にも適した商品かと思います。

お店ではレジの横に置いてあることが多いのですが、ちょっと見つけづらいかもしれないので店員さんに聞いてみたら良いかと思います。


小津和紙さんの史料館や体験教室を詳しくお知りになりたい方は是非サイトをチェックしてみて下さい。英語が堪能な店員さんもいらっしゃるので外国の方でも安心です!


小津和紙 ホームページ ←こちらをクリック。


DSC_5564.jpg



 

 

「松屋銀座チャリティーピンバッジ・キャンドル」で良い気分

[ひまわりウサギ] 2016年12月 6日 09:00

毎年、松屋銀座で行われているクリスマスチャリティー。

ピンバッジとキャンドルが、1階正面口インフォメーションで発売されています。

20161204SR.JPG 20161204SR3.jpg

これらの売上収益の全額が国際NGO「ルーム・トゥ・リード」に寄付されます。

 ※「ルーム・トゥ・リード」

   アジア・アフリカの子ども達の識字教育と女子教育の支援としているNGO団体。  


クリスマスチャリティーピンバッジ

今年は、スウェーデンの陶芸作家リサ・ラーソンさんデザインの

「ニッセ(妖精)」(左)、「マイキー(ネコ)」(右) です。

20161204SR4.jpg

各300円。

12/25(日)までですが、なくなり次第終了ですのでお早めに

(私は12/3に購入したのですが、ニッセがだいぶ少なくなってきているとのことでした)

 

銀座ミツバチのチャリティ蜜蝋キャンドル

都市と自然の共生を目指す"銀座ミツバチプロジェクト"

その銀座のミツバチの巣から採れた希少な蜜蝋でつくられています。

20161204SR5.jpg

1本 1,000円。限定100本です!


それぞれかわいいデザイン、しっかりしたクオリティー。

チャリティーグッズを買ったという「今日ちょっとイイコトしたな~」感

300円から体験できる幸せ

それぞれ、自分用にももちろん、

プレゼント・お土産用に購入しても喜んでいただけると思います