中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


チキンバスケットと言えば?

[明日からのダイエット] 2009年7月29日 16:00

チキンバスケットと言えば「キャンドル」(銀座7-3-6 B1)。

世の中で一番美味しいとされるチキンバスケットです。

言葉で表現すると「外はカリッ、中はジューシー」と

つくなみな表現になってしまいますが、まずは食べてみてください。

チキン好きな人は、決して後悔しないことをお約束いたします。

 

 

銀座で本場インドの宮廷料理を!ラージマハール

[まぴ★] 2009年7月26日 23:10

本場インドの宮廷料理をお楽しみ頂けるというキャッチフレーズの本格的なお店です。

都内に何軒かあるみたいですが、銀座には2軒。8丁目に本店があります。
マロニエゲート店がオープン記念で1000円でビュッフェランチをやっています。

しかし、豆が嫌い夏野菜が嫌いときてるので、
3種類のカレーも鶏のキーマカレーしか食べれず(笑)

RIMG0544.JPG RIMG0539.JPG

インド野菜の炒り卵ってのがおいしかったです。
カレー1種類じゃ悲しいので、カレー用の器に炒り卵を(^^;

カレーも美味しいのですが、ナンがかなり美味しいです。
今まで食べたナンの中でも1.2位を争います。

RIMG0538.JPG RIMG0537.JPG

ナンの美味しいカレーやさんって、ご飯を食べる気がしないです~。
コシヒカリの白いご飯とかサフランライスもありましたが。

サラダだのひよこ豆のなんとかだのタンドリーチキンだの
色々ありましたがちょっとずつ食べました。
帰りにレジ横にあったフェンネルというミント?!
胃の消化を助けるらしいですが、苦辛~い変な味でした(>_<)

RIMG0540.JPG  RIMG0542.JPG

そして、2週間くらいしてから銀座本店へ行きました。
銀座本店は土日のみビュッフェランチが2000円です。

1種類のカレーしか食べれない私には2000円のビュッフェはもったいなかったですね(^^;
普通の1000円のランチでよかったかな。デザートもついてるし。
ただ、この本店のビュッフェはドリンク付でした。

マロニエゲート店は食べやすいように切られていましたが、
銀座本店はナンが大きいまま出てきます。、

RIMG0659.JPG  RIMG0660.JPG

相変わらずナンが美味しい。
実は昨日もカレーだったので、そんなにカレーは食べたくなかったのですが
ナンが食べたくて来たようなものです(^^;

RIMG0661.JPG  RIMG0662.JPG 

全体的に平日のマロニエゲートの方が種類も豊富で、コストパフォーマンスが高いです。
銀座でカレーが食べたくなった時は是非(*^^*)

ラージマハールのホームページ

 

 

ニチレイ東銀座ビル

[ゆりかもめ] 2009年7月24日 16:00

              アセロラ人形 と アセロラ商品

アセロラ人形.JPG

勝鬨橋北西の袂に ニチレイ東銀座ビルがあります。

そのビルの1階には ニチレイコーナーがあります。

表通りからは販売している様子が見えず分りにくいのですが 同ビルに入るとすぐに分ります。

従業員に販売する為に ニチレイフーズの商品を置いていますが 一般の方も買う事が出来ます。

上等洋食以外は 定価の20%引で購入できます。

買い置きしておいて 夕食の献立に 一品添えるのも楽しいですね。

非常に豊富な品揃えですので タイムドーム明石や波除稲荷を尋ねた後、立ち寄るのも良いかと思います。

※2009年6月より「カロリーナビ」シリーズとして糖尿病食もあります。

※ホテルオークラと帝国ホテルのクッキーは5%~10%引です。

※ヨーロッパのパンの冷凍もあります。

            東京都中央区築地 6-19-20

            ニチレイ東銀座ビル  ニチレイコーナー  (9時~18時) 土日祝は休

                              03-3248-2143 

                                                       ニチレイ商品.JPG 

 

ニチレイ商品3.JPG

 

ニチレイ商品4.JPG

 

 

日本橋老舗リレーツアー参加してきました(VOL.3)

[柳 さつき] 2009年7月21日 12:00

日本橋老舗リレーツアー参加してきました(VOL.2)からの続きです。

次に向かいましたのは、こちらも当初のスケジュールには含まれていなかった「にんべん」さんへの訪問となりました。

cuteにんべん

 元禄12年(1699年)から創業310年になられる、江戸時代から続く大店さんです。

急な訪問にも、快く、にこやかに、そして気さくに対応してくださった専務さんですdownwardleft

shinise17.jpg

pcHP:http://www.ninben.co.jp/トップページの店舗の画像の数ヶ所をクリックすると店舗の中の様子が見ることができます!)

地階に「にんべん」さんの3世紀を物語る、有名な「日本(世界でも)初の商品券」「現金掛け値なし」の看板など、大変貴重な資料や浮世絵などが展示してあり、いろいろと面白くも、興味深くご説明いただきました。

secretないしょ話ear幕末の薩摩・長州藩が活躍(sign02)していたころ、無理やりお金を借りにきて、借用書を置いて行った・・・・・・・。

また、その他にも、新撰組の永倉新八さんがいらして、お店側に「お金を借りていただきたい」旨の証書を書かせた上で、借用書を置いて行った話・・・・・・・・・・。

いずれもお金が戻ってきたかどうかは不明とのことcoldsweats02・・・・・・というアクドイ、本当にあったお話など、とても面白かったですhappy01

shinise18.jpg落語の「百川(ももかわ)」という話でもお馴染みの、日本橋に実在した料亭を描いた浮世絵です。記憶が定かではなくお恥ずかしいのですが・・・・歌川国芳の作とか・・・・。

secretないしょ話ear「百川(ももかわ)」は幕末のペリー来航の際に幕府が接待に使った料亭で、にんべんさんのほど近く、現在の福徳稲荷神社のあたりにあったそうです。

次は、いよいよ秘かにすご~く楽しみにしていた「割烹とよだ」さんでのランチですnotes

cute割烹とよだ

shinise22.jpg  pchttp://gwill.co.jp/toyoda/index.html         こちらも文久3年(1863年)から続く老舗さんです。当リレーツアー主催「日本橋めぐりの会」pcHP:http://www.ninben.co.jp/meguri/の代表兼日本橋プロデューサー・ガイドの川崎晴喜さん&参加者7名の計8人は、雪見障子からお庭が眺められ、shoe歩き疲れた足には嬉しい掘り炬燵のある「紅葉」というのお座敷へご案内いただきました(長い歴史の中で、名だたる政治家や貴賓、著名人の方々もご利用なさったとうかがい、ちょっと緊張~heart02です)。shinise20.jpg shinise21.jpg             食事が出されてからまもなく、四代目大旦那さんの後を継がれ、現在の包丁を握る五代目の若旦那:橋本亨さんが自らおいでになり、ご説明くださいました。                                  secretないしょ話ear若旦那さんは、他の老舗日本料理屋での修業後、実家の「とよだ」に入り、その後は在ドイツに日本大使公邸の料理長を務めた経歴をお持ちです。また、若旦那さんのスペシャリテとしてつとに有名なのが「はも料理」と「江戸前穴子の白焼き」 ですdiamond              

  「とよだ」さんは、あの「日本橋の魚河岸」に文久3年(1863年)寿司屋の屋台開業なさり、その後、本石町に店舗を構えられ、現在の場所へ移られました。                        cameraお弟子さんが見せてくださっているのは、明治30年ころの「とよだ食堂」「仕出し料理」の店舗の写真、明治5年に本石町に新築した際にお祝いを持って来てきださった方々の名前を記した「澤山持込帳」(←名簿の名づけ方が粋ですねwink)です。                                                  

secretないしょ話earそして、なんと「とよだ」さんも幕末の薩摩・長州藩、新撰組などの被害( sign02)に遭われていて、借用書が残されていて、やはり返金されたかどうかは不明・・・とのことでしたsad。それから、日本橋魚河岸で屋台で営業をなさっていた頃の、お寿司屋さんでは、例えば「カツオ、握ってくんねえsign01」と頼むと6貫出てきたそうです(現在は2貫が多く、1貫のところもありますネ)。     

お料理は、お刺身、西京焼き、がんもどきと根菜などの炊き合わせ、天ぷら、「とよだ」名物芝海老の揚げしんじょなどなど・・・・・・想像以上に盛りだくさんの内容で、大満足でした heart04     江戸前の濃いお味を想像しておりましたが、クリアなお出汁が随所に効いた、関西風とはいえ薄味ではない美味しい端正なお料理でした happy02。 shinise19.jpg               

お食事が終わってから、解散となりました。                                 今回、初めて参加させていただいたのですが、日頃shoeウロウロ歩き回っている日本橋界隈、本当に表面しか見ていないことに改めて気づきました。                               お店の方々のお話を伺えたり、通常は拝見できないものを見せていただいたり、大変興味深く、楽しく、貴重な体験ができたツアーでした。もっとお時間があればいいのに・・・・・・・と、正直に思いました。                                                         

また、私は1名での参加だったのですが・・・・・・・・・・。私の他の6名は、千葉の方からご参加のお仲間さんでした、が、分け隔てなく仲間のように声をかけてくだり、一緒に楽しくまわっていただけたことが本当に感激でしたweepあの日、ご一緒くださった皆様、本当にありがとうございました。                  

最後に、この「日本橋老舗リレーツアー」は、大変flairお薦めでございますhappy01 

 

 

 

銀座のジンジャーシロップで代謝もアップ!

[まぴ★] 2009年7月16日 18:00

「銀座のジンジャー」この言葉にひかれて、
銀座松屋の中で売っていたジンジャーシロップにふらふら~っと(笑)
コンフィチュール エ プロバンスの、ジンジャーシロップです。

「どうぞ~」ってもらった小さい紙コップのものを飲むとマンゴーでした。

マンゴーはあまり好きじゃないけどまろやかで美味しい。
そして生姜がかな~り効いてます。
「紅茶に生姜を入れる方が最近多いですけど、生姜をする手間が・・・」
みたいな話になったので、もう1年半毎日生姜紅茶を飲んでいるという話をすると
かなりの生姜好きと思われたのか、次から次へと色々試飲させてもらいました(^^;

★バルサミコ酢・・・今、りんご酢を飲んでいるので、その代わりにいいかも。
★いちご・・・炭酸で割ってあった。飲みやすいけど、いちごはいまいち。
★プレーン・・・冷やしあめのような感じ。美味しいし、紅茶に入れてもよさそう。

暑くなってくると、お風呂前のホット生姜紅茶もつらいので、
冷えたマンゴージンジャージュースもいいかも。

ちなみに、4杯試飲したあと、たまたま痩身エステのお試しに行ったのですが、
すごい発汗量で、500g減りました(笑)

その日はマンゴーを購入。色々試してみましたが、牛乳で割るのが美味しいです。

RIMG0202.JPG  RIMG0362.JPG

そして後日、帰省のお土産購入もかねて銀座の本店に行って来ました。
この日はお土産と自分用にはドライジンジャーと季節限定のピーチのジンジャー。

RIMG0398.JPG

ドライジンジャーは紅茶との相性がばっちりでした!
ジンジャーがかなりきつめで、やみつきになります。入浴前に飲むと異常なほど発汗します★
これを使うと冷凍してあるすり生姜が物足りなくなりました。

ピーチはジンジャーがそんなにきつくなく、これも牛乳で割ると美味しい!
そしてマンゴーよりミルクティーに合うことがわかりました。
 
ところでコンフィチュールとはフランス語のジャムですが、
コンフィチュールを挟んだダックワーズやマカロンもあり、
今ダックワーズにはまってるので、2種類購入しました!

RIMG0394.JPG  RIMG0375.JPG

生地がサクサクなのに固くなく、メレンゲ風味も強い!
卵の風味もよく出ていて、ジャムも絶妙に合います。
珈琲にイチジクジャムが意外に合うなと思ったのと、
やっぱりチョコレートにオレンジの定番はイチオシです!

RIMG0370.JPG  RIMG0371.JPG

特派員ブログのお話をしたら快く店内の撮影も許可頂き、
買っていない2種類のダックワーズのオマケまで!ありがとうございました(*^^*)
次回はカフェにも行ってみようっと!

コンフィチュール エ プロヴァンス・・・銀座1丁目
http://www.cep-shop.co.jp/ginger2.html

 

 

さすが老舗のジューシーな味~千疋屋フルーツパーラー~

[ケン] 2009年7月14日 12:00

じめ~っと蒸し暑い日曜の午後、爽やかな甘味を求めて、日本橋の三井タワー2Fにある千疋屋フルーツパーラーに行ってきました。

ck0918-07141.jpg

日本橋界隈の 人出はさほど多くありませんでしたが、千疋屋に関してはさすが有名店、15分ほど店の前で待つことに。待たされるといやがうえにも、期待が高まります。店の前には旬の味ということで、マンゴーパフェの看板などが置いてあります。  

ck0918-07142.jpg

三井タワー1階のフルーツ売場では1万円を超えるものも売られているマンゴー。庶民にとっては"ぜいたく"という言葉の意味を軽く超えているようなその値段に恐れをなし、マンゴーパフェではなくピーチパフェを注文しました。  

ck0918-07143.jpg

でもこれが大正解!!

桃はどこまでもみずみずしく、柔らかく、旬の味覚をしっかりと感じさせるものでしたし、生クリームやバニラアイスも、決して前に出すぎない、上品な甘さ。パフェ上から順に頂いていって、最後の締めに登場するのは、ガラスの器の底にそっと残された桃のソース。これがまた美味しいこと!桃で始まって、桃で終わる、あくまで桃が主役のピーチパフェ。大満足でした。

千疋屋の創業は1834年(天保5)。175年の伝統の味をしっかり感じることができました。