中央区観光協会オフィシャルブログ

中央区観光協会特派員ブログ

中央区観光協会実施の「中央区観光検定」に合格し、特派員登録をした観光ボランティアメンバーによる中央区の“旬な”情報をご紹介。

執筆者一覧

>>このブログについて

最近のブログ記事


べったら市が開催されます(10月19日、20日)

[三日月] 2009年9月30日 17:00

日本橋に住むようになってから毎年楽しみにしているイベントは、8月のせともの市・10月のべったら市・11月の人形市です。

べったら市がくると秋を感じ、秋といえば食欲の秋ですよねcoldsweats01

べったら市は、毎年 曜日に関係なく10月19日と20日に三越前駅の日本橋室町のあたりから小伝馬町方面の宝田恵比寿神社一体の路地という路地一体に露天が約400もでて、べったら漬はもちろん、ありとあらゆる食べ物やアルコール類もあるので会社帰りの方たちが大勢で盛り上がっている。

べったら市.jpg

そばでは、金魚すくいや射的など子供達が真剣な表情をしていたり、満員電車のように込み合っている路地にお神輿が威勢よくかつがれてきたりでとても活気にみちていますhappy01

私がお勧めするのは、食べ物のお店が多い中で毎年必ずでている、新鮮できれいな花がかなり安く手に入ることと、まわりのお店がべったら市にあわせセールをするため、かばんや日常用品を本当に安い値段で売っているので、掘り出し物を探すことです。

12時~21時半までなので、会社帰りにでもぜひ秋の風物詩のべったら市に、お越しいただいてはいかがでしょうか。

 

 

 

カツ丼といえば・・・

[明日からのダイエット] 2009年9月30日 12:31

カツ丼といえば、梅林(銀座7-8-1)やとん亭(中目黒)を思い出されますが、

私のおすすめは、ずばりsign01かつ銀さん(銀座2-14-5 B1F)です。

(正確にいえばかつ煮ですが) 

ホンジャマカの石塚さんもおすすめのお店ですが、あつあつでしかもジューシーnote

「体格のいい人、全員集まれ!」といった感じです。

ぜひ、だまされたと思って、一度ご賞味くださいhappy01

 

 

 

ハーゲンダッツ★国内最大級アイスクリーム専門店

[まぴ★] 2009年9月15日 09:00

銀座に7月17日にオープンした、ハーゲンダッツ・ラ・メゾン・ギンザ。
地上4階、地下2階建てで、銀座の邸宅をイメージしたそうです。

8月31日からはランチも始まったばかりで、9月3日に行ってきました。

店構えが豪華~さすが銀座!ハーゲンダッツとは思えない高級感です。

 ランチはガレットのランチで3種類。

一番プレーンな卵とベーコンとチーズのガレットをチョイス。
ドリンクとアイスクリームがついて1300円でした。

ガレットが大変美味しかったです。 

 アイスもキンキンに凍っていました。

 

2階から見てると、3種類のプリンが飛ぶように売れていました。
私はマカロンにはまっているので、アイスをマカロンで挟んだものを購入しました
その名もマカロンビジュー。ビジューとはフランス語で宝石という意味です。

RIMG0248.JPG

マカロンの中身がアイス!の方があっさりして美味しいかもです。
一口サイズなところも食べやすくていいですね。5つで1575円でした。

 

 

 

 帰りには行列が出来ていました。銀座の新名所になりそうですね~♪

 ハーゲンダッツ ラ メゾン ギンザ

 

 

本当に「幻の洋かん」

[柳 さつき] 2009年9月11日 09:00

皆さまには、もうすっかりお馴染みですネwink

人形町の甘酒横丁から交差点をはさんで南側の通りも、超有名な行列店が軒を並べています。

ここ数日、過ごしやすくなりましたので、'あの'「玉ひで」さん最強の行列に並んでもいいかなぁ~・・・・と、親子丼をいただきに行ってきたのですが・・・・・・・・・。

そのご報告の前に、こんな看板をeye発見いたしましたので、まずご覧いただきたいと存知ます(ご存知の方ゴメンナサイsweat01)。

tanizaki3.jpg tanizaki4.jpg

そうです、甘酒横丁交差点からfoot→「喫茶去 快生軒」さん→「洋食 来福亭」さん→「玉ひで」さん→「洋食 小春軒」さんとfootすすんで行きますと、谷崎潤一郎生誕の地の史跡説明板があります。その石板製のほうの上を「ふっ」と見上げましたところ・・・・・・・

tanizaki1.jpg

「幻の洋かん 細雪(ささめゆき)」とあずき色の看板が目に飛び込んできましたflair 甘いもの大好きな私の目は、このあずき色の看板に釘付けですlovely 「細雪」という店名?それとも洋かんの商品名?・・・・・・もしも商品名だったら・・・・・「細雪」という名を持つ洋かんとは、物語の四姉妹をモチーフに、きっと華麗なもの・・・・・「鶴子」さん「幸子」さん「雪子」さん「妙子」さんをそれぞれイメージした4種類の味があるのかなぁ confidentなどと想像は膨らむばかりです!         そして、 この看板のお店は何処・・・・sign02と、近くを探してみたのですが、それらしい「和菓子」屋さんや「甘味処」も見当たりません・・・・・・・bearing。そこでこの看板がかかっているビルの1Fにある調剤薬局さんへ、失礼ながら、お邪魔してお聞きいたしました。  

tanizaki2.jpg私と同じような質問をされる方(お仲間がいて、なんだか嬉し~いhappy01)も結構いらっしゃるそうで、「ハイハイ」と、笑顔でお答えいただきましたところによりますと・・・・・・・。ご想像どおり、以前は、こちらのビルの裏手に和菓子を作っているところがあり、こちらの薬局さんの以前の姿が販売店だったそうです。購入して、いただくことができなかった無念さよりも、「幻の洋かん」って、いったいどんなものだったのか、一目、見てみたかったと・・・・・とてもとても残念ですweep

本当の意味で「幻の洋かん」ですネ!

それでは、「玉ひで」さんの親子丼です。

  eitaro5.jpg オーダーいたしましたのは「元祖親子丼」¥1500です。13:00までに並べばいただけますので、ゆっくり出かけ、12:30ごろ行列に並びました。30分くらいで席へ着くことができました。もちろん相席でございますcoldsweats01 今回、相席になった二人連れのサラリーマンさんが「超人気の○○店より、こっちのほうが美味しいよなっ!」とお話なさってました(私も同意見で、秘かにウンウンと相槌を打った次第ですhappy01)。

  「玉ひで」さんのHPpchttp://www.tamahide.co.jp/top.html

 

 

「ラ・ドルチェ・ヴィータ」@MANDARIN ORIENTAL TOKYO

[柳 さつき] 2009年9月 9日 17:00

   日本橋三越、三井本館と並んで建つ三井タワーの中に、shine6ツ星のラグジュアリーホテル「MANDARIN ORIENTAL TOKYO(マンダリンオリエンタル東京)」があります。

mandarin1.jpgこれは1階で販売されている「ハッピ」です。

mandarin21.jpgその2階に、明るいアトリウムに浮かぶようにブッフェスタイルのrestaurantイタリアンレストラン「VENTAGLIO」(ヴェンタリオとは、イタリア語で[扇]のことで、マンダリンオリエンタルホテルのマークですね!)があり、毎日ランチやディナーのブッフェ、またティータイムには、ウィークデイは、1階の「GOURMET SHOP(グルメショップ)」で売られているプティガトーと飲み物のセット(¥1400~サービス料別)、土日&休日には「ラ・ドルチェ・ヴィータ」とい名のデザート・ブッフェ(¥2700サービス料別)が楽しめますheart04

実は、オープンしたての頃から月に2回づつほど通っておりましてた・・・・・・・・・(が、あまりにも立て続けですと、そんなにアイテムの変化が見られませんでしたので、最近は、季節ごとにお邪魔しています)。                                                       私がとても興味をそそられましたのは、こちらのホテルに就任されるシェフ・ド・パティシエさんが「ホテル西洋銀座」の稲村さんのところで研鑽を積まれ、六本木ヒルズクラブに移られ、また、世界的な賞にも輝いた経験をお持ちの「五十嵐 宏シェフ」だということを知ったからです。

mandarin20.jpg

mandarin19.jpg

mandarin18.jpg

mandarin17.jpg

mandarin16.jpg

mandarin11.jpg     

15:00からなのですが、15分ま前に着いても待っている人で列が出来ています。時間になると、順次席へ案内してくださいます。

上の写真は、ブッフェが始まって、間もなくのものなのですが、たくさんの方々がお皿に取っていらっしゃる間を、邪魔にならないようにと・・・・・・・・・・。と、頑張ってみたのですが、ほとんど不可能でしたcoldsweats02

とにかくアントルメ(ホールケーキ)2種、カットケーキ数種、プティエクレール&シュー、ドゥミセック(半生焼き菓子)、サブレ、ボンボン・オ・ショコラ、クグロフ、プティデ二ッシュ、ショコラフォンデュー、フルーツコンポート、グラスデザート各種・・・・・・・・・・サレ(塩味)系も、冷製コーンスープ、サンドウィッチ、キッシュなどなどが並んでいます。                                    

そしてそれらが無くなると、次々と違うアイテムが出てきますsign01mandarin13.jpg

mandarin12.jpg      
アントルメ(ホールケーキ)も、抹茶ムース、ショコラ・レ(ミルクチョコレート)&ピスターシュのムース、パリブレスト、ショコラムース&バナーヌムース、ガトーショコラ、モンブランなどなど・・・・・・・・ゴメンナサーイ、書ききれませんcrying。このモンブラン、さすが「ホテル西洋銀座」の稲村シェフの時代にいらしただけあって、組み立てと生地(五十嵐シェフは栗の粉(?)を使ったビスキュイのような・・・)が少々違うようですが、クレームパティシエールやクレームシャンティ、マロングラッセなどのパーツが似ていて、とても嬉しい私ですheart01                 

ドリンクも、季節ごとのおすすめのティーが3~4種が用意されていて、あとはホテルオリジナルの「マンダリンオリエンタルティー」や、フレーバーティー数種、カフェオレやカプチーノなども含めたコーヒー(ホット&アイス)類もオーダーできます。

アッ、忘れていました!いつもなら、グラス&ソルべ(アイスクリーム&シャーベット)が配られるのですが、この日は「かき氷」マシーンがあり、数種のトッピングとソースでお好みのかき氷が作れるようになっていました。

mandarin10.jpg

こちらは、各所のデザート・ブッフェを回っていらっしゃる方々の間では、「今日はあれがでなかった」、「カットケーキばかりだった」などと'当たり&ハズレ'があるとの評価のようですが・・・・・・・。      「必ずあのケーキがいただけるsign03」と期待をしないで、その日に出してくださるSweetsを「今日は何がいただけるかなぁ~heart04」と楽しむほうがよろしいのでは・・・と、個人的な思いです!      

MANDARIN ORIENTAL HOTELさんのHPpchttp://www.mandarinoriental.com/jp/tokyo//

 

 

 

 

美味しくて安いお店Part2

[銀造] 2009年9月 8日 18:00

 街歩きをしていたり、毎日のランチは美味しくてお安いお店にお世話になりたいのは万人の共有する気持と思います。 今日は、泰明小学校をスタートして、両国橋までを歩いていて、職場の近くでも時々お世話になるレストランと和風喫茶をご紹介します。

銀座ブロッサム(中央会館内)

 玄関の極楽鳥花とモンステラの観葉植物が出迎えてくれます。

銀座ブロッサム.jpg

 レストランに入ると、美味しそうなメニューが沢山。

銀座ブロッサムR2.jpg

 店長さんのお勧め。和牛のビーフシチュー、¥1,200です。

ブロッサムお勧め1.jpg

 僕は、今週の丼物。ちらし600円か、まぐろ胡麻風味丼¥700にしようかな。

ブロッサムお勧め2.jpg

 店長のもう一つのお勧め。ナポリタン600円。

ブロッサムお勧め3.jpg

 以前、お医者様のオペラの発表会で来たときには、幕間の間にビール、ウイスキーの水割りを

頂きましたが、ちょっとしたパーテイにもお勧めです。